1440682 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

男の料理!幸福のレシピと明日誰かに話したくなる与太話

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

今月ソウルに行きます@ Re:ブランド 腕時計 激安^0^(04/29) どうやってあなたの店に行けばいいですか…
今月ソウルに行きます@ Re[1]: 恒例ソウルB級グルメ喰いまくりの旅2012*2日目前半*(04/29) ルイヴィトン、さん >ルイヴィトン、 >…

プロフィール


ノスタルじじい

バックナンバー

2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10
2008/07/21
XML
カテゴリ:男の魚料理
三連休最終日
海へ!山へ!楽しい連休だった事と存じます。
とにかく3連休は人・人・人・・・
駐車場・レストラン・帰りの渋滞。。。どこへ行っても「待つわ~」で大変だったでしょうねぇ?
「ハッハッハッ!ざまぁみろ!俺様は仕事だったから関係ないぞ!」
(大人げないねぇ)



俺様は・・・
”額に汗”して働いていたのです。本当に汗をかきながら・・・
しかし問題は、この”額に汗”の正体が、“どこまで額”で、“どこから頭”なにか、ハッキリしないところなんです。
  近頃はどこまで洗顔石鹸をつけて、顔を洗って良いものか?
  どこからシャンプーで、頭を洗ったら良いものか?
  頭が痒いのか?額が痒いのか?・・・フケなのか?アカなのか?
  (汚い話やねぇ!)

心から「待つわ~」
手遅れになる前に、どなた様でも良いですから、「本当に効く!」「本当に生える!」発毛剤を売り出していただけないものでしょうか。。。
私は“あみん”のように
 ♪待つわ(待つわ) いつまでも待つわ
 ♪他の誰かの毛が 生えるの確認する日まで~



あみんは
岡村さんと加藤さんの、まるで“ナイナイ”と“極楽”・・・「めちゃイケ」のような二人組のグループでしたねぇ。
昭和の普通の女子大生が、ぎこちないロボットのような振り付けで歌っている感じがステキでした。
しかし、“あみん”解散後、ソロで活躍された岡村さんは「OLの教祖」とまで言われていたのは、記憶に新しいところです。(って、もう古い話だぞ!)

最近再結成したようですねぇ


女の情念
昭和のレディは「待ち」そして「耐える」ことが美徳でした。そんな時代もあったのねぇ。
 ♪私待つわ いつまでも待つわ たとえあなたが振り向いてくれなくても
 ♪待つわ(待つわ) いつまでも待つわ 他の誰かにあなたが振られる日まで

怖いねぇ・・・重いねぇ・・・


YUMINGもこんな歌にしていたな~
 ♪好きだったのよあなた 胸の奥でずっと 
 ♪もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる
 
Oh!コレは三木聖子ちゃん・石川ひとみちゃんの「まちぶせ」
待ち伏せしたら、現代なら間違いなく「ストーカー!」
でも聖子ちゃんやひとみちゃんなら“まちぶせ”された~い!と思ったものさ。

プリンプリンはプリンプリンでカワイかったねぇ(意味不明)


じょうね~ん!
カワイくて、けなげで、一途だった昭和のレディも、お年を召され。。。

  「昔はネコをかぶっていたのでしょうか?・・・・」
  「今はブタをかぶっているのでしょうか?・・・・」


昔、あんなにカワイくて見とれてしまった“えくぼ”は、脂肪の奥底に沈み・・・
今は、限りなく激しく動く「お口」に、つい見とれてしまいます。
  あぁ悲しい現実。
こんな情景を、私も、皆様も、「待っていた」のでしょうか???


今日は
「すぐ食べて」も、「待って食べて」も美味しいスペイン風料理。
酸味の利いたパンチのある味と、パプリカの風味。冷やしても美味しく頂けることなど、日本の夏に持ってこいの料理“サーモンのスペイン風エスカベッシュ”

真っ赤に燃えた
ソースの色は粉末パプリカ。だからまったく辛くないんですねぇ。サーモンは甘塩の鮭でもOK。その時は小麦粉を振るとき、塩をしないでね。
野菜はにんじんなど冷蔵庫にある残り野菜を千切りにして入れちゃいましょう。ご飯にもワインにも相性が良い料理ですよ~。
こんなの「待ってたわ~!」

昨日現在、当ブログ、皆様のおかげで「男の料理部門」2位なのよ~
ココまできたら!男なら!1位を目指した~い!(わがままだねぇ)

「あなたの1ポチが地球を救う!」
どうかひとつ!どうかひとつ!1ポチお願いします!


↓ ↓只今こちらに参加中!
今日のブログ、面白かったら(つまらなくても)ポチっとね!
↓ ↓

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

<幸福のレシピ>
サーモン 2切れ
新じゃが 2個
塩胡椒 少々
小麦粉 少々
ピーマン(赤・緑) 2個(ヘタ・種を取り細線切り)
玉ねぎ 1/2個(スライス)
にんにく 1片(みじん切り)
※ワイン 100cc
※酢(ワインビネガー) 30cc
※レモン汁 20cc
※コンソメ 小さじ1
※砂糖 小さじ1
※パプリカ 大さじ1
※パセリ 適量(みじん切り)
オリーブオイル 適量

じゃがいもをラップで包んで楊枝で数箇所穴を開け、電子レンジに入れて、楊枝がスッと通るようになるまで熱する。柔らかくなったら厚めにスライスする。サーモンの切り身に塩・胡椒を振り、薄力粉をまんべんなく付けておく。
フライパンにオリーブオイルを入れジャガイモの両面を焼き色がつくまで焼く。焼き上がったらジャガイモは皿に並べる。
フライパンを軽く拭いオリーブオイルを足しサーモンを皮目から焼く。皮目に焼き色がついたら返し、ワインを振り入れフタをして蒸し焼きにする。焼き上がったらジャガイモの上に並べる。
フライパンを拭いオリーブオイルを足しにんにくを入れ弱火で加熱。香りが出たら玉ねぎを入れ炒める。玉ねぎに火が通ったら※とピーマンを入れ5分ほど煮る。
煮上がった野菜をサーモンにかけできあがり


料理レシピ集 byブログでCookin'! サーモン/キングサーモン/トラウト









最終更新日  2008/07/22 06:45:30 AM
コメント(20) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.