3384108 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

2019年05月29日
XML
カテゴリ:山歩き
地蔵堂を出発して大凡90分、標高870メートルの矢倉岳に到着しましました。





矢倉岳山頂は西に富士山、南に箱根大涌谷、南東に海を臨む開けた広場のようになっています。

画像では右側になる北側の眺望はありません。





山頂広場のほぼ中心には、四角く組まれた木製のベンチがあります。

少し古めの記事を見ると、小さな櫓が組まれたいたこともあるようですが、現在は残されていませんでした。





山頂からの眺めが良いということは、視界を遮るような高く大きな木も無いということで、日差しを遮るものがほとんどありません。

しかも南側に開けているので、それはそれは強い日差しをまともに受けることになります。

ここに来れば、わざわざお金をかけて日サロに行かなくても、素敵な小麦色の肌が手に入れられるはずです!

天気に恵まれ身体は火照り気味で、途中のクマ騒動に心拍も上昇したままの私は、小麦色の肌よりも少し落ち着ける日影を欲しています。

そんな天国のような場所は、秦野からお一人で訪れていたマダムが休んでいる場所しかありません。

「暑いから隣どうぞ~」と御誘いをいただきましたが、二人っきりの広い山頂で素敵なマダムのすぐ隣に座ってしまうと、益々心拍が上昇してしまいかねません。

ここは紳士を気取って、「ありがとうございます」とお礼だけ述べました。





山頂広場中央のベンチは・・・、やっぱり暑いよぉ。

とにかくコーヒータイムにしましょう。

先月登った宝篋山では、暑い中での熱い山頂コーヒになってしまいました。

その教訓を生かし今回は、アルパインサーモボトルに氷を入れた冷たい水を用意してあります。

そして水にも溶けるコーヒーを袋に入れて。





冷たい水を注ぐだけで出来上がり。

ひやぁー冷たくって美味しい!!





一杯目のアイスコーヒーを飲み終える頃、件のマダムが下山の準備を整え再び「こちらどうぞー」と。

「どうぞお気をつけて」と見送った後、日陰のベンチに移動し二杯目のアイスコーヒーに突入。

時間は10時半を過ぎたばかりだし、来る時に中井PA内の中井食堂でハムエッグ定食を食べて来たので、ランチにはまだまだ。

こんな時は、セブンイレブン謹製スイーツでエネルギー補給。





2019年は富士山によくお目にかかります。









さて、そろそろ山頂カフェを出発しましょう。

帰りは来た道を山伏平まで戻り、分岐を足柄峠方面へ進みます。





さらば大涌谷。





富士山にもしばしお別れ。





下りまーす。







登って来た時は気付かなかったけど、結構富士山見えてたのね。





おーっ、あそこは?





富士スピードウェイですね。

鈴鹿や筑波は行ったことがありますが、富士は残念ながら・・・。





もう間もなくすると山開きの準備が始まるんでしょうね。





愛鷹山辺りも、そのうち行ってみたいね。





景色が良いのもこの辺りまで。





登りも急だったけど、下っても急だな。

そりゃぁそうだ、同じ場所だからね・・・。

躓いてザックを背負ったまま前にでも転んだ日には、おそらくただでは済まないでしょうね。





山伏平まで戻ってきました。





山伏平から少しだけ下ったら、足柄万葉公園方面へ進みます。





ここまでで出会ったのは、山頂で先に休憩していたマダム、矢倉沢方面から登って来た別の単独マダム、同じルートで登って来た同世代位の単独男性とは何れも山頂で。

そして山伏平に下る途中ですれ違った年配のご夫婦と、全4組5人。







矢倉岳から少し離れました。





木の根っこの道あり。





小さな橋あり。





路肩注意。





この程度の橋でも、ちょっとソワソワ・・・。





誰かが踏んだ路肩に亀裂が入っていて、次にここを踏んだら確実に崩れそうです。

ここでバランスを崩せばそれなりに落ちていきます・・・。





今回のルート上に大きな岩はほとんど見られません。





更に少し遠くなりました。





左へ進めば万葉ファミリーコース経由で地蔵堂へ戻れますが、直進して足柄峠方面へ。





きのこみたいな物が現れたら、もう足柄万葉公園です。





左側に車道が見えてきました。





ここから少し車道を歩いたり。





車道沿いの道を歩きます。







小さい割に、情報量が多い。





「ここを仮称虎ノ口と呼びます」とは、なかなかユニークな道標です。

どなたかの手作りなんでしょうか?





いやぁ暑い暑い。





矢倉岳からだいぶ離れました。





足柄万葉公園のバス停に到着しました。

運行情報は要注意です。





バス停脇には数台分の駐車場があるので、ここから歩き始めることもできます。





この道を奥の方から歩いてきました。

足柄万葉公園の中から富士山が見える場所もあるようなんですが、リサーチ不足で良く分からず・・・。





公園に戻らなくても、バス停から丁度良い感じで綺麗に富士山が見えました。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AGF ブレンディ ポーションコーヒー 無糖 18g×8個
価格:216円(税込、送料別) (2019/6/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

味の素AGF ブレンディ袋 70g
価格:358円(税込、送料別) (2019/6/14時点)







最終更新日  2019年06月17日 10時30分50秒
コメント(0) | コメントを書く
[山歩き] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄







カテゴリ

フリーページ

★ 2007 キャンプ場


塩原グリーンビレッジ


軽井沢キャンプクレスト


北軽井沢スウィートグラス


メープル那須高原


かずさオートキャンプ場


しあわせの丘リゾート


カンパーニャ嬬恋キャンプ場


富士すそ野キャンプ場


大子広域公園グリンヴィラ


PICA富士吉田


★ 2008 キャンプ場


有野実苑オートキャンプ場


成田ゆめ牧場キャンプ場


神山温泉オートキャンプ場


CAMP IN ドロブックル


キャンピカ富士ぐりんぱ


那須たかはらオートキャンプ場


ACNオーキャン宝島


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


菅平高原キャンプ場 vol.1


菅平高原キャンプ場 vol.2


イレブンオートキャンプパーク


オートキャンプ場志駒 vol.1


オートキャンプ場志駒 vol.2


ホウリーウッズ久留里 vol.1


ホウリーウッズ久留里 vol.2


サンタヒルズオートキャンプ場


フォレストパークあだたら vol.1


フォレストパークあだたら vol.2


メープル那須高原 vol.1


メープル那須高原 vol.2


★ 2009 キャンプ場


フォレストパーティ峰山


九十九里キャンプ場太陽と海


亀山湖オートキャンプ場


PICA富士西湖


五光牧場オートキャンプ場


オートキャンプ七里川


ACNオーキャン宝島


雲見オートキャンプ場 vol.1


雲見オートキャンプ場 vol.2


バウアーハウスジャパンvol.1


バウアーハウスジャパンvol.2


いわき市遠野オートキャンプ場


アウトサイドベース vol.1


アウトサイドベース vol.2


★ 2010 キャンプ場


河津オートキャンプ場


那須たかはらオートキャンプ場


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


フォレストパークあだたら


★ 2011 キャンプ場


CAMP IN ドロブックル


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


CAMP IN ドロブックル


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2012 キャンプ場


バウアーハウスジャパン


大原オートキャンプインそとぼう


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2013 キャンプ場


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたら


メープル那須高原


★2014 キャンプ場


上永野キャンプ場


波崎シーサイドキャンプ場


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★2015 キャンプ場


フォレストパークあだたら


★2016 キャンプ場


舞子高原オートキャンプ場


バラギ高原キャンプ場


河津オートキャンプ場


フォレストパークあだたら


★2017 キャンプ場


アウトサイドベース


カレンダー

プロフィール


papachan

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.