010475 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イングリッシュプリーズ!!

PR

全10件 (10件中 1-10件目)

1

マイイングリッシュライフ

2011.05.30
XML

今日は前回の単語のお話の続きをしたいと思います。

単語作成については前回書いたと思うんですけど、大事なのはその単語カードの実際に見ることです。

私の場合はどういうときに見てるのかというと、下記のようなタイミングになります星

自転車通勤なので信号待ちの時お昼ごはんの合間トイレに長時間入る時友達が待ち合わせに遅れて待ってるとき

主にこれらのタイミングがメインです。どれも長時間ではないので覚えるタイミングとしてはまとまってないと思う人もいるかもしれませんがとんでもありません。毎日これらのことをしてると、机にしがみついて単語を書いたりするよりも全然効率がいいです大笑い

人間の脳は忘れるようにできてるのでいくら机にしがみついて頑張ったところで、忘れてしまうので、記憶を定着させるには何度も思い出すことです。なので単語カードを持ち歩いて、何度もカードを見て何度も思い出すという機会を増やすことが単語増量のコツです。

特に友達が待ち合わせ遅れたときにこれをしてるとイライラせずに友達を待てるので、一石二鳥のように私はとってます笑 時間がいつの間にか過ぎるのでスマイル

ただ、時間は守るのは大事だということは覚えておいてくださいねウィンク






Last updated  2011.05.30 13:22:20
コメント(0) | コメントを書く


2011.05.18
最近体調不良が続いていてなかなかブログのほうがご無沙汰でした‥気温が上がったりしてるせいだろうか‥みなさんも体調管理気をつけてくださいねしょんぼり

外国語の学習で絶対避けて通れないのは単語覚えですね~

今日は私が実際に毎日のように実践してる単語暗記方法を伝授したいと思います。

それは単語カードです。

基本的には単語カードをメインに確実にボキャブラリーを増やせました。

カードの作りは、カードの表が例文で例文の中の自分が覚える単語に下線をひいて裏側はその単語の意味と発音記号を書くという作りです。

英検準1級の単語暗記対策にやったことは、旺文社の「文で覚える単熟語」を購入して、それをコンビニで白黒コピーして、それをそれぞれはさみで切り、文具点で購入した単語カードの表に例文、裏には意味を貼り付けるという荒業を使ったこともあります。

なぜこれをしたかというと、いちいち例文と意味を裏表に書くという作業をしていてはそのうちその作業が嫌になってしまって学習が苦痛になってしまうと考えたからです。

単語カードを作る作業を短縮して覚えるほうに時間を当てるといいと思います。

継続は力なり。その「継続」のためにも学習には常に工夫が必要です。






Last updated  2011.05.18 13:18:18
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.20
今日は前から思っていた外人に対する私が不思議に思うことを言ってみようと思う。

これはアメリカにいるときも日本にいるときも経験したことなのだが、ほかの日本人と一緒にいるとかなりの確率で Are you guys brothers?(兄弟?)ときかれることが多い。

↓その時のパターンが毎回↓

兄弟かどうかきかれる→隣にいる友達とお互いに顔を見合す→口には出さないがお互いに「いや、全然似てない」というようなしかめっ面のような表情を見せる→そして相手にNoという→そうすると相手の外人は「そうなの?似てるから兄弟かと思った」と言う。

ほとんどが毎回このパターン。こんなことが何度もあると私が思うのは「日本人同士だからといってみんな似てると勘違いしてるんじゃないか?」と‥

本当に似てる人ならまだしも全く共通点もない人と似てると言われると私もさすがに疑いたくなってくるしょんぼり

なので、ほかの方ももしかして似たような経験がないかと少し気になっています。






Last updated  2011.04.20 14:35:37
コメント(4) | コメントを書く
2011.04.19
こんにちはスマイルこの春の季節がずっと続いてくれればなぁと思いながら英語の勉強を頑張っている今日このごろです星

私はシャドウイングを毎日の日課としてしてるのですが、最近の題材は著名人のインタビューをよく使ってます。

今はアメリカの有名な女性投資家のエスタ・ダイソン(Esther Dyson)さんのインタビューを使ってシャドウイングしてるのですがインタビューの中によいやり取りがあったのでちょっとブログで書いてみようと思いました。

↓そのやり取りとは↓

What does entrepreneurship mean to you?
(あなたにとって企業家精神とは何を意味しますか?)
Alway make new mistakes.
(常に新しい失敗をすることです。)

ダイソンさんは常に新しい失敗をすることによって人は失敗から学び成長するということを言っていました。私も英語の勉強ではかなりの失敗を繰り返してようやく自分なりのいい方法を身につけることができました。失敗の積み重ねは成功の元だと英語の学習にもよく当てはまると私は思っています。

例えば失敗を恐れずに英語を声に出して言ってみたり外国の方に自ら話してみたりするといいですね。英語の学習だけではなくて人がいろんな物事に直面するときに失敗しても立ち上がるの繰り返しで人は人生を豊かにしていくとダイソンさんのこの言葉をきいてふと思いました。






Last updated  2011.04.19 13:14:30
コメント(2) | コメントを書く
2011.04.14
昨日お話した英語日記に関して今日は応用編です。

私は初心者のころは昨日言ったように1文づつ書いていたのですがそのうちある程度書けるようになってくると今度は自分覚えたばかりの表現、または参考書の表現を日記で使ってみるです。

私の場合は自分が持っていた基本的な熟語帳の熟語と、この日本語は英語では何言うんだろうという単語や熟語を普段から自分のメモ帳に書き留めていたので、それを日記の中でできるだけ使うようにしていました。

例えば、自分が日記用に使ってる熟語帳に be angry with~ という表現があれば、日記ではMy English teacher was angry with me because I did not do my homework.というように。

そうやって書く表現を増やしていると、会話でも自然と口からその表現が出てくるようになりました。何をマスターするときには精通する話だとは思いますが、自分が使わないと身につかないというのは当然です。

しかし、ここで1つポイントを付け加えれば、無理やり使う必要はないということです。要は自分が使おうと思ってる表現が今日あった出来事の中で日記の中で書く必要がなければまた別の機会で使えばいいだけの話です。実生活のリアリティーとリンクさせながら日記で使ったほうが実際に使うときにすぐに出てきます。それに無理を加えると日記を書くこと自体を苦痛に感じる可能性もあるので、あくまでも自然な形で日記は書いていくことをおすすめします。

そういえば、私もあのころはよくその日あった愚痴を英語で書いていたものでした‥
I had a big argument with my teacher.....なとなど‥
その日あったことを見直したり反省するのにも日記はいいものかもしれませんね号泣






Last updated  2011.04.14 14:26:26
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.13
どうもどうも~ウィンク

私は友人に何人かに英語を教えて欲しいとお願いされて友人なのでお金は取らずに英語を教えています。

その中でも私は欠かさずやってもらってることは英語日記です

もちろん友人の何人かは英語で日記なんてかけないよ~となってましたので、大丈夫、文を過去形にするのはわかるでしょ?過去形にする文を一文づつ書いていけばいいから。と初心者には教えました。

↓例えば↓

I played tennis.

I gat up at 7.

など、単純に書いていっていい。慣れてから文章をつなげたりしていけばいいからと。実はこれ、自分が留学時代に最初の1年目で留学生用のクラスの英語の先生にさせられていた事なので自分自身でも効果は実証済みです。

初心者のうちはこういうできることからさせないとすぐに挫折してしまうので、単純作業からスタートするのが一番。書かせたら一週間後に提出させて私が添削と講評を書き込んでいくというやり方です。質問があればどんな些細なことでも遠慮せずにきくようにとも念を押してあります。

本人たちの進歩次第で「熟語」や「表現」を指定して書かせようと考えています。本人たちにも直接対話して、進歩状況を聞きだし、人によっては飽きてきり、違うことをしたくなってくる人もいるかもしれないのでそういう人たちにはやり方を変えてしてみるつもりです。

私の経験から「英語日記」は英語を書く力、考える力、そして英語の表現力を養うのに最適だと私の経験上から言えます。もし英語をしゃべるのが苦手な人はまずは書くことからはじめてみるのもいいと思います。そして、大事なのは添削です。これは外人の先生なり英語に精通してる人になりお金を出してでもしてもらいましょう。間違えたところは訂正しながら使っていく、または書いていく。これが英語表現を豊かにする第一歩です。






Last updated  2011.04.13 16:47:14
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.07
どうもどうも!!今日はこの前の続きで菊池健彦先生のお話から「発音」に関してのお話をしてみます。

菊池先生はよくバラエティー番組に出演してるのですが、その中で芸人が周りの笑いをとるためなのかよくわからないが、あえて英単語の発音をさせたりをしている。菊池先生は年をある程度とってから勉強した為発音が周りからすれば独特なのだ。

しかし‥私は人の発音を批判したり、変にネタにする光景はあまり好きではないのである‥これはそういう番組だけでなくて一般の生活でも見られる傾向なのだが‥

たしかに、発音が綺麗な方がネイティブには伝わりやすいし、周囲からはかっこよく見られることは私も否定はしない。しかし、菊池先生の場合はTOEIC満点を連続でとってる記録もあるし、ネイティブとの会話にも困ってないと言っているので、別にそれだけでも十分だと私は思います。

元々日本語での人生を送ってきて年をとってから勉強すれば日本語なまりの英語は当然だと考えてもおかしくないのに‥

私も留学していたころに発音のことで馬鹿にされた経験があるが、馬鹿にしたのはネイティブの生徒ではなく、くしくも他国からの留学生だった。その人たちも客観的に見れば勉強しなければならない要素がたくさんあるのにもかかわらずに‥

要は、発音の習得がどれだけ難しいのか知らない人に限って人の発音を笑ったり批判してる人が多いことです号泣

そういう人がいることによって本当は英語を口から出したくてもなかなか出せない人だっているのではないかと私はよく思っている。現に英語学習者では発音のことで悩んでる人々は大勢います。

発音を習得するのは本当に大変です‥発音記号を覚え、舌と口を動かして何度もトライしてみるという作業は私は今でもやっています。

星人の発音が下手でも、安易に批判的だったり変な反応をしない。自分がされて嫌な事は人にしない星これからますます国際化が進む日本が英語学習者に対してポジティブな反応を持つことを私は心より願ってます。






Last updated  2011.04.07 15:42:28
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.05
お久しぶりですスマイル今日は最近日本の英語教育で話題の一人の方の紹介をして、私がその方に関して考えたり感じたことを書いてみようかと思います。スマイル

その方とは‥イングリッシュモンスターの異名でおなじみ、現在話題となって一部のバラエティーにも出演してらっしゃる「星菊池健彦星」先生です。

菊池先生のことを簡単に紹介します。

先生は洋書専門店に入社して営業のお仕事をされていたのですが、営業ノルマを達成できずに34歳で会社を辞め34歳から41歳の引きこもりになり、その引きこもり時代に「海外ドラマ」に没頭して、それがきっかけで英語学習を始めたそうです。

その長い引きこもりの中での学習の成果が現在のTOEICでの990点満点を25回連続で取り続けてイングリッシュモンスターの異名まで持っている輝かしい人生を手に入れた一人だと私は思います。

私は菊池先生がバラエティー番組に出演してるのを何度か見ているが、先生は外国人との会話にも全く困らないとも言っていました。

TOEICの点数だけでなくて、実践的英語学習にも重点を置いている証拠ですね大笑い

現在菊池先生はTOEIC講師を勤め、本まで出版し、バラエティーにも出演するという日の当たる人生を送っていますが、会社を辞め、引きこもりになっても、楽しいと思える海外ドラマに出会い、そして英語の勉強に目覚めた菊池先生を見ているとむしろ前の会社を辞めたことが菊池先生人生の発展につながったのだと私は思います。

日本では、英語が逆転の武器になることがあるってことですね!!!!






Last updated  2011.04.05 21:41:37
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.26
仕事に追われなかなかかけなかったですが今日ようやくブログを書く時間確保!!
なんてちょっと意気込んでみました‥大笑い

さてさて、さっそく今日はこの前お約束していた、「2、自分から英語圏の人と話す機会を作った。」についてお話します。

答えは簡単です。自ら(友達と)外国人が集まる場所へ行ったです!!スマイル

簡単のように聞こえますがとんでもないです‥しょんぼり(友達と)とつけたのはあまり自分からもともと自分からガンガンと押せる性格ではないので友達を引っ張っていきました。一人となると恥ずかしさもあり心細かったので‥

今はインターネットが発展していて、外人が集まるようなお店はすぐに検索できます。1つの例を挙げてみると、英語の環境に飛び込みたかったので、友達を連れて外人のバーへ行きました。友達と行ったのですが、さて‥ここからどうしようと‥「でも外人はフレンドリーだから」と二人で話して、カウンター席にいた黒人男性に元気?のような感じで話しかけてむこうも喜んで返事して話してくれました。話しているとその人はバーと英語教室を経営してる方で、今度うちのバーに飲みに来い!となって、それからその人のバーに行くようにもなったし、個人的にも一緒に食事やご飯に行く仲になれました。そしてその人と一緒にいる事でほかの外国人の友人も紹介してもらい一気に英語環境の輪を広げることができました。まさに‥一人から二人、二人から5人‥のような感じで‥さまに映画の「Pay it Forward」のよう‥ちょっと違うか(笑)もしその時に変な顔をされてもほかの人にフレンドリーに話かけて友達になるつもりだったですし、あのとき勇気を出して飛び込んでよかったと思います大笑い現在でも定期的にその友人たちとも交流を深めてるので、連絡を取るときも英語、メールも英語(携帯だとちょっと打つのが面倒だか‥)、もちろん会ってからの英語なので、受け答え、スピード、ネイティブがよく使う実践的ボキャブラリーが増えていき、英語能力は自然と右肩上がりをしました。

ほかにも、外国人の女の子が二人いて、その時私と一緒にいた友達が「お前、ナンパしてこい」と半罰ゲーム的に強制され、その女の子に声をかけたところ、その二人もものすごく喜んでくれて、連絡先までは交換しなかったものの、その場で5時間も立ち話を楽しくしたこともあれば、コンビニでバイトしてた時に外国人のお客さんが来たので何気なく英語で接客してみると、それも喜ばれて向こうから私の連絡先をきいてきたこともある。「hi,how are you?]みたいな挨拶程度の会話しかしてないのにだ。

彼らにしてみれば、慣れていない国の生活、言葉で半ば疲れてきてるときに自分がわかる言葉で話しかけられることはうれしいことなのかもしれない。

それに日本にいる外国の人は仕事で来てる人もいるかもしれないがほとんどの人が日本が好きで来てる人が多いので話しかけても嫌な顔をするような人はほとんど少ない。中には日本語を勉強したいので日本人の友達を求めてる人もいるので、向こうからしても日本語の練習相手になってもらえると野心を持ってる人も多いですスマイル実際に最初に出会った男性に紹介された人の人はものすごく日本語を流暢に話せるのにもかかわらず、私に日本語の質問責めをする。しかし、こういう姿勢が彼の日本語能力を大幅にアップさせたに違いないと私は思っていますスマイル

ハロー?ハワユー程度の挨拶でもいいので、勇気を出して絡んでみることをおすすめする。もちろん一人が嫌なら私のように友達を連れていくのもいいだろうし、日本にいる外国人は簡単な日本語なら知ってる人も多い。

もし、嫌な顔をされてしまったとしても、何十億の中の人口の一人なのでさっさと次へというサイクルなら大丈夫ですスマイルただし、道端をは歩いてる人に声をいきなりかけるとたしかに変に見られる可能性が高いので、飲み屋などなこんでる気分になれる場所がいいと思います。

気軽にフレンドリーに笑顔で、これがあれば大丈夫ですスマイルやってみないと何事もわからないということを今私が話した経験を見ていればわかってもらえたと思いますスマイル

しかし、「私はシャイだからやっぱり無理‥不安‥」「英語能力も不十分なので話かける自信がない‥」こういう性格の人や心理状態になる人ももちろんいるでしょう。そういう人は一人でもできる英会話勉強法はもちろんありますので、ご安心をスマイル

かなり長々と話してしまいましたが、これからも自分の実体験を元にした学習法をどんどん書いていきたいと思います。長くなりましたが今日はこれにて失礼しますスマイル






Last updated  2011.03.26 23:05:39
コメント(2) | コメントを書く
2011.03.21
今日は英語学習へのモチベーション維持についてお話したいと思います。

自分も毎日英語学習をしてるにあたってモチベーションがなくなり、今日くらい勉強しなくてもいいや‥となってしまう事は今でも起きています。

これは英語学習に関してだけではなくてひとつのことを取り組むときに十分に起こりうることです。

ここで、モチベーションを維持のための私自身が普段してることを実例として、話してみたいと思います。

はじめに答えを言っておくとやり方は次のうちの2つになります。

→1、洋画や海外ドラマが好きな私は英語圏のドラマや映画を時間さえあれば見た。
→2、自分から英語圏の人と話す機会を作った。

それでは「1、洋画や海外ドラマが好きな私は英語圏のドラマや映画を時間さえあれば見た。」をどうモチベーション維持に役立てたかお話したいと思います。

英語を学習してる人にとっては英語に触れる機会がないとどうしても目標を見失いがちです。もちろん英語関係の資格試験を目的に頑張ってる人たちもいるので全員がそうでないことは私もわかっています。

ただ、維持するのが難しい人もいるのでその処方箋として解説と見解をこうして書いてるわけですが、そういう人たちはまずは英語学習というのを頭の中から振り払って、☆楽しい英語☆として英語に触れればいいのです。

自分が好きな洋画を見て、楽しい時間をすごしながら英語に触れると、また英語を身につけようという意思が沸いてきます。その時にすぐにまたはじめたい気分になればのその見てる洋画を使って、シャドウイングやディクテーションをするのもいいですし、次の日から新しい気持ちで学習をスタートさせればいいのです。

そのときに見る映画の基準も一応あって「自分の見たことのある映画で何度見ても楽しい映画、ドラマ」「自分の見たい映画、ドラマ」または「自分が台詞をも暗記してる映画、ドラマ」。つまり、自分にとって☆ストレスにならない内容☆を選んで欲しいと思っています。

人間苦しいきついという概念が頭の中に入ると無意識に逃げる行動ををとってしまうものです。そのきつい、苦しいという思いがピークに達したとき、たまには休憩して、硬い「学習」という固定概念ではなくて「趣味」という固定概念に置き換えてみて欲しいと私は思っています。

用は「下がったら、リフレッシュ」それの繰り返しです。

一度に話すと混乱も出てくると思いますので「2、自分から英語圏の人と話す機会を作った。」については次回にお話したいと思います。

長いことお付き合いいただきありがとうございました。






Last updated  2011.03.21 17:02:40
コメント(4) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


© Rakuten Group, Inc.