1305877 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラスタ・パスタのレレ日記

2004年09月12日
XML
いけなかったライヴ・イベント 第2弾

『ウクレレ・ピクニック』 は、
アマチュアとプロがつどう、おそらく日本最大のウクレレ・イベント。2000年から毎年、夏の盛りに行われるイベント。

2000年から昨年の2003年までは、
逗子マリーナ、プールガーデン で行われていたが、

逗子マリーナが屋外プールの周辺の芝生や小高い丘など、ウクレレ・ピクニックでは観客席に使われた場所を、どうもリニューアルしたらしく、

今年は、三浦半島の先っちょ、観音崎京急ホテルのミニ・ゴルフコース で行われたらしい。

今年は、ウクレレ・アンサンブルとして、参加するつもりで、アマチュア部門に応募するために、みんなでデモテープを録音した。

だけど、ぼくは、デモテープの録音には参加したのだが、当日は用事が出来てしまい、
また用事がなくても、飛行機の中で倒れたすぐ後だったので、
とても、三浦半島の先っちょまで、出かける元気はなかったので、
残念ながら参加できなかった。

録音には参加しないで、当日、出演した奴もいるんだけど、
厳密に言うと、エントリーした人間と、出演者とで、何人か違うのだけれど
まあ、ウクレレの 「ゆるい」 イベントなので、その辺はおおらかに、といいうことで。

僕は、今まで、ソロで1回、バンドで1回、ウクレレ・ピクニックに参加している。
だから、今度は、ウクレレ・アンサンブルで参加しようと楽しみにしていたのだが。

1回目は、
スティービー・ワンダーの「Lately」
のソロ演奏で参加。

そのころウクレレ・ピクニックで 出会った仲間は、その後、あるウクレレ・コンテストの初代チャンピオンになり、アマチュア・ウクレレ界ではかなり名前の通った存在である。

ぼくは、そのころ、ウクレレ・ソロのレパートリーでひとに聴かせられるレベルのものは、スティービー・ワンダーの「Lately」1曲しかなく、けっこうあちこちのイベントで、その1曲で勝負して参加していた。

今考えると、むこうみずというか、おのれを知らないというか、実にずうずうしく、いまやウクレレのアマチュア・キングになった仲間とやっていたと思う。ほんと、冷や汗ものだ。


昨年の2003年には、ウクレレ、スティール・ギター、ベース、パーカッションのウクレレ・バンドを結成、
イーグルスの「テキーラ・サンライズ」 でエントリーしてウクレレ・ピクニックに出演した。

前回、前々回の参加の時は、お客さんはほぼ1800人~2000人ぐらい。
ステージの後ろが湘南の

ステージから見て右側がプール、左側が小高い
芝生の生えた丘。

正面が、椅子をならべた観客席で、

アマチュア、約20組(ソロ、デユオ、バンド、アンサンブル、20-30人の大所帯など千差万別)、
アマチュアの演奏が終わると、いよいよプロの登場。

1日、10時間ぐらい、ぶっとおしで、ウクレレをやっていて、
お客さんは、気ままに、演奏聴いたり、寝そべったり、ビールのんだり、
いろんな出展したブースのぞいたり、
そんなイベントだ。

毎年、ホスト役として、サザン・オールスターズのベーシスト、関口和之 さんと、
もと、ロック・ギタリスト、IWAO が、時々出てきては、ステージ進行し、

とりは、いつも関口さんとIWAOと、出演者、ほぼ全員、というのがパターンになっていた。

その中で、2001年の時は、プロの部で、 Jake が参加、目玉の一 つだったと思う。

ソロのステージと、関口ーIWAO バンドのゲストに出ていた。
ゲストの時は、控えめにしながら、かなりいいソロを弾いていた。
やっぱり、すごくよかったと思う。

2003年は、KONISHIKI がプロの部で登場。存在感をみせつけた。

サンデイ 山内雄喜
さんなども参加。

あと、女の子に人気のある、
ラウラカヴァイハエ
なんかも参加。

ゴンチチのチチ松村が、アニメ声の素人の女性をボーカルに向かえ、
セルジュ・ゲーンズブールの「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」
愛のささやきを日本語でやったりしていた。
(どんなに気持ち悪いかは想像してください(笑))

今年、2004年は、場所を変えて観音崎京急ホテル、
アマチュアの出演者は、なんと50組だったらしい。
やっぱり、最近のウクレレ・ブームは本物っぽい。
第3.5次、ウクレレ・ブームか?

プロは、残念ながら、KONISHIKIが、膝が痛いために当日のドタキャン。
高木ブー、山内雄喜とキヨシ小林、ラウラ、
SAKURA、、ザ・ブルース・シマブクロ・バンド

などが出演していたらしい。

当日参加した仲間は、逗子マリーナとは逆に、
ステージから
が見えたらしく、

「海をみながらウクレレ演奏したのははじめて。超気持ちい~い」などと北島選手のようなことを言っていた。

うらやましい。おれは、録音だけして、出演できなかったんだぞ、などと
うらみごとを言っても始まらない。

みんな、楽しい時間が過ごせて、よかったな、と思う。
夏の太陽の日差しをさえぎるものが、なにもなく、
みんなが、どかた焼けしたのには笑ってしまった。

そんなわけで、音楽三昧の今年の夏も、いろいろいけなかったライブやイベントがあるのです。

最後に、キヨシ小林さんというのは、ジャンゴ・ラインハルトのような、ジャズ・ギターを弾くのですが、

山内さんとやっているユニットでは、ウクレレを弾いて、ウクレレ・アコースティック・スウィングのような演奏をします。
KONISHIKIがいなくても、彼らの演奏、みんな十分、楽しんだんじゃないかな。

参考にCDの名前書いておきます。

キヨシ小林&ウクレレ。スウィング・ギャング「It’s Only A Paper Moon」

山内さんは、スラック・キー・ギターだけではなく、
アコースティックのラップ・スティール・ギターなどを♪びよんびよん♪弾いています。






最終更新日  2004年09月12日 23時03分17秒
コメント(12) | コメントを書く
[ウクレレ・ハワイ音楽・沖縄] カテゴリの最新記事


PR

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

フリーページ

コメント新着

 背番号のないエース0829@ Re:小室 「安室奈美恵 Never End」に、上記の内容…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) wanneer moet ik cialis innemencialis wo…
 http://viagraky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) riesgos del viagra en adolescentes &lt…
 madoka@ Re[2]:ハワイの歌姫テレサ・ブライト沖縄音楽を歌う(07/04) >「それで、ビギンも何かもらえるのかな…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

【公式】孤独のグル… New! ken_wettonさん

父ちゃんの開拓物語 開拓父ちゃんさん
「歌う」のが、好き 佑【Yuu】さん
日々なるサウンドト… BASSMAN SYBさん
夢のかけら☆ヾ カリンさん9357さん

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.