355026 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

paseri部屋

PR

プロフィール


paseri0519

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

May , 2020
Apr , 2020
Mar , 2020
Feb , 2020
Jan , 2020

お気に入りブログ

あじょむと愉快な仲… あじょむさん
嗚呼…サービス業V2(… ccbmyuさん
IN MY LIFE moomin253さん
もんきち's ISLA… もんきち0126さん
Dolce Vita emiemilさん
ともたろうの馬うま… アドマイヤトモタロウさん
Apr 30, 2008
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「シービスケット」を観ました。
監督はゲイリー・ロス
出演はトビー・マグワイア、
ジェフ・ブリッジス 、
クリス・クーパー

内容は1929年の大恐慌以降、アメリカは苦難の季節を迎えていた。
自動車販売で成功したものの、息子を事故で亡くし、
妻にも去られた大富豪ハワード(ジェフ・ブリッジス)。
開拓時代の終焉により、
時代遅れのカウボーイとなったトム・スミス(クリス・クーパー)。
一家離散の憂き目に合い、
草競馬のジョッキーに身をやつした青年レッド(トビー・マグワイア)。
人生の辛酸をなめていた3人の男は、
運命の糸に導かれるようにして一頭のサラブレッドに出会う。
その名はシービスケット。彼らと同じく運に見放された小柄な馬だった…。

競馬が趣味でもありますワタクシとしましては、
なかなか見る機会がなく見逃してた映画です。
挫折を知っている3人と一頭の物語ですがその連中があつまった、
サクセスストーリーと再び襲う挫折からの帰還といったさまざま、
思いがいろいろ交じり合っています。
現在の近代競馬からみたら原始的な調教や、
治療といったものもこの時代の背景とともに興味をひかれた部分もありました。
レースのカメラワークもなかなかよく、秀作の映画でした。


 「シービスケット」






最終更新日  Apr 30, 2008 05:48:56 PM



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.