308016 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PARADISE CITY

PR

Calendar

Profile


nonkey37

Freepage List

Recent Posts

Category

Comments

雅楽多1990@ はじめまして ”憂歌団”を検索していてたどりついた者で…
nonkey37@ mitchieさん みっちーさんもですか~ 偶然とはいえ、…
mitchie5683@ Re:今までお世話になりました(06/03) お引越しされたのですね☆ 偶然にも、私も…
nonkey37@ あこさん 回文って、簡単そうに見えて実は奥深いで…
acoyo@ 回文って、 人がやってるの見てるとすごいなあと思う…
nonkey37@ Re[1]:あこさん(05/18) >WALK ON THE WILD SIDEなんて、何? PR…
acoyo@ Re:あこさん(05/18) >噂によるとホールなどでは何故かオール…
nonkey37@ あこさん Lou Reed お好きですか~♪(嬉) ひと…
nonkey37@ うさぎさん ホント、スパムにはムカつきます!(><…
acoyo@ 書き込みできるかなあ。 うははは。またしても心の琴線ネタが。 …

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Favorite Blog

Anyway the wind blo… mitchie5683さん
雑読と料理と勉強と ヨダさん
Metanake Channel metanackさん
gollのつれづれ日記 goll2004さん

Rakuten Card

全447件 (447件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >

2006.06.03
XML

突然ですがBlogを移転しました。
これは前々から、時々考えてはいたことなのですが。

最近やたらコメントスパムが多いというのが、今回転居を考えた動機の一つです。
とりあえず、楽天広場もコメントスパムに対する対策を立てているそうですが英字コメントを受け容れないようにするのに、一体いつまでかかっているのか?
楽天のコメントは削除できるログがあるのは50件まで。それ以上のスパムを浴びてしまうと自分では削除できないという羽目に陥ります。それで大変に困っているユーザーのひともいらっしゃる様子。
ここは幸いそうはなりませんでしたが、45件ほどのスパムを一度にもらったこともあるし、他人事ではありません。
しかも削除は一つ一つ手動。1個削除するたびに「コメントを削除しますか?」という確認小窓が出るのも煩わしいのです。それを40回繰り返すとなると結構時間食うんですよね。
何にもならない無駄な時間です。

楽天リンクス などというシステムに手間暇を割いている余裕があったら、Blogとして安定した基本的サービスをまずやってもらいたいというのが本音。
楽天ユーザー以外のBloggerさんからコメントを頂いても、URLリンクを表示できないとか、アクセス管理が貧弱だとか、変なアフィリエイターの勧誘訪問が多いとか、なんだか色々あって楽天で続ける気力が無くなってきてしまいました。
私は足跡履歴に楽天IDを表示するのも、はっきり言って鬱陶しかったです。長いHNで宣伝しにくるひとも少なくないしね。

そうは言っても、気に入っていた部分があるから長くお世話になってきたのですが、楽天広場側というのは結局の所「気に食わないならよそに行けばいい」というスタンスなんじゃないかと思うんですね。
ユーザーのニーズをホント考慮してないよな・・・と思うあれこれが多すぎます。
移転早々、あちらでも書きましたが楽天の著作権に対する考え方にも反感を感じたんですよね。

まあ、サービスを選ぶのは利用者なんだし、私には合わないんだということで。
そろそろ潮時かなあと自分で思った次第。
とはいっても閉鎖はしないで置いておきます。自分のエントリのログがありますので。
単に更新がなくなるという感じになってしまうと思います。
また、英字コメントスパムの襲来に遭遇するのがイヤなので楽天IDのみのコメントしか受け付けない設定にいたします。

でも次の場所ではいままで自分が憂いていたことが殆ど改善されるので、ホント嬉しい~。
↓こちらが移転先です。お付き合いしていただいている皆様、どうぞ今後とも宜しくです。

Paradise City
by Jugem (URL http://paradise-city.jugem.jp/ )

追伸:Blogをリンクしていただいている皆様、お手数ですがリンク先の変更を宜しくお願いいたします。







Last updated  2006.06.05 10:08:17
2006.05.29
テーマ:お勧めの本(4974)
カテゴリ:一冊の本

上から読んでも下から読んでも山本山。って・・・平仮名で書くと「やまもとやま」なんだから下から読んだら「まやともまや」になってしまうやん?

有名なところでは「たけやぶやけた」とか「ダンスがすんだ」とか、そういうさかさ言葉のことを「回文」と言うのですが、ナンセンス好きの私には大当たりの本がコレ↓
(それにしてもブックレビューのエントリって久しぶり)

またたび浴びたタマ
またたび浴びたタマ 村上 春樹


村上春樹氏の50音順かるたになっている回文+ショートショートに友沢ミミヨさんのイラストが挿しこまれています。

たとえば回文はこんな感じ。
「浦和で蒔いた、ははは、と母は大麻で笑う」
「役人人肉屋」
「裸体が渋い武士がいたら」
「臨死のマック抱く、妻の心理」
「人の問ふ、ふとの問ひ」
「蓋が何だ!旦那がタフ」

とかとか。
好きだなあ~こういうの(笑)

2000年初版なので、まだ発行されて5~6年しか経っていないのですが、もはやほぼ品切れ状態。ネット書店でも在庫なし。こういうのってあまり売れないんでしょうかね。
初版の売れ行きが芳しくなければ増刷しないんだろうなあ。小粒で派手さはないけれど、しょうもない三流ノベルズが次から次に山積みにされていることを思うと、こういう好著を生き延びさせていてもバチは当たるまいと思うんですけどね。ちょっと残念。







Last updated  2006.05.29 14:30:06
2006.05.22
カテゴリ:Rock and Music

MTV.comなどでも報道されているこんなニュース
去る17日、GunsのNYギグでIzzyが飛び入り参加したんですよね~

NYでライブした音源や映像はもうあちらこちらでリークしているので、いくつか見聞きしましたがIzzyが出た映像は何とも感慨深いものがありました。

AXLと一番最初に袂を分かったIzzyだったし、何となくもう二度と一緒のステージには立たないんじゃ・・・と思っていただけに嬉しいです。

"Think About You," "Patience" "Night Train."と3曲もプレイし、登場のときにはAXLとハグするあたり、大袈裟なようだけどガンズファンやってて良かったなあと。
2002年よりAXLもちょっとスリムになっててカッコイイ感じになってるし嬉しいよホント(><)
Axl in NY 2006/5/12
オリジナルメンバーに戻るのは難しくても、こうやってたまにゲストで出てくるような間柄になっててくれればもうそれでいいか と思ったり。かつてのバンドメンバー同士で訴訟しあってるばかりってのも悲しいしね。

期待を裏切り、ファンを延々待たせるばかりのGuns(っていうかAXL)ですが、今度こそ完全復活してほしいものです!

あんまり嬉しかったもんだから、TOP画像をNYライブのアクセルにしちゃったよ(笑)







Last updated  2006.05.22 16:05:48
2006.05.18
カテゴリ:Rock and Music

空はうっすらと光を帯びていて、もうそろそろ雨も上がるのかと思って窓から外に目をやってもまだ雨は降り続いていて。
そんな日に聴きたくなるのがLOU REEDだったりします。
空が本当に重苦しく暗かったり、どしゃぶりだったりするときよりも、だらだらしとしと降る雨の日にイイです。
暗く重い雨雲の日に聴くと、音に追い討ちを掛けられますから(笑)

NYCマン~ヒストリー・オブ・ルー・リード1967-2003

NYCマン~ヒストリー・オブ・ルー・リード1967-2003


今日聴いていたLOU REEDのアルバムはベスト盤2枚組のこれ。
彼のアルバムはヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代のものを含めるとっっっても多いので、初めてベスト盤ってやつをありがたく感じました。(GUNSなんかベスト盤無くていいし。オリジナルアルバム3~4枚ぽっちなんか全部聴けよって感じ)
で、LOUのベスト盤というのもまた数多くあるんですが、コレが出色なのは本人が編纂しプロデュースにも関わっているということだと思います。
オリジナル・ライナー・ノーツでは本人の作品解説があり、こちらもレア。
とはいえ、この「解説」、インタビューのような独白のような代物で、しかも「SWEET JANE」や「BERLIN」「CAROLINE SAYS II」のような超有名曲にはひとことも無し(爆)「別にもう話すことなんか無いだろ」という感じです。
「WALK ON THE WILD SIDE」については辛うじてコメントがありますが

「ワイルドサイド~」は「トランスフォーマー」に収録のその他12曲の1曲に過ぎない。私は他の曲以上にこれに思い入れを持ってはいなかった。というより私が本当に気に入っていたのは「ハンギン・ラウンド」だったんだ。これだから誰も私に耳を貸してはくれないわけだ・・・


こんなんですから、もう彼らしくて笑いそうになります(笑)
「PERFECT DAY」についても

人の耳に入ってさえいれば認めてもらえたはずなのに、という曲が私には多い。映画「トレインホッティング」のお陰か、世間は再びこの曲に気付き・・・・・(中略)・・・非常にきれいな曲を書いていたことを突如として悟った。


「世間は悟った」
・・・って、何て王様的言葉なんでしょう!
うーん、だからこのヒト好き(笑)

売れた作品にこだわらず、アルバムの作風も躊躇無く変えていってしまうLOUですが、こうして36年間(!)の作品をベスト盤にされたものを聴くと、やはりLOU REEDはLOU REEDなんだよなと納得させられてしまいます。
というか、このベストを聴いて気付いたのは、昔も今も色褪せない「毒気」。
通常であればキャリアの長いミュージシャンに形容される言葉たち・・・「大人になった」とか「丸くなった」とか「円熟味を増した」とか・・・そういった一切は彼には無縁なんだなあと。
この人って外見的にはそれほどハンサムとも思えないのですが、この毒気を孕むまっすぐな立ち姿は何歳になろうとも(いま64歳。ミック・ジャガーより年上ですねー)とにかくカッコイイ!

最初の作品から現在に至るまで「異端児」でありつづける気難しいアーティスト。きっと今後、こんなひとはもうロック・シーンには現れないんだろうなあ。

「ヘロイン」なんてタイトルを付けたり、「ワイルドサイド~」のようなアングラな世界を描き出したり、そういった過激な作品は特に日本では絶対に発表を許されないようですからね。それはアーティスト本人だけの問題ではなくて。

でも「人の耳に入ってさえいれば」という曲は、実は気付かれないところにいっぱいあるのかもしれません。







Last updated  2006.05.18 23:11:23

コメントスパムは鳴りをひそめているっぽいので、ひとまずコメントにかけていた制限設定を解除しようと思います。
こんなことをずっと続けていると、それこそ私は何のためにBlogなんか開いているのかわからないし(爆)

またスパムが現れたときは対症療法で削除に励む事にしますので、今後ともまたヨロシクお願いします。







Last updated  2006.05.18 16:51:11
2006.05.15

非常に不本意ですが、英語表記のコメントスパムが再来したので、コメントの書き込みを緊急的に楽天ユーザー限定とさせて頂いております。
一時的なものだと思うので、出来れば早いとこ解除したいのですが・・・。

私はあるコミュニティに限定された交流(楽天内だけとかSNSとか)よりも広く開放された交流のほうが好き。楽天ユーザー外の方のコメントが受けられないというのは精神的にキツいものがあります。
つまらないスパムなどのせいで、こんな措置を取らないといけないというのは何とも悔しいです。

コメントスパムが来襲すると管理画面ではこんな↓アクセス履歴が現れます。

access


字が小さいですが、おわかりでしょうか?
16時41分から45分までの、ほんの4分間の間に30件近いアクセスがあるわけですよね。
記事の更新もしていない時期にこんなこと、うちのような辺境Blogの平常時にはあり得ないことですから。それがどれだけ異常なことかお分かりになるかと。
これドメインはバラバラですけど、ほぼ全てがスパムのアクセスと思っていいはずです。

楽天広場スタッフさま、「楽天内でコミュニケーションしてればいいじゃない」という態度ではなく、コメントスパムへの対策を早急に講じて頂けないでしょうか?
SNSのシステムを作れるのであれば、こちらの対策も可能だろうと思うのですが。
よろしくお願いしたいです。







Last updated  2006.05.15 17:00:01
2006.05.12

もう見るからにパッと見「スパムだよ」といわんばかりの、英語が羅列されたコメントスパムが今日はやたらと来ます。
いきなり何じゃろ?
今日は午前と午後で何十とあったと思う。
せめてTBスパムのように、何件もまとめてサックリ削除出きるようにお願いしたいです。
何十と来るコメントスパムを1件1件手動で削除するのは面倒だし、時間の無駄・・・。
楽天では、相手のドメインで書き込み制限かけられるというシステムがあるのを知っているのか、ドメインも詐称してるっぽい。
海外も含めたありとあらゆるドメインでスパムコメントを書き込んでいく悪質なケースなので、現時点での楽天Blogでは「一切の書き込みを禁止する」という手段しか打つ手はありません。
しかしながら、うちにコメントをくださる方の多くは楽天外のBloggerさんたちなので、そんな手段は取りたくないのですよね・・・。

楽天さん。
英語だけの怪しげなコメントを受け付けないようにするとか、何か手段を講じていただけないでしょうか?







Last updated  2006.05.12 17:42:38
2006.05.08
カテゴリ:日々つれづれ

AMAZONから商品が来ません。
いや、私のものではないんですけど(汗)

長女に頼まれて早期予約したDVD「Dir en grey/TOUR05 It Withers and Withers〈初回生産限定盤・3枚組〉」。
発売日は5月3日(既に過ぎてるし)。
3月の半ばに予約して、楽しみに待っていたのにまだ届かない。
「・・・まだ来ないの?」とそわそわする娘を見てると、こっちまで落ち着かないので自分のアカウントを昨夜調べてみると
「5月2日発送予定 5月4~5日配達予定」
とAMAZONのHPに載ってるではないですか。

って言っても、昨日は7日 今日は8日。
配達の業者も連休とか挟んだから色々あって遅いのかな とも思ったけど、このご時世、宅配業者がこんなに遅延することは無いでしょ。

不安な点が多いので、先ほど、AMAZONのカスタマーセンターに電話して問い合わせてみました。
まず、問い合わせ用電話番号をHP内で探すのにひと手間かかります。
商売人が自分の連絡先を分かりにくくするのはNGだと思うんだけど、ネットショッピングってこういうの多いですね。わざわざ問い合わせをしづらいようにサイトを作ってある感じ。
やっと探し出した電話がつながっても、自動応答の機械音が出ます。
このあとオペレーターに繋がるまで、更に3分を要しました。

オペレーターに問い合わせを伝えるまでに「注文番号」「個人確認のためのメールアドレス」をまず伝えなくてはなりません。
それをクリアしてやっと「問い合わせたい商品のタイトル」を伝えることが出来ます。

「3月半ばに早期予約したのに、発売日を過ぎてもまだ商品が届かないんですけど・・・」とクレームを述べると、
「大変申し訳ございません。只今在庫の確保に努めております」
とのこと。
「発売日から1週間~10日ほどのお時間を頂きたいのですが」
「アカウントの注文状況は更新させていただきますので・・・」

・・・1ヶ月半以上前に予約していても商品の確保が出来てないってどういうこと?大体、1週間~10日入荷が遅れるならアカウントに正確な情報を書いておいて欲しい。

ネットが店舗の場合、何より正確で迅速な情報が命でしょ。更新してないのは怠慢だと思うよ。

AMAZONでこんな風に待たされるのは初めてではありません。
外資系企業って時間にルーズなんですかね?

でもこのDVD、発売日当初から供給不足だというのはどうやら本当らしい。
こんなニュースになっているように欧米でブレイクしたからかな。
でも、予約数くらい把握できるはずでしょ(甘い?)
早期予約したヒトビトに優先的に販売するってことくらい出来ないんでしょか。
店頭に出かけていないので分かりませんが、他のCD/DVDショップには売ってるんでしょうかねえ・・・。実店舗で販売されているんだとしたら、何となく釈然としませんが、もうしょうがないと思うしかないですね。

発売日を心待ちにしているファンにとって、遅延の1日がどれだけ長いか。そういう気持ちが解るだけに不憫。
はあ、早く来ればいいんだけどなあ・・・。(それにしてもAMAZON腹立つ)







Last updated  2006.05.08 17:14:06
2006.05.06
カテゴリ:日々つれづれ

先月「悔やんでも仕方ないのさ 」というエントリで書いた、「実にサイアクな携帯番号」を変えました!
はぁ・・・やっとおさらば出来たよ・・・>「4274」
今回は自分で番号決めましたから(笑)

番号変更をするのも結構手数料がかかるようだったので、新規契約で新しい携帯を買うことに。
携帯ショップに見に行ったら「Music-HDD」という携帯があり、4GBのハードディスクが標準装備されているということだったので迷わずそれに決定♪
以前から密かにiPodが欲しかったんですけどね、なかなかGETできないもんなんです主婦は(><)コドモは「お年玉」で携帯音楽プレーヤーをGETしてるんですが、大人にはそんな奥の手無いですからね~~

Music-HDD携帯。
そりゃあiPodや音響機器としてのMP3プレーヤーにはサウンドも見た目も敵わないと思いますが、とりあえず4GBってことで。
2000曲ほど携帯に格納できるとの謳い文句を信じてみることにしました。
いいの、フツーに聴ければ。音質も悪くないし、いっぱい曲は入るし便利です。

贅沢な希望を言えば、PC側の音楽管理ソフトにCDを読み込む時間がもうちょっと速ければいいなあということと、イヤホンがもちょっとマシならいいのになあ・・・ということかな(←何て我侭・汗)
イヤホンは替えたほうがいいかも。かなり音漏れ激しいので。
どのメーカーのがいいのだろう。長女はドイツの「ゼンハイザー」の物を使っていますが、「何か(イヤホン本体が)でかい。耳から落ちる」と言うんですよね。ドイツ人と日本人の体格・・・いや耳の大きさの違いに因るものでしょうか。それとも娘の耳がちっさいのか?

ああ、去年はこんな携帯売ってなかったのに・・・まさかこんな風に聴けるようになるとは思わなんだ・・・と感慨深くなりながら、技術の進歩に感心している今日この頃です。







Last updated  2006.05.06 23:57:24
2006.05.01
カテゴリ:Rock and Music

ピーター・ウルフの「Do You Wanna Dance? 」・・・「踊りたくないかい!?」という掛け声から始まるナンバー「Southside Shuffle」
アルバム「Bloodshot」の中の1曲です。

Jガイルズ・バンドJ. Geils Band / Bloodshot(CD)
J. Geils Band / Bloodshot(1973)


彼らこそ踊れるロックの元祖です(笑)
カモン・ベイベー!」というベタベタな詞を唄わせたら、ピーター・ウルフが誰よりカッコイイと思ってます、私(爆)
カモン・ベイベー!なんて、何度も安売りしたらそらアホやろ? と思うんですがピーター・ウルフのカモン・ベイベーなら何度でもOK(笑)
R&B寄りの黒っぽいロック・バンドのなかで、アメリカのA・A・PなバンドといえばJガイルズでしょう。

歌声に対する生理的好みというのは人それぞれ違うと思うんですが、私、ピーター・ウルフの声はホント理由無く好きなんですよね~ シビれます。

それに対して苦手な声質のヴォーカリストっていうのも居て、ラッシュのゲディ・リーさんとかZep時代のプラントさんとかボブ・ディランさんとかが何か苦手。曲はイイと思うのに、何故生理的に駄目なのか不思議。
これは声質の傾向だけの問題じゃないんでしょう。
Great Whiteのジャック・ラッセル 彼は非常にプラントさんに似ておられますが、彼の歌は好きなんですよね~

Jガイルズはヒットが80年代に入ってからだったので、80年代のイメージが強かったのですが、実はとてもキャリアの長いバンドです。
実は“伝説の”ウッドストックに出演しないかと誘われていたらしいです。
当時、R&Bバンドはフォーマルな格好で演奏するのを自分達の矜持としていたので、「3日間も泥まみれになるのは嫌だ」と断ってしまったそうな。
何てカッコイイ断り方!と思う反面、出ていたらもっと早くワールドワイドなバンドになっていたかもしれないのに ともちょっと思う。
まあ、どこかB級っぽいところが彼らの魅力でもあるのですが。

もし、もし、タイムマシンがあって「実在した全てのバンドの中で、過去のライブを1本だけ見せてやろう」と神様が言ってくれたとしたら、私は迷わずJガイルズを観たいと答えるでせう(できればアメリカでの・笑)







Last updated  2006.05.01 17:12:23

全447件 (447件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.