000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

男の料理!幸福のレシピと明日誰かに話したくなる与太話

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

今月ソウルに行きます@ Re:ブランド 腕時計 激安^0^(04/29) どうやってあなたの店に行けばいいですか…
今月ソウルに行きます@ Re[1]: 恒例ソウルB級グルメ喰いまくりの旅2012*2日目前半*(04/29) ルイヴィトン、さん >ルイヴィトン、 >…

楽天プロフィール

設定されていません

バックナンバー

2017/09
2017/08
2017/07
2017/06
2017/05
2007/06/06
XML
カテゴリ:男の魚料理
レモンは
ご存じのようにミカン科の果実です。別名「枸櫞(くえん)」とも言いクエン酸の名前の由来にもなっています。本来「枸櫞(くえん)」はインド原産でレモンの親戚なんですね。英語名「シトロン」といいます。そうですね!あの「リボンシトロン」(知っているかなぁ?サッポロビールが売っているレモン風味のサイダー)のシトロンなんですよ。

イタリアのレモン
イタリアではCMでおなじみ「リモーネ!」。イタリアはゲーテが「レモン花咲く国」と呼んだほどのレモンの産地。とりわけ南イタリアは有名で、各家庭にはレモンが欠かされることはないほどだといいます。そういえばアロマオイルのレモンは圧倒的にイタリア産が多いですよね。

今は便利に
イタリア料理(もどき)好きな我が家は、レモン汁は結構料理に使います。でもレモン1個から絞れる量は大さじ2杯くらいなんですね。絞るのは丸ごとレンジで30秒くらい加熱してから絞ると簡単に絞れるのですが、なかなか面倒です。だからウチにはレモン100%果汁を常備してあります。ポ○カではなくイタリア産のリモーネ100%ですヨ!!実はウチの近くのスーパーで、これが100円で売っているので重宝しています。
でも、独特の風味とさわやかさはフレッシュなレモン汁にはかないませんねぇ

夏になると
前途したクエン酸は体内の疲労物質である乳酸を分解し、代謝をスムーズに する働きがあるので疲労回復につながると言われています。
「ぐうたら一家」の我が家は暑さバテし放題。だからウチでは夏に向かってレモンが大活躍します。本当は皮まで使って料理したいのですが「ポストハーベスト(残留農薬)が心配でねぇ・・・塩をつけて良く洗えば(洗剤はいけませんよ)良いと言われていますが。。。

そんなレモン汁を
タップリ使った夏にぴったり超簡単「イワシと玉ねぎのレモン和え」。イワシ(オイルサーディン)の缶詰と玉ねぎを和えるだけですから、料理とは呼べないような代物なんですが。サッパリしていてサラダ感覚で食べられる魚料理なんですよ。

<作り方>
新玉ねぎはスライサーでスライスし水にさらしざるにあける。プチトマトはへたを取り適当な大きさに切る。オイルサーディンは軽くオイルを切り適当な大きさに切る。
オイルサーディン・新玉ねぎ・ルッコラ・プチトマトをボールに入れ、レモン・白ワイン・めんつゆ・オレガノで和え塩胡椒で味を調える。
更にレタスを添え、和えた玉ねぎを盛りつけ出来上がり。

ルッコラは彩りなので省略したりバジルなどでも美味しいと思います。めんつゆが隠し味なんですが良い味出します。

詳しいレシピや初心者のための料理の基本などHPに満載
今日の料理は 男の魚料理にあります。 毎日1メニューUPを目標にHP更新中!!!!!!

MY HOME PAGE パスタ職人による、男の料理学←パスタを中心に500以上のレシピあります。ぜひ遊びに来てください。
「パスタ職人による、男の料理学」はYahoo!Japanカテゴリー > 生活と文化 > グルメ、ドリンク > 料理 > レシピ >男性向け に掲載されています。

All About グルメ・クッキング チャネル >> おかずレシピ ガイドサイト >> おすすめINDEXに 掲載されています。

↓↓只今こちらに参加中!
今日のブログ、面白かったら(つまらなくても)ポチっとね!
にほんブ<br />
ログ村 料理ブログ 男の料理へ






最終更新日  2007/06/06 07:21:31 AM
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.