228947 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

聞き耳ブログ

PR

全284件 (284件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

2008.05.05
XML
カテゴリ:【やっつけ日記】
☆この画像を、5月6日に掲載しませんか。

私は、胡錦濤の来日に憤怒しています。福田首相、あなたは中共と同罪だ。あなたは日本の恥だ。

 NO!虐殺者

 NO!胡 錦濤

 NO!チベット弾圧

 NO! 首切り人

 







Last updated  2008.05.06 03:47:48
コメント(3) | コメントを書く


2008.03.13
テーマ:ニュース(85461)
カテゴリ:水間政憲レポート
☆毎度、水間氏からの提言です。まだまだ油断はならないということ。こんな狂った法案を無理やりねじ込もうとする古賀をはじめとする売国奴たちが政権の中枢にいる。

 私のまわりの人生の先輩方の多くは、自分の短い人生経験を根拠に「世の中のことなんて自分一人がどう思い煩おうと何も変えられないよ」と言います。たった60年かそこらのごく狭い個人の人生経験が判断の根拠にできることは、同じようにごく狭い範囲の問題だけです。世の中ってのは、原始以来ずーっとつながっているわけで、我々が知りうる日本のみならず世界の歴史を振り返ることでしか見えてこないこともあるのです。積み重ねた歴史の中に多くの答えやヒントが詰まっている。

 自分一人の力はそりゃ微力です。ですが無力ではない。って誰かがコメントしてたな、私もそう思いますよ。


忙殺されてます。 (水間政憲)2008-03-13 13:14:35

 今年は、偽装人権擁護法案のことで、戸井田先生といろいろな思いを巡らしていて、すべてを偽装人権擁護法案を潰す出発点としての「要請受付国民集会」一点に集中しておりました。イメージしていたようには、なっていませんが、皆さんのお陰でなんとか、闇空に穴を開けることが出来たと思ってます

 閉会後、郵送された封書を前にして、数十人の方に説明しましたが、敵は巨大ですので細心の注意を払って進めなくてはならないのです。そこに第三者が勝手に入り込む隙は、善意であろうとなかろと無いのです。

 これは、武器を使用しない情報戦なのです。今、分裂したが「新しい歴史教科書をつくる会」立ち上げの記者会見の「会場の予約・マスコミ対策、当日の司会進行」を、一人でした経験のすべてを今回投入しました。今後もあの手この手で、敵は攻めてきますので、ここで手を緩めてはいけません。インターネットの力を知らしめなくてはならないのです

 上でどなたかが言ってましたが、手紙は強力な武器です。自分に置き換えると良く解ると思います。知り合いの編集長は、「一通の手紙の後ろに100人の読者が居る」と判断しているとのこと。まだまだ頑張りましょう。ジャーナリスト水間政憲。転載フリー








Last updated  2008.03.13 14:46:11
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.11
カテゴリ:【やっつけ日記】
☆あー忙しかったぁ・・。集会に参加するために仕事の調整やあれやこれやでいまだにげっそりしてます。終盤は水間レポートの追記もできず情けない思いもしましたが、這うように集会に参加致しました。(苦笑)

 当初は集会の様子をカメラに収めて紹介しようと意気込んでいたのですが、トホホ・・そこまでの体力ももちませなんだ。しかし参加できてよかった。凄い熱気の集会でしたよ。要請書の数も約8500通だとか。5日の時点で91通が10日には8500通だと。

 情報の表舞台に出ることもなく、水面下でのこの攻防。会場には推進派の偵察員もいたとか。水間さんらのお陰です。この集会の成功で推進派も今頃震え上がっているのではないかと思います。所詮選挙を恐れての消極的推進派が多いんでしょうからね。

 翌日の人権調査会も、推進派からの意見はなくすべてが反対派だったそうですよ。法務省の答弁もなし。バカタレが。あー疲れた。これ以上つまらんことで国をかき回さんでほしいわ。寝よ。ほな。








Last updated  2008.03.12 04:56:13
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.05
テーマ:ニュース(85461)
カテゴリ:水間政憲レポート
☆緊急告知!のつづきです。あと5日、今私たちのできることをやりましょう。


強制在日は犯罪者。朝日新聞 (水間政憲)2008-03-05 12:11:38

 外国人の国籍収得を簡略化しょうとする根拠は、河野太郎の無知が根底にある。終戦当時、200万人いた在日朝鮮人は、140万人が帰国した。 残留した60万人は自由意志だった。

 
朝日新聞の昭和34年7月13日付に、戦時徴用者で残留したのは245人で、日本政府が留まらせたのは、犯罪者として拘留していた朝鮮人だったのだ。

 
強制連行で日本に連れられて来たとの虚偽に基ずく国籍収得簡略化は、人権擁護法案と一体の「国家解体」の謀略が根底にある。ジャーナリスト水間政憲。転載フリー








Last updated  2008.03.06 01:31:20
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.03
カテゴリ:【やっつけ日記】
メルマガ「台湾の声」で良いこと知りました。もうすぐ台湾総統選挙が行われますが、台湾と日本は運命共同体、日本にとっても非常に大事な選挙になります。私は走るお馬は大好きだけど馬英九は大嫌いです。台湾人よ「2.28事件」を忘れるな!あなた方の先人が国民党に虐殺されたことを後世まで伝えよ!

 なーんてえらっそうなこと言ってますが、私は台湾語も中国語も分からないのでずっとどうしたものかと心配するばかりでした。中国の工作にやられっぱなしの日本です、台湾はそれ以上に深刻ではないかと・・。総統選挙を目前に控えて、耳にするニュースは国民党の有利ばかり。「2.28事件」を思えば国民党が有利になるわけがなく、台湾でも歴史の真実が隠されていることがうかがい知れます。

 あ~本当に心配だぁ。大好きな台湾人の皆さん、私たち日本人は反日の馬ではなく親日の謝長廷氏を望んでいます。選挙での良い結果を期待しています。

 長仔凍蒜、日本人安心。阿九凍蒜、日本人心配。


●「台湾の声」: 【投稿】ココロを台湾へ運ぶアピール術 








Last updated  2008.03.03 14:45:26
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:ニュース(85461)
カテゴリ:水間政憲レポート
緊急告知!の続報です。3月10日までの短期戦。何のことか分からない方はこちらへGO!


インターネットは日本を救う (水間政憲)2008-03-03 10:32:39

 読売新聞がインターネットの言論批判特集をしているのは、昨年の自民党総裁選で読売新聞グループが捏造した、「麻生太郎のクーデタ説」を「クーデタの主犯はメディア」の中で、渡邉恒雄を主犯として批判したことへの当てつけか。

 インターネットの中で、言論人が実名で配信している記事に関しては、読売新聞の無署名の記事より信頼できるでしょう。新聞記者は、自由に記事を書いても、会社の都合で掲載されないこともある。

 以前拙稿の中で某新聞社などは、国有地を安く払い下げを受けて、その上地下鉄の駅まで作ってもらっていることに触れたら、うちも似たようなもので、と、その部分が削除されたことがある。

 インターネット情報の中には、マスメディアが報道できない真実がある。それを読み解くことが出来れば、日本を救う起爆剤になります。マスメディアは、「インターネットと政治の融合」を恐れているのです

 私が、政治を商売にしている「一次問屋」と揶揄したのはマスメディアです。『国民集会』は、「偽装人権擁護法」推進派とマスメディア対良識ある国民との戦いになります。覚醒しているインターネット住民の方々の総力を結集して下さい。よろしくお願いします。ジャーナリスト水間政憲。転載フリー








Last updated  2008.03.03 13:23:55
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.02
テーマ:ニュース(85461)
カテゴリ:水間政憲レポート
緊急告知のつづき!詳細は『丸坊主日記』:所謂「人権擁護法案」に対する要請受付国民集会へどうぞ。要請書の郵送を宜しく。3月10日必着。


ネット規制はあり得ます (水間政憲)2008-03-02 03:37:49

 近々、迷惑メール規制が始まります人権侵害の定義が曖昧な「偽装人権擁護法」は、「ネット規制法」の1項を設けなくても、ネット上に人権侵害の書き込みを指摘して、強制捜査権で「匿名者(ハンドルネーム)」の摘発が可能です。近代法の宝「不遡及」を無視でき、人権擁護委員会の判断によっては、1年以上遡って摘発可能になっているようです。

 また、戦前の「治安維持法」には、法務大臣の「特高警察」に対しての指揮・監督権が認められていました。しかし、「偽装人権擁護法」は、人権擁護委員会に対して、法務大臣の指揮・監督権を認めていません。まして、「人権擁護委員会」は、裁判所の令状を必要としないことで、戦前の「特高警察」より独善的強制捜査権が与えられることになる。

 要するに、国内に「反日国家」が成立すると言っても過言ではないであろう。その基本法として、「偽装人権擁護法」を位置付けることができるのです。高校生様へ、一人の存在は、数千人の一人も数億人の一人でも無(0)になりません。決して「無力」ではないのです。一人の存在なくして数千・数億人の存在もないのです。どうぞ「要請書」を郵送して下さい、決して無力ではないのです。よろしくお願いいたします。「国民集会」事務局から御報告。転載フリー








Last updated  2008.03.02 12:25:34
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.29
テーマ:ニュース(85461)
カテゴリ:水間政憲レポート
緊急告知!丸坊主日記に急げ!


所謂「人権擁護法案」に対する要請受付国民集会事務局からのお願い。 (水間政憲)2008-02-29 19:17:10  

 「国民集会」事務局をお手伝いすることになりました。今回の「国民集会」は、あくまでもインターネットを通じて呼びかけておりますので、お問い合わせはこの項目に、お申し込み下さい。回答は24時以内に致します。 ジャーナリスト水間政憲。転載フリー

「国民集会」終了時間 (水間政憲)2008-03-01 01:39:10
 
 憲政記念館の閉館時間が19:30分ですので、講堂での集会は、19時に終了する予定です。但し、要請受付は閉館ギリギリまで受領しますので、気兼ねなく御参加下さい。平日の夕方で、皆様の時間の調整が難しくなって、申し訳ございません。今回の「要請受付国民集会」は、要請を受け付けていただく、国会議員の諸先生の都合上、月曜日の夕方になったことお含みおき下さい。事務局からの報告。転載フリー

政治とインターネットの融合 (水間政憲)2008-03-01 06:58:51

 技術革新の波は、とうとう日本の政治にも「巨大な波」となって、国民の前に姿を現し始めてます。インターネットの普及は、国民と政治家の距離が直接民主主義を、実現できる領域にまで広がって来ています。それは、政治家への要請の方法にも、当然変化が必要と確信しております。今までのように、組織化された「シンポジウムの主催者」側が、政治家へしていた陳情スタイルは、「産直スタイル」へと激変するでしょう。今回の「要請受付国民集会」は、参加する個人一人一人が主催者になることなのです。そこには、政治を商売にしていた「一次問屋」も「二次問屋」も必要ないのです。インターネットの普及は、確実に「大きな波」となって、3月10日、政治家の前へその「姿」を現すでしょう。「3・10」は、技術革新を無視して、政治家として存在できない時代になったことを、国民も知ることになるでしょう。ジャーナリスト水間政憲。転載フリー

反対の意志を是非郵送して下さい。 (水間政憲)2008-03-01 13:46:49

 断固反対でも参加できない皆様方、そのお気持ちを「要請書」として是非郵送して下さい。当日、ステージ上に積み上げ、御紹介させていただきます。全国から数十万通、反対の「要請書」が届きましたら、その民意を無視することは出来ません。また、危機感を共有していただける方々にも郵送していただければ幸いです。「国民集会」事務局からのお願い。転載フリー

要請書の質問に回答します (水間政憲)2008-03-01 16:31:40

 要請書(A4サイズ)は、組織票と誤解されないように、あえて「ひな型」を提示しませんでした。所謂「人権擁護法案」再提出に反対する要請書。御意見、氏名、年齢、住所(自治体名までで結構です)が記載していただければ、形式には一切こだわりませんので、よろしくお願いします。尚、住所ですが個人情報にも拘わることですので「自治体名まで」としましたが、住所表記は、御本人の判断におまかせします。三太郎様へ、ペン、毛筆、ワープロなど指定はありませんので、友人知人にもお誘いしていただき多数の要請書が郵送していただけることを期待しております。あや様へ、未来の日本は、あなた達の「力」にかかっています。日本の未来を左右する「極悪法」に対する発言権は、年齢に関係なく自然権として当然持って生まれています。学校の友人に説明していただき、賛同して戴いた方にも「要請書」を郵送していただければ幸いです。よろしくお願いいたします。「国民集会」事務局からの御報告。転載フリー

講堂外放送に付いて (水間政憲)2008-03-01 19:35:36

 講堂から溢れ状況になることは、皆様も予想している通りになると喜ばしい限りです。憲政記念館と相談することになりますが、実現できるようにします。結果は来週御報告いたします。サトウ様へ、要請書の内容は、個人一人一人の真摯な真情が大事ですので、何も気にぜず綴ってください。お待ちしております。 学生様へ、中学生の方から「極悪法」に対するコメントをしていただき、日本はこの危機を乗り切ったら、大丈夫かなと少し安心できました。ありがとうございます。「国民集会」事務局から御報告。転載フリー








Last updated  2008.03.02 11:39:42
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.18
カテゴリ:水間政憲レポート
☆毎度、水間氏からの提言です。毒ギョーザ事件の顛末はどうなるのか。皆さんご想像通り、単なる個別の事故として扱われ中国も被害者だ日本も検査をしっかりしろなんて奇妙なウヤムヤに終わりそう。

 どうかな、おかしいとは思わないかな?吉兆や赤福、ミートホープの事件では誰も身体的被害にあっていなくても営業停止に追いやられた。ミートホープなんて停止どころか潰れましたよね。コープは営業してますよ。JTも他人事のような態度ですよ。事件が大きくなおかつ中国がらみだからですかね。天洋食品はというと、被害者面してる!?ったくやっかいな国ですよシナってのは。

 沖縄の米兵の事件。副大臣が抗議にすっ飛んで行きましたが、中国との扱いの落差はどう説明するのでしょうか。なんもかんもがおかしすぎるよこの国は!


中華思想 (水間政憲)2008-02-18 03:32:13

 「天安門大虐殺」から逃げてきた中国人の友人がいました。彼等は、「中華思想」を日本人にわかるように説明してくれました。自分の子供が、外でケンカして帰ってきて、自分の子供が悪いとわかっても、絶対相手の親に謝らない。それが「中華思想」ですと教えてくれた。まさに、天洋食品の開き直りがそうです。

 それ以来、私の歴史認識の検証は、中国側の「言い訳」に反証する 形式の検証をしていない。ただし、歩平中国社会科学院所長が、私の「遺棄化学兵器」に付いてのレポートを、「人間でない」などと個人攻撃してきたときだけ、「民主主義」を教えてあげるために徹底的に批判をしました。

 中国人は「反省」できない非文明人なのです。そんな中国から、今後も食品を輸入して「死亡者」を出した企業は、「殺人の共犯者」として刑事告発しましょう。薬害(エイズ、C型肝炎)企業と同じなのです。「反平成の治安維持法」のプラカードを持って「3・?」に参加するときは、「中国食品輸入禁止」などを、追加して書き込むことも良いかも知れませんね。「3・?」へ向かって頑張りましょう。ジャーナリスト水間政憲。転載フリー








Last updated  2008.02.18 21:56:07
コメント(4) | コメントを書く
2008.02.17
テーマ:ニュース(85461)
カテゴリ:水間政憲レポート
☆毎度、水間氏から再びの呼びかけです。ほんとに日本は情けない国だよ・・・こーんなバカらしい法案に右往左往させられるだなんて思いもよらなかった。政治家のレベルがサル以下ってことか?しかし「日本人暗殺リスト300人」って・・・!?おいおい・・・シナ人の歴史を見ていると単なるブラックジョークとして済ませられませんわなぁ。もぉ・・ほんとにヤダ・・あの国。

 日本がひょっこりひょうたん島だったなら、どこかでっかい親日国の近くへ引っ越したいくらいだけどね。そん時は台湾も誘うと思うよ~。台湾と手ぇ取り合って逃げたいわ。・・っはぁー


インターネットの力 (水間政憲)2008-02-17 12:15:30~13:39:22

 既成メディアは、インターネットと政治の融合を一番恐れてます。歴史の転換点は、その時にはわからないものです。

 人権擁護法案は、日本国内の反日団体・在日外国人が、日本人にたいして強制調査権・逮捕を行使できる巨大な権限を与えることになるのです。戦前の「治安維持法」以上に恐ろしいのは、法務大臣の「指揮・監督権」を排除していることなのだ。それは、日本に独立した反日国家ができることになる

 当然、外国政府の内政干渉は、水面下の工作を通じて自由自在になる。メディアは除外すると言っても、プライベートでの発言を数回録音されて「人権擁護委員会」に持ち込まれたら、新聞社・雑誌社の論説委員・編集者といえども逃れらんない。すでに、反日団体・在日外国人によって、起訴対象の保守言論人などをリストアップしていることでしょう。

 2006年、中国のインターネットにアップされた「日本人暗殺リスト300人」は、当然対象になっていると考えられる。日時、会場は来週告知できるでしょう。米国の予備選で、オバマの支持者拡大の原動力は、携帯電話・インターネットによる若者支持者の広がりがヒラリーを圧倒しているのです。

 現在、「人権擁護法案」を検索すると、国民の危機感がひしひしと伝わって来ます。9・23がインターネットと政治が融合した萌芽であれば、「平成の治安維持法反対3・?」は、決定的意味がある。高校生・大学生も、日本にまったく別の「反日国家」が成立して、自分たちに保証されている憲法上の権利が侵される危機感で多数参加するでしょう。

 「平成の治安維持法」は、外国人参政権などの反日国家解体法と一体ですので、個々に反対している覚醒しているインターネットの住民の方々も、こぞって参加して下さい。必ずや、日本が変わると確信してます。既成メディアや国民の想定外のことが重要なのです。「3・?」に向かって頑張りましょう。ジャーナリスト水間政憲。転載フリー 









Last updated  2008.02.17 18:01:47
コメント(0) | コメントを書く

全284件 (284件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.