309606 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PARADISE CITY

PR

Calendar

Profile


nonkey37

Freepage List

Recent Posts

Category

Comments

雅楽多1990@ はじめまして ”憂歌団”を検索していてたどりついた者で…
nonkey37@ mitchieさん みっちーさんもですか~ 偶然とはいえ、…
mitchie5683@ Re:今までお世話になりました(06/03) お引越しされたのですね☆ 偶然にも、私も…
nonkey37@ あこさん 回文って、簡単そうに見えて実は奥深いで…
acoyo@ 回文って、 人がやってるの見てるとすごいなあと思う…
nonkey37@ Re[1]:あこさん(05/18) >WALK ON THE WILD SIDEなんて、何? PR…
acoyo@ Re:あこさん(05/18) >噂によるとホールなどでは何故かオール…
nonkey37@ あこさん Lou Reed お好きですか~♪(嬉) ひと…
nonkey37@ うさぎさん ホント、スパムにはムカつきます!(><…
acoyo@ 書き込みできるかなあ。 うははは。またしても心の琴線ネタが。 …

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Favorite Blog

Anyway the wind blo… mitchie5683さん
雑読と料理と勉強と ヨダさん
Metanake Channel metanackさん
gollのつれづれ日記 goll2004さん

Rakuten Card

全82件 (82件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

今日のThe Yellow Monkey

2006.04.14
XML

ものすごく久々にkingdowさんちの「CDレーベル・アルバム」へのTBです。
このシリーズは楽しいので、もっとポストしたいのですが、いつもレーベルをスキャンするのを忘れてしまう私(汗)
うちの複合機はPCと離れた部屋にあるため、普段はコードが繋がれていないんですよね・・・ああ、不便。いつも印刷するときは一度ノートPCの電源を落としてから複合機のある部屋に持って行き、また立ち上げるという。
あ、そんなことはどうでもいいんですけど(^^;

吉井さんのBeautiful、これはマキシです。マキシのCDレーベルっていうのも割と見る機会の少ないものかも・・・私もマキシなんか滅多に買わないもんねえ・・・

Beautiful Rabel


このジャケットはエジンバラ(スコットランド)で撮影されたものだそうで、たぶんCDレーベルの石畳も同じとこなんじゃないかと。

Beautiful Beautiful 吉井 和哉

私はタイトル曲「Beautiful」より、3曲目の「My Foolish Heart」のほうが好みです。っていうか、どっかといえばこちらの曲の為にマキシを買ったようなもん。何となく「My Foolish Heart」は次のアルバムにも入れないんじゃないかなという気がしたので。

逃げ出すものか
投げ出すものか
怯えるな My Foolish Heart


たとえば、これをThe Yellow Monkeyというバンドで唄うのと、ソロで唄うのとは大きく意味が違ってきてしまう。
CDレーベルに写る吉井さんは立ち止まって何かを考えているようでもあり、次の場所に進むんだという決意のようでもあり、立ち竦んでいるようでもあります。
この暗示的な足元に何を見ればいいんだろう?







Last updated  2006.04.14 23:33:46
2006.04.07

携帯電話の番号はやっぱり自分で決めるべきだった と今更ながら思う。
初めて携帯を契約するとき「電話番号は自分で選ぶものとこちらでご用意させて頂くものがございますが・・・」と言われたときには、特に何も考えずお任せにしてしまったのだった。
自分で下4桁を設定できるものは有料で300円だったか。
数字にこだわりは無いからいいか と無料のお任せ番号にしてしまったのが失敗だった・・・。
候補として提示された番号はどれも妙に「4」が多くて、嫌な感じがしたのだった。それでもちょっとはマシな番号にした・・・つもりだった。
今の私の携帯電話、下4桁は「4274」

・・・「死になよ」・・・?

・・・


うわ~・・・超イヤな感じ・・・


縁起とか六曜とかをアテにしていない私だけど、さすがにこれに気づいたときは後悔した(涙)

もうすぐ契約して1年になるので、この番号は破棄して新しい番号で作り直そうと思う(爆)

でも提示される番号にロクなものが最初から無いって、そもそもどうなの?
無料番号は嫌がられやすい「4」をあてがっとけ みたいな?

それにしても自業自得なのかもしれない。
先日、携帯を新規契約する と母が言い出したときは迷わず
「有料でもいいから、携帯の番号は自分で決めたほうが絶対いいよ」
とアドバイスしました(苦笑)







Last updated  2006.04.07 23:46:15
2006.04.02

今回のライブでは「カート・コバーンに捧げます」と言ってから、「HATE」を唄い始めていた吉井和哉。
歌詞からすると戦争に向かう兵士の歌なのか と思いきや、カートに捧げる歌だったとは。

たとえ勝ったって負けだし平和のうそつき
なんのためのこの闘争心

ヘイ心配ないって へイしっかりして 
できるだけHAPPYを手にしてほしい

油と角砂糖と札束と悪魔の
あの向こうあの向こうあの向こうへ

愛してるって伝えてくれ いつもそばで見守ってるって
なぜ神は奪うくせに与えるのさ でも信じていないと・・・いないと
みんなそう みんなそう みんなそう・・・

Yoshii Lovinson “HATE”



5月10日にNirvana トリビュートという企画アルバムが出るらしいですね。吉井さん、これに参加するらしい。
Last Days」の公開時期に合わせて制作されたものっぽいけど、参加アーティストは吉井和哉以外聴いたことのない人ばかりです。名前をちょっと知ってるくらい(汗)

でもなあ・・・個人的にはNirvanaをトリビュートされるのって何となく抵抗があるんですよね。
あのバンドはひっそりと愛されるほうが似つかわしいように思うのだ。個々の愛着をそれぞれが持ち寄るに留めていたほうがいいんじゃないかと。
吉井和哉は「Polly」を歌うそうですが・・・うーん。

The Yellow Monkey時代もMOTT THE HOOPLEのトリビュートとかKISSのトリビュートとか、ミック・ロンソンのトリビュートライブとか、ソロではジョン・レノン・スーパー・ライブとかに関わっていた彼ですが、NIRVANAのトリビュートに参加されるのは正直言ってヤだ。

Tレックスやデヴィッド・ボウイ、ZEPやDEEP PURPLEをリスペクトした曲やパフォーマンスのときにはそんな風に思わなかったのですが・・・。
それは上記バンドが主に70年代のバンドだったからで、リアルタイム体験が無いから抵抗がないのかもしれない。
NIRVANAは私にとっては特異な存在のバンドで、みんなで「盛り上がって」聴くというタイプの音では無いです。どんなところにシンパシーを感じているのか、人それぞれ大きく異なるタイプのバンドだと思う。まあ、トリビュート盤を聴かなければいいだけの話なんですが。
っていうかさ、最近の吉井さんの作品って明らかにオルタナ方向に傾いてるじゃん。私は本来グランジとかオルタナとかって意識して「目指して」やるもんじゃないと思うんですよね。NIRVANAは世の中に対して背を向けるというか、シーンに混じっていく違和感 をいつも持っていたバンドだった。パンクを表面的になぞると滑稽なように、グランジも同じ。カッコイイのは分かるけど、模倣するのは見ていて痛い。先駆者の一部にしか許されないスタイル それがパンクだったりグランジだったりするんじゃない?
実際、私はオルタナ系だったらごく一部のバンドしか好きじゃないんです。それ以外はむしろ嫌い。
吉井さん、あんたグラムロックに飽きたからオルタナっぽい音に走ったのかよ?今はオルタナって売れ線だし若いリスナーには気づかれないもんね 節操のない人だね ・・・とか意地の悪い私は愚痴りたくなる。

内心悪態を吐きつつ、ライブ音源を何度も繰り返し聴いている私は矛盾しています。何だろうねこれ(苦笑)
二律背反の気持ちを持たされるアーティストって何人か居るんですよ。
「この馬鹿!あんたなんか嫌い!」と思う反面、ものすごく惹かれる、愛しいとすら思うアーティスト。100%好きなんて人は私には居ない。好きなぶん、憎らしいと思う。その最たるひとがアクセル・ローズです(爆)
好きでも何でもないひとには、悪態も出ないんです。面倒なヤツですみません。
BeautifulのPV(リンクからフルで観られます)・・・格好いいです。これは歌も好き。何度も観て惚れなおしている自分が悔しい。
それでも「愛とは何故か厳しくて苦しいって 恋との違い知って」って歌詞がやっぱりベタで嫌だけど(爆)


追記:mitchieさんちのエントリ「メモリアルは雨になる」 トラックバックを頂いたのに、楽天の表示機能の問題でレイアウトに影響が出てしまい、TBを削除しなくてはいけなくなってしまいました(T_T) ごめんね~~~

楽天独特のバグだと思うんですけどね これ・・・小文字から始まるエントリだとそうなるみたいです。ううう。
楽天さん、割とどうでもいい機能ばっかり追加リリースしてないで、こういう基本的な部分をまずしっかりしてください(切実)







Last updated  2006.04.02 23:39:39
2006.02.10

一昨日、岡山から吉井和哉の東京ライヴ観戦ツアーにやってきた ゅ。さんと渋谷で遊んできました。
前々日は雪だったので、飛行機が飛ぶかとか道路状況はどうかとか心配しましたが、当日は暖かい晴天で良かった良かった~。お天気ばかりは運任せだもんね・・・。

ゅ。さんとは某掲示板に居た頃からのお付き合いで、かれこれ2年半くらい色々お話したりお互いのサイトを行き来していたのでなので、初めて会ったという気がしませんでした(笑)
michieさんも合流して、The Yellow Monkeyオンリー・カラオケにGO!
本人映像の出るカラオケルームだったのですが、全員、初めて観る映像もいくつかあり、「ROCK STAR」のライブ映像では
「ジャガーだ!キャーーー!!」と歓声が(←わかるひとだけわかってください・笑)
他人の目を気にすることも無く盛り上がれたのは個室ならではだったかも☆

カラオケとおしゃべりで、あっというまの楽しいひとときでした。
楽しい時間はすぐ過ぎちゃいますね~。

夕方、ゅ。さんは吉井さんのライブに参戦。(私は後日参戦予定)

今回は昼間だったので飲みながらというわけにもいきませんでしたが、次回は是非一杯飲みましょう♪







Last updated  2006.02.10 09:05:16
2006.01.27

はあ・・・昨日はJ-Wave「M+」の吉井さんゲスト出演、聴く気満々だったのに、諸事情により聴き逃しました(T_T)
何でこう間が悪いんだろう~

でも番組Blogで、オンエアしたインタビューを再録してくれているのでそちらを眺めておりました。
↓これ。
吉井和哉さん登場

オンエアしたQ&A以外のメッセージも掲載されています。

「Yoshii Lovinson登場」と書かれるより「吉井和哉登場」のほうがやっぱりカッコイイや と改めて思っておりました(笑)







Last updated  2006.01.27 18:50:23
2006.01.25

たとえば、全く同じことを喋っても「むっ?」とすることと「あはは♪」と笑ってしまうことって、あります。
「今日はとても寒いですよね~」
ラジオからもよく聞こえてくる、挨拶みたいな何気ないこんな言葉すら、好感を持てる場合とそうでない場合があるから声とか喋り方とかって不思議です。
私の勝手な印象ではあるけれど、J-Wave"M+(ミュージック・プラス)"の「D.J.TARO」さんは歯切れが良くて好き。元気を貰える気がするんですよね。
たまたま今日もこの番組を車の中で聞いていたのですが、いきなり「太陽が燃えている」がオンエアされてビックリ。
好きなバンドの曲がラジオから流れると、ラッキーな一日だと思えるのは私だけ?
そうしたら、曲のあと

「明日は吉井和哉さんがゲストに来てくれます!」

あの大物ゲストがM+に緊急出演決定!

1/26(木)に、吉井和哉さんがM+にやってきます。
そこで!吉井さんへの質問やメッセージをこのブログで大募集!
吉井さんに聞いてみたいこと、伝えたいことをこのブログにドンドン書き込んでください!
書き込んでもらった質問やメッセージの中から幾つかをピックアップして直接、本人に質問、メッセージを伝える予定です!
回答やメッセージがゲットできた場合は、このブログに直接本人たちからのレスがつくかも!? (番組サイトより引用)



えええええ!

いや、そりゃ結構ラジオにも最近はよく出ているようなので、こんな驚くこともないんだろうけど。

上リンクにある番組のBlogでコメントを募集していて、オンエア時間中ではなくてもBlogで答えてくれることも、もしかしたらあるとか・・・・。

そ、そんなこと急に言われても思いつかないよ!
で、でも、せっかくの機会だから、ちょっと書き込みしてみたい気もする・・・。

うーん、今から考えてみます!
(何も書けないかもしれないけど)







Last updated  2006.01.25 19:57:29
2005.12.31
  ライブ帝国 ザ・イエロー・モンキー DVD

1 Drastic Holiday (1993/5/25 アポロシアター)
2 審美眼ブギ (1993/5/25 アポロシアター)
3 イエ・イエ・コスメティック・ラヴ (1995/3/14 マイカルシアター)
4 “ I ” (1995/12/31 渋谷公会堂)
5 赤裸々GO! GO! GO! (1995/12/31 渋谷公会堂)
6 空の青と本当の気持ち (1995/12/31 渋谷公会堂)
7 太陽が燃えている (1996/1/1 渋谷公会堂)
8 A Henな飴玉 (1996/4/21 NISSIN POWER STATION)
9 Rock Star (1996/4/21 NISSIN POWER STATION)
10 Tactics (1996/4/21 NISSIN POWER STATION)
11 ゴージャス (1998/5/2 神奈川県民ホール)
12 球根 (1998/5/2 神奈川県民ホール)
13 見して 見して (1998/5/2 神奈川県民ホール)
14 離れるな (1998/5/2 神奈川県民ホール)



買いました(笑)
amazonで予約したので、発売日には来ませんでしたが翌日には到着しました。大体においてamazonの予約は不安定要素が多いので心配でしたが、発売日の翌日なら許せます(えらそう・笑)

見たことのない過去の映像というのは不思議な気持にさせられます。
過去に初めて会うような気分。
既に殆どのライブ・ビデオ映像を見ているはずなのに、「知らなかった彼らの姿」がとても新鮮です。
93年から98年までの映像が収められていて、バンドとしての成長期をまとめて観られるゴージャスな内容です。
特にフロントマンとしての吉井さんの変化が如実で素晴らしい。
何となく頼りなげで不安定な93年のライブ、95~96年に跨る迫力の年越しライブ、貫禄の98年ライブという具合。
個人的には“I”ってホントにライブ映えのする曲だなあとしみじみ。
圧巻は「空の青と本当の気持ち」と「見して見して」。ミディアム・テンポのはずの「空の青と本当の気持ち」で渾身の歌を聴かせる姿が鬼気迫ります。
アルバムや曲だけではなかなか触れることの出来ない、ライブバンドとしての凄み。ライブがアルバム収録曲のイメージを良い意味で覆すことのできるバンドはやはり稀有です。
もし、私が彼らのライブ映像を見ていなかったら、ここまで好きにはならなかったろうなぁ・・・。

今年最後に、このDVDレビューをUp出来て良かった(笑)
最近、音楽ネタが減少気味でしたし。

いつもこちらに訪問してくださる方々、一年間ありがとうございました。
今年も様々な縁で楽しくお付き合いさせて頂き、日々のエネルギーを頂くことが出来ました。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!







Last updated  2005.12.31 16:38:12
2005.12.17

webで見かける心理テストの類というのは意外と、「?」と思うものが多いのですが、まにゃーなさんのトコで見かけた記事「己を知れ(私)」にあった「金持ち頭脳」にはウケました(笑)
自分の金持ち度がどうであるか というよりも、現実的な経済社会のなかで生きていくヒントがあちらこちらに含まれてるような判定結果が出てきますので、しばし頷いてしまいます。

タイプ:測定不能型

 nonkey37さんはお金持ち資質がなかなかあると判断されました。どんどんこれから調子を上げていくものと思われます。ただ元気の無さがどことなく足を引っ張っていく感があり気になるところです。
 また、nonkey37さんは測定不能型と分類されました。全体的に中途半端な傾向か、またはとてもレアなタイプなのかもしれません。まじめに回答しましたか?


ま、まじめに回答したつもりなんだけどなぁ(汗)
不条理で矛盾の多い回答になっていたのか?
でも元気が無いという指摘は当たってるなあ と・・・。
日々の雑事と、どうでもいいくだらないことにくたびれ気味というのはあります。思わぬところでチェックを入れられた気分。
「お金持ち資質がなかなかあると判断」されたのは、性格の悪さを突かれてます きっと。
自分の結果をページで保存できるのも面白いです。フツーはこういう結果って消えちゃうのに。

可笑しかったので、長女にもやらせてみたところ、私とは大きく違う結果が出てまた笑ってしまった。選択していた答えも私とはかなり異なるし、考え方への「親の影響」って(彼女の場合は)殆どないのね と確信!

娘のタイプは「お母さん型」なんだそうで(笑)

わりと貧乏体質であると言えます。現在蓄財があるとしても、それは徐々に磨り減ります。特に「やる気」があまり感じられず、長期的にはあまり期待できないタイプです。
 タイプとしては、寛大で、頑張れば頑張っただけ評価してくれる優しいお母さんのようなタイプと言えます。ビジネスの場においてそれがプラスであるかはわかりませんが、上司としては好かれるでしょう。


うん、「やる気」があまり感じられず という所や、「寛大」なところは娘に当てはまってます(爆)競争心とか無い子だしなー。
だけど「寛大」というと聞こえはいいけど、周囲のことを余り気にしないというだけの話では・・・とも思う。(ものは言いようですね~。)







Last updated  2005.12.17 15:43:43
2005.12.05

「17歳バトン」です。
あこさんのAT SEVENTEEN  17歳の頃 まにゃーなさんの私の17歳(17歳バトン)を拝見し、拾って参りました。

1. 17歳の時何をしていた?

私立女子高の生徒でした。
その学校はお寺の敷地内に校舎がある(!)仏教系だったので、授業に「仏教」という時間がありました。校則もそれなりに厳しく、破ると般若心経を写経させられるの。
学校帰りにレコード店に寄りたくて、ショッピングセンターに行くと先生が見回りしていて現行犯で捕まったりする(爆)
なので、写経させられたことは何度もあり・・・。しかし、こんなことをさせられても別に真の仏教徒には育ちません。あれ何か意味があったんだろうか?(今でもギモン)
同じくらいのレベルの高校で近くにミッション系の女子校がありましたが、そっちはとっても校風が自由でした。どうせならそっちに行けば良かった・・・と入学後すぐ後悔。しかし、そちらの校長先生はうちの母のお知り合いだったこともあり、何となくコネで入るみたいな気分がして受験を避けたのでした。うーむ。そんなこと気にせず受ければよかったー。
っていうか、受験生の私にそういう事実を教えなきゃ良かったんじゃないのか?>母。
学校が好きではなく、とりあえず入った美術部でも幽霊部員でしたが、週3回の美術予備校はとっても好きでした。
高校の記憶より、予備校での記憶のほうが鮮明です。いまでも付き合いがあるともだちは予備校時代の友人で、高校時代の友人とは付き合いがありません(←淋しい奴)
当時、学校内ではそれなりに友人付き合いはありましたが、卒業後に連絡を取るほどの友人関係には無かったのでせう。
そういえば高校での学校生活って、あんまりBlogで書いたことなかったなあ・・・。ぼんやりとしか覚えていないんですよね。ぼんやりと過ぎていった毎日だったんだろうな きっと。

何かいまいち質問に対する答えになっていない気がする。

2. 17歳の時何を考えていた?

何だろうなあ・・・。
私はかなり幼少の時期から早期教育をされていて(スミマセン。それでもこんなもんなんです;)、「大学に行くように」と刷り込まれていたので、「とりあえず大学には行かないとなー」とだけは漠然と思っていました。
いまから思うと、両親も祖父母も教育に関しては焦っていたような気がする。
振り返ってみると、色々な問題点が見えるのですが、現実にはこども本人からしてみれば、与えられた環境で上手く生きるしか無いのです。
別に従順だから従っていたわけではなく、「ドロップアウトしたところで、今、上手くやっていける自信もない」という感じ。
そして、可能な範囲で期待に応えてあげたいというのも子供心。特に私はマザコンだったので母の希望には沿いたかった。何でマザコンだったかはここでは長くなるので書けません。
面白くもない高校に行きたくはないけれど、卒業資格がないと大学受験できないしね。「大検」というものも世の中にはあるけれど、そっちをクリアするほうが私には困難だろうなと思った。とりあえず高校には受験資格GETのために惰性で通学していました(打算的)
そこで選んだ進路が美術系だったというのも、やや打算的。
勉強は嫌いだったけど、絵を描くのは好きだったし、それに向かっての努力ならばできたのです。興味とか適性というのは「何に対しての努力ならできるのか」が大事なのかもしれない。適性や才能がいくらあったとしても、持ち腐れのひとはやっぱり向いていないのでしょう。
結構美術系に進む人は多かれ少なかれ消去法で決めているひと多かったりする。そうでないひとも勿論居るけれども。
殆どの高校生は、夢があるから とか、好きなことをしたい とか、そういうハッキリした意思で進路決めてるわけじゃないんだ。

3. 17歳のイベントといえば?

ACCEPTとメタリカの初来日ライブです。・・・歳がバレる(爆)
この2つのライブは今まで見たなかで最高のライブでした。
思い余って翌日ACCEPTのサインを貰いに行きました。そこに居たファンは数人でしたが、嫌な顔一つせず優しいメンバーでした(T_T)
メタリカの初来日ライブはクリフが亡くなった直後で来日が危ぶまれていたあとだっただけに来てくれたこと自体に感動でした。
大阪公演はカークの誕生日だったこともあり、観客とメンバーが一体となって「ハッピー・バースデー」を歌いました。良い思い出です。
このときの初来日のセットリストでは大阪だけ1曲多かったと何年もあとになって知り、嬉しかった~。
ライブを何本も見ていると、当たりハズレがあるものですが、素晴らしいライブの思い出は色褪せることがありません。

4. 17歳でやり残したことは?

メタリカを新大阪まで見送りに行ったとき、見ているのが精一杯でサインを貰ってません。(写真は撮ったけど今は無いです。ちくしょー。)
当時に戻れたら勇気を出してサインを貰いに行きます。
やり残したーー!と今でも悔やまれるのはコレですね。

5. 17歳に戻れたら何をする?

今度は府立高校に行って、学校好きな明るい高校生になる。
明るく楽しい、高校生らしい恋愛をする。
だけど自分の性格が当時のままだとどっちも不可能だろうなと。
「学校が面白くない」のは何も学校の所為ではなく、楽しもうとしない学ぼうとしない自分に一番大きな問題があるんじゃないか と大人になって思うようになりました。
だから、あんな自分に戻れても、やっぱり何も変わらない気がするな・・・。(こういうのを自業自得という)まず性格を改善しなくては。
皮肉でなく、高校生時代がとても楽しかったと言えるひとって、とても羨ましいです。

6. 17歳に戻っていただく人

バトンを回すのはMUSICバトンのみに留めておこうと思っていたのですが、お時間のあるときに、666さん、17歳に戻ってみてもらえませんか~?
ほかにも興味を持たれた方はご自由に“Returns to 17”してみてください♪
ヨロシクお願いします♪(笑)







Last updated  2005.12.05 18:18:07
2005.11.24

来年予定されている吉井和哉のライブに、行こうかなと思います。
とりあえず、無事チケットも入手できたのに、「行こうかなと思います」なんて、歯切れの悪い言い方ですね。これはちょっとした理由があって。

来年の吉井和哉ツアーは、2月。
・・・馬鹿みたいな話ですが、2月のライブって良い思い出がないんですよ~。
92年のGUNSが極めつけで、チケットがありながらインフルエンザにやられ行けなかったというサイアクなパターン。
それに、イエローモンキーとも私は巡り合わせのタイミングが良くない。
ファンになったのが後追いで、休止宣言をした直後の春。
休止だと言うから、素直に信じて再始動を待っていたら解散だもんね。

先日の深夜、テレビ放映していた吉井さんのライブも睡魔にやられて見逃しちゃうしさ。(←単に自分が悪いだけ)

何かね、上手くタイミングが合わないことって、世の中にはあるんですよね。偶然なんだろうけど。

そんなわけで、当日をちゃんと迎えるまでは気を抜かないでいようと思います!
でも、変に緊張するから体調までおかしくなるのかもしれない・・・思えば、GUNSは初来日のライブでエライ目にあったもんで内心ヒヤヒヤだったのです。

はぁ~ 今回こそ、鬼門のジンクスを無くしたい~!(><)







Last updated  2005.11.25 01:19:21

全82件 (82件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.