355639 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

paseri部屋

PR

プロフィール


paseri0519

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

May , 2020
Apr , 2020
Mar , 2020
Feb , 2020
Jan , 2020

お気に入りブログ

あじょむと愉快な仲… あじょむさん
嗚呼…サービス業V2(… ccbmyuさん
IN MY LIFE moomin253さん
もんきち's ISLA… もんきち0126さん
Dolce Vita emiemilさん
ともたろうの馬うま… アドマイヤトモタロウさん
Sep 29, 2007
XML
カテゴリ:映画
「セルピコ」を観ました。
監督はシドニー・ルメット、
出演はアル・パシーノ

内容は1971年にニューヨーク市警セルピコが
重傷を負って病院に担ぎ込まれるところから始まります。
その11年前セルピコは警察学校を卒業し、
希望を胸に配属された82分署で同僚の収賄・さぼりなど
現実とのギャップを思い知らされます。
その後犯罪情報課勤務を経て私服警官として93分署に配属されるも、
そこでもワイロの分け前を手渡されれます。
潔癖のセルピコは調査部長にそのことを報告するも
「忘れてしまえ」で終わらされてしまいます。
次の配属先のブロンクス第7地区ではさらに最悪、
同僚とワイロの回収が仕事とされるものの、
金を受け取ろうとしないセルピコはどんどん孤立していきます。
そして人を介して市長に相談するも
今後の市内での暴動の可能性のなか警察ともめるのは
マイナスと考えとりあってもらえませんでした。
次の第8分署ではセルピコは完全に孤立化し、
業を煮やしたセルピコはニューヨークタイムズに収賄等の内情をぶちまけます。
市警はある意味罠とも思える配属をセルピコにいいわたします。
そこはニューヨークでも危険地帯であるブルックリン麻薬地帯に配属させます。
ある事件で同僚と現場に踏み込むもセルピコは凶弾にたおれます、
それは同僚が援護をしなかったことにもよるものでした。

といった話です。
映画は1973年製作と少し古いですが社会派映画として有名な映画です。
アル・パシーノの主人公の孤独などなかなかの映画です。
正直ものはバカを見るのか考えさせられる映画です。


 「セルピコ」








最終更新日  Sep 29, 2007 08:19:11 PM
[映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.