309794 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PARADISE CITY

PR

Calendar

Profile


nonkey37

Freepage List

Recent Posts

Category

Comments

雅楽多1990@ はじめまして ”憂歌団”を検索していてたどりついた者で…
nonkey37@ mitchieさん みっちーさんもですか~ 偶然とはいえ、…
mitchie5683@ Re:今までお世話になりました(06/03) お引越しされたのですね☆ 偶然にも、私も…
nonkey37@ あこさん 回文って、簡単そうに見えて実は奥深いで…
acoyo@ 回文って、 人がやってるの見てるとすごいなあと思う…
nonkey37@ Re[1]:あこさん(05/18) >WALK ON THE WILD SIDEなんて、何? PR…
acoyo@ Re:あこさん(05/18) >噂によるとホールなどでは何故かオール…
nonkey37@ あこさん Lou Reed お好きですか~♪(嬉) ひと…
nonkey37@ うさぎさん ホント、スパムにはムカつきます!(><…
acoyo@ 書き込みできるかなあ。 うははは。またしても心の琴線ネタが。 …

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Favorite Blog

Anyway the wind blo… mitchie5683さん
雑読と料理と勉強と ヨダさん
Metanake Channel metanackさん
gollのつれづれ日記 goll2004さん

Rakuten Card

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

DIARY

2006.03.31
XML
カテゴリ:DIARY
あしたのジョー DVD-BOX 1

パソコンテレビGyaOを観るようになって、普通のテレビ番組を観ることがめっきり減ってます。
やっぱり自分の都合の良い時間に見られるという便利さは大きいなあ。
うちは決まった時間にテレビを付ける習慣が無く、付けっぱなしにすることも無いため、テレビを付けるときは「これを観るぞ!」という気合の入ったとき(例:サッカーの国際マッチとか・・・)やライブビデオを観るときくらい。

そして最近、一日が終わってのんびりする夜中にGyaOで観ているのは「あしたのジョー」(((^^;
調べてみると、リアルタイムの放映年は1972~74年。・・・このときはまだ熱心に観るような年頃ではありませぬ(汗)
数年後の「あしたのジョー2」(1980~81年)のときにはリアルタイムで毎週見ていました。ほぼ同じ頃にブームになっていたテレビアニメにはガンダムがありましたが、私は当時、断然ジョーのほうに夢中でした・・・。
だってカッコイイよ!(爆)←単に自分の趣味。

それにしても、子供の頃と大人になった今とでは随分作品の印象が変わって見えるものですね。
ヒロインの「白木葉子」昔は特に何とも思わなかったのに、今見るとすごーく嫌な女に見えるのは何故?(笑)最後まで見るとだんだん印象も変わるんですが、中盤くらいまでは単なるウザい女ですこの人。
少年院時代の物語部分は初めて観たので「意外とジョーってはっちゃけた性格だったんだな」とビックリしました。笑えるシーンが結構あるんですよね~。
何となく、この作品に対してストイックな印象があったのは「ジョー2」から観たからでありましょう。
2では減量とトラウマに苦しむ姿の描写が多かったですからねー。

へえっと思ったことは他にもあって。
現代では「差別用語」「放送禁止用語」と規定されているであろう言葉がとっても多いことに驚きました(爆)
「拳キチ(拳闘キチガイの略)」「目っかち」「片輪」・・・主要なキャラが頻繁にこうした言葉を使用するとなると誤魔化すこともできませんよね。
GyaOでも放映前に
「当時の時代背景により、現代では一部不適切な部分がありますが、制作者の意図を考慮し、そのままに放映しています」
という趣旨の断り書きが提示されています。

「非行少年」のジョーが巻き起こす事件は、漫画とはいえ今見ると洒落にならない質のものも多く(詐欺・傷害・公務執行妨害 等々)現代だったらこんな作品を発表できなかったのでは と思うほど過激。血しぶきも生々しいし。
SFやロボットもののアクションと違うのは、生身の身体と息づかい一つ一つのリアリティだと思う。少し前に観ていた「エリア88」とは「死」の重みが全然違う。あちらはそうした世界観をあえて描いているわけなので、どちらが素晴らしいとか比べているのではないけれども。
試合のシーンと同じくらい、いやそれ以上に描写されるシーンが「PTSD」(心的外傷後ストレス障害)とも言えるトラウマとの闘い。
作者はボクシングという闘いのシーンよりもむしろこちらを描きたかったんじゃないのか・・・と思うほど、悩み苦しむシーンが長いです。ライバル力石との試合が4話分だとすると、その後悩むシーンが5話分ある。
一週間一話放送だと、ほぼ1ヶ月試合していて、1ヶ月以上悩んで徘徊するシーンがあるわけですよね。
で、その後も完全に再起するまでにはまだまだかかるしねえ・・・。「PTSD」という言葉も一般的でなかった当時としてはかなり画期的なテーマだったのでは。

何気なく聞いていたタイトルの「あしたのジョー」というのも、元々は丹下のおっちゃんがジョーに対して言う「お前は俺のあしただ!」という台詞からだったのですねえ・・・ってことは、タイトルロールとしての主人公はジョーだけど、これはほかならぬ丹下のおっちゃんの物語だったんだな と思ったり。

それにしても、全79話を観るにはもっと計画的に進めるべきでした。
全話公開は今日の正午までだったので、徹夜して残っていた14話を観てしまった・・・たぶんまたGyaOで公開するだろうと思うので観れない分は諦めようと(昨日までは)思っていたのに、続きがもう気になって気になって・・・(←アホです・爆)
物語の結末も知っているのに、続きがこんなに気になるってどうよ((^^;
でもあんまり眠くないです。これって思いっきり影響されているのか(笑)







Last updated  2006.03.31 16:56:42
2006.03.28
カテゴリ:DIARY

たまにネット上でも見かける「夢占い」。
星座とか血液型の占いは全く信用していないので見もしない私ですが、夢占いにはちょっと興味があります。
大勢を大雑把に分類している占いよりは個別性があるんじゃないかと、ふむふむと覗いてみたりするのですが、殆どの場合、自分の見た夢に当てはまる項目が見当たりません。

今朝は今朝で、高2になる娘が起きてきて開口一番
「きょうはパンで買い物をする夢を見た」

は?(何だそりゃ)

娘曰く、通貨がパンになっていて、買い物をするときパンをいっぱい出すんだそうな。

「でも私はラスクとメロンパンしか持ってなくて、価値が低くて。
いっぱいラスクを出さなくちゃ買えなかったんだ!」
「それに手提げはパンくずだらけになっちゃうし・・・」

とりあえず朝から笑わせてもらいました。
結構 様子を想像するとシュールな光景かも(^^;

娘はつい先日までパン屋でバイトしていたので、一日の終わりに売れ残ったパンをよく廃棄処分しておりました。
ラスクは売れ残りのパンの加工品でした。パンを焼くおねえさんが「残ったパン、ラスクにするから持ってきて頂戴」と言うのでした。
美味しいパンを売っているのに、立地もいまいちだったせいかあんまり流行らないお店だったんですよね。
まあ、大手スーパーのインストア・ベーカリーなので何とかなっていましたが。パン屋さんがまあまあ成功するにはやっぱり学生が多いとか駅に近いとかじゃないと難しいみたいで。
でも廃棄処分はホント勿体ないよね。飢餓にあえぐ国だってまだまだあるのにね。

でもこういう夢も「夢占い」ではたぶん該当するものって無いだろうなあ。
バイトの仕事とはいえ、勿体ないな・・・と良心の呵責があった娘はパンに価値を見出してあげようと、「通貨」になっちゃったんだろうか(それも単純と言えば言えるな)
実際は夢に意味なんか無いのかもしれない。
意味を持たせたい人たちが居るだけで。
占いも夢も、所詮ナンセンス。そう思ってるほうがお気楽なのかな。







Last updated  2006.03.28 20:16:31
2006.03.01
カテゴリ:DIARY

最近の小学校には「パソコンルーム」があります。
PCの扱い方に始まって、高学年では社会の調べ学習なんかにインターネットを利用するんですが。

先日、うちに担任から「息子さんがアダルトサイトを見ようとして、他のこどもたちが大騒ぎになったんですよ」と苦情の電話が。
大体において、昔からうちの息子は先生ウケの悪い奴です。
学校の勉強も運動も人並み以上に出来るのに落ち着きが無くウルサイ。
学校代表の駅伝選手になるほどマラソンが得意で、水泳検定でも一番上の級しか取ったことがないのに体育に「A」を貰ったことは一度もありません・・・生意気で態度が悪く集団行動が苦手だからなんだろうけど、結果を出しても良い評価を貰えないって、学校の絶対評価システムもアホくさいな。態度が悪くて評価してもらえないのも自業自得ではありますけどね。

まあ、そういう奴なので、苦情電話を貰うことにはかなり慣れてしまった私。
苦情の内容もね、所詮それも物事の一面でしかないんだから全て丸呑みには出来ないんですよね。実情と違うことはままあるわけで。

話を元に戻して。

だけどアダルトサイトってさあ・・・そんなとこにアクセス出来る状態にしてた学校側の管理が甘いんじゃないの?
言いたいことを言ってくるひと相手に従順なフリをしていることもありますが、今回は反論しちゃいましたよ。

「フィルタリングソフト、学校のPCに入ってないんですか?こどもが興味本位のサイトを開けるのは不思議なことじゃないんですから、アクセス出来ないようにしておくのが大人の責任じゃないですか?」

そう言うと先生は

「調べ学習のテーマ以外の検索をしたことが問題なんですよ」
だって。笑わせんなよ。セックス関係の検索キーワードを入力しようとした子供への対応におたおたしてるのが見え見えなんだけど。

こうやって反論する親だから余計に息子に目を付けられるのか?(謎)

帰宅した息子に事情を聞いてみたら、「そんなことしてないんだけど」と言う。
「隣に座っていた奴が『こいつキモイやつ見てたぜ~』って教室に帰ってから勝手に騒ぎ出したんだ」
とのこと。
どうも、息子がアダルトサイトを見ていた現場を見ていた大人は居なくて、実際にそれを見た目撃者も居ない様子。「こいつは見てた」と主張する子がいて、それで騒ぎになったらしい。

「別にそれ自体が犯罪的なことじゃないし、興味もってもいいことなんだから隠さなくてもいいよ?」

と普通に言ったんですけどね。
真偽のほどは結局分からずじまい。どっちでもいいけど。

うちにあるPCはとりあえずアダルトサイトは開かないようにしてありますが、その網をすり抜けてしまうものもあります。
これはネットをやる以上、ある程度仕方の無いリスクだと思う。
本当に知りたいことを調べているだけなのに、アダルト画像が表示されてしまうこともあるし、見たくも無いものが目の前にイキナリ出てくることもある(苦笑)
それ自体は他意の無い検索キーワードなのに、思いもよらなかった検索結果が出ることだってあります。ロックバンド「KISS」をこの言葉だけで調べたりするとよく分かりますが・・・(お目当ての情報はなかなか出て来ず、あやしげなサイトがいっぱい副産物として付いてくるっていう・汗)
とにかく、そういうリスクも含めて、学校でネットを使うんなら、ネットとの付き合い方を教えていかないと駄目なんじゃないの?

「今日はこれを調べましょう」と言った先生本人は、じゃあ授業中に何してるのかと息子に尋ねてみたら
「先生も自分が色々調べてて、生徒がどんなページを開けてるかいつも見回っているわけじゃないんだ」
「だから、調べてるフリしてゲームのサイト開けてる奴も居るし、掲示板見てる奴だって居るし、アニメのサイト見てる奴だって居るし・・・俺だって少年団のHP見たから、そりゃテーマと違うことしちゃったのは嘘じゃないけど、まじでアダルトサイトには行ってないよ」

こどもが静かに大人しくPCに向かっているからって、言われたことを実行してるとは限らないってことか(苦笑)
手のかからないお利口な子に対して、「ちゃんと真面目にやっているはず」という幻想を持ちすぎだよ>学校。

極端な例では長崎で起きた小6女児殺人事件だって、ネットというものが介在して起きた不幸だったというのに、まだまだ教育現場ではそれを教訓に出来ていないみたいですね。
PCの使い方も大事だろうけど、ネット・リテラシーとかネットの危険とかも伝えていかないと・・・。

うちの息子の例は小学校レベルだからこんなもんで済んでいますが、某名門私立中学に通学する娘さんは学校のネットから出会い系に登録してしまい、不審なメールやDMが自宅に来るようになり、保護者である私の友人は怒っていました。
「娘も馬鹿だけど、学校の管理が甘すぎる!何でそんなところにアクセス出来る状態に放置しているのよ!家ではフィルタリング入れてPC触らせるようにして気を付けているのに学校がそんな意識じゃ・・・」
何かね、公立とか私立とかに関係なく、PCの管理が全体的にユルいです。結局、大人の意識がIT化社会についていけてない感じ。

子供は無防備で興味本位で、大人が思うような天使なんかじゃない。
私は基本的に、こどもをそんなに信用していません(爆)
世の中だって、綺麗なもんじゃないんだしね。

ネット・リテラシーを学校教育に求めることは出来ないと今回分かったので、これも親が教えることの一つと思うことにしました。







Last updated  2006.03.01 13:19:49
2006.01.23
カテゴリ:DIARY
エリア88

どちらかといえばリベラリストで、クリスチャンで、平和主義者で護憲派の夫が好きな漫画は、知る人ぞ知る「エリア88」と「ファントム無頼」(どちらも新谷かおる著)

この2作品は唯一、彼が全巻そろえて持っていた漫画だった。
インターネット・テレビGyaOで1月29日まで「エリア88」のアニメが公開中と知り、熱心に見ていたりする。
娘が「お・・・お父さんが自主的にアニメ見てるの初めて見た・・・」と驚いてるし。

子供たちが見ている番組を横で何となく見ていることはあっても、自主的にっていうのは確かに初めてかもしれない(汗)
大体、漫画だってそんなに積極的に読むひとじゃない。「家にあるから何となく読む」程度。
しかも思想的には真逆じゃないのか っていうような戦場ものに釘付けなんだからビックリもするだろう。(アニメのエリアには「協力 防衛庁」という記述もあるのだ)

小説で好きなものは「ホーンブロワー」とか「ボライソー」という英国海軍帆船戦記ものだったりするし、嗜好だけ聞くと何か右寄りなひとっぽいぞ(^^;

右か左かなんてことで人間を分類する必要もないけれど、思想と嗜好は別ものなんだなと思う。
っていうか単純に「エリア」については「風間真がカッコイイ!」と思うらしい。
感情移入するのが、「サキ」じゃないのは分かる気もする。

こういう作品が彼にとってのカタルシスなのかもしれないなあ。







Last updated  2006.01.23 18:32:54
2005.09.28
カテゴリ:DIARY

先日、キャプテン和田さんが紹介していたバンドの一つに、Supergroupiesがありました。
バンド名はSEIさんのイチオシだったので知っていましたが、音を聴いたのもPVを見たのもその日が初めて!
まだ日本でしかCDデビューしていないんですね 彼ら。(拾い上げたビクターはエライ!ハノイのリリース元だけのことはありますね~)

はい。
PV観て、思わずにやりとなりました(笑)
こちらでそのPVがフル試聴できますので興味のある方は是非!
T-Rexなどのグラムロックがお好きな方やハノイロックス好きな方にはツボだと思いますよ~♪

告白すると、ヴォーカルKimのパフォーマンスを観て連想したのは、イエローモンキー初期の吉井和哉です(爆)
たぶん、これは偶然の一致なんだと思いますが(^^;
羽根のショールが、こんなに似合ってしまうヒトって、稀ですよね。

明らかに過去のバンドから影響を受けているバンドって、パクリだと言われてしまいがちですが、もうそんなことはどうでも良くて、Supergroupiesの音を聴いた途端、嬉しくなってしまいました。
いまの音楽シーンはグラムが決して主流じゃないですからね・・・。
売れ線だけを意識するなら、こんなことやらないんじゃないかと思うのです。

あえて言うなら、Supergroupiesにはもう少し退廃的な毒があってもいいかな。
堂々と格好いいグラムやってくれるバンド、最近居ないですもんね~。
今後が楽しみなバンドです♪







Last updated  2005.09.28 21:12:03
2005.09.16
カテゴリ:DIARY

琵琶湖にピラニア 誰かが放す?生態系に影響も

琵琶湖にピラニアって、いやだなあ。
意外に知られていないみたいだけれど、琵琶湖には「ビーチ」もあるのです。
海水浴場ではなく湖水浴場ですね。
私も数年前には奥琵琶湖方面で泳いだこともあるし、今年も大津に出かけたのでピラニア捕獲というニュースは妙にリアル。
噛みつかれたら怖いよー。

日本には元々居ない魚なんだから、観賞魚を誰かが放したとしか考えられない。
うちでも以前、熱帯魚を飼っていたことがあるのでお店で売られているピラニアは見たことがある。小型だけど顎ががっしりしていて、「いかにも肉食」って顔してたような。

でもね 熱帯魚を飼うって、優雅そうだけど現実には結構手間ヒマ要るんですよね。飼いたくなる動機は「見ていて気持が良さそうだから」とか「癒される気分になれるから」とか、そんな程度のものなのですが、実際飼い始めると想像してた以上に手間なんです。綺麗な状態を維持するための水槽のケアとか水の入れ替えとか(経験者は語る・汗)
あの優雅さの陰には地道な努力があるんですよね。

まあ、ペットなんて多かれ少なかれ手間かかるんですけどね。犬や猫と違って熱帯魚は懐いたりはしないですから、そのぶん飽きるのも早いんですよ(ごめん)。
今度はアレを飼いたい とか思っちゃう。顰蹙買いそうですが、本音。
そうすると、フツーの家では水槽をいくつも置くスペースなどありませんので、「今居る奴に居なくなって貰って(!)新しい魚を入れよう」となる。
居なくなって貰うって言ってもね、そうそう貰い手は現れないし、生まれた場所に帰ってもらうわけにもいかないしね。自分の手で殺すのも忍びないってことで、テキトーなところに放しちゃうってひとが多いのかな。

一緒に飼えばいいじゃない と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、観賞魚は共存が出来る種類とそうでない種類が居るんですね。
肉食の魚、気性の荒い魚、大きくなる魚 これらは基本的に単体で飼わなくてはなりませぬ。淡水魚・海水魚・汽水魚 それぞれ共存は勿論無理。
苔を食べてくれる水槽掃除請負魚のプレコとかエビは、何とか共存できる場合もあり。

熱帯魚を飼う人なら、自分の飼っている種類がほかの魚と共存できるかどうかくらい知っているはずなので、琵琶湖にピラニアを放すとその後どうなるかくらい想像できるはずと思うのです。
それを考えずに放しちゃうっていうのは、無邪気じゃ済まない悪質さだと思う。
肉食の外来魚を駆除するため、琵琶湖周辺では「ブラックバスやブルーギルを捕獲してお持ち下さるとこんなサービスをいたします」(何だったか忘れた)と、地域ぐるみで駆除を奨励しています。生態系の破壊は、それくらい深刻なんだよね。

通常、熱帯魚は日本の冬を越せないから、温室(温水?)育ちの彼らは水温が低くなると死んでしまうのですが。
ただ生き物の生命力は侮れなくて、何かの間違いで生き延びちゃう可能性もゼロではないのです。予想以上に環境順応性って、高いかもしれないんだしさ。
話が逸れましたが、熱帯魚愛好家のひとは、飼っている外来魚に飽きたからって生きたまま捨てるのはやめましょうねー。責任もって、天寿を全うするまで面倒みてあげるのがいいです。とりあえずいくら魚でも。

あ、うちに居たお魚くんはアマゾンの「シクリッド」という熱帯魚でした。
マウスブリーダーと言って口の中で稚魚を育てる魚だったので、子育ての様子が面白かったです。飼っていると魚の表情も分かる気がして可愛かったな(笑)







Last updated  2005.09.16 15:58:02
2005.08.10
カテゴリ:DIARY

帰省とか旅行とかの後って、何となくタイムスリップしたような妙な感覚です。
ほんの数日間だけなのに、この間にitunes Music Storeはオープンしてるし、衆院は解散してるし、高校野球は早や半数近くが姿を消しているし・・・・。
世の中の動きに取り残されるのって、あっと言う間なんだなあ。

一応、移動中もちらほらとニュースは耳に入ってくるものの、現実感が薄いのは自分が現実から乖離しているからなのかも。

それにしてもitunes Music Storeのオープンはいきなりな感がありましたが、ウルフルズが「itunesオリジナルズ」という「アルバム」を用意していたのには驚きました。

保守的に考えるなら、音楽のデータ配信には抵抗もあったのですが、こんな風に前向きなタイアップを堂々と見せられると「こんな時代も悪くないかも!」と思ってしまいますね(^^;←思うツボなヤツです

音楽の「物体」が全くない商売とウルフルズは上手く噛み合っていると思います。
トータスが“僕らの音楽”のインタビューで

「ウルフルズの長所は“ふってわいた”的なところがあるんじゃないかと思うんですね。
横っちょからピュッと来て、なんかわあ~~~っと賑やかにして、ピュッと帰る!それはほかのバンドにはなかなか無いので、いいなと思うんですね。
短所は・・・信頼がない(笑)信用されてないなあと。うわついてる とかね(笑)」
「いつもウルフルズの歌さえ聴いてれば問題ないということじゃない思うんですよね。」

過去日記参照)

これってiTMSの雰囲気に近い感じがします^^
敷居の低さとか、“ふってわいた”的なところとか(笑)

持っている曲は多いけど 欲しくなってしまいました♪







Last updated  2005.08.11 13:49:06
2005.07.19
カテゴリ:DIARY

緊急告知です。
直前ですが、本日0:30から「BLUES BROTHERS 2000」がNHK BS2で放映されます。(気づくのが遅い;)
エリック・クラプトンやB.B.キングなどなどのパフォーマンスもありますよ~
興味のある方はどうぞ☆

観た感想は後ほど書きま~す^^♪







Last updated  2005.07.20 00:11:29
2005.07.12
カテゴリ:DIARY

FAKEReonさんからの情報です。

    → LIVE 8の映像をダウンロード

Netでつながるクチコミって凄い と改めて実感。
LIVE8開催から10日経つか経たないかで、こんなサイトが出来ていて、しかもその存在がクチコミを通じて知ることが出来るっていうのは・・・!

試しに 「Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band 」をダウンロードしてみたところ、結構時間はかかりました^^;
うーん うちはADSLの8Mだしね しょうがないかあ・・・
もっと速い接続回線ならサクサクなのかもしれないです。

動画をダウンロードするとなると、なんかが圧倒的に有利なんでしょうねえ~

AOL MusicのLIVE8配信、アーティスト別に観れますよ~とアドバイスを下さったのもReonさんです。

いつも有難うございます~♪







Last updated  2005.07.13 00:54:10
2004.08.26
テーマ:京都。(5602)
カテゴリ:DIARY

夏の旅行も最終日です。
大阪から車で埼玉に向かって帰る途中、京都に立ち寄りました。
京都 北山。
仁和寺~龍安寺~金閣寺の3つというのは、お隣同士です。
地図上で見る限り、この3つのお寺は歩いて回れそうですが、京都の夏は暑いし それぞれの境内や庭園が広いしで やめました・・・(根性なし)

まずは仁和寺
御殿の日本庭園は美しく雅やかです。

仁和寺御殿


仁和寺って古典によく出てくるお寺の名前ですが、ここのことなんですよね・・・?(自信がない)
金閣寺や龍安寺のすぐ側にありながら、それほどメジャーどころではないので境内が閑静です。

次に枯山水の石庭で有名な龍安寺を訪ねました。

龍安寺石庭


んー・・・ 何回か来たことのある場所ですが、夏休みのせいか今回は 知る限りで人出が一番多かったです。
禅の世界観を味わうにはもう少し人出の少ないときに ゆったり座って庭園を眺めるのがよろしいかと思われます。

金閣寺はそれにも増して人出が多い。さすが。
初めて知ったのですが、金閣寺 というのは別名(通称?)なのですね。
本名は「鹿苑寺」というお寺でした・・・今まで全然気が付かなかった~。






Last updated  2004.09.06 13:12:26

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.