360605 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

paseri部屋

PR

プロフィール


paseri0519

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

Aug , 2020
Jul , 2020
Jun , 2020
May , 2020
Apr , 2020

お気に入りブログ

あじょむと愉快な仲… あじょむさん
嗚呼…サービス業V2(… ccbmyuさん
IN MY LIFE moomin253さん
もんきち's ISLA… もんきち0126さん
Dolce Vita emiemilさん
ともたろうの馬うま… アドマイヤトモタロウさん
Mar 6, 2010
XML
カテゴリ:映画
「男たちの挽歌」(1986)を観ました。

監督:ジョン・ウー
出演:チョウ・ユンファ,ティ・ロン,レスリー・チャン,エミリー・チュウ,レイ・チーホン

<内容>
ホー(ティ・ロン)は香港の紙幣偽造シンジケートに属するヤクザで、相棒のマーク(チョウ・ユンファ)とともに恒達財務有限公司のボス、ユーの片腕的存在だった。一方、ホーの弟キット(レスリー・チョン)は、警察官。兄の悪業は知る由もなく、2人は仲がよく、キットは恋人ジャッキー(エミリー・チュウ)をホーに紹介した。ある日、組織の仕事で台湾に飛んだホーは、取引きの最中、相手の内紛に巻き込まれて警察に捕まってしまう。そのころ、香港ではホーを憎む組織の刺客がホーの留守宅を襲い父を殺す。号泣するキット。“ホー逮捕"の記事を読んだマークは復讐を決意し台湾に向かうが、逆に組員の銃弾を受けて右足を傷めてしまう。そして3年。台湾で刑期を終えて香港に戻ったホーは、父の死をホーのせいだと思い込んでホーを許そうとしないキットのためにも足を洗う決意をする。そんなある日、自分のために負傷し落ちぶれたマークとばったり会ったホーは、弟のためにもニセ札組織壊滅に動き出す。今、組織を取り仕切っているのは、かつて舎弟扱いをしていたシン(レイ・チーホン)だった。彼は組織の悪事が外にもれることを恐れてマークを襲う。シンに対するホーの怒りが爆発する。キットにニセ札組織壊滅の手柄を立てさせ、一方で取り引き場でシンから金を奪ってマークと共に香港からの脱出を企てるホー。しかし、シンもしたたかだった。大ボスユーを殺し、すべての罪をホーの仕業とみせかけ、邪魔者を一気に葬って、暗黒街を支配しようとしていた。夜の波止場を舞台に、ホー、キット兄弟とマークは、シンに挑むのだった。

ジョン・ウーの香港時代の代表作です。
香港の紙幣偽造シンジケートのヤクザのホーとその相棒で親友の
マークがいました。そして、ホーの弟キットは警察官で兄の仕事は
知らずにいました。

ある台湾の取引にホーはシンとともに出かけます。そこでは
組織の内紛に巻き込まれるかたちとなりシンは逃げ、ホーは警察に
投降するのでした。ホー逮捕の報にマークは台湾にのりこみ復讐、
そのなかでマークは右足を負傷してしまうのでした。

3年が経ちホーは出所、キットは刑事に、マークは義足をはき組織の
雑用に落ちぶれてました。組織はホーを引き戻そうとしますが、
キットのためにも構成したいと思い組織の関与、マークの巻き返し
をも断るのでした。

組織はホーと警察情報を得るためにキットの利用を考えてあの手この手で
ホーに嫌がらせをしますが、業を煮やしたホーはマークとともに
組織壊滅に動き出すのでした。

香港映画といえば、カンフー映画という流れを変えた映画で、
久々に観ましたが、やはりこの映画いいですね。
この映画の紹介はよく香港版「仁義なき戦い」のような紹介されてましたが、
似ているようで違う、香港ヤクザ映画ですね。(このころ香港ノアール
ってジャンルでしたね。)

そういえば、韓国でリメイクされるようですね。


 「男たちの挽歌」






最終更新日  Mar 6, 2010 07:58:22 PM
[映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.