3543534 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

2019年09月22日
XML
カテゴリ:山歩き
峠の茶屋から歩き始めた、一泊二日少し早い那須の紅葉トレッキング。

三斗小屋温泉の到着までには少し余裕があったので、峰の茶屋から茶臼岳山頂までやって来ました。





二年前の紅葉の季節に登った時には真っ白で何も見えなかった景色が、目の前に広がっています。





360度の大展望でございます!!









お鉢の内側は、ガスの匂いがしたり煙が上がっている場所もありません。





大きな岩も少なく、小さな石が転がるアリ地獄のようにも見えてきます。







いやぁ天気に恵まれて本当に良かった!!

二回続けて真っ白だと、そこは相性的にダメな場所になってしまう可能性があります。





因みに私の相性的にダメな場所は野沢温泉でございます。

過去に何度か計画を立てたものの、急な仕事や骨折などで全てキャンセルせざるを得ない状況となりました。

無理して行ったところ、ろくな目にあわない可能性もあるので、それ以来敢えて行こうとはしておりません。





天気に恵まれたことと、ここまで無事に来られたことを神様に感謝申し上げて。





今に発射しそうな岩が!





峰の茶屋へ向かって下り始めています。





朝日岳よ、明日もその天気のままでいておくれ。





峰の茶屋まで下りて来ました。





ついさっきまで風なんてなかったのに、ここへ来るとやっぱり風が強い。

風の名所「峰の茶屋」はそういう場所なんです。





峰の茶屋跡避難小屋は、中に入って休憩することは出来ますが、宿泊は不可でトイレもありません。







この周辺の道標は、このタイプのものを多く見かけます。

風に飛ばされないためなんでしょうか?

正面に見えるのは剣が峰で、トラバースするように進むと朝日岳へ向かいますが、今日は左の三斗小屋方面へ。





三斗小屋方面は、ここを下っていきます。

下の方に小さく見えるのは那須岳避難小屋で、あの場所まで一気に下ります。





少し下り始めると、右手に剣が峰が大きく見えます。







向うに見えるのは、明日歩くことになった隠居倉から熊見曽根への稜線。





足下は小さな石がゴロゴロしているので、転倒しないよう注意が必要です。





ある程度下ると、右方向へトラバースしながら下って行くようになります。





傾斜は今までより緩くなりますが、右側にそり立つ岩の壁があって落石が気になり始めます。





左上に少し見えているのが、その岩の壁。





落石に遭うことも無く、峰の茶屋から下の方に見えていた那須岳避難小屋に到着いたしました。





ここは宿泊が可能なようですが、トレイと水はありません。

那須周辺はトイレが少ないのです。





那須岳避難小屋から三斗小屋温泉までは、標高差150mほどの緩い下りを下っていきます。





橋にはコケが。





川は赤く見えます。





川の水に含まれた強い成分で、岩も真っ赤です。

これでは魚も棲めないでしょう。





明るい森をどんどん歩いていきます。





こういうちょっと背の高いクマザサの場所は、突然クマが飛び出してきそうで、ちょっと緊張しながらの歩きになってしまいます。

リラックスして歩けないので、私はあまり好きではありません。





水場が出てきました。





前回もいただいた延命水。

先ほどの川があれだけ赤かったのに、ここの水は全く問題ないのが不思議です。





明るい森は続きます。







明るいけど、やっぱり飛び出してきそうですねぇ・・・。











沼原分岐に到着。





穏やかな道が続いていますが。ここは活火山のすぐ近く。





正面に何やら建物が見えてきました。





三斗小屋温泉に到着いたしました。

三斗小屋温泉には二件のお宿がございます。





正面に見えるのが、煙草屋旅館。





左側少し下に見えるのが大黒屋旅館。





露天風呂が有名な煙草屋旅館は、旅館を名乗りながらもどちらかと言えば山小屋のテイスト。





一方の大黒屋旅館は、露天風呂は無いものの煙草屋旅館よりも旅館に近い。

というのが、利用された方の印象のようです。





どちらを選ぶかはお好み次第ですが、折角ならどちらにもお世話になってみたいところです。





ということで、私が最初にお世話になるお宿は煙草屋旅館でございます。





1日目はこんなルートになりました。










最終更新日  2019年11月11日 17時57分16秒
コメント(0) | コメントを書く
[山歩き] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄










カテゴリ

フリーページ

★ 2007 キャンプ場


塩原グリーンビレッジ


軽井沢キャンプクレスト


北軽井沢スウィートグラス


メープル那須高原


かずさオートキャンプ場


しあわせの丘リゾート


カンパーニャ嬬恋キャンプ場


富士すそ野キャンプ場


大子広域公園グリンヴィラ


PICA富士吉田


★ 2008 キャンプ場


有野実苑オートキャンプ場


成田ゆめ牧場キャンプ場


神山温泉オートキャンプ場


CAMP IN ドロブックル


キャンピカ富士ぐりんぱ


那須たかはらオートキャンプ場


ACNオーキャン宝島


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


菅平高原キャンプ場 vol.1


菅平高原キャンプ場 vol.2


イレブンオートキャンプパーク


オートキャンプ場志駒 vol.1


オートキャンプ場志駒 vol.2


ホウリーウッズ久留里 vol.1


ホウリーウッズ久留里 vol.2


サンタヒルズオートキャンプ場


フォレストパークあだたら vol.1


フォレストパークあだたら vol.2


メープル那須高原 vol.1


メープル那須高原 vol.2


★ 2009 キャンプ場


フォレストパーティ峰山


九十九里キャンプ場太陽と海


亀山湖オートキャンプ場


PICA富士西湖


五光牧場オートキャンプ場


オートキャンプ七里川


ACNオーキャン宝島


雲見オートキャンプ場 vol.1


雲見オートキャンプ場 vol.2


バウアーハウスジャパンvol.1


バウアーハウスジャパンvol.2


いわき市遠野オートキャンプ場


アウトサイドベース vol.1


アウトサイドベース vol.2


★ 2010 キャンプ場


河津オートキャンプ場


那須たかはらオートキャンプ場


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


フォレストパークあだたら


★ 2011 キャンプ場


CAMP IN ドロブックル


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


CAMP IN ドロブックル


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2012 キャンプ場


バウアーハウスジャパン


大原オートキャンプインそとぼう


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2013 キャンプ場


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたら


メープル那須高原


★2014 キャンプ場


上永野キャンプ場


波崎シーサイドキャンプ場


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★2015 キャンプ場


フォレストパークあだたら


★2016 キャンプ場


舞子高原オートキャンプ場


バラギ高原キャンプ場


河津オートキャンプ場


フォレストパークあだたら


★2017 キャンプ場


アウトサイドベース


カレンダー

プロフィール


papachan

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.