386669 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

南の島物語

楽しい釣りは苦難への道

何しろ音楽家として東京のベイエリア、あのデーズニーランドを一望できる湾岸地帯の高層マンションでトレンディー?な暮らしをして来た私を虜にしたのがこの八丈島だ。それ以来、ヤマイコウモウ・・・、釣りに通い詰め、ついにはデパート命の女房殿を説き伏せ住んでしまった。
当然音楽では食えないのでペンションなるハイカラな建物を作り営むが、何しろ釣り三昧だから釣りのお客さんしか来なくなる。せいぜいダイビングや波乗りも楽しむ程度だから、スポーツペンションなんて名前になってしまった。でも、苦節15年ここまで来るのは大変な道程だった。
この島は魚が釣れる。ソコソコに自然を大事にし、釣り過ぎないように、ルアーフィッシングと云うハイカラな釣りで若いモンをたきつける。
クラブメンバーもいて(一応私が会長だ)彼らは殆んど不良だったが,今は立派に?釣りで更正しているのだからこれも社会貢献だろう。
今日も、パヤオと云うところで本島(本州のこと)では驚く140センチ、15キロと云ういっぱなシイラを釣ってきた。
パパズインの(我家のペンションの名前)お客たちもビックリ。群馬の新井さん達が土産にと持ち帰った。美味しく食べてもらうのだから無駄に殺した訳ではなく、ほんにメデタシ、メデタシ。


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.