307883 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PARADISE CITY

PR

Calendar

Profile


nonkey37

Freepage List

Recent Posts

Category

Comments

雅楽多1990@ はじめまして ”憂歌団”を検索していてたどりついた者で…
nonkey37@ mitchieさん みっちーさんもですか~ 偶然とはいえ、…
mitchie5683@ Re:今までお世話になりました(06/03) お引越しされたのですね☆ 偶然にも、私も…
nonkey37@ あこさん 回文って、簡単そうに見えて実は奥深いで…
acoyo@ 回文って、 人がやってるの見てるとすごいなあと思う…
nonkey37@ Re[1]:あこさん(05/18) >WALK ON THE WILD SIDEなんて、何? PR…
acoyo@ Re:あこさん(05/18) >噂によるとホールなどでは何故かオール…
nonkey37@ あこさん Lou Reed お好きですか~♪(嬉) ひと…
nonkey37@ うさぎさん ホント、スパムにはムカつきます!(><…
acoyo@ 書き込みできるかなあ。 うははは。またしても心の琴線ネタが。 …

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Favorite Blog

Anyway the wind blo… mitchie5683さん
雑読と料理と勉強と ヨダさん
Metanake Channel metanackさん
gollのつれづれ日記 goll2004さん

Rakuten Card

全3件 (3件中 1-3件目)

1

Rock ビデオ/DVDレビュー

2005.05.30
XML

Wasted Years
01. Pipeline
02. Oriental Beat
03. Back To Mystery City
04. Motorvatin'
05. Until I Get You
06. Mental Beat
07. Beer And Cigarette
08. Don't Never Leave Me
09. Tragedy
10. Malibu Beach Nightmare
11. Taxi-Driver
12. I Feel Alright
13. Train Kept A Rolling’
14. Under My Wheels
15. Blitzkrieg Bop

At the Marquee London UK. December 20th,1983



ハノイロックス1983年末のロンドン・マーキーでのライブビデオを入手しました♪(オフィシャル・ビデオなのですが、AMAZONなどでも現在入手難です・・・)

ハノイのライブビデオは持っていなかったので 初めて観たのです。
「燃えるロンドンナイト」としてよく知られるライブなので、以前から観たかったのですよ~☆やっとGETできて嬉しい~♪

演奏もヴォーカルも荒削りな昔のハノイですが、文句なしにカッコイイ!!
このときマイケルは21歳のはず。

当たり前だけどみんな若い!
マイケル綺麗!いまより細い・・・。

この頃のハノイのライブ、生で観てみたかったです。(これも言い出すとキリがないけど。)

ハノイを聴いてると演奏の上手い下手なんていうのは、実はROCKバンドに特に必要なことじゃないんじゃないか といつも思う。
そんなのど~でもいいんじゃん?カッコよけりゃいいんだよって。
自分たちが表現したいものをやれるだけの力があって、ライブのセンスがあれば充分なんだよね。
とはいっても、下手なバンド=カッコイイ わけではありません(笑)
そして、このライブでのハノイも別に下手とは思わない。
だって凄いよみんなの勢い!

このへん微妙なニュアンスですが、何となく解って欲しい^^;

The Yardbirds のカバー「Train Kept A Rolling’ 」 これはエアロもカバーしている超有名曲ですが(っていうか、もはやエアロの定番曲のようなアレです)エアロほどブルージーでなく、ハノイのほうはもっとパンクっぽいアレンジ。

何でライブの最後のほうで、あえてカバーやるかなあ?オリジナルやればいいのに・・・ とも思うんだけど、でもでも!
ここでの盛り上がり方は尋常ではありません!
ヤバいくらいの格好良さ!
来日ライブでもこの「Train Kept A Rolling’」観たいなあああ~!(>_<)

いずれにしても、中盤でDon't Never Leave Me をやるとき以外はやっぱり飛ばしっぱなしのセットリストです。
この勢いこそハノイだよねえ・・・

ラストの「Blitzkrieg Bop 」ではマイケルがドラムを叩いています(!)
今回のライブでもドラマーと交替するシーンがあったということですが、こんな感じだったのかな~
で・・・歌を歌っているのは・・・ラズル!?
何か、観客がステージに乱入して大騒ぎなので、もうこの曲ではわやくちゃなのですよ(汗)
誰が歌っているのか、ちゃんと見えないっ!
マイクを持っているラズルが見える部分があるので、たぶんそうなのでしょう。(これ、はっきりご存知の方教えてください~^^;)

ハノイのオフィシャルビデオって80年代のしか無いんだよね・・・。
今のハノイのライブ、オフィシャルで映像化してくれないかなあ!
復活ハノイのセットリストでライブDVDが(いつでも)観たいよ~~~~~!!(切望)







Last updated  2005.06.07 20:53:56
2005.04.28
テーマ:洋楽(2448)

珍しく息子が熱を出し昨夜から寝込んでいる。
今年も皆勤賞を狙っていたのに、新学期早々ダウンするなんてついてない・・・ と、いたく不本意そうだけれど仕方ない。

私は今日昼間どうしても、4時間ほど出かけなければいけない用事があったので 困らないように水分と氷枕を用意して
「退屈ならビデオでも見てる?」と訊いてみた。
子ども向けアニメや映画のビデオならいくつかあるし・・・。
てっきり そういったリクエストが出ると思っていたら
「イーグルスのライブビデオが見たい」
と言う。

うちには「HELL FREEZES OVER」という、MTVアンプラグドでのライブビデオがあるのだった。

普段は何だかんだ忙しくて、落ち着いて見る時間が無いけれど、こういうときならゆっくり見れるね。しんどいのは可哀想だけど気晴らしになるかな?

彼はCDの同名作品は聴いているので、このビデオは耳に馴染んだ曲ばかり。

用事を済ませて帰宅し、氷枕を替えてから
「イーグルス どうだった?」
と尋ねてみた。

CDで聴いているときの曲と、このライブとは結構印象が違うので、初めて「動くイーグルス」を見る彼がどんな風に思ったのか興味があったのだけれど

「眼鏡かけたひと 凄いと思う!」

と一番に答えたので笑ってしまった。

「それ ジョー・ウォルシュだよ~!」

こんな子が初めて見ても、ライブではジョー・ウォルシュの存在感が際だつんだなあ(笑)

こればかりはCDじゃ分からないんだよねえ。
勿論音楽は音が勝負なんだけれど、音の出し方とかメンバー各自の個性なんかっていうリアルな部分はなかなかね・・・。
リアルな姿でプレイしているのを見ると、そのあとで聴く音も映像がイメージされたりね。
実像が見られるとアーティストに対する愛情が増すんじゃないかな。

ビデオはやっぱり、もう少し買い揃えよう^^♪(←これって口実・・・?)







Last updated  2005.05.02 22:34:33
2004.11.14

THE FREDDIE MERCURY TRIBUTE concert for aids awareness

VIDEO vol.1

Enter Sandman (Metallica)
Sad But True (Metallica)
Nothing Else Matters (Metallica)
Freddie: You Take My Breath Away
The Great Pretender
My Melancholy Blues
Somebody To Love
One Vision
Mustapha (Extreme)
Bohemian Rhapsody (Extreme)
Keep Yourself Alive (Extreme)
I Want To Break Free (Extreme)
Fat Bottomed Girls (Extreme)
Bicycle Race (Extreme)
Another One Bites The Dust (Extreme)
We Will Rock You (Extreme)
Stone Cold Crazy (Extreme)
Radio Ga Ga (Extreme)
Bohemian Rhapsody (Extreme)
Freddie: I Want It All
Play The Game
The Show Must Go
These Are The Days Of Our Lives
Now I'm Here (Def Leppard/w Brian May)
Freddie: I'm Going Slightly Mad
Too Late God (Bob Geldof and Happy Club)
Paradise City (Guns n'Roses)
Knocking On Heaven's Door (Guns n'Roses)
Elithabeth Taylor speech

VIDEO vol. 2

Tie Your Mother Down (3 + Joe Elliot and Slash)
I Want It All (3 + Roger Daltry and Toni Iommi)
Las Palabras De Amor (3 + Zuccero)
Hammer To Fall (3 + Gary Cherone)
Stone Cold Crazy (3 + James Hetfield)
Crazy Little Thing Called Love (3 + Robert Plant)
Too Much Love Will Kill You (Brian May)
Radio Ga Ga (3 + Paul Young)
Who Wants To Live Forever (3 + Seal)
I Want To Break Free (3 + Lisa Stansfield)
Under Pressure (3 + David Bowie and Annie Lennox)
All The Young Dudes (3 + Ian Hunter, David Bowie and Mick Ronson)
Heroes (3 + David Bowie and Mick Ronson)
'39 (3 + George Michael)
These Are The Days Of Our Lives (3 + George Michael and Lisa Stansfield)
Somebody To Love (3 + George Michael and The Royal Choir Society)
Bohemian Rhapsody (3 + Elton John and Axl Rose)
The Show Must Go On (3 + Elton John)
We Will Rock You (3 + Axl Rose)
We Are The Champions (3 + Liza Minnelli and All Cast
God Save The Queen(BGM)

At London's Wembley Stadium 1992.4.20


フレディー・マーキュリー追悼コンサート ビデオ2本組の曲目。
このコンサートは今DVD化されていますが、後半(Vol.2)のほうがメインで編集されていて、前半部分はかなり少なくなっている様子。
知るかぎりの方法でビデオを検索してみましたが、特にVol.1の曲目は国内のHPでHITしませんでした。(検索が下手ともいう)
なので、あえて、ビデオの収録曲リストをここで書いてしまいます。

テレビ放映されたときにはロバート・プラントの「Innuendo」もあったと聞いているのでDVD化するのなら完全版でリリースして欲しかった・・・。
ビデオのほうは、どうやら生産中止になっているらしくやや入手困難ですが、見るならビデオ2本組のほうがお薦めです。

実は、主にGUNS(AXL)観たさの一心で購入したビデオだったりしますが、豪華キャストなのでQUEENファンだけでなくROCKファンならきっと感嘆するはず。

「Stone Cold Crazy」ではジェイムズがギターを持たずに歌っていますが、ヴォーカリストに徹して歌うジェイムズって、これ以外のライヴ映像では観たことがないです。実はかなりレアなのでは?

“All The Young Dudes ”と“Heroes ”を演ったMick Ronsonは、このあと自身のライブをすることなく惜しくも他界してしまいましたので、この追悼コンサートは彼の最後のステージになってしまいました。
後に吉井和哉がミック・ロンソンへのリスペクトを兼ねてか(?)このときの彼にそっくりな衣装と髪型をしている時期があります。ホント似てるのでちょっと笑ってしまう。

“All The Young Dudes ”・・・クレジットには入っていませんが、バックボーカルで、デフ・レパードのジョー・エリオットとフィル・コリンが歌っています。
こういうのもフェスティバルの醍醐味ですよねえ~
当時のデフ・レパードといえば、91年にスティーブ・クラークを亡くしたばかり。追悼コンサートでの熱演は涙を誘います。

それにしても1992年のGUNSが如何に飛ぶ鳥を落とす勢いだったかというのがこの曲目を観てもよく分かりますね。
前半も後半もアクセルは実質の「トリ」。
大体において彼は普段スロースターターなタイプで、ライブの開始は遅れるわ声もすぐには伸びないわ という人なのですが、このライブでは最初っからエンジン全開なんですよね。
フレディーに心酔していたアクセルなので、このライブで唄えることを光栄と感じていたんだろうな。
Bohemian RhapsodyというQueenの代表曲をエルトン・ジョンから引き継いで歌うのですが、そのときの登場の仕方は花火とともにですからね~!
そこでステージの空気が変わるんですよね・・・72000人の聴衆をものともしないアクセルの存在感というのは、今観ても感激。
この映像は探してでも観る価値アリです!







Last updated  2005.01.29 11:19:58

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.