1304514 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラスタ・パスタのレレ日記

2004年09月01日
XML
Jakeの弟、ブルース・シマブクロのワークショップに行ってきました。

もう、先週のことですが。

会場に行くエレベーターの中で、偶然ブルースと、日本に一緒に来ているハワイのウクレレ・ショップ「ぷ◎ぷ◎」の方と会いました。

私が、「ブルース、2年ぶりですね!」 というと彼は
ブルース: 「Hi!, きみのこと覚えてるよ。どこであったんだっけ」
「ぷ◎ぷ◎」のひと:「お台場だよ」

ブルース;「あ、そうだった、あの時の、覚えている。覚えている。今日はぼくのワークショップに来てくれたの」

私:「もちろんそうだよ」
ブルース:「じゃまた、あとで会場でね」

ブルースは、少なくとも、売れる前はともかく、売れてからのJakeよりは、人の顔をおぼえる記憶力がいいみたいだ。(Jakeがひとの顔を覚えないのは、最近のこと)

顔を覚えてもらえないのを自分のせいだと思って悩んでいる方がいらっしゃるけど、気にしないほうがいいですよ。
Jakeとは、そういうやつなんです!(問題発言か!!)

話をブルースに戻しましょう。

実は、2年前の8月、やっぱり同じ頃、お台場のフジTV前の広場で、大きなイベントがあり、そこに、さきほどのハワイのウクレレ・ショップ「ぷ◎ぱ◎」がブースを出していて、そこで、ブルースはやっぱり、ワークショップをやていて、時々店頭ライブをやっていたのだ。

ぼくは、その時も、彼のワークショップを受け、彼の店頭ライブの時に、彼のウクレレを借りて、
ビートルズの曲を3曲ほど 弾かせてもらったことがあるのです。

ブルースも、「ぷ◎ぷ◎」の方も、両方、おぼえていてくれたんですね。


さて、ブルースのワークショップは、実は、そのときと同じ曲でした。

「Stars and Stripes」(星条旗よ永遠なれ)

普通、ウクレレの曲を習う時は、ソロなどの場合、タブ譜(左手の指のポジションを示す譜面:ギターなどでよく使われている)か、歌モノの場合は、コード記号が書かれています。

ところが、彼の譜面は、コード記号のようなものが書かれていながら、実はそれは1弦の単音を示しているだけで、その記号の下に

G(1弦の単音のポジション)
D D DU DD DU (D=ダウンストローク、U=アップ)

と、えんえんと書かれているだけのものなのです。

それで、ほとんどのストロークは1弦以外は、全部開放弦
(左手の指でどこもおさえない)で、DD DU などと右手でストローク(ストラム)するのですが、
ときどき

G7が、ハイコードで、1,2,3弦を押さえるであったり、Dmが12フレット、10フレットなどをおさえたりなど、突然するのです。

ギターもウクレレも弾かない人には申し訳ありませんが、
ようするに、ヘンな楽譜
なんです。

おなじG7というコードを使う時でも、3種類の指の押さえ方(当然、高いほうのフレットを使う時は指が難しい)が出てきて、譜面をみただけでは、わからないようになっているんです。

ブルースがやっているのを見て、はじめて完結する楽譜なんです。面白いですね。

この2年間に、ブルースの日本語はかなり上達して(といっても、かたことで英文の中に日本語の単語がはいるだけなのですが)、教え方もユーモアたっぷりで、参加していて、笑いながら楽しく、いつのまにか弾けるようになる、という感じです。


2年前にブルースにはじめてあった時は、Jakeと同じように、とっても人柄はよさそうなのですが、Jakeが、ウクレレを教える時は、情熱をもって一生懸命なのに、ブルースが教える時は、へらへらしていて、こいつどっか弱いんじゃないの(やばい、失礼)と思わせるほど、へなへなしていたのですが、いまや立派に成長したようです。

ブルースは、ユーモアたっぷりにフレーズのかたまり、または小節のかたまりごとに、実演した後、指使いを教えて、みんなで数回くりかえして弾いてみる、ということを一生懸命やっていました。

ワークショップの参加者のウクレレの腕前は千差万別で、最近ウクレレを習い始めたばかりという年配の女性たちもいましたが、みんながわかるように、かつ上手い人が飽きないように、実にバランスよく教えていました。

ブルースは、みんなに自分の手元の動きが見られるように、椅子の上に乗って、ふらふらしながら教えるなど、とても熱心でした。

実は、私も2年前に習った時は、その場では弾けたような気がしても、家に帰ったらもうわすれていて、上手く弾けなかったのですが、今回は、その場で十分理解しながら弾けるようになりました。

自分も、知らないうちに少しはウクレレ上達したんだなァ、とちょっと自己満足。

で、90分かけて教えてくれたのですが、そんなかんじで丁寧に教えてくれたので、曲の半分までしか完成しませんでした。
残りの半分をやるには、あと少なくとももう一回ワークショップをやらないといけません。

最後に誰か質問は?と聞くので、
「このままで、この曲を終わらせるにはどうしたらいいのですか?」 と質問したところ、

少し考えてから、曲の途中で、エンディングにしてしめる、のを適当に考えて実演してくれました。

ワークショップというより、ブルースと楽しい時間を過ごす会、といったほうがいいような感じでしたが、彼のユーモアとひとがらのおかげで、とても楽しい時間が過ごせました。

Jakeとはまた、一味違うあたたかさみたいなものがありました。

その後、ギターとベースがやってきて、ブルース・シマブクロ・バンドの登場。
ミニ・ライブをやってくれました。

今、半分まで教えてもらったばかりの、「Stars and Stripes」(星条旗よ永遠なれ)を、まず演奏しました。

間奏や、間合い、エンディングでは、日本のお笑いの表現「ぽっっぽこピーの、ぽんぽん」 みたいなフレーズを入れて、笑わせてくれます。

次は、「ワイプアウト」、ベンチャーズの曲ですね。

ブルースのウクレレ演奏は、どちらかというとこういうベンチャーズ、ビーチボーイズ系の曲が中心で、Loco Girlsというオリジナル曲(?)では、ベースの日系人がボーカルをとったりしています。

エフェクターもいっぱいかけており、5個ぐらいのエフェクターを直列につないでいました。2年目の来日の時も同じで、なんでこんなに単機能のエフェクターを縦につないでいるんだろう、と思ったりしました。

今回は、
「次はエイリアンの音です」 などといって、エフェクターをいっぱいにかけた曲などを演奏、もちろうチョーキングはいりまくりで、早いパッセージを弾いています。


いわゆる、アコースティックなウクレレの世界とは全然違うサウンド。
でも、切れがいいし、ウクレレをこういう風に使う演奏スタイルもカッコいいなぁと思いました。

ブルースの使っているウクレレが、「コーラウ」という、わりと品質のいいハワイの工房のもんだったので、「いつこのウクレレ作った」の、と聞いたら今年の3月だ、とうれしそうに言っていました。

コーラウのテナー、でモデル400か500をベースに、アクティブのピックアップをつけて、手元でコントロールできるようにしており、サウンド・ホールとボディのまわりのバインディングは、貝を使っており、ネックに「BRUCE」と大きく、インレイが入っています。

ボディは、トップがスプルース(アコースティック・ギターでよく使う木)、サイドとバックがコア(ハワイの木で、ウクレレでもともとよく使われているが、最近コアの木が貴重になってきている)。

私も、コーラウをカスタム・メイドで作ったものを持っているのですが、サイズはコンサートとひとつ小さめ。モデルも300をベース。ピックアップ・マイクはパッシブ。
木はスプルースとコアの組み合わせは、ブルースと一緒。私のほうは3年前に造りましたが、全部、BRUCEのウクレレをダウン・グレードしたようなものです。

BRUCEがコーラウを使っているので、親しみを持ちましたが、2年前は、カマカを持っていたので、「あの時はどうしてカマカだったの」と聞いたら、

「あれは、兄貴(Jake)のおさがり」
「ぼくのウクレレは、いつも兄貴のお下がりだったんだけれども、今回はほら、BRUCEと名前が入っているでしょう。はじめて自分のウクレレを作ったんだ」と嬉しそうでした。

ブルースも、Jaleと違った意味で、ひとなつっこい性格で、とてもいい奴、という感じです。ハワイでは、ホテルで定期的に演奏の機会を持っているようですが、まだCDを出したことがないので、

いつか素敵な「ブルース・シマブクロ・バンド」 のCDを出して欲しいと思いました。






最終更新日  2004年09月01日 23時08分49秒
コメント(20) | コメントを書く
[ウクレレ・ハワイ音楽・沖縄] カテゴリの最新記事


PR

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

フリーページ

コメント新着

 背番号のないエース0829@ Re:小室 「安室奈美恵 Never End」に、上記の内容…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) wanneer moet ik cialis innemencialis wo…
 http://viagraky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) riesgos del viagra en adolescentes &lt…
 madoka@ Re[2]:ハワイの歌姫テレサ・ブライト沖縄音楽を歌う(07/04) >「それで、ビギンも何かもらえるのかな…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

Vera / Bring the Bo… New! ken_wettonさん

父ちゃんの開拓物語 開拓父ちゃんさん
「歌う」のが、好き 佑【Yuu】さん
日々なるサウンドト… BASSMAN SYBさん
夢のかけら☆ヾ カリンさん9357さん

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.