1442328 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

男の料理!幸福のレシピと明日誰かに話したくなる与太話

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

今月ソウルに行きます@ Re:ブランド 腕時計 激安^0^(04/29) どうやってあなたの店に行けばいいですか…
今月ソウルに行きます@ Re[1]: 恒例ソウルB級グルメ喰いまくりの旅2012*2日目前半*(04/29) ルイヴィトン、さん >ルイヴィトン、 >…

プロフィール


ノスタルじじい

バックナンバー

2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10
2008/03/05
XML
カテゴリ:男のオイルパスタ
この時期
昔、小学校では「お楽しみ会」の季節。
そのお楽しみ会でCoolな“タコの八ちゃん”の物真似をして教室の空気を凍らせる、“粋”な奴が必ずいました。。。(私の事?昔も今も無芸大食)

タコは可哀想
「タコ」は頭の形が似ている事から「坊主」を馬鹿にした呼び名で使いますね(坊主頭=タコ頭)ボウズと言う言葉を悪い意味で使うと“滑る”とか“ゼロ(釣りで釣れない時ボウズと言う)”の意味があります。
野球では、ボウズ(ゼロ)=タコ(ゼロ)。だから3打席ヒットゼロなどを3タコ!なんて言うんだそうです!

このタコ野郎!
これが会社などで成績が悪かったりすると、「このタコ!」と罵られるような使い方になったんだそうですよ~。
タコには何にも罪はないのにねぇ・・・

悪魔だよ!
キリスト教・ユダヤ教・イスラム教問わず、タコは“デビルフィッシュ”と呼ばれ疎まれているんです。悪魔かよ~!
旧約聖書では食べることさえ禁止されているんだそうですよ。
唯一地中海沿岸「イタリア」「ポルトガル」「ギリシア」などでは食べられているそうです(といっても沿岸地域だけ)。

日本では
ご存じ「たこ焼き」「酢蛸」などでお馴染みですよね。回転寿司でもつい頼んでしまうネタです。昔からタコといえば茹でると赤くなることから、“鉢巻き”をしたタコが思い浮かばれます。そしてクネクネ動きがユーモラス。
コレこそがクラスの空気を凍らせた“タコ芸”の正体ですなぁ・・・

タコは
低カロリーなのにタンパク質に富み、とりわけ“タウリン(ファイト~一発!ですね)”を多く含まれ、更に女性にとって大切な亜鉛も多く含まれているのが嬉しいね。

タコといえば
「めいわくかけて、ありがとう」という言葉を残して夏の海に消えていった、昭和の伝説の芸人「タコ八郎」。
知る人ぞ知るボクサーの日本チャンピオンだった人です。そして彼は伝説のマンガ「あしたのジョー」の“捨て身戦法(手をぶら~んとさせて戦うのね・・・知らない人は知らないか?)”のモデルになったと言われています。そんな戦法をとっていた彼は、ジョーと同じパンチドランカーに侵されていったのです・・・伝説だねぇ~!

そんなタコを
イタリアやフランスの地中海沿岸部ではポピュラーな食材。イカと同様、オリーブやオリーブオイルと相性が良いんですね。今日はイイダコの“アーリオオーリオ(オリーブオイル)”をリングイネに和えました。シンプルな味付けが美味しいね。
天国の「タコ」さん。いかがでしょうかねぇ?


<幸福料理のレシピ>
下処理していないイイダコの場合:よく塩で揉み水で流す。水で流す際、手で内臓を取り出し捨てる(卵がある場合は卵は捨てない)。そして食べやすい大きさに切る。

フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れ弱火で炒める。香りが出たらイイダコを弱火で炒める(堅くなるので炒めすぎないでね)。
ゆで汁を入れ刻んだブラックオリーブ・1/4カットしたミニトマト・コンソメ・白ワイン・バジル・塩コショウで味を調える。
パスタが茹で上がったらフライパンで入れ和える。
お皿に盛りつけパセリを散らし出来上がり


今日の料理の詳しい分量や作り方は
My Home Page「パスタ職人による、男の料理学」
*男のオイルパスタ*にあります。 毎日1メニューUPを目標にHP更新中!!!!!!

「パスタ職人による、男の料理学」はYahoo!Japanカテゴリー > 生活と文化 > グルメ、ドリンク > 料理 > レシピ >男性向け に掲載されています。

All About グルメ・クッキング チャネル >> おかずレシピ ガイドサイト >> おすすめINDEXに掲載されています。

↓ ↓只今こちらに参加中!
今日のブログ、面白かったら(つまらなくても)ポチっとね!
↓ ↓

にほんブ<br />
ログ村 料理ログ 男の料理へ



料理レシピ集 byブログでCookin'! イイダコ(飯蛸)いいだこ







最終更新日  2008/03/05 11:24:29 PM
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.