000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ParadiseGarage

PR

2006.02.17
XML
森田さんの理詰めの流行予測
の上比長と下比長はとてもシンプルな流行予測の理論。

ますます、コンパクトになるテーラージャケット
エンジェルワンピ
この春は、この予測理論で納得できるアイテムが目白おし
だから、
鈎針のボレロも売れるだろうし、
半袖JKが、あんな形ででてきたのも納得できる。
セシルがいきなり、ノースリのギンガムシャツを出したのも
なんの違和感もない。
多くがフェミニンな中、いまだにロンTやってるシェイク×2
でも、シェイクのロンTもこの法則に沿うように変化してる。
シェイクのロンTみて、思わず唸ってしまった自分。

そんなことを考えながら、
スライの今月のコーディネートと、マウジーのを比べると

断然に、スライのスタイリングのほうが全然に流れに沿っている
例のホテルポロ
旧来のカットワンピをポロ衿にしたのではなく。
ポロシャツを下に長くしたもの。
ポロ衿カットワンピでなく、あくまでポロと名前つけた
植田みずき。売れてる人は感覚的にわかっている。

コートをベルトでウエストマークしているスタイルも
他のブランドに比べ、高めの位置でマークしている。

この春は、下比長のピーク

だから、毎年登場するけど、ここ最近は売れた気配がない
サロペット
これも、今年は売れる可能性はうんと高くなる。
もちろん、スライはやってます。

フェミニンや、白やレースやフリルがトレンドだからといっても
それだけでは売れない。

スライやセシルやアプワイザーが下比長と上比長とか
考えてるはずないが、
売れているとこは、勝手にこの理論にあてはまる。

ワンピがトレンドでも、なんでも売れるわけじゃない。
シャツワンピは、デザインと見せ方で、
うちは売れてます。というお店と
全然売れません。というお店と
分かれてくるでしょう。
前開きのジレワンピにしてるのはOK
そうでないものは、
上のほうにポイントもってくるなにかがないと売れないだろう。
特にヤングは、



森田さんから学んだと思われる方と、とあるコンサルタントらしき人が
ある掲示板で、ユニクロについた語っていたが、
それを読むと、
森田さんの予測の中心は上比長と下比長でけど、
それ以外に 枝となる予測理論がありそうな。

上比長と下比長はおおきな、はずせない流れだが、
それ以外にも流行の変化を左右するものはあるはず。
森田さんも、これでビジネスしてるわけだから。

でも、中核をこんなに親切に教えてくれるコンサルタントは
めったにいないです。

自分はコンサルタントではないので、
流行はなぜ、どのように変化するのか、
自分なりに考え、ブログの書いていくつもり。

関連ダイヤリー

流行は予測できる。流行予測は簡単。ほんとかな?

banner_02.gif






Last updated  2006.02.17 19:58:59
[渋谷109/トレンド考察] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.