3616530 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

2018年11月21日
XML
カテゴリ:山歩き
都民の森の中でも特に前半は、こんな感じで割と頻繁に分岐が出てきます。

ここは鞘口峠にある分岐ですが、それだけ歩けるコースが沢山あるということですネ。





コースは沢山あっても、人が多く歩くコースは、やはり公式HPで紹介されている幾つかのコースになると思います。
【公式HPのコース紹介はこちら





分岐には、大きさは様々ですが、ちゃんと道標が建っているので、通常の状態であれば迷うことは無いと思います。

こちらは、あまり頻繁に人が歩いている感じには見えないので、二人の世界を楽しみながらこっそり歩きたい、お幸せな方向きのコースかもしれません。





我々は、公式HPで紹介されているブナの路コースを行きますが、決して不幸せなわけではありません。





鞘口峠で稜線に出るので、少し視界が開けるようになります。

標高も1200mになりました。





この道、イイネ!





歩いて来た道を振り返り見下ろしていますが、まぁまぁ急な上りです。





木の枝の向うに、奥多摩湖が見えて来た。

奥多摩湖を見るのは久しぶりだなぁ、いつ以来だ?





歩いているのはブナの路ですが、登山道って・・・?

どっちも三頭山に向かっているみたいだけど・・・。

案内通りに、ブナの路に進みます。





標高1300メートルに到達!





またタイプの違う道標が出た!





この辺は、今までと森の感じが違ってる。





また登山道の道標が出た。

今度は、登山道の方に少しだけ進んでみましたが、やっぱり歩いている人は少ない感じで、枯葉が積もっています。

三頭山へ行けることは間違いなさそうですが、若干不安が残るので、元に戻ってブナの路へ。





こっちが、そのブナの路。

陽が当たる南側斜面で、この時期は明るくて暖かいんですが、夏は逆に暑そう・・・。

少しだけ進んださっきの登山道は、北側斜面になりそうなので、夏場は登山道を歩いた方が涼しく歩けるのかもしれません!





ここまで二ヵ所出てきた登山道は、赤い矢印の道ですが、歩いていないので道の様子は分かりません。

また二つ目の登山道を進むと、見晴らし小屋をスルーして、その先で合流することになります。





こちらが、標高1397mにある見晴らし小屋。





丁度、飛行機雲。





ようやく景色が見晴らせる場所が出てきました。





景色を楽しみながら一息ついたら、出発。





二つ目の登山道の合流地点です。





ブナの路を一旦離れ、登山道を進んで来ると、この道を通ってくることになります。

道幅狭し、足元注意と書かれていますが、見た目にもあまり人が歩いていない感じがします。





三頭山までは、まだもう少しあります。





まだまだ登りますよ~!





また奥多摩湖が見えてきました。

新しい景色が見えると、ちょっと気分も変わります。





標高1400mに到達!

三頭山の標高が1530メートル前後なので、あとちょっとです。





三頭山は、東峰・中央峰・西峰の三つのピークからなる山ですが、今回最初に辿り着くのが東峰です。

東峰まで、あと400mまで迫りました。







もうそろそろかな?





東峰は右の案内が出てきました。

右側が気になりますが、ここで左を向くと。





じゃぁーん、富士山のお出ましです。





富士山が見えるとの情報を持っていなかったので、ちょっとビックリ。





山と山の谷間に、丁度いい具合に富士山があって、裾野の方までよく見えています。





いつも思うことですが、富士山が見えるだけでちょっと得した気分になります。





東峰へ向けて、右の方へ登っていきます。





東峰山頂のすぐ近くに展望台があります。





展望台からの眺め。





やっぱり下の方が色付きがイイ。





展望台からちょっとだけ移動して、三頭山 東峰に到着。





東峰からほんの少し進むと、三頭山 中央峰。





中央峰には、ベンチとテーブルが設置されていますが、木に囲まれて眺めはイマイチ。

休憩されていた方に、「西峰の方が形式はいいですよ」と教えていただきました。





西峰へは一旦下ります。





下った後は、やっぱり上らないとね。





あとちょっと、ガンバレ俺。





待って~。

あそこに頂上の匂いがするっ!





やっぱりだっ!

三頭山 西峰に到着しました。

山頂標が、ここだけ立派だっ!





西峰の山頂は広場のようになっていて、富士山も見えます。





こちらは北側の山並み。





人気は、やっぱりこっちか。





皆さん、富士山をバックに写真撮影。





景色もいいし、気分もいいし、ここでランチにしようかと思いましたが、時間は何と10時半を過ぎたばかり・・・。

ちょっと早いんだけど、どうする?

下りるか!









最終更新日  2018年12月04日 23時42分54秒
コメント(0) | コメントを書く
[山歩き] カテゴリの最新記事


PR

サイド自由欄










カテゴリ

フリーページ

★ 2007 キャンプ場


塩原グリーンビレッジ


軽井沢キャンプクレスト


北軽井沢スウィートグラス


メープル那須高原


かずさオートキャンプ場


しあわせの丘リゾート


カンパーニャ嬬恋キャンプ場


富士すそ野キャンプ場


大子広域公園グリンヴィラ


PICA富士吉田


★ 2008 キャンプ場


有野実苑オートキャンプ場


成田ゆめ牧場キャンプ場


神山温泉オートキャンプ場


CAMP IN ドロブックル


キャンピカ富士ぐりんぱ


那須たかはらオートキャンプ場


ACNオーキャン宝島


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


菅平高原キャンプ場 vol.1


菅平高原キャンプ場 vol.2


イレブンオートキャンプパーク


オートキャンプ場志駒 vol.1


オートキャンプ場志駒 vol.2


ホウリーウッズ久留里 vol.1


ホウリーウッズ久留里 vol.2


サンタヒルズオートキャンプ場


フォレストパークあだたら vol.1


フォレストパークあだたら vol.2


メープル那須高原 vol.1


メープル那須高原 vol.2


★ 2009 キャンプ場


フォレストパーティ峰山


九十九里キャンプ場太陽と海


亀山湖オートキャンプ場


PICA富士西湖


五光牧場オートキャンプ場


オートキャンプ七里川


ACNオーキャン宝島


雲見オートキャンプ場 vol.1


雲見オートキャンプ場 vol.2


バウアーハウスジャパンvol.1


バウアーハウスジャパンvol.2


いわき市遠野オートキャンプ場


アウトサイドベース vol.1


アウトサイドベース vol.2


★ 2010 キャンプ場


河津オートキャンプ場


那須たかはらオートキャンプ場


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


フォレストパークあだたら


★ 2011 キャンプ場


CAMP IN ドロブックル


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


CAMP IN ドロブックル


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2012 キャンプ場


バウアーハウスジャパン


大原オートキャンプインそとぼう


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2013 キャンプ場


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたら


メープル那須高原


★2014 キャンプ場


上永野キャンプ場


波崎シーサイドキャンプ場


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★2015 キャンプ場


フォレストパークあだたら


★2016 キャンプ場


舞子高原オートキャンプ場


バラギ高原キャンプ場


河津オートキャンプ場


フォレストパークあだたら


★2017 キャンプ場


アウトサイドベース


カレンダー

プロフィール


papachan

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.