253723 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

折鶴とバスと霊柩車と私

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

折紙・紙細工・紙工作

2006.06.01
XML
テーマ:折り紙(665)
折紙、それは、1枚の紙を折り、畳み、ふくらませることにより、さまざまなものに似せた・或いはさまざまなものを想起させる形を作る、文化である――。

なーんて。
折紙好きとしては、紙と見ればいろいろ手慰みに折ってみたくなるものです。
以前から、私はゴージャスな折鶴を折ってみたいと思っていました。別に鶴じゃなくてもいいのですが、ゴージャスさが分かりやすいし、ブログタイトルにも入っているので、折鶴で。
ゴージャスな折鶴を気軽に折るには…やっぱりアレでしょ!


ってな訳で取り出したのは、1枚の長方形の紙。何やら一般の文具店では売られていない、独特の手触りの紙ですね。しかも、細かい意匠が両面に印刷されています。この紙、長方形ですが無闇に切ってしまうとものすごく後悔すると思うので、半分に折って、2重になった状態で鶴に仕立てたいと思います。
と、ここまで書けば、私が何で鶴を折ろうとしているか、察しがつきますよね。

じゃん。

折りたたまれた10,000円札
半分に折り、それをさらに折りたたみました。

折紙より分厚い紙ですし、その上、半分に折って正方形に近い形にしてから折り始めたので、とりあえず分厚い

しかし、その紙は私の手の中で、着実に折鶴へと形を変えて行ったのです。
鶴の形を見せる10,000円札
ほらほら、これはもう、まさしく羽を広げる前の折鶴。分厚いため、くちばしがぼてっとしてしまいました。
こうやって見ると、ふちの余白が意外と広いことに気づきます。


さあ、完成です!!


10,000円の鶴

しっぽの付け根には、ホログラムが光っています。
この折鶴、1羽で1万円ですよ。すげー。なんか豪華な気がする。
こいつで千羽鶴を作れば、1000万円だ~い。って、千羽鶴がいっせんまんえん!千羽鶴ってすげーー。



ひとしきりの興奮の後、あっけなく鶴は解体されました。
かつて鶴になったことのある鳳凰
しわしわ。


さ~て、この元鶴の紙で、週末は名古屋だ。






最終更新日  2006.06.02 00:42:52
コメント(0) | コメントを書く


2006.03.10
テーマ:折り紙(665)
さて、なんとなく双頭の鶴を折ってみました。

双頭の鶴

双頭の鶴っつっても、頭としっぽと、両方を頭にして誤魔化した、しっぽなし鶴じゃないですからね。






最終更新日  2006.03.10 00:25:20
コメント(2) | コメントを書く
2006.03.05
テーマ:折り紙(665)
昨日は、もたもたしているうちに定期メンテナンスの時間になって更新できなかったぺぱくれです。これを期に、日記毎日更新は、無理ならしない、ってコトにしようかな。

さて、ひな祭りの日に5mmの紙でミニひな人形を折りましたが、その残りの紙を再利用して別のものを折りました。

鶴のブックマークと三角箸袋
女雛様の残りの折紙は、本の端にかぶせて、しおり&アクセントとして使えるブックマークに、男雛様の残りの折紙は、箸などを入れることができる三角の袋に変身です。

あ、ちなみにブックマークをセットしてある本は、私の愛読書の1冊ですので。

三角の袋には、こんな風に箸をさすことができます。
箸のかわりに鉛筆をさす
手元に箸が見当たらないので、鉛筆で代用。






最終更新日  2006.03.05 17:24:44
コメント(0) | コメントを書く
2006.03.03
テーマ:今が旬の話(424)
折角なので、折紙でひな祭りを祝おうと思い、急遽、ひな人形を折ることにした私ことぺぱくれでございます。
典型的な1日飾り、いや、寧ろ1時間飾り!

ひな人形の折り方なんて、幼稚園で教えてもらうようなものしか知りません。本屋なりネットなりで調べれば、本格的でかっこいいひな人形の折り方が分かるかもしれませんが…そんなことをしていたら、ひな人形の完成が4日になってしまいます。仕方ない、超簡単なひな人形を折るか…。ただし、5mm四方の紙で。

ミニ雛を折るための紙を切り出す
まずはひな人形を作るため、紙を切り出すことから始めますよ~。
切り出した紙は左手の人差し指に乗せ、右手の親指と人差し指、それに左手の親指をメインに使って折っていきます。折り方は分かりやすいので、ちび鶴を折った時よりは楽でした。
折っていると、自分の指先の汗腺を実感することができます。

ようやく完成!しかし、その時、悲劇は起きたのです。

女雛様、転落!

キーボードの隙間に女雛様が~っ!!



……

………



千枚通しを使って救出作業を試みるものの、救助開始から1分、女雛様は我々の手の届かない、「K」キーの下にすっぽりと隠れてしまいました。

気を取り直して、再度挑戦します。女雛様、そんなにこの男雛様が嫌いだったんですか?


そして、ようやく完成です。台座は1円玉で…。ぼんぼりとか屏風とか三人官女とか、もう疲れた!親王飾りってコトにして!
1円玉の上でひな祭り

……若干、訳が分かりませんね。苦労の割に、完成の実入りが少ない気もします。5mmはやりすぎだったかもしれません。素直に1cm程度の紙で折れば、もう少しかっこよかったかも。


※今回折ったひな人形の折り方は、無料情報サイト「おりがみくらぶ」で紹介されています。本来のサイズで折られたひな人形の写真も載っていました。ひな人形の他にも、お子様も楽しめる作品がたくさん紹介されています。






最終更新日  2006.03.04 01:00:48
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.07
テーマ:折り紙(665)
さて、今日は思い立って、身近なあれこれで鶴を折ってみることにしました。サイズの限界に挑んだ、ちび鶴制作記も、よかったら読んでくださいな。

まずは、手始めに普通の鶴から。
普通の折鶴
普通の、15cm四方の折紙でまずは折鶴を作成。

続いて、ちょっと変わった素材の折紙を使ってみましょう。
普通の折鶴とセロファン折鶴
セロファンの折紙です。セロファン紙で折る時は、しっかり折り目をつけないと、すぐに広がってしまいます。でも、折り目をつけすぎると、折り返したりする時に、折れ線が二重になってしまう…。でも、セロファン折紙も、折ることを前提にしてあるので、まだまだ普通の部類に入りますのじゃ。

四角い紙四角い紙…。そうだ!折紙の袋の中にはもう1つ、同じ大きさの四角い紙が入っているではないですか。折れ曲がりを防ぐ、厚紙。これも折っちゃいます。
厚紙折鶴
指が疲れた…。何かところどころ裂けてるし。鶴の化石ができました。

さて、分厚い紙で折ったら、次は薄い紙でも折らなきゃね。薄い紙の代表をいえば、コレ。
次の素材はティッシュ
次はティッシュペーパーで鶴を折ります。2枚重なっているのを剥がし、正方形になるように端っこを少し切りました。

普通の折鶴とティッシュ折鶴
完成です。破れないようにさえ気をつければ、ティッシュの折鶴は折りやすいですね。これも、折り目はしっかりと折り筋をつけ、ほどけないようにするのが制作のコツかな?

次の素材はミニタオル
さて、今度は紙から離れてみます。用意した素材はミニタオル。20cm四方くらいですね。これで鶴を折ってみます。

タオル折鶴
思った以上に苦戦。ちょっとほどけかかったようなフォルムの鶴ができました。やはり、紙ほどかっちり折れないのと、厚さがネックになったようです。
布で折るという行為は、以前にラーメン屋のおしぼりで鶴を折ったことがあるのですが、おしぼりの方が形が作りやすいかもしれません。

では、今度は四角ではないもので折ってみましょう。餃子の皮やオブラートという案もあったのですが、無難に(?)アクとりシートにしてみました。
次の素材はアクとりシート
このアクとりシート、中央に切れ目があります。この切れ込み、最初は何でもなかったのですが、意外と曲者でした。切れ込みの部分からほどけてくるのです。

アクとりシート折鶴
苦闘の末、折り上げたのがこれ。背中がぱっくりと割れているのが、切れ込みのせいです。丸い紙で折った鶴というのも、実際は味があっていいものですよ。

さて、次は…やはり台所で見つけたものです。
次の素材はラップ
そう、ラップ。ラップ同士がびた~っとくっつくと、中々離れないんですよね。そんなラップでどこまで折れるのか…って、アレ?

ラップ折鶴
最初こそ苦戦したものの、コツを掴むと非常に折りやすいのです。くっつけるべきではない部分では、ラップ同士がくっつかないよう空気を入れ、きっちり折りたい部分は、ぴたりとくっつける。そうやって折ると、とても楽しい!
ラップで折紙って楽しいかも!

ラップに興奮したのも束の間、もう1つ別の素材で鶴を折ってみたいと思います。
次の素材は毛布
毛布。暖かい鶴ができたらいいのにな、と思いながら…。なお、毛布は長方形ですので、端を内側に折り込んで、正方形っぽい状態で折っています。

毛布折鶴…首が座らない
一応、鶴の手順に従って折ってみました。しっぽはまだしも、首が座りません。羽も、だらん、としていますね。

首が座らないのもアレなので、何か支えになるものは…あ、これくらいの高さが丁度いいかも。
無理矢理首を支えてみた
はさみ。何だか、鶴を脅迫している気分です。

最後は、今日折った変わりダネの鶴たちに一堂に集まってもらいました。てか、自分で集めたんだけどね。
今日の折鶴全員集合!

やっぱり、今日1番のヒットは、ラップ折鶴でした。皆様も、ぜひ、ラップで折紙に挑戦してみてはいかがでしょうか。






最終更新日  2006.02.08 00:44:20
コメント(8) | コメントを書く
2006.02.02
テーマ:折り紙(665)
極小鶴の第一人者のサイトを見て、まだまだ精進しないといけないな、と思ったぺぱくれです。
本当は昨日折り上げて、意気揚々と公開しようとしていたのですが、プロ(?)の技に感服し、不貞腐れていました。
まあ、素人が作るちび鶴ですが、お目汚しに…。

まずは小手調べに2cm四方の紙から挑戦です。
2cm四方の紙を切り出す
緑の折紙にしたのですが、考えてみればカッターマットと同系色で見にくいな…。

早速折っていきましょう。
2cm四方の紙で鶴を折る
おりおり。さかむけ。
完成です!比較対象は10円玉。あえてギザ10。
2cm四方の紙で折った鶴
まあ、折りが甘いものの、鶴としてはっきり自己主張しております。

では次のレベルに進みましょう。1cm四方の紙に移ります。
1cm四方の紙を切り出す
さっきの紙の残りから切り出してみました。

1cm四方の紙で鶴を折る
折っていきましょう。指が新生物みたいです。セルフタイマーで撮ったのですが、カメラが気になって仕方ありません。
完成です!
1cm四方の紙で折った鶴
さっきの鶴よりひしゃげてきました。言い訳ですが、ふと思い立って折ったので、爪が短いので細かい作業には不向きです。右手の人差し指と小指くらいは、若干伸ばしている時の方が折りやすいです。

さて、次は5mm四方の紙で挑戦です。実は5mm四方、道具を使わず指で折るサイズとしては、自己最小サイズなのです。7mm四方くらいまでなら集中すればほぼ毎回完成させることができるのですが、5mm四方は、目打ちなどの道具を使わないと、失敗が7割を超えると思います。

5mm四方の紙を切り出す
では、いざ挑戦。ちなみにこの時、夜の12時15分くらいだったと思います。

5mm四方の紙で鶴を折る
これくらいの鶴を折っている時って、指先から汗が出ているのがよく分かるんですよね。小さいものを見ようとするから、視野が狭くなり、目にもあまりよくないです。指紋の間に、点々と小さな玉のように汗がじわりと出てきます。こまめに汗を拭きつつ、それでいて手早く折らないと、あっという間に紙が汗を吸い、うまく折れなくなります。

案の定、失敗しました…。
失敗

でも諦めません。もう1度挑戦します。
再度挑戦
今度は慎重に…。カメラも、折る作業を一時やめてから撮ります。カメラを意識すると折ることに集中できないので…。
ちなみに、写真を撮ろうとカメラを取った時、一度折りかけの紙を落としてしまい焦りました。

なんとかできました!
5mm四方の紙で折った鶴のようなもの
羽を広げ、ぴんとしっぽを立てているのがお分かりになりますでしょうか??

3羽揃って
最後は、3羽揃って10円玉の上に乗ってもらいました。
最初は小さく見えた2mmの紙使用鶴が、大きく見えます。そして、5mmの子は、鶴のようなもの、という状態です。






最終更新日  2006.02.03 01:33:38
コメント(1) | コメントを書く
2006.01.05
テーマ:年賀状(902)
ここを見ているオフラインの友人皆様のお手元にも、どうやら無事年賀状が届いているようなので、実際に出した年賀状の画像をブログにも載せて、少し遅い新年の挨拶にしようかな。
2006年賀状(折紙・犬)
今年ぺぱくれが出した年賀状の基本バージョンはこんなん。
和紙で折った犬を貼り付けてみました。

この犬を折った和紙と、バックに使用した犬の足跡の和紙が、準備した分全て使用してしまったので、返事の方は違うバージョンのデザインになってしまいました。






最終更新日  2006.01.06 00:31:43
コメント(0) | コメントを書く
2005.12.29
テーマ:年賀状(902)
毎年、年末ぎりぎりに年賀状を出しているぺぱくれです。
学生時代は、ゆうメイトアルバイトをしていたこともあり、「あはは~局内やったら○日くらいまで大丈夫やん」とか、余裕ぶっこいては遅れている始末。
今年こそ!と思っていましたが、結局、29日か…。早出しキャンペーンの50枚には足りない程度の枚数しか出してないし、まあ、多分今年も2日の配達あるのかな?あれば、2日に届くだろうし、いっか…となるのです。

来年の年賀状は、戌年にちなんで、折紙で犬を折って貼ってみました。ちょっと厚みが出たので、はがきとして見なしてもらえるか若干心配はしています。あとは、剥がれず届くのを祈るしかないかな?


年賀状からは離れるのですが、正月準備としては、かずのこの塩抜きをしたり、栗を茹でたり、各所の掃除とか、そんな感じです。正月飾りに、華やかな「寿鶴」を折りたかったのですが、自分の求める紙が近所になかったので、諦めます。前に京都市内に行った時に、買っておけばよかった…。






最終更新日  2005.12.30 00:20:33
コメント(0) | コメントを書く
2005.11.28
テーマ:折り紙(665)
パソコンと折り紙のコラボレーションを楽しんでみようかな、と思い、素材を集めてきました。
まだ手付かずですが、頑張って今年こそ、20日までに投函するぞ~。

文字と背景は、パソコンで作ります。
そして、そこに手作りチックな素材を配置する予定。

今のところ、用意している素材は…
・和紙シール 2種類
 組み合わせて貼って、ベースを作るつもりです。
・もみ紙(薄茶色系)
 これを、和紙シールの大きさとつりあうように切って、犬を折って貼るのです。ここが来年のこだわり!
・小ネタ用素材
 秘密の素材。使うかどうかは未定。

オフラインでの友人の皆様には、来年の元旦に、手作りっぽい年賀状を届けられたらいいな、って思ってます。
今から年賀状に対してテンション高い、ぺぱくれでした。

今夜からは冷えるそうですね。
皆様、暖かくしてお休みください。






最終更新日  2005.11.29 00:02:40
コメント(0) | コメントを書く
2005.11.07
テーマ:折り紙(665)
先日、京都市内某ラーメン店で、こんなものを折って帰りました。
折おしぼり

食後の(指の)運動。
紙以外でも、ちょっとした時間があれば、いろいろ折りたくなってしまうのです。

近所のクラフトショップで、折り紙や和紙を見てきました。
正月へ向けて、年賀状の素材探しです。折り紙かちぎり絵と、デジタル素材のコラボ年賀状を作りたいと計画中。計画だけ。


折り紙以外の話題ですが、先日行ってきた太陽の塔内覧会ですが、飛び入り参加OKの内覧会が今月、開かれるようです。
太陽の塔内部公開について(日本万国博覧会記念機構サイト内)






最終更新日  2005.11.08 00:02:23
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.