1449067 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

男の料理!幸福のレシピと明日誰かに話したくなる与太話

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

今月ソウルに行きます@ Re:ブランド 腕時計 激安^0^(04/29) どうやってあなたの店に行けばいいですか…
今月ソウルに行きます@ Re[1]: 恒例ソウルB級グルメ喰いまくりの旅2012*2日目前半*(04/29) ルイヴィトン、さん >ルイヴィトン、 >…

プロフィール


ノスタルじじい

バックナンバー

2020/03
2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2007/11/16
XML
カテゴリ:男の豚肉料理
昔、小学校の帰り道は
グリコ!(私たちはそう呼んでいました)ジャンケンをしてグーで勝つと“グリコで3歩”チョキで勝つと“チョコレイトで6歩”パーで勝つと“パイナツプル”で6歩進むあの遊びです。私の住んでいた所には長い階段がなかったんで、もっぱら平地で遊んでしましたよ。(背が高い=歩幅の長い奴が有利!私はチビだったんで弱かったなぁ)

何が面白い?
子供の頃は何でも面白かったですねぇ。あの頃はTVゲームもPCもビデオ(いまはDVDか?)もなかったし・・・ジャンケンだけでも面白かったんですよ。(他にやることなかったからなぁ)

ジャンケンは
日本発祥の遊びなんだそうです。昔からあった拳遊び(お座敷遊びですね)が、明治時代頃“ジャンケン”として完成されたと言います。あまりに完成度が高い(?)遊びだったので世界に広がり、今や「the World Rock Paper Scissors Society」という組織まであるのだとか・・・ちなみに“Rock=石 Paper=紙 Scissors=ハサミ”なんですな。

はじめはグー
ジャンケンの“かけ声”はかなり地方によって違うのだとか。。。私に住む地域はごく一般的な「じゃんけんぽん」でしたねぇ。
若い方は「はじめはグー・・・」と言うのがオリジナルと思っているみたいですが、あれはドリフターズのギャグから始まった“かけ声”なんですね。だから「コント55号」派の私は(ドリフはあまり見なかった・・・)ちょいと違和感があります。

パ・イ・ナ・ツ・プ・ル
グリコ遊びは、現代の子達も遊ぶようですが、私の子供時代の憧れの食べ物を表していた様な気がします。やっぱりお菓子は“カバヤ”より“グリコ”だったし、本物のチョコレートは憧れでした(チロルチョコより明治ミルクチョコレートが食べたかったもんなぁ)そしてパイナップル・・・

缶詰?
幼い頃風邪をひいて寝込むときまって食べた“桃の缶詰”“パインの缶詰”(“みかんの缶詰”だとちょっとガッカリ・・・)。小さい頃、パイナップルは缶詰のように輪っかのような果物だとばかり思っていました・・・あの頃はとっても高級品で、バナナ同様なかなか口にできなかった果物だったんですねぇ

最初に食べたのは
大学生になった頃でしょうか、フレッシュなパイナップルを初めて食べました。切り方なんて知りませんから適当に皮を剥いてかぶりついた記憶があります。「なんて酸っぱくてシビシビする果物なんだろう」って思いましたよ。

パイナップルは
外見がパイン(松ぼっくりですね)に似ている+欧米では果実のことを総称してアップルと呼ぶ習慣がある=パイン・アップル→パイナップルと呼ばれるようになったといわれています。ブラジルあたりが原産なんですが、痩せた土地でも栽培できるため、たちまち世界各地の熱帯地域に広まった果物なんですね。

賛否両論
酢豚に入っているパイナップルは賛否両論。「たまらなくイヤ!」という方もいらっしゃいますが、元々パイナップルにはタンパク質分解酵素の「プロメライン」が含まれ肉を軟らかくするんですねぇ。だから料理人の主張として「うちはパイナップルを使い肉を柔らかくしていますよ!」というのを解りやすくするためパイナップルを入れている・・・という話もありますが、あのフレッシュな甘みと酸味が豚肉には良く合うのも事実です。まぁ好みですからねぇ。
パイナップルをフレッシュで食べる時は必ず熟しているものを食べましょうね。未熟物はシュウ酸カルシウムの針状結晶などを含むため、口の中が“シビシビ”しちゃいますよ。

今日は
パイナップル100%ジュースを使って角煮です。ジュースですから肉は軟らかくなりませんが、爽やかな果実の甘みとコクが角煮を美味しくしてくれます。だから砂糖を使わなくても良いんですねぇ。ガルニはサツマイモ。これが案外合うんですねぇ

<作り方>
冷凍いんげんを解凍し1/2に斜め切りしておく
圧力鍋に食べやすく切ったバラ肉とヒタヒタの水・くず野菜・ショウガ入れ蓋をして加熱。蒸気が出たら弱火で20分。自然に蒸気を抜き肉だけを取り出す(できれば脂が固まった後)。
圧力鍋を洗い再び肉を入れ合わせパイナップル100%ジュース・醤油・みりん・酒・コンソメを入れ(水分量がたりなかったら水を足す)再度蓋をして加圧。蒸気が出たら弱火で10分自然に蒸気を抜き蓋を開け再度肉だけ取り出す。そこに輪切りに切ったサツマイモを入れ再度圧力をかけ3分加熱。蓋が開いたら肉を入れ好みの濃さまで煮詰める。(好みで塩胡椒し味を調える)最後にいんげんを入れタレに絡ませる。
皿にサツマイモ・肉をのせ上にソースをかけいんげんを飾り出来上がり。


今日の料理の詳しい分量や作り方は
My Home Page「パスタ職人による、男の料理学」
*男の豚肉料理(豚バラブロック)*にあります。 毎日1メニューUPを目標にHP更新中!!!!!!

「パスタ職人による、男の料理学」はYahoo!Japanカテゴリー > 生活と文化 > グルメ、ドリンク > 料理 > レシピ >男性向け に掲載されています。

All About グルメ・クッキング チャネル >> おかずレシピ ガイドサイト >> おすすめINDEXに掲載されています。

↓↓只今こちらに参加中!
今日のブログ、面白かったら(つまらなくても)ポチっとね!
にほんブ<br />
ログ村 料理ブログ 男の料理へ

料理レシピ集 byブログでCookin'! 豚三枚肉(さんまいにく)



GreenFive.gifファイブ ブログランキング







最終更新日  2007/11/16 10:38:56 PM
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.