1400503 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

男の料理!幸福のレシピと明日誰かに話したくなる与太話

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

今月ソウルに行きます@ Re:ブランド 腕時計 激安^0^(04/29) どうやってあなたの店に行けばいいですか…
今月ソウルに行きます@ Re[1]: 恒例ソウルB級グルメ喰いまくりの旅2012*2日目前半*(04/29) ルイヴィトン、さん >ルイヴィトン、 >…

プロフィール


ノスタルじじい

バックナンバー

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2008/11/18
XML
カテゴリ:男の魚料理
各地
初雪の便りなど聞かれる季節となりました。
もう間もなく“さぶ~っ”冬でございます。



寒い“冬が来る前に”
「冬眠」をお考えのムーミンのようなマダ~ム


そこの「お菓子片手」の奥様でございますよ!








「もう冬眠の準備は整いましたでしょうか?」









ホ~ッホッホッ・・・
準備万端整っているようでございますねぇ~
その分厚い脂肪の「別腹」が物語っております!







「食べ過ぎには気をつけなはれやっ!!!」




いやぁ
“冬が来る前に”冬支度もしなければなりませんですねぇ。
若い頃は薄着でも「平気」だったのに・・・
今では厚い脂肪を身にまとっているのに、さらに着込まないと寒いのでございます。
オーバーを着込み、襟巻きをした姿はまるで「死語の世界のスノーマン」

カッコ悪い話でございます。



そんな♪冬が来る前に~

紙ふうせん  冬が来る前に
紙ふうせん  冬が来る前に
紙ふうせん  冬が来る前に


“紙ふうせん”の名曲でございますねぇ。
合唱曲としてあまりに有名な「翼をください」の“赤い鳥”が解散して“紙ふうせん”と“ハイ・ファイ・セット”になったのでしたねぇ。




名曲ではありますが

  ♪冬が来る前に もう一度あの人と めぐり逢いたい~

現代の感覚からすると、チョイと暗いですねぇ~
めぐり逢ってどうしたいのかは謎ではございますが・・・
“焼けぼっくいに火がつく”のをご希望だったのでございましょうか?




ちなみに“焼けぼっくい――”を
“焼けぼっくりに火がつく”と思い違いをしていたのはどこの何奴だ??




  アタシだよ!





生まれてこのかた4●年、ずーっと“やけぼっくり”は天津甘栗あたりの「栗」のことかと思ってましたが・・・

これぞ「焼きぼっ栗」??

さるクイズ番組で「ぼっくい」だ!というのを知って以来ヘコんでおりました。
今までシッタカで“焼けぼっくり”と言っていた自分に、恥ずかしさで「顔から火」が出てしまうのでございます。





マッチ一本火事のもと





冬のこの季節“火事”だけには十分気を付けあそばせ!!





そんな
火事になりそうな「胸キュン」思い出に浸っている貴女!

「胸焼けになってまうやろ!気をつけなはれやっ!!!」

松ぼっくいに火がつきそうになったら“鮭大根のゴマ味噌煮”が良いようでございます。




大根は
大根にはでんぷん分解酵素のアミラーゼを多く含み、でんぷんの消化を促進し、胸やけ、二日酔い、胃酸過多、胃もたれなどに効果があるとされていますし、鮭と煮ることによって、旨味をたっぷり吸い大根がさらに美味しくなるのです。
今日はごま味噌仕立て。たまには和食もほっこりいいよね。
(でも今日の料理は彩りと見栄えが悪くて失敗かも・・・味は良いんだけどね)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最初にポチをお忘れの方?
どうかひとつ!1日1ポチお願いしま~す!

↓    ↓
にほんブ<br />
ログ村 料理ログ 男の料理へ


小松の親分もそういってることだし・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<幸福のレシピ>
(2人前)
生鮭 2切れ(1/2に切る)
大根 1/3本(4cm幅皮を剥きイチョウ切りで面取りする)
大根葉 適量(適当な大きさに切る)
スリごま 大さじ1
味噌 大さじ1
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
ダシの素 小さじ1
水 300cc

生鮭はひとくち大に切りわけ酒を振りしばらく馴染ませる。
鍋にダシの素と水、砂糖・みりん・醤油・ごまと大根を入れ、大根が軟らかくなるまで15分くらい弱火で煮る。
その後、鮭を入れ、さらに6~7分煮る。大根葉を入れ味噌で味を調える。
皿に盛りできあがり

料理レシピ集 byブログでCookin'! さけ(鮭)サケ







最終更新日  2008/11/19 07:06:28 AM
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.