3435865 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

2019年08月08日
XML
カテゴリ:山歩き
三股から、苦しみながら大凡8時間かけてようやっと辿り着いた蝶ヶ岳ヒュッテ。

15時少し前の到着で、一番心配だったのがテント場の確保。

もしテントを張るスペースが残っていなければ、それは混雑しているであろう小屋泊になるということです。

歩いてくる途中、ヒュッテ手前の左側にあるテント場は既にパンパンで、道を挟んだ反対側の狭いスペースにもテントが張られていました。

いやな予感しかしない状況の中、テント場からヒュッテに続く道の脇に少し残されたスペースを発見。

斜めった石の地面ですが、もう贅沢は言ってられない状況です。

急いでヒュッテで受付を済ませ、無事設営完了!

こんな感じでございます。

DUNLOP VS-30Aのデビューでもございますよ!!






本来のテント場はの場所ですが、そこからはみ出したテント群は少しづつヒュッテ方面に延び、我々が設営出来たのはの場所。

以前何かで見た混雑したテント場の写真では、の場所に張られていましたが、今回はそちらに張っている方はいなかったようです。





僅かに残っていた場所でしたが、視界を遮るものが無い谷側にあたるため眺めは最高!

こちら側をオープンにしていますが、VS-30Aには反対側にも出入口があるので、そっちもオープンしています。





風が強い日だと、谷側から吹き上げてくる風に煽られやすいかもしれませんが、この日は風には悩まされることはありませんでした。

には?

この後、我々の後ろに黄色いモンベルテントを張った若いカップルが、夜遅くまで騒がしいのには悩まされましたが・・・。





無事にテントも張れたし、ケガ無く無事に辿り着けたので、取り敢えず祝杯!!

テント場も賑わっていますが、ヒュッテの中はそれ以上に人でごった返し、昨年とはまるで違う雰囲気になっていました。

自販機のビールの補充は間に合わず、手売りのビールも冷える暇も無いようです。

昨年我々が見た蝶ヶ岳ヒュッテは夢の国だったのか?





ちょっと雲が多いけど、空気は爽やか。





のんびりと景色を堪能し、落ち着いたらちょっと歩いてみよう。





左側の建物が、テント場の人達が利用するトイレ。

右側にちょっとだけ写っている緑色も簡易トイレ。





もうちょっと離れました。

小屋の奥に我々のテント、その奥に本来のテント場、その奥の小高い場所が蝶ヶ岳山頂です。





西の方角を見れば、雲の間から光が差し込み、何かが現れそうな雰囲気です。





槍の頭は恥ずかしがって雲の中。

まだまだ時間はあるさ、ゆっくり出ておいでよ。





常念岳も良く見えています。

我々の少し後に到着し、隣にテントを張ったソロの方の話では、鋭い稜線のやや左側を登っていくんだとか。

この方も久しぶりの登山で、今日は苦しんだようでしたが、色々と教えていただきました。

どうもありがとうございました。





みんな腰を下ろして、同じ方向をただ見つめていたり、カメラを構えたり。





山が赤く染まるにはまだ少し時間がかかりそうです。





これから雲はどうなるのか?

足掛け二年だから、綺麗なのを見せてくれよ。





明日はこの稜線上をずっと行くのね。







瞑想の丘にやって来ました。





瞑想か、ヨガか、ピラティスか。





常念岳への道。







そうだっ、まだ蝶ヶ岳山頂に行ってないじゃん。

昨年も山頂に立ったけど、風が強いし周りは白いしで、何だか良く分からなかったからね。





小屋横から、到着が遅かった組のテント群。

これくらい斜めってますが何か?





ここが本来のテント場です。





比較的平らですが、テントからの眺望は・・・。





こんな感じで、蝶ヶ岳ヒュッテに向けてテントが並びました。





素晴らしい景色です。





もう少し登ると更に素晴らしい。





更に登れば最高!

山の上のテントの花。





二度目の蝶ヶ岳山頂、とったどぉ!!





常念岳の奥に見える辺りが大天井岳なのかな。





恥ずかしがらずに、さぁさぁ出ておいで。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】PUROMONTE ダンロップ 2018年限定 VS30Aテントセット
価格:46000円(税込、送料無料) (2019/9/11時点)







最終更新日  2019年09月16日 15時11分37秒
コメント(0) | コメントを書く
[山歩き] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄







カテゴリ

フリーページ

★ 2007 キャンプ場


塩原グリーンビレッジ


軽井沢キャンプクレスト


北軽井沢スウィートグラス


メープル那須高原


かずさオートキャンプ場


しあわせの丘リゾート


カンパーニャ嬬恋キャンプ場


富士すそ野キャンプ場


大子広域公園グリンヴィラ


PICA富士吉田


★ 2008 キャンプ場


有野実苑オートキャンプ場


成田ゆめ牧場キャンプ場


神山温泉オートキャンプ場


CAMP IN ドロブックル


キャンピカ富士ぐりんぱ


那須たかはらオートキャンプ場


ACNオーキャン宝島


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


菅平高原キャンプ場 vol.1


菅平高原キャンプ場 vol.2


イレブンオートキャンプパーク


オートキャンプ場志駒 vol.1


オートキャンプ場志駒 vol.2


ホウリーウッズ久留里 vol.1


ホウリーウッズ久留里 vol.2


サンタヒルズオートキャンプ場


フォレストパークあだたら vol.1


フォレストパークあだたら vol.2


メープル那須高原 vol.1


メープル那須高原 vol.2


★ 2009 キャンプ場


フォレストパーティ峰山


九十九里キャンプ場太陽と海


亀山湖オートキャンプ場


PICA富士西湖


五光牧場オートキャンプ場


オートキャンプ七里川


ACNオーキャン宝島


雲見オートキャンプ場 vol.1


雲見オートキャンプ場 vol.2


バウアーハウスジャパンvol.1


バウアーハウスジャパンvol.2


いわき市遠野オートキャンプ場


アウトサイドベース vol.1


アウトサイドベース vol.2


★ 2010 キャンプ場


河津オートキャンプ場


那須たかはらオートキャンプ場


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


フォレストパークあだたら


★ 2011 キャンプ場


CAMP IN ドロブックル


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


CAMP IN ドロブックル


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2012 キャンプ場


バウアーハウスジャパン


大原オートキャンプインそとぼう


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2013 キャンプ場


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたら


メープル那須高原


★2014 キャンプ場


上永野キャンプ場


波崎シーサイドキャンプ場


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★2015 キャンプ場


フォレストパークあだたら


★2016 キャンプ場


舞子高原オートキャンプ場


バラギ高原キャンプ場


河津オートキャンプ場


フォレストパークあだたら


★2017 キャンプ場


アウトサイドベース


カレンダー

プロフィール


papachan

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.