402943 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

paseri部屋

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

スポーツ

Nov 9, 2008
XML
カテゴリ:スポーツ
日本シリーズが終了し、
西武ライオンズが優勝しました。

西武が逆転で日本一/日本S
<日本シリーズ:巨人2-3西武>◇第7戦◇9日◇東京ドーム
西武が逆転で4年ぶり13度目の日本一の栄光をつかんだ。
先発西口が初回、2回にそれぞれ1点ずつ奪われる苦しい立ち上がり。
しかし、5回に代打ボカチカのソロ本塁打で反撃を開始。
8回先頭の片岡が死球で出塁すると、その直後にこの日2つ目の盗塁でチャンスを拡大、
1死三塁となって、中島の三ゴロの間に同点ホームを踏む。
さらに2死一、二塁から平尾が中前適時打を放ち逆転に成功した。
投手陣も西口の後を石井一-涌井-星野-グラマンの総力リレーで巨人に追加点を許さなかった。

20081109-00000521-sanspo-base-view-000.jpg

ペナントレースはあまり見てなかったのですが、
日本シリーズは見てました。
と、いうのも今年の日本シリーズはセ・パのペナント優勝チームが
日本シリーズで対戦ということで意義のあるものだったからです。
やはりプレーオフの制度はよくないと思いますよね。
やっぱり今年が本当の意味での日本一だと思います。

別にアンチ巨人ではないのですが、今年は西武を応援はしてました。
西武ライオンズ、おめでとうございます。スマイル






最終更新日  Nov 9, 2008 10:46:06 PM


Aug 24, 2008
テーマ:ニュース(97587)
カテゴリ:スポーツ
本日で北京五輪も閉幕になりますが、
この夏は連日の五輪中継で結構楽しませていただきました。

日本のメダルは金が9個で終わり二桁はほしかったと思います。
しかし、今回の五輪の日本勢は連覇の選手が多く新しいメダリストが、
今ひとつ少なかったかなとも思います。

金では印象強かったのは個人的にはソフトボールと北島選手の水泳が
上位のような感じですね。

まあ内外ともいろいろあり物議をかもした五輪ではありましたが、
参加した選手はおつかれさまでした。

20080824-00000062-jijp-spo-thum-000.jpg






最終更新日  Aug 24, 2008 11:03:52 PM
Mar 23, 2008
テーマ:相撲(1247)
カテゴリ:スポーツ
朝青龍が優勝しました。おめでとうございます。
しかし、大関陣は全くいいとこなしで、かろうじて勝ち越してるありさま、
しばらくは朝青龍、白鵬の争いだけの場所がつづきそうです。
朝青龍はあれだけバッシングうけてますが、おそらく見えないところでは
相当努力しているのではないかと思いますね、ちょっと前のモーニングの
「ああ播磨灘」のようです。
朝青龍によって相撲も注目されているのですから、
相撲人気の功労者ではないですかね。

<記事>
2場所連続の相星決戦、朝青龍が制す 大相撲春場所
3月23日17時30分配信 産経新聞

小手投げで白鵬を土俵外へ投げ飛ばした朝青龍=23日、大阪府立体育会館

4場所連続7度目の優勝を狙う白鵬と、
4場所ぶり22度目の賜杯を目指す朝青龍の相星決戦となった大相撲春場所千秋楽は、
朝青龍が白鵬を小手投げで破り、13勝2敗で優勝を決めた。

賜杯を受けた後、土俵脇でインタビューに答えた朝青龍は、
4場所ぶりの賜杯の重さをたずねられると「重かった」と感慨深げ。
どのように今場所に臨んだかについては
「精一杯で…。横綱という地位を守ることを考え、
優勝しかないと思って千秋楽を迎えた。ありがとうございました」と答えた。
優勝回数で横綱・貴ノ花と並んだことについて「嬉しい限り」と述べた朝青龍は、
会場のファンに向かって「大阪好きやで。ホンマに好きやで。毎度おおきに」と関西弁で叫び、
満面の笑みでファンに復活をアピールした。


20080323-00000914-san-spo-thum-000.jpg






最終更新日  Mar 23, 2008 10:05:58 PM
Mar 9, 2008
カテゴリ:スポーツ
「2008名古屋国際女子マラソン」を観ました。

混戦のなか中村友梨香選手はおめでとうございました。

レース記事です。

初マラソン中村友梨香が優勝 名古屋国際女子

北京五輪の最終代表選考会を兼ねた「第29回名古屋国際女子マラソン」が9日、
名古屋市の瑞穂陸上競技場を発着点に行われ、
21歳で初マラソンの中村友梨香(天満屋)が優勝した。
アテネ五輪の金メダリスト高橋尚子(ファイテン)や坂本直子(天満屋)、
弘山晴美(資生堂)、原裕美子(京セラ)、
大南敬美(トヨタ車体)ら強豪が最後の一枚となった五輪切符を目指したレースは、
高橋が10キロ直前で遅れる波乱の展開となったが、新星・中村が制した。(産経新聞)

20080309-00000910-san-spo-thum-000.jpg

高橋尚子は見せ場なく終わってしまって今後が気になるところです。
中村は野口、土佐とともに五輪に選ばれるのではないかと思いますけどね。
お疲れ様でした。






最終更新日  Mar 9, 2008 04:12:39 PM
Mar 8, 2008
カテゴリ:スポーツ
WBC世界フライ級選手権を観ました。

内藤選手防衛おめでとうございます。

時事通信の記事からです。
内藤、引き分け防衛=挑戦者と三者三様の判定-WBCフライ級時事通信 - 2008/3/8 21:01

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は8日、東京・両国国技館で行われ、チャンピオンの内藤大助(33)=宮田=が前王者で挑戦者の同級1位ポンサクレック・ウォンジョンカム(30)=タイ=と判定で引き分け、2度目の防衛に成功した。内藤は33歳6カ月での世界王座防衛で、自身の持つ日本のジム所属選手の年長記録を更新した。
 両者の対戦は4度目で、序盤は相手の動きを探る展開。内藤は中盤にボディーから顔面へのパンチでペースをつかんだが、左右のフックが大振りになるなど決め手不足。挑戦者は接近戦からショートを顔面に当てたが、単発に終わった。3人のジャッジは内藤とポンサクレックが1人ずつ、1人は引き分けで三者三様の判定だった。
 内藤の戦績は32勝(20KO)2敗3分け。ポンサクレックは67勝(35KO)3敗1分け。日本のジム所属の現役世界王者は5人。 


20080308-00000039-jijp-spo-thum-000-small.jpg

この試合の結果の三者三様のドローも納得いく判定でした。
前半は挑戦者のポイントが上と思ってましたが後半は内藤が
確実にポイントあげてきていましたが、
お互い決定打がなかったのでドローもいたしかたなかったかな。

試合以外での苦言としては国歌斉唱のとき相手国の国家のときは
観客も静かにしてほしいと思いましたし、
君が代のときは内藤はシャドーやめてほしかった気もしますね。
まあ全体としてこの試合は結構おもしろい試合と思いましたね。クール






最終更新日  Mar 8, 2008 10:26:21 PM
Nov 1, 2007
カテゴリ:スポーツ
今日、日本シリーズで中日が日本シリーズ優勝してましたね。
シーズン中はあまり野球観てなかったのですが、
今日の試合は見てましたが、
いろいろ物議をかもす試合でしたね。
中日の投手交代ですが、
いろいろとサイトでも賛否両論のことがでてますが、
まあ中日の山井は気の毒だったようですが、
本人がどう思ってるかですね。
結論として中日は勝って優勝しているのは事実ですので
落合の采配はまちがいではなかったということですね。
山井の気持ち、ファンの気持ちをどう落合が思ったかですね。
個人的にはランナー出すまでは投げてもらいたかったとは思いますが、
中日打線があと1点とっていればとかめぐりあわせが
悪かったのはまちがいなかったですね。
明日のスポーツ紙が楽しみですね。
とにもかくにも中日おめでとうございます。






最終更新日  Nov 1, 2007 11:17:00 PM
Jul 16, 2007
カテゴリ:スポーツ
HERO'sを観ました。

PRIDEが地上波で放送してませんので、
総合格闘技を観る機会はHERO'sに限られてしまいます。

今回はミドル級の王者決定トーナメントを中心の試合でしたが、
日本人は結果残せずでしたね。
個人的にはトーナメントはノゲイラと勝村の試合がよかったようにおもえました。

また大会のメインは田村対金の試合でしたが、
TV放映のメインは宇野対永田の試合に代わってましたが、
試合としても宇野対永田のほうがおもしろかったように思います。

田村は打撃の選手相手にグラウンド手こずってましたが、
金の研究の成果ではないでしょうか。
この結果は自分としては番狂わせのような気がしました。

全体的にはこじんまりした大会の印象でした。






最終更新日  Jul 16, 2007 11:24:43 PM
Jun 24, 2007
カテゴリ:スポーツ
テレビでKIオランダ大会を観ました。
観終わってインパクトのある試合はなかったですね。

メインのボブサップ対ピーターアーツはアーツの一瞬の膝蹴りで決着つきましたが、
ボブサップもK1登場のころは強く見えてましたが、今はひところの勢いもなくなってきており、今回も話題で出てきただけに見えました。
テレビの演出も時間ギリギリでのゴングだけにすぐ決着つくなと推測も成り立ちました。
ボブサップも今後どんな扱いになっていくのでしょうかね。

この大会では日本人の沢屋敷が今後の日本人エースになっていく期待ぐらいの大会でした。
K1も曲がり角にきているのかな~。






最終更新日  Jun 24, 2007 09:03:30 PM
Mar 24, 2007
カテゴリ:スポーツ
亀田とモラレスの試合を見ていた。5Rにダウンをうばい、全体的に押し気味の亀田が判定で勝った。モラレスは体重オーバーなど調整ミスがあり試合前から戦う姿勢も問われてもしょうがない状況、順当な勝ちでしょう。亀田も以前より試合を見る余裕もあり上を目指せる器となったようです。がんばれ!






最終更新日  Mar 24, 2007 08:11:10 PM

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.