1329728 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

男の料理!幸福のレシピと明日誰かに話したくなる与太話

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

今月ソウルに行きます@ Re:ブランド 腕時計 激安^0^(04/29) どうやってあなたの店に行けばいいですか…
今月ソウルに行きます@ Re[1]: 恒例ソウルB級グルメ喰いまくりの旅2012*2日目前半*(04/29) ルイヴィトン、さん >ルイヴィトン、 >…

プロフィール


ノスタルじじい

バックナンバー

2018/11
2018/10
2018/09
2018/08
2018/07
2007/10/29
XML
カテゴリ:男の牛肉料理
近くなったものです
今では“のぞみ”に乗れば2間15分?埼玉の私の家から東京駅まで1時間40分くらいかかるので、東京→大阪とあまり変わらないんですよ。近くなったものです。

その昔
新幹線開業は昭和39年でした。その頃は“夢の超特急”なんて言われていました。夢ですよ!夢!
当時東京→大阪間3時間15分。それ以前は特急“こだま”(今の新幹線“こだま”とは違うよ)で6時間30分もかかっていたんですよ。それが新幹線の開業で1/2に短縮されたんですね。その頃飛行機なんて論外、特急“こだま”だってべらぼうに値段が高くて、おいそれと乗れる時代じゃなかったんですよ。

だから
関西は遠かったんですよね。まだ私の住む地域にはファミレスもコンビニも、当然ファーストフードもない時代。“ごちそう”といえば近くの中華飯店の「かに玉」・・・なんて時代です。関西の食べ物なんて知るよしもありません(当時はグルメ番組なんて無かったしね)

お好み焼きだって
当時私の住む地域では“ジジ焼”と呼ばれていました。ただ小麦粉を溶いた物を焼いて“醤油”!を塗り鰹節をかけるだけ・・・。関西お好み焼き文化で育った方が見ると“人間の食い物じゃねぇ!”と怒られそうです。それでも当時はそれが旨いと思っていたんですよ。

初めて関西を満喫したのは
20歳過ぎてから初めて大阪に遊びに行きましたよ。“お上りさん”になってきょろきょろ大阪を見て、食べ歩いた記憶があります。初めて食べたダシの効いた関西風うどんやお好み焼・たこ焼き等の粉もん。。。それは美味しく食べましたよ。

初めてのインパクト
何を驚いたって・・・牛すじです。関東では元々豚肉文化ですから(焼き肉やすき焼きも当時豚肉で作ってましたからねぇ)「スジは堅くて捨てるもの」と思いこんでいたんですが、初めてトロトロに煮込んだ牛すじを食べて“ビックリしたなぁ、もう”(三波伸介→三代目笑点の司会者のギャグ・・・古っ!)

最近は当たり前
圧力鍋を使わない頃、牛すじは下処理に手間がかかり煮込みに時間がかかり、とても家庭で作る気は起きませんでしたがねぇ。文明の利器(これも死語だなぁ)圧力鍋でシューシュー簡単にできちゃいますよ。トロトロの牛すじに根菜は良く合いますよね。今日はコチュジャンベースの甘辛味噌味で煮込みました。

<作り方>
牛すじは一度茹で、茹で上がった牛すじは水でよく洗う。その後圧力鍋に長ネギの青い(2から3cm)ところと、しょうが(1片スライス)といっしょにいれて水をいれてゆでる。沸騰してから10分ほど圧をかける。自然に圧力が抜けるまで待つ。(ふつうの鍋の場合柔らかくなるまで弱火で煮込む)そのまま冷やし油が固まったら肉だけ取り出す。
鍋に400ccのだし汁(400ccの湯に小さじ2のダシの素を入れる)、肉、コチュジャン・豆板醤・ショウガをいれ、圧力鍋にかけ30分(ふつうの鍋なら肉がトロトロに軟らかくなるまで)。
蓋が開いたら大根・にんじん・しらたきを入れ蓋を閉め更に20分加圧する。自然にフタが開いたら味噌・醤油で味を調え、冷凍いんげんを入れる。
更に弱火で煮込み、汁が煮詰まりトロトロになってきたら、皿に盛りできあがり

今日の料理の詳しい分量や作り方は
My Home Page「パスタ職人による、男の料理学」
*男の牛肉料理(スジ・バラ肉)*にあります。 毎日1メニューUPを目標にHP更新中!!!!!!

「パスタ職人による、男の料理学」はYahoo!Japanカテゴリー > 生活と文化 > グルメ、ドリンク > 料理 > レシピ >男性向け に掲載されています。

All About グルメ・クッキング チャネル >> おかずレシピ ガイドサイト >> おすすめINDEXに掲載されています。

↓↓只今こちらに参加中!
今日のブログ、面白かったら(つまらなくても)ポチっとね!
にほんブ<br />
ログ村 料理ブログ 男の料理へ

料理レシピ集 byブログでCookin'! 牛肉(薄切り/切り落とし)



GreenFive.gifファイブ ブログランキング







最終更新日  2007/10/29 10:21:57 PM
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.