3605483 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

2019年08月11日
XML
カテゴリ:山歩き
北アルプス常念山脈縦走二日目は、蝶ヶ岳から常念岳へ向かいます。





二日目のコースタイムは5時間15分、距離にして5.7km。

一日目と比較すると距離で500m、時間では15分ほど長くなりますが、ほぼ同じような感になっています。





しかし恥ずかしながら私、昨年蝶ヶ岳に登った時から今回常念岳に向かう途中まで、蝶ヶ岳から常念岳までは、比較的平坦な道がずっと続いているものと思っておりました。

そもそも縦走というのがそんなイメージだったところに、昨年は常念岳へ続く稜線が全く見えなかったこともあり、そのイメージを覆すものがありませんでした。

そして稜線が全く見えなかった昨年、我々と同じようにテント泊を断念し一緒に蝶ヶ岳ヒュッテに泊まっていた方が、翌日も変わらない強風と雨の悪天の中でも、常念岳へ向けて出発していたことも上乗せされ、完全に勘違いさせられてしまいました。



下のグラフは、私が歩いた時にGPSが記録した標高グラフでございます。

誤差が含まれていると思いますので、数字は参考程度に見てください。

実際の常念岳へのルートは、蝶槍まではイメージ通りの比較的平坦なルートが続き、その先で一気に200メートルほど標高を下げていきます。

そこから100mほど登り返し、2592ピークからまた100メートルほど下ります。

その後2512ピークを過ぎると、蝶ヶ岳から常念岳の間で一番標高が低い辺りに到達。

そこからは目の前に常念岳への稜線がそびえ、頂上へ向け400mほど標高を上げていく。

と、こんな感じになっていました。

後になってみれば、三股から蝶ヶ岳へ登った一日目と距離も時間もさほど変わらないわけですから、平坦な道が続く訳が無いことは、ちょっと考えれば分かるはずなんですが・・・。

思い込みって、恐ろしいものです。





そんなことにはまるで気づく気配も無く、テントの前で朝食を食べ、コーヒーを飲みながら夜露で濡れたテントを乾かした後、午前7時16分に2日目をスタートします。





2日目も天気に恵まれました。

遥か下の方には梓川が見えています。





遠くに見えるのは焼岳。





ここは、歩いている間も左側にずっと大展望が続く素晴らしいルートです。





これから進むなだらかな道のはるか遠くには槍ヶ岳。





この時もまだ、ほぼこんな感じの道が常念岳までずっと続くものだと思っていました・・・。





今歩いて来た道を振り返り。

前も後ろもなだらか、そして広い。





横尾への分岐に到着しました。

昨年は、ここに辿り着いても周囲の状況が全く分からず、ただ強風に飛ばされないようこの道標にしがみつきながら耐えておりました。

後ろにザックが沢山あるのに人が見えない?

その理由は、横尾へ下りる前に蝶槍へ向かう方達が、ここにザックをデポしていたからでした。





縦走が続く我々は、重いザックを背負ったまま、まずは蝶槍を目指します。





広い稜線上は陽当たりも良く、涼しかった朝からあっという間に暑くなります。





まだまだこんな感じを歩いていきます。





蝶槍が見えてまいりました。





歩き進んでいくうちに、左側にずっと続く大展望も少しづつ変化しています。





奥の方の山が少しづつ姿を現し。





槍にも少しづつ近付いています。





もうすぐ蝶槍。





ここを登ったら。





蝶ヶ岳から1時間弱、蝶槍に到着しました。

ここまではコースタイム通り、順調に進んでいます。





槍は近付き、穂高は後方へ遠くなりました。





あまり広くはない蝶槍ですが、人は沢山。

ベストポジションを待つ時間も勿体ないので、取り敢えず写真だけ。





この先進む方向を見てみると、広くなだらかな道が無くなっている・・・。

ここで初めて少し様子が違うことを感じ始めます。





もう少し進んだ所で、ついに現実を見ました。

雲に隠れているのが常念岳ですが、どう見てもかなり下ってるし、何度か登り下りがありそうなあの森は何だ?





今まで歩いて来たような広い道は森の中へ消え、思っていた縦走路と現実は違っていることにようやく気付きました。

蝶ヶ岳から常念岳までの縦走で一番厳しい場所が、蝶槍と常念岳の間にあるこの森だったということは、実際に歩いてみるまで分かりませんでしたが・・・。





考えていても仕方が無いので、とにかく前に進むため蝶槍から下り始めます。





これから進む厳しそうな道から目を背け・・・。





ついつい、なだらかだった後ろを振り返ってしまいます。







ママもまだ元気そうです。

まだ・・・。





いよいよ件の森へ入っていきます。

途中には短い梯子があったり、どうやって下りようかと少し悩むような大きな段差もありました。





突然、急な斜面に現れるニッコウキスゲ。





後ろを振り返ると、中央に見えるのがさっきまで居た蝶槍。

結構下って来たのがわかります。





ズームしてみると。

蝶槍の頭に立つ人、森の中に続く道とそこを歩く人の姿が見えます。





それにしても見事なニッコウキスゲの群落です。

ニッコウキスゲは、もう少し湿原のような場所に咲くイメージなんですが、なんでこんな陽当たりの良い急な斜面に。





蝶槍と常念岳の間の森には、川の流れは無いものの、小さな沼地や池塘のようなものが見られました。

歩いている間もやけに蒸し暑く、実は水を沢山蓄えた森なのかもしれません。





雲がどんどん下から湧き上がってきています。





この森のニッコウキスゲは確かに綺麗なんですが、歩いている間の蒸し暑さがジワジワ効いてきて、気持ちもやられ始めています。





所々風が通る場所があり、その風はとても涼しく、火照った体を少し冷やしてくれるんですが・・・。





そしていよいよ見えてくるのがココ。

今いる場所から随分下の方に見える小さなピーク。

あそこまで下りなきゃいけないのか・・・。

そして、その先雲に隠れているのが常念岳への稜線ですが、それはこの場所よりも高い場所へ続いているはず・・・。





どう見ても小さなピークから一旦下ってるし・・・。





もう少し下ったところで、その全貌が見え始めました。

まだまだじゃん・・・。

っていうか、この先から更に厳しそうじゃん・・・。





コースタイムからは既に遅れ始めていますが、それでもそれほど大きく遅れているわけではありませんでした。

しかしこの先から・・・。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】PUROMONTE ダンロップ 2018年限定 VS30Aテントセット
価格:46000円(税込、送料無料) (2019/9/23時点)







最終更新日  2019年09月26日 18時49分19秒
コメント(0) | コメントを書く
[山歩き] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄










カテゴリ

フリーページ

★ 2007 キャンプ場


塩原グリーンビレッジ


軽井沢キャンプクレスト


北軽井沢スウィートグラス


メープル那須高原


かずさオートキャンプ場


しあわせの丘リゾート


カンパーニャ嬬恋キャンプ場


富士すそ野キャンプ場


大子広域公園グリンヴィラ


PICA富士吉田


★ 2008 キャンプ場


有野実苑オートキャンプ場


成田ゆめ牧場キャンプ場


神山温泉オートキャンプ場


CAMP IN ドロブックル


キャンピカ富士ぐりんぱ


那須たかはらオートキャンプ場


ACNオーキャン宝島


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


菅平高原キャンプ場 vol.1


菅平高原キャンプ場 vol.2


イレブンオートキャンプパーク


オートキャンプ場志駒 vol.1


オートキャンプ場志駒 vol.2


ホウリーウッズ久留里 vol.1


ホウリーウッズ久留里 vol.2


サンタヒルズオートキャンプ場


フォレストパークあだたら vol.1


フォレストパークあだたら vol.2


メープル那須高原 vol.1


メープル那須高原 vol.2


★ 2009 キャンプ場


フォレストパーティ峰山


九十九里キャンプ場太陽と海


亀山湖オートキャンプ場


PICA富士西湖


五光牧場オートキャンプ場


オートキャンプ七里川


ACNオーキャン宝島


雲見オートキャンプ場 vol.1


雲見オートキャンプ場 vol.2


バウアーハウスジャパンvol.1


バウアーハウスジャパンvol.2


いわき市遠野オートキャンプ場


アウトサイドベース vol.1


アウトサイドベース vol.2


★ 2010 キャンプ場


河津オートキャンプ場


那須たかはらオートキャンプ場


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


フォレストパークあだたら


★ 2011 キャンプ場


CAMP IN ドロブックル


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


CAMP IN ドロブックル


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2012 キャンプ場


バウアーハウスジャパン


大原オートキャンプインそとぼう


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2013 キャンプ場


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたら


メープル那須高原


★2014 キャンプ場


上永野キャンプ場


波崎シーサイドキャンプ場


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★2015 キャンプ場


フォレストパークあだたら


★2016 キャンプ場


舞子高原オートキャンプ場


バラギ高原キャンプ場


河津オートキャンプ場


フォレストパークあだたら


★2017 キャンプ場


アウトサイドベース


カレンダー

プロフィール


papachan

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.