355325 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

paseri部屋

PR

プロフィール


paseri0519

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

May , 2020
Apr , 2020
Mar , 2020
Feb , 2020
Jan , 2020

お気に入りブログ

あじょむと愉快な仲… あじょむさん
嗚呼…サービス業V2(… ccbmyuさん
IN MY LIFE moomin253さん
もんきち's ISLA… もんきち0126さん
Dolce Vita emiemilさん
ともたろうの馬うま… アドマイヤトモタロウさん
Jun 28, 2008
XML
カテゴリ:映画
「自虐の詩」を観ました。

監督は堤幸彦
出演は中谷美紀、阿部寛

<内容>
ひなびたアパートに住むイサオと幸江。
イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。
内縁の妻の幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。
少しでも気に入らないものが並ぶとちゃぶ台をひっくり返すイサオだが、
幸江は彼を心から愛していた。
幸江は幼い頃、母が家出し、父が銀行強盗で捕まったという過去があり、
自分は不幸の星の下に生まれたのだと思い込んでいた。
しかし、幸江が妊娠している事が分かり…。

原作は4コマ漫画ということですが、
この映画以前はよく知らなかったです。
DVDのパッケージ見ますと阿部寛のパンチパーマ姿と、
ちゃぶ台がえしをしているシーンからコメディかと思ってましたが、
結構、純愛のホロっとした映画でした。
監督は適任ということで阿部寛を使いましたが、
ちょっと合わない役という気もしました。さてさて。


 「自虐の詩」









最終更新日  Jun 28, 2008 03:26:27 PM
[映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.