307704 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PARADISE CITY

Liberte

bird


Liberte (リベルテ/自由 )ポール・エリュアール(仏)

ぼくの学習ノートに
ぼくの机や木々に
砂に 雪に
ぼくはきみの名を書く


読みおえた全てのページに
空白の全てのページに
石に 血に 紙に 灰に
ぼくはきみの名を書く


金塗りの肖像に
戦士たちの武器に
王たちの冠に
ぼくはきみの名を書く


ジャングルに 砂漠に
鳥や獣の巣に エニシダに
ぼくの幼い日のこだまに
ぼくはきみの名を書く


夜々の驚異に
日々の白いパンに
婚約の季節季節に
ぼくはきみの名を書く


ぼくのすべての青空のちぎれに
カビの生えた太陽の池に
かがやく月の湖に
ぼくはきみの名を書く


野原に 地平線に
小鳥たちの翼に
影たちの粉挽臼に
ぼくはきみの名を書く


夜明けの 吹きつける風に
海に 船に
そびえ立つ山に
ぼくはきみの名を書く


雲たちの泡立ちクリームに
雷雨の汗たちに
垂れこめる味気ない雨に
ぼくはきみの名を書く


きらめく ものの形に
色とりどりの鏡に
物理の真理に
ぼくはきみの名を書く


めざめた森の小径に
末広がる道路に
あふれ出る広場に
ぼくはきみの名を書く


灯されたランプに
消されたランプに
占領されたぼくの秘密の家々に
ぼくはきみの名を書く


二つ割りの果実のような
ぼくの部屋のひらき鏡に
空の貝殻のぼくのベッドに
ぼくはきみの名を書く


食いしん坊のやさしいぼくの犬に
ぴんと立ったその耳に
ぶきっちょなその脚に
ぼくはきみの名を書く


ぼくの戸口の踏み台に
慣れ親しんだ家具たちに
祝福された焔のゆらめきに
ぼくはきみの名を書く


分かち合う肉体のすべてに
ぼくの友たちのひたいに
差し伸べるそれぞれの手に
ぼくはきみの名を書く


驚きの顔が映る窓硝子に
沈黙のはるか向こうに
待ち受ける女たちの唇に
ぼくはきみの名を書く


破壊されたぼくの隠れ家に
崩れおちたぼくの燈台に
ぼくの倦怠の壁に
ぼくはきみの名を書く


欲望のない不在に
はだかの孤独に
死の階段に
ぼくはきみの名を書く


回復した健康に
消え失せた危険に
思い出のない希望に
ぼくはきみの名を書く


そして ただひとつの言葉の力で
ぼくはまたぼくの人生を生き始める
ぼくは生まれた きみを知るために
君の名を呼ぶために


リベルテ(自由 と)。


Liberte (1942) Paul Eluard

************************************************************


第一次世界大戦の最中の1915~16年ごろから戦後にかけてスイスから興った文学と美術の運動がダダイズムです。
世界大戦という災厄をもたらした社会に対する異議申し立てとして、それまでの価値観を覆すダダの運動が始まりました。

ダダは後のシュルレアリスムに進化することになりますが、いつも「反戦」という思想と密接な関係でした。
ピカソの有名な「ゲルニカ」は1937年にナチスドイツに破壊されたゲルニカの街 虐殺されたゲルニカの人々の無念や虚無を描いています。

この詩の作者、エリュアールはダダイストからシュルレアリストへ脱皮していったフランスの詩人。
第二次世界大戦中 レジスタンス(ナチへの地下抵抗運動)に参加しながら発表したエリュアールの「自由」は多くの人々に愛され、希望と勇気を与えたと言います。

「既成概念への破壊」を謳ったダダでしたが、いつも抑圧する体制を破壊する側に立っていたのは明らかです。
ダダの流れを継承したフルクサスやネオダダの思想を汲んだオノ・ヨーコ作品が反戦的になるのは必然だったのでしょう。

では「表現の自由」とは?

「マスメディアやインターネットで個人の私事を暴いたり中傷を書きたてたりすることは、もともと自由の問題ではない。自由は、個人を服従させる使命を負っていないからである」(Le Temps

自由を勝ち取るためにペンを武器としたエリュアール。
彼のことばは鎖に繋がれず、美しい。

表現することと自由への希求は本来一体でなければならないと、思います。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.