000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ときどきアウトドア!

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

 ├ マット・衣類系

2019年07月22日
XML
今年の夏山は、昨年果たせなかったテント泊にほぼ決定です。

そうと決まればそれなりの準備を!

昨年は、テント泊のためのテントそのものを購入したため、予算の都合で購入を見送ったものが二つあります。

その一つはスリーピングマットですが、エアーマットが良いのか、クローズドセルタイプが良いのか?

どちらもメリット・デメリットがあり、未だにどちらが良いのか決めかねているので、今年も購入は見送り、オートキャンプで使っていたモンベルのインフレターブル式を使うことにします。

もう一つはシュラフ。

オートキャンプで使っていた化繊の物に比べ、ダウンにすることで大幅な軽量化とコンパクト化が図れます。

ということで、今年はシュラフのダウン化をすることにしました!!

購入したのは、今まで通りストレッチ機能のある、モンベルのダウンハガー800。

上を向いて寝られず、窮屈なのも嫌なので、ストレッチ機能はちょっと外せませんね。





私用にダウンハガー800 #3を、ママ用にはダウンハガー800 Women's #3。

どちらもコンフォート温度3℃、リミット温度-2℃ですので、積雪期には厳しいかもしれませんが、今のところその予定も無いので取り敢えずこれでOKです。

ママ用のWomen'sモデルは、就寝時の余分なスペースを省くための形状設定やショート化、足下のダウン量20%アップなど、男性よりも小柄な女性向けに設計されたモデルです。





昨年ザックに入れて歩いた、モンベルスーパーストレッチバロウバッグ#3と比べてみれば、その大きさの違いは説明の必要も無いでしょう。





長さの違いだけじゃなく、太さもこれだけ違っているので、容量にすれば半分程度になっているかもしれません。





次は重さで比べてみましょう。

1kgまで測れるスケールがオーバーしてしまいました・・・。

現行モデルが1085gなので、おそらく同程度ではないかと思います。





ママのWomen'sモデルは、モンベルの公称値が547g(スタッフバッグ含 578g)ですが、735g。

見ての通りお店に置いてあるのと同じ状態で、ビニールやら紙やらが付いたままで測ってしまいました・・・。





私の方は、モンベルの公称値が575g(スタッフバッグ含 600g)のところ、762gと同じミスを犯しております。

外した状態だと何gになるのやら・・・。





モンベルの公称値で言うと、スタッフバッグの重さは私の方が25gなのに対して、Women'sモデルのスタッフバッグは31gと、Women'sモデルの方が少し重くなっています。

これは、Women'sモデルのスタッフバッグにはコンプレッションしやすいよう、ボトム部分にもドローコードとコードロックがセットされていることによるものだと思います。



出典:モンベル


シュラフのダウン化によって、それなりのコストはかかっていますが、シュラフ二つで大凡1kgの軽量化が実現できました!!

これで多少は楽に歩けるようになるんだろうか?

そうなることを期待して!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タニタ デジタルスケール KD-176
価格:3229円(税込、送料別) (2019/8/31時点)







最終更新日  2019年08月31日 23時53分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月06日
なかなか評判の良いスマートウールのソックスを、初めて買ってみました。

この手のショートソックスは、靴を脱ぐときに一緒に脱げやすいので、あまり好きでは無いんですが・・・。





初めてのスマートウールということで、同じショートタイプながら違うタイプを購入してみました。





上の写真の右側、爪先部分が黒いのがPhDランライトエリートマイクロ。

その名前の通り、ランニングをメインにしたモデルです。





もう一方の爪先部分が青い方が、登山やアウトドアをメインにしたPhDアウトドアライトマイクロ。

その微妙な違いがわかるほど私の足は繊細ではありませんが、ランとアウトドアでは、ウールと化繊の比率が微妙に異なっています。





また同じショートソックスでも、アウトドアとランでは口ゴム部分のカットも異なっていました。





因みにモデル名にライトとつくのが、スマートウールのソックスの中でも薄手のモデルで、中厚がミディアム、一番厚手のモデルがヘビー。

同じように、一番ショートモデルがマイクロ、少し長めのミニ、一番丈の長いモデルがクルーとなっています。





どちらもアキレス腱の辺りに厚みを持たせてあるのは、履いている時の安心感があります。





ちょっと裏返してみました。

爪先とかかと部分にクッションが装備され、履いていても心地良い柔らかさを感じます。





履いた感じでは、アウトドアのクッションの方が若干柔らかいように感じますが、実際のところはどうなんでしょうか?

単なる私の思い込みかもしれません・・・。





足専門のモデルさんに登場してもらいました。

ゆっくりとご堪能ください。





さすが美しい足です・・・。





どちらも薄手のモデルながら、足をふわっと優しく包むような優しい感覚で、なかなか好印象です。





ウールのソックスは、気になる臭いもかなり抑えられます。

私、昨年3月の奥鬼怒歩きで、二日間履いた自分のソックスで試してますから!!










最終更新日  2019年08月24日 20時40分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月18日
通気性のある生地、ブリーズドライテックを採用したレインウェア、レイントレッカーのメンテナンスはしてみたんですが、11年目の傷みは否めません。





寿命なのかどうかは分かりませんが、今後のトレッキングのことも考えて、結局新しいレインウェアも購入してしまいました。





新しいレインウェアは、石井スポーツオリジナルブランドの、PAINEゴアテックスゼロレインスーツ。





今回の決め手も色です!

papachanの場合、まずはそこから入っていきますので!





こういうパキーンとした色、大好きなんです!





そうそう、これが記念すべき人生初めてのゴアテックスのレインウェアになりました!!!

ゴアテックスっていうだけで、お値段が急上昇しちゃいますからね~、今までなかなか手が出なくって・・・。





過去には、バスフィッシング用などで何着かレインウェアを買っていますが、ゴアテックスを買わなかったのは、値段に躊躇っていたからだけではありません。

ボートでのバスフィッシングの場合、遮るものが無い湖上で雨と風に打たれ続け、結構体が冷えてしまいがちです。

トレッキングほど運動量が多くないので、高い透湿性で水蒸気を逃してしまうより、多少蒸れた状態の方が冷えを感じないんじゃないかと。

それでも夏場は汗だくになっていましたが、そんな季節は短いので!





トレッキング用となると、バスフィッシングや自転車通勤用では全く気にしなかった重さが、大いに気になってきました。

早速測ってみると、上下で660gありましたが、重いのか軽いのか?





レイントレッカーのジャケットは379g。





同じくレイントレッカーのパンツは269g。





上下合わせて測れば、計算通りの648g。

数字で見れば、PAINEゴアテックスゼロレインスーツよりもレイントレッカーの方が、12グラム軽いのは明らかで誰にでもわかりますが、実際に持ってみたらどうでしょう?

因みに、同じ12gの差でも20gと8gを比べれば、手にしただけでその違いがわかるはずです。

バスフィッシングのルアーが丁度この位の重さなので、8gは投げられても20gになると、同じ道具では相当重く感じるか、投げられないって位違います。

でも、600gを越えるような重さになると、その違いはなかなか感じられません・・・。

っていうか、12gって誤差の範囲じゃね?

下手したら、同じ商品を幾つか比べたら、この位の差が出るんじゃないのかな?





ここで登場してもらったのが、ママのストームクルーザー氏。





驚愕の431gで圧勝!!!

でも、サイズが違うやん・・・。





さて、ここまでの写真でお気づきでしょうか?

モンベルは、ジャケットとパンツが別収納なのに対して、PAINEは収納袋が一枚しか付属してないので、ジャケットとパンツを一緒に入れています。

これはいけませんね~。

上下とも着るのであれば特に問題ないかもしれませんが、ジャケットだけを着る場合でも、パンツが一緒に出てきて、履かないパンツを元に戻さなければいけないのは手間がかかります。

別収納であれば、着たい方だけを出せばいいわけですから・・・。





ということで、袋を入れ替えました。

モンベルの袋にはPAINEを上下別々に、PAINEの袋にはレイントレッカーを上下まとめて収納しても、大きさ的には何の問題もありません。




  






最終更新日  2018年12月22日 12時32分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月17日
レインウェアの寿命ってどれ位なんでしょう?

これ、papachanのレインウェアです。

今まで、バスフィッシング用などで何度かレインウェアを購入していますが、恥ずかしながら、これが人生の中で一番高価なレインウェアじゃなかったかなと思います。





いつ頃購入したのか覚えていないので、ちょっと調べてみたら、2008年の梅雨時に購入していました。

ということで、11年目になります。





このレインウェアは、モンベルのレイントレッカーというモデルですが、トレッキング用ではなく、自転車通勤をしていた当時、雨の日用に購入した物です。





何故このレインウェアにしたのか?

その理由ははっきり覚えています!

それはブリーズドライテックの特徴である通気性で、生地を通して泡がブクブク出ている様は、ちょっと衝撃的でした!

papachan、おそらく他の方より汗っかきでございまして・・・。

家族で食事に出掛けても、何故か一人で汗をかいております。

そんなオジサンが、雨の日にレインウェアを着て自転車をこいだらどうなるか?

会社に到着した時には、雨に濡れてないのに汗でビショビショ、結局濡れるんだよ・・・。

そんな状況を何とかしたくて・・・。

言葉から想像するに、透湿性よりも通気性の方が全然涼しそうだ!

これだったら、汗でビショビショにならないんじゃないか?

きっとそうであってほしいという願いから、このモデルになりました。





その後、自転車通勤は無くなり、活躍の場は主に管理釣り場に移り・・・。





そして、今年の夏の蝶ヶ岳で、ついに山デビューとなりました。
【蝶ヶ岳登山の記事はこちら

が、蝶ヶ岳ヒュッテに到着した時には、汗だか雨だか良く分かりませんが、中も外もビショビショになっていました。





帰って来てからチェックしてみると、首の後ろ辺りが、なんとなく表地の赤っぽい色が見えています。





ここは胸の辺り。





こちらは脇の下辺り。





裏地全体を見ても、場所によって微妙に違っていますが、身体と擦れる部分はなんだか薄くなっている感じがします。





撥水性も失われ、水に濡れるとベタっとした感じになってしまっていたので、残っていたNIKWAXでちょっと処理してみました。

これだけで、ちょっと触っただけでもわかるほど、表地がツルツルに復活しましたが、山に行ったらどうなんだろう?










最終更新日  2018年12月20日 20時07分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月02日
今年の誕生日プレゼントに、ママから買ってもらいました~。





モンベルのメリノウールプラス

あったかいんだから~~、っていうフレーズは、すっかり聞かなくなってしまいましたが、あったかいんです!





実は、これと同じ物を一年前の誕生日にも貰っているんですが・・・。





知らないうちに、小さな穴が開いてしまっていて・・・。










最終更新日  2018年12月22日 09時40分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月12日
山用のテントを買ってしまい、更なる出費を抑えるため、蝶ヶ岳登山のテント泊用のスリーピングマットは、オートキャンプで使っていた物を持って行くことにしました。

そうなると、マットよりも値段が高いシュラフも、当然ながらオートキャンプで使っていた物でっていうのが自然な流れでしょうか。

オートキャンプで使っていたシュラフは、モンベルのスーパーストレッチバロウバッグ#3。





このシュラフも、オートキャンプを始めた10年以上前に購入した物なので、現行モデルとは仕様が違っています。





古いモデルも上矢印スーパーストレッチシステムを採用していますが、現行モデルは下矢印生地を斜めに配置したスパイラルストレッチで、更に伸縮率を向上させています。





このシュラフを買う時、相当悩みましたね~。

papachanは、真っ直ぐ上を向いて寝るのが苦手なので、ストレッチシステムを採用したモンベルは、一瞬で気に入ってしまったんですが、適応温度はどれ位がいいのか、同じ適応温度なら、より軽くコンパクトになるダウンモデルにするのか、それとも値段の安い化繊のモデルにするのか・・・。

結局、当時はまだ小さかったさや君のオネショが盛んだったので、濡れに弱いダウンではなく、コンパクトさと軽さを捨て、化繊のモデルに至ったわけです。

これは、オートキャンプ前提だったからで、今思えば、二つくらいはダウンにしておけば良かったかなと・・・。





その頃のキャンプ場では、朝はよくこんな風に、濡れたシュラフを干していました。





さて、古いモデルのスーパーストレッチバロウバッグですが、モンベルらしく幾つかの工夫がされています。





首元のこれは、よくあるやつですが。





足元を見ると、足首の辺りにコードが仕込まれています。





このコードを引っ張ると、写真のように絞ることが出来ます。

絞った後の形が、人のように見えませんか?。まるで、こう入ってくださいと誘っているように・・・。

そうです、この形に合うように、通常とは逆にここに頭から突っ込んで、頭をすっぽり覆ってしまいましょう。





いやいや、そんなバカな使い方はいたしません。

コードで絞った先端は、内側に折り込んでしまいます。





折り込んだ内側は、こんな風になっています。

これは背が低い方や、papachanのように丸まって寝る人が、余った足元部分を無駄にせず、内側に折り込むことで中綿を増やしたのと同じ状態にして、足先の暖かさを増そうという仕掛けです。





もう一つが、このように左ジッパーと右ジッパーモデルがあること。





両モデルを組み合わせると、ジッパー同士でつなぐことが出来、二つのシュラフが一つのシュラフに変化します。

子ども達が小さかった頃は、大体連結して一緒に寝ていて、こうすると暖かさが増します。

子どもって、あったかいですからね~。

これなら、「あったかいんだから~」と、クマムシに歌ってもらわなくても安心です。

因みに、ママとこの状態で一緒に寝たことはございません。





どちらのカラーでも、右ジッパーと左ジッパーが選べますが、我が家にあるものは、赤が右ジッパー、青が左ジッパーで揃えてあります。

こうしておけば、子ども達でも、赤と青を合わせればOKだと簡単に分かりますからね。





山で使うスリーピングマットとシュラフは、オートキャンプで使っていたものを使うことで、出費を抑えることは出来ましたが、軽さとコンパクトさは犠牲になりました。

この選択が後々大変なようであれば、必要な物を買い直せば良いので、まず初回は、これで挑むことになりました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料!モンベル寝袋(シュラフ)バロウバッグ #3 ( 品番 #1121273 )
価格:15660円(税込、送料無料) (2018/10/15時点)










最終更新日  2018年10月15日 20時14分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月11日
結果的には実現しなかった、蝶ヶ岳でのテント泊に向けては、ダンロップの2018年限定モデルのテントを購入しましたが、スリーピングマットはどうしようかという問題が残りました。

新しいテントを買った勢いにまかせて、その他色々な物を買い直すとなると、道具は揃ったけど山へ行く費用がなくなるという、なんとも哀れな状況になってしまいそうなので、ここは家にあるオートキャンプ用で凌ごうかと。

最近すっかり遠のいてしまいましたが、我が家にはオートキャンプで使っていた、モンベルとコールマンの2種類のスリーピングマットがあります。





緑色の方は、コールマンのコンパクトインフレーターマットで、赤い方がモンベルのU.L.コンフォートシステムパッドでございます。

どちらも中にフォーム材が入っているタイプで、マットを広げバルブを開けた状態で放っておけば、特に刺激などは与えなくても、ムクムクとある程度までは勝手に膨らんでくれるので、最後は口を使って硬さを調整するだけです。

若いっていいなぁ~・・・。

何のこっちゃ。





いずれもオートキャンプを始めた10年以上前に購入した物なので、現行モデルとは少し仕様が違っています。

どちらも使える状態ですが、写真でも分かるように、モンベルの方がコンパクトになるので、山へ持って行くのは文句なしでモンベルに決定です。

これは↓新品時に撮った写真です。





厚さは、どちらも2.5cmですが、コールマンの方が僅かに幅が広く、少しだけ長い仕様です。

重さや大きさをさほど気にしないオートキャンプでは、そんな僅かな違いは気にしたことも無かったですが、担いで登るとなれば。





モンベルの方には、補修キットも付属されてました。





古いモデルは長方形ですが、現行モデルは軽量化のため、あまり使われない四隅の部分が斜めにカットされています。






旧モデルには、四隅に穴が開き片側にトグルが付いているので、それを使って並べたマットが離れないよう連結することが出来ます。

スリーピングマットは、寝ているうちに意外と動いてしまったりして、朝起きた時には、隙間に寝てたなんてことがありますが、連結していればそんな心配もありません。

現行モデルは、その機能を捨てて軽量化を図ったってことでしょう。





多少なりともエアーが入るマットでは、メーカー側は、いかに簡単に膨らませることが出来るのかを色々考え、その方法を宣伝しています。

でも、一度でも使ったことがある方は、絶対に気付いているはず。

いかに簡単に膨らませるかより、いかに簡単に収納できるかの方が大事じゃねってことを。

キャンプ場やテント場に到着した後は、寝るまでの間にそれなりの時間があるので、膨らませることにはそれほど気を使っていないんじゃないでしょうか。

これから過ごす楽しい時間や、明日向かう山を考え、気持ちも高ぶっているので、準備はさほど苦にならず、放っておくだけである程度膨らむならそれでOK。

でも、キャンプ最終日のチェックアウト時間を気にしながらの撤収や、次の目的地に向かうため早く出発したい時なんかは、膨らんでいるマットを簡単に収納したいんじゃないでしょうか。

簡単に膨らませる宣伝は何度も見ていますが、こんなに簡単に収納出来ますよという宣伝は、今まで一度も見たことがありません。

もしそんな商品が出てきたら、papachanはすぐに飛びついちゃうかもしれません。











最終更新日  2018年10月14日 00時50分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月04日
週末は、珍しく2日連続で買い物に出掛けました歩く人

日曜日の池袋で購入したのが、帽子(^_^;)

山歩きの時に、以前からママに被れと言われていたんですが・・・

実は、自他ともに認める帽子の似合わないオジサンなんですぽっ

自分で見てもなんかおかしいし?ママから見てもやっぱりおかしいと!?

何がいけないのか良くわかりませんが、とにかく似合わないのは間違いなくってウィンク

これは今始まったことじゃなく、ずっと前から( ̄▽ ̄)

バスフィッシングに行っていた頃も、滅多に帽子をかぶることはありませんでしたからね~ウィンク

そんな中、多少ましなものを選んだんですが下矢印





写真の二つのうち、確実にどちらかをかぶることになりそうですが( ̄▽ ̄)

果たしてどっちでしょうか?









最終更新日  2018年06月05日 19時19分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月18日
冬の奥鬼怒に備え、一気買いしたものから( ̄▽ ̄)

前日、急に買い忘れに気付いたものまでぽっ

一通り山の道具達が揃いました( `ー´)ノ

その道具達を、ベテランさん達のブログや画像を参考にしながらウィンク

CHUMSのグラフトン28にうまいこと収まるように、自分なりに工夫した結果( `ー´)ノ

こんな感じに仕上がりましたグッド
















最終更新日  2018年03月26日 23時08分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月17日
冬の奥鬼怒に向け、必要そうな装備は一通り揃ったグッド

そう思っていた前日に、急に思い出したのがソックスひらめき

冬用のシューズなんて用意できるはずもないので(^-^;

せめてソックスくらいは、もっと保温性のあるものにと思い出しましたひらめき

唯一持っている山用のソックスは、そのシューズと一緒に購入した( `ー´)ノ

キャラバンのメリノトレックですが、これは中厚のソックスなので・・・



急遽店舗で購入したのが、同じキャラバンの厚手のソックス、メリノアルパイン



コレですネ下矢印





触った感じだけでも、メリノトレックより厚いのがわかりましたOK





papachanが履ける大きいサイズには、元々ボルドーのカラーが用意されていないのでバツ

仕方なくグレーにしましたが、なんでLサイズだけないんだ?





このソックスも、左右専用設計





papachanの足の指は、親指より人差し指が長いタイプですがぽっ

概ねこの形状は合っている感じです( ̄▽ ̄)





足の甲側を見ると、親指がある内側が長いのがわかります下矢印





こちらは足裏側からですが、上の写真をそのまま裏返しているので

左が右足用、右が左足用になります下矢印





形を見れば、大体どちら足かは分かりますがグッド

長く履いていると、少し形が崩れるんでしょうか?

口ゴム部の裏側に、サイズと左右の別が





家族で同じカラーだと、サイズがあるのはいいかもしれませんウィンク

















最終更新日  2018年03月25日 12時52分52秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

サイド自由欄







カテゴリ

フリーページ

★ 2007 キャンプ場


塩原グリーンビレッジ


軽井沢キャンプクレスト


北軽井沢スウィートグラス


メープル那須高原


かずさオートキャンプ場


しあわせの丘リゾート


カンパーニャ嬬恋キャンプ場


富士すそ野キャンプ場


大子広域公園グリンヴィラ


PICA富士吉田


★ 2008 キャンプ場


有野実苑オートキャンプ場


成田ゆめ牧場キャンプ場


神山温泉オートキャンプ場


CAMP IN ドロブックル


キャンピカ富士ぐりんぱ


那須たかはらオートキャンプ場


ACNオーキャン宝島


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


菅平高原キャンプ場 vol.1


菅平高原キャンプ場 vol.2


イレブンオートキャンプパーク


オートキャンプ場志駒 vol.1


オートキャンプ場志駒 vol.2


ホウリーウッズ久留里 vol.1


ホウリーウッズ久留里 vol.2


サンタヒルズオートキャンプ場


フォレストパークあだたら vol.1


フォレストパークあだたら vol.2


メープル那須高原 vol.1


メープル那須高原 vol.2


★ 2009 キャンプ場


フォレストパーティ峰山


九十九里キャンプ場太陽と海


亀山湖オートキャンプ場


PICA富士西湖


五光牧場オートキャンプ場


オートキャンプ七里川


ACNオーキャン宝島


雲見オートキャンプ場 vol.1


雲見オートキャンプ場 vol.2


バウアーハウスジャパンvol.1


バウアーハウスジャパンvol.2


いわき市遠野オートキャンプ場


アウトサイドベース vol.1


アウトサイドベース vol.2


★ 2010 キャンプ場


河津オートキャンプ場


那須たかはらオートキャンプ場


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


フォレストパークあだたら


★ 2011 キャンプ場


CAMP IN ドロブックル


南アルプス三景園 vol.1


南アルプス三景園 vol.2


CAMP IN ドロブックル


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2012 キャンプ場


バウアーハウスジャパン


大原オートキャンプインそとぼう


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★ 2013 キャンプ場


北軽井沢スウィートグラスvol.1


北軽井沢スウィートグラスvol.2


フォレストパークあだたら


メープル那須高原


★2014 キャンプ場


上永野キャンプ場


波崎シーサイドキャンプ場


フォレストパークあだたらvol.1


フォレストパークあだたらvol.2


★2015 キャンプ場


フォレストパークあだたら


★2016 キャンプ場


舞子高原オートキャンプ場


バラギ高原キャンプ場


河津オートキャンプ場


フォレストパークあだたら


★2017 キャンプ場


アウトサイドベース


カレンダー

プロフィール


papachan

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.