333658 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

paseri部屋

PR

プロフィール


paseri0519

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019

お気に入りブログ

あじょむと愉快な仲… あじょむさん
嗚呼…サービス業V2(… ccbmyuさん
IN MY LIFE moomin253さん
もんきち's ISLA… もんきち0126さん
Dolce Vita emiemilさん
ともたろうの馬うま… アドマイヤトモタロウさん

ランキング市場

Feb 5, 2010
XML
カテゴリ:国内ドラマ
「不毛地帯」(第14話)を観ました。

出演:唐沢寿明  (以下、五十音順)  阿部サダヲ  天海祐希  江波杏子  遠藤憲一  小野武彦  梶原善  岸部一徳  小雪  篠井英介  佐々木蔵之介  袴田吉彦  原田芳雄  山崎樹範  吉行和子  ほか

アメリカ近畿商事から東京本社に帰任した壹岐正(唐沢寿明)は、専務取締役に就任する。それは、壹岐が社長の大門一三(原田芳雄)に次いで、近畿商事のナンバー2になったことを意味していた。
それから半年後の昭和45年12月、イランで石油鉱区が売りに出されるという情報をつかんだ石油部長の兵頭信一良(竹野内豊)は、石油開発を手がけたいと壹岐に直訴する。今回、売りに出される鉱区は、兵頭が以前から目をつけ、情報収集を続けていたサルベスタン鉱区である可能性もあるという。石油開発にすべてを賭けようとしている兵頭の強い決意を知った壹岐は、ただちにイランに向かうよう指示した。同時に壹岐は、イランへの経済協力として同国の液化天然ガスを関東電力に導入させるべく動き始める。
大門を訪ねた壹岐は、さっそく石油開発の件を切り出した。石油開発にかかる費用はおよそ200億円。石油が出れば1000億円以上の利益が見込まれていた。開発費用は、日本石油公社から最大で50パーセント支援してもらうことができるという。開発に失敗した場合でもその返済は免除されるというものの、石油が出なければ100億円もの費用が無駄になる。大門は、その場での決断を避けた。
一方、兵頭は、近畿商事テヘラン事務所を拠点にして情報収集を開始する。だが、売りに出されるのがどこの鉱区なのか、つかむことができなかった。焦りを隠せない兵頭は、イラン石油公社の筆頭理事に会うために、以前から何度か接触してきていたブローカーとコンタクトを取る。しかし、兵頭のミスから、その計画も失敗に終わってしまう。
壹岐は、第三次中東戦争の際にも協力を仰いだ国際ロビイストの竹中莞爾(清水紘冶)の事務所を訪ねる。そこで壹岐は、リビアの元石油大臣で、現在は石油コンサルタントをしているハバシュという人物が今回イランで売り出される鉱区を知っているとの情報を得る。壹岐は、兵頭に連絡し、ハバシュが滞在しているパリに向かうよう命じた。


今回は石油関連のはなしへと入ってまいりました。
兵頭の執念でイランの石油鉱区が売りに出されるとの情報を得、
そこがサルベスタンの可能性もありました。

石油開発の費用は200億、成功すれば1000億の利益が見込まれます。
そして、日本石油公社の支援で近畿商事の負担は100億ということが概算
で出てきました。

鉱区の限定に石油コンサルタントのハバシュとのコンタクトに兵頭は成功
サルベスタン鉱区が売りに出されることをつかみます。
壱岐は資金に関して大門の許可を得て、日本石油公社の貝塚に接触、
近畿商事の独占での事業をといりつけます。

しかし、タイミングよく東京商事の鮫島に感づかれることになり、
近畿商事の独占が4社共同の事業に、出資比率も最低となるのでした。

ほんと、鮫島の動きは偶然にしてもタイミングよすぎますよね。
これは壱岐にとっては不運、鮫島にとっては運がいいということになりました。
次回は発展していきそうですが、このままでは壱岐も兵頭も無念でしょう。
里井はよろこぶかもしれませんが・・・。


 ■「不毛地帯」公式ガイドブック(上巻)

 ■「不毛地帯」公式ガイドブック(下巻)

 ■フジテレビ開局50周年記念ドラマ 不毛地帯 DVD-BOX I(第1話~第10話)/唐沢寿明[DVD]






最終更新日  Feb 5, 2010 10:00:36 PM
[国内ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.