376922 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

天使の通り道

PR

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

俳句

2009.05.05
XML
カテゴリ:俳句
昨日は朝から静かな雨。
こんな日は日帰り温泉がいち番!!と言うことで久しぶりにたぬき湯に行ってきました。

   五月雨の背なに優しき山湯かな  な~んちゃってベタな俳句なんか作っちゃって♪

家に帰ってからは、ベランダで本を読んでのんびりしましたよ。
ときどきがははって笑うもんだから、リビングで読んでいる旦那さまに「一人で笑うなっ」て注意されたりなんかして・・・

   003.JPG

読んでたのは残間里江子の「引退モードの再生学」(それでいいのか 蕎麦打ち男)改題。
残間里江子が同じ団塊世代を切りまくってるのがおかしくておかしくて。
ちょっと上の世代だけど、時代感がわかるからぐいぐいひきつけられちゃう。
歳の離れた兄貴、姉貴の失敗を妹が反面教師として覗いている感覚で読みました。
おもしろかったよ~。
あ~私もしっかりしなくちゃ・・・






最終更新日  2009.05.05 11:27:18
コメント(6) | コメントを書く


2008.10.23
カテゴリ:俳句
散歩から帰ったワンコがなにか発見。

   001.JPG

カマキリ!!
あんた、負けるよ。

   003.JPG

それにしても風格あるわあ・・・


   「振り返る蟷螂の眼にある孤独」

                お粗末!!






最終更新日  2008.10.23 19:58:40
コメント(16) | コメントを書く
2008.05.20
カテゴリ:俳句
毎日同じコースで散歩していてもちょっとしたハプニングがあったりするんですよねえ。
昨日は足元にトカゲが近づいてきて、
「あら、大胆。」と思ったら、
2,3歩先で蛇がクネクネあせって逃げてたよ~!!

私達が2匹のバトルを邪魔しちゃってたのねえ~。大笑い

今日はまた歩いてたら目の前に何かが落ちて、ゴツッて音がした。
青くて大きな梅の実!!びっくり
頭にに落ちてたら痛かっただろうなあ・・・

おかげで帰りながら一句できました。

   「遠き日の父のげんこつ 梅青し」






最終更新日  2008.05.20 19:55:21
コメント(16) | コメントを書く
2007.09.25
カテゴリ:俳句
今日は中秋の名月ということで、ススキなど秋の草を飾りました。

   画像 001.jpg

ほんとは一升ビンにど~んと豪快に飾りたかったんだけど、都合よく一升ビンがうちにあるはずもなく、いつもの花瓶に。

今晩は、リビングの吹き抜けにある窓から中秋の名月を見ながら日本酒をお猪口に2杯ばかりいただいて、ほろ酔い気分です。

「名月をとってくれろと泣く子かな」という一茶の句がありますが、うちはこんな感じ。

   画像 003.jpg


    「天窓に名月囲ひ愛でにけり」   お粗末!!






最終更新日  2007.09.25 20:48:02
コメント(18) | コメントを書く
2007.05.22
カテゴリ:俳句
参議院選が近いということで何かと奇をてらった政策が出てくるみたいですね。
この間の秋のゴールデンウィークとか、サマータイムとか。

経済効果が上がるとか省エネになるとかいえば人気が上がると思っているのでしょうかね。
それよりも年金とか、格差社会とかちゃんと考えてくださいよと思うことでした。

サマータイムといえばずいぶん暑くなりました。
そろそろ散歩の時間も繰り上げないと、ワンコもきつそうです。

悠長に「どんど晴れ」観てからなんていってられないよ~。
「どんど晴れ」観てから家を出たら日陰がほとんどなくなっていました。

で、今日から心を入れ替えて「どんど晴れ」は録画予約して早めに散歩に出ることにいたしました。


     息荒き犬に譲りし片陰り


   三角.jpg

        題 「見事な三角」






最終更新日  2007.05.22 14:06:35
コメント(24) | コメントを書く
2007.03.07
カテゴリ:俳句
私が句会をやめてからそろそろ一年になります。

私の近所の俳句の先生が
「○○さん(句会のメンバーの方)に会ったら、『△△さん(私のこと)が句会をやめられたのが残念でなりません。まったくやめておられるのですか?』と言われたので、
『自分で勉強は続けておられるようですよ』と答えておきました。」
とおっしゃいました。

ホントは作ったと言うほど俳句を作っていないし、勉強も怠けているのでもっと頑張らなきゃなあと反省しました。

私が俳句をこれからも作り続けるかどうかは私にもわからないけど、俳句の勉強をしてきて学んだことがあります。
俳句はたった17音の詩です。
たくさんの言いたいことを削ぎ落として、削ぎ落として、大事なことだけを残すと言う作業をします。
だから知らず知らずのうちに大事なことはなにかということを直感的に感じることが出来るようになった気がします。
このことは私の俳句をやって得られた宝です。

皆さんも俳句、初めてみませんか?








最終更新日  2007.03.07 20:51:24
コメント(8) | コメントを書く
2007.03.06
カテゴリ:俳句
今日は啓蟄でした。
啓蟄とは暖かくなって、冬眠していた地虫や蛇などが穴を出てくることです。

でも今日は寒かった・・・けどめげずに啓蟄で一句、

   啓蟄の酸素連なる化学式

エー、これはですね、酸素や炭素がいっぱいくっついた化学式って虫がうごめいている感じがしませんか?
酸素という言葉には春の新鮮な空気を感じて欲しい。
・・・解説をつけないといけない句は駄目ですね。
                ・・・・・・・・

今日は姉の心臓の検査に付き合ってきました。
心筋梗塞の疑いがあったので・・・
幸いたいしたことじゃなくてほっとしました。
姉は4、5年前エステに通ってダイエットをしたのですが、見事にリバウンドをしてしまいました。
リバウンドをすると前より身体の組成が悪くなって、身体にダメージがあるようです。
やっぱりダイエットは普段の生活を変えて続行可能な方法を選んだほうがよさそうです。
今度は姉も真剣に体のことを考える気になってくれたので、かえってよかったと思います。

姉は普段仕事ををたくさん抱えていてゆっくり話をする機会が少ないのですが、今日は病院の待合室で濃厚な話をたっぷりすることが出来ました。
病気は困るけど、こういう時間が持てたのはよかったと思います。
どんな経験も無駄ということはないということですね。






最終更新日  2007.03.06 22:15:11
コメント(10) | コメントを書く
2007.02.11
カテゴリ:俳句
   桜湯

    桜湯にほのかな塩み嫁ぎゆく

  結婚式

結婚式無事終わりました。
ご列席の皆様、どうもありがとうございました。

牧師様、会場でお世話くださった皆様、ブライダルサロンの皆様、ハミングバードの皆様、どうもありがとうございました。
ただただ感謝です。

そしてブログを読んで応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。
ほんとによかった。
いい結婚式でした。

終わってやっとじわっと来ています。
結婚式で牧師様のお話を聞いていたとき涙がぽろっとこぼれました。
でも、ここで泣いてちゃいけないとなんとか持ちこたえることが出来ました。

披露宴の最後、娘が手紙を読んでくれました。
一生懸命考えてくれたのでしょう、心のこもった言葉で感動しました。
でも母は泣きませんでした。
だって、旦那さまの顔を触ったらものすごく熱くて、倒れないかと気が気ではなかったのです。
代わりに新郎のお父様が挨拶の時泣いてくださいました。

娘は綺麗でした。
お父さんも「我が娘ながら本当に綺麗だ。」と手放しで喜んでいました。
次女は振袖で、お色直しの時次女が手を引いて退場するシーンがあったのですが、二人ともとっても綺麗で、かわいかったです。
とんでもない親ばかですが、今日は許してください。

皆様、本当に感謝です!!!








最終更新日  2007.02.11 17:12:24
コメント(16) | コメントを書く
2007.02.02
カテゴリ:俳句
今日、今冬初めて雪を見ました。
これはお向かいさんの車に積もっていた雪。

   2007-02-02 09:21:01

今、ストーブを片付けていたところ。
こんな雪の寒い日なのにねえ。
暮れに灯油を2缶買ったのですが、今年は暖かくてなかなか減らなかったんです。
この2缶を使い切ったら仕舞おうと思っていたら今日だった。
よりによって寒波の真っ最中に・・・

去年は寒かったので、エアコン、ストーブ、コタツに電気カーペット、いろいろ組み合わせて使っていたのですが、今年はコタツも出さなかった。
暖かかったものねえ。
まあ寒波もそのうちおさまるでしょうから、灯油はもう我慢することにします。

   水仙

    直線といふ美しきもの水仙花
          (はしきもの)

              お粗末!!!






最終更新日  2007.02.02 09:40:01
コメント(22) | コメントを書く
2007.01.13
カテゴリ:俳句
昨日、エホバの方が回ってこられ、うちのワンコを褒めてくれた。
うちのワンコはビーグルの割には吠えないのでおりこうさんだというのだ。
「飼い主さんが穏やかだからワンちゃんも穏やかなんですね」
とついでに私も褒められた。

エホバといえば私に一句、エホバの方を題材にした句がある。

  片陰に神を伝へに来し二人   というもの。

夏の暑い午後、道にできた小さな影の中に二人のご婦人を見つけた。
白ブラウスに長めのスカート、大きな鞄、ローヒールの慎ましやかなご婦人方。
「エホバの人だ」 確証はないけれどそう思ったときにできた一句。

先生は、「緑陰ぐらいにしておいたほうがいいんじゃないですかあ?」
とおっしゃったけど、緑陰じゃあんまり綺麗におさまりすぎるような気がして・・・

布教活動はそんなに簡単じゃないだろうし、片陰りのほうが悲哀とかペーソスとか表されていいんじゃないかと思うのですがどうですかあ?

たいした句じゃないんですけど・・・






最終更新日  2007.01.13 15:23:19
コメント(4) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.