002683 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

しろくろわんこ

PR

プロフィール


YUZU1230

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

子育て

(30)

わんこ

(17)

(19)

子ども

(30)

徒然

(6)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.05.21
XML
カテゴリ:子育て
今日の雨はスゴかった〜!

出勤の時間はまだ降り始めだったからよかったけど
外回りに出ようと思ったら
ちょっと待て!
この雨の中でかけるのか⁉︎
と躊躇してしまうくらいドシャ降り
戻ったら服はビチャビチャ、靴もビチャビチャ
帰りの電車、空調で服が冷えて寒いの…

今日、娘'sはちゃんと通えただろか⁉︎
都市部は学校まで歩いて通うという事は、当たり前で、ごくフツーの事

私もその感覚で育ってきて
娘'sにも同じ様に、歩いて通学
という事が当たり前だと教えてきたつもり

が、しかし⁉︎
中途半端に田舎で、しかも小さい学校
子どもの絶対数も少なく
同じ通学路を使う子どもの数が少ない
この辺は少子化も影響してるんだと思った

しかも、ちょっと時間がズレて早かったり遅かったりすると、途中まで誰もいない田舎道を歩かなければならない

学校の近くまでくれば、そりゃ何人も歩いてるけど
そこまでの道すがら、子どもがポツンと一人で歩く
なんてのは、けっこう見かける

すると、心配だからと、親や祖父母が自転車や車で送ってしまう
途中で降ろせばまだ幾分マシかと思うけど
乗せたら面倒だから学校まで行ってしまう

結果、歩いている子どもがほとんどいなくなる

この悪循環で、都市部から外れると、通学は送り迎えが一般的な感覚になっている

娘'sは色んな意味合いがあるので、極力歩かせる様にしていたんだけど
婆ちゃんが内緒で車で送っていたらしい
いや、気づいていたけど、仕事もあって、放課後の面倒を頼んでいる手前、気づいていないフリをしていた

ただ、ある時
たいして雨も降っていなかったんだけど、歩きたくなかったから
学校が終わって、学校近くの公民館から電話をかけてきて
迎えにきてほしいと!

これにはさすがに怒った
それも婆ちゃんの目の前で子どもを怒った
婆ちゃんに言ってもラチがあかないと思ったから
横で「かわいそうだから」とか「誰もいなくて心配だから」とか
いろいろ言っていたので
「だったら毎日必ずやってください。自分の都合で、行ったり行かなかったりしたら、子どもがガッカリするからやめてください」
と言うと
「やるわよ、やればいいんでしょ」
と言っていたので
「必ず毎日ですよ
旅行や食事会やカルチャースクールの日は行けませんとか言わずに毎日ですよ」
と答えると
「できる訳ないじゃない」
と言うので
「全部ができないんだったら、中途半端にやらないで、黙って見守っててください」
と強引に押し切った
「わかったわよ」
と渋々答えていた

とりあえず、無闇に迎えに行かず、必要だと判断した時にお迎えに行く様にはなった
朝は相変わらず送ってた様だが…

ま、朝は私もゆずさん乗せて
雨の日はドライブがてら送ったりもしてたから
あんまり言わない様にはしていた

娘'sも、さすがにマズかったと思った様で、電話をするのは
雨がひどかったり、風が強かったりした日くらいに自重していた様子

私は、送り迎えがダメだと考えていた訳ではない
そりゃ、送り迎えしちゃえば、心配は減るから、その方がいいのは理解している

けど、歩かなくなると、悪条件の時に出かけないクセがつく
娘'sのこれからの人生の中で、雨なんて、それこそ数えきれない程あるだろうし
台風だってあるし、雪だって降る

そんな悪条件の中で歩く時
何の準備が必要で、どんな事を注意して歩けばいいのか
それを覚えて欲しかった

それと、四季や天候を感じて欲しかった

春には微かな花の匂いや涼やかな春の風
夏はむせ返る様な草の匂いと照り返す太陽の光
秋は枯葉の音と爽やかな秋の風
冬には冷たい空気と霜を踏みしめた時の音

外を歩かないと感じられない四季がある

雨の日には傘に当たる雨の音
雪の日は降るだけで楽しい
風の日には葉っぱを飛ばしたり

こんな日でも楽しみを感じてもらいたかった

でも、あんまり伝わらなかったかなぁ
とりあえず歩く事が苦にならない程度には歩ける様になったけど

できれば
急に風が変わったから、一雨くるかなとか
地面からモヤが立ってるから、今日は暑くなるなとか
雲が厚くて暗くなってきたから、雷がくるなとか

まで覚えてほしかったんだけどなぁ
まぁ、大人になるまでには覚えてくれるといいかな

通学路には、学校で教えてくれない、いろんな事が体験できる活きた教材がいっぱいあるんだけど
そこはちょっと残念

それでも、段々に通学路で遊んだり、友だちとふざけ合いながら歩く事の楽しさを感じ
通学路でいっぱい話をして、友だちとスゴく仲良くなって
学校に通う事がどんどん楽しくなってきた様だった

朝は相変わらずほとんど歩いていなかったけど
帰りの時は、遊びながら帰ってきて、その楽しさが他の子にも伝わった様で、お互い誘い合って、少しづつ歩く子どもが増えていった
おかげで娘'sも楽しく歩けたみたい

通学路って、大人のいない、子どもだけの時間
その楽しさって、今も昔も変わらないんだなぁって思う






にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村






最終更新日  2019.05.23 18:56:52
コメント(0) | コメントを書く
[子育て] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.