214335 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

聞き耳ブログ

PR

Profile


たいげろ

Freepage List

Category

Recent Posts

Comments

チャイカ@ Re:NHK中国残留孤児ドキュメント(02/05) 充分な調べもなしに、メディアにしか捉わ…
竹村健一郎@ Re:日本に自由を! 謹啓 周恩来首相も 神田留学 竹村家に …
公一@ 事実を謙虚に受け止める  呉教授と同じ様な指摘をされる韓国人の…
まいか@ Re:大っぴらに反日教育に勤しむNHK 阿呆か!だから韓国ドラマだけが吹き替えは…
あきたや@ いつもかんしんしてます 韓国の方がこれほど我々日本人以上に日本…
風の旅人@ Re:東京だよおっかさん(03/09) この歌は、島倉千代子が美空ひばりの「波…
2006.04.30
XML
カテゴリ:過去ログ

27日に行われた「トルコ文化村-報告会」についての詳細が分かった。


  三井田議員ブログ-「脱力の日」トルコ文化村:報告会


問題の発覚から約一ヵ月半ウォッチングしてきましたが、市長の対応といい抗議への反撃の汚い手口といい呆れるばかりでした。三井田議員等の問題提起がなければ、間違いなく外交問題となっていたことでしょう。

水面下で奔走してくれていた関係者諸氏、ネット上で心配し出来る範囲で応援してくれた多くの方々に、すべての尻拭いをまかせて最後までシラを斬った市長に、村山元首相と同じ勲章を贈りたい気分です。おめでとう。

 



6月12日(月):6月議会開会


  三井田議員ブログ-アタチュルク像、どこからもらった不明?

せっかく問題が収束に向かっていたというのに、またまた意味不明な混ぜっ返し発言。以前にもましてのこの無礼な発言は、わざと反発を買おうとしているのかと呆れるばかりである。この市長に「誠意」という二文字は無さそうだ。


「議第85号」では、売却譲渡する構築物のリストにしっかりと「アタチュルク像」「アタチュルク像台座」が入っていた。

これまでは、友好の証である「アタチュルク像」については、売却ではなく、トルコ文化村の売却先と協議、活用し、「トルコ共和国との友好を保ちたい」と市長は答弁してきたはずである。売却し、所有権も移った後、どうやってトルコ共和国との友好を保つのであろうか。詳しい議論は、今後の委員会の場でも良かったが、市長の今後の姿勢を問いただしてみると、


 「友好を大切にしたいと言っているのだから、これ以上の答えようはない」

 「アタチュルク像はトルコ共和国から頂いた物と言えるのでしょうか?」

 「どこから贈られたのかも分からない。」



     
上記答弁の映像:公開:6月12日本会議

後になって最後の発言を取り消したい、とあったが何をおっしゃいますやら。何を今さら。それよりホントにどうするの。


6月27日 (火):事件勃発

議会最終日(23日)、「トルコ文化村」の譲渡は、「買戻特約」「アタチュルク像」についての意見を付して可決された。

はすだったが・・。    柏崎トルコ文化村売却、再審議へ

......この登記は、もし数年後、ブライダル事業ではなく、違う用途(産業廃棄物、風俗、ギャンブル等)に使うことになった場合には、柏崎市が買い戻すという確約のための登記である。

しかし、この登記について、議決後、落札者からこの条件であれば飲めないとの回答があったとのことで、不手際だの、申し訳ない、だの理由をつけて、公式の場ではない「全員協議会」を明日28日に開催、そこで6月議会での議決をくつがえし、この登記をしないことを条件に契約を結びたいというのである。(以下略)
 



これまでの経緯を知る者ならば、別段驚くこともない。あーやっぱりね、である。ブライダル事業とか聞こえのいい看板を掲げても、本体は産廃業者。買い取った後で、どうにでも理由をくっつけて好きなように利用するだろうと、誰でもピンとくる。何をかいわんやである。

さて、いよいよ市長の黒光りした思惑が見えてきました。あとは、議会での議決を無視して、非公式の場で記録も残さずちょちょいと押し切れば終わりですね。ここで賛同する議員も、同じ穴の狢、柏崎市民は賛成ですか?柏崎市民は知っているのですか?ナイショでゴニョゴニョッとやっつけてしまおうってんでしょうね、実に気の毒な市民だ。

柏崎の市民の皆さん、こんな市政を許していいのですか?いくらまともな議員が頑張っても、数で叩かれたらどうにもできないんです。自分たちの選んだ議員たちが、何を考えているのかを見抜いて下さい。とんでもない人間を選ばないで下さい。


2006年6月28日 (水):柏崎トルコ文化村問題:全員協議会開催














 

 







Last updated  2006.06.29 04:07:22
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.