1303980 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラスタ・パスタのレレ日記

2004年12月18日
XML
横浜のジャズ・バーでウクレレ・ライブ参加してきました。

前にもご紹介した、住宅街にひっそりとあるジャズ・バーです。
このお店でのライブ、3回目になりますが、いまだにゲスト参加。
メイン・アクターではありません(笑)

ライブの趣旨は、ウクレレ仲間のMさんが、
毎週ボランティアでウクレレを教えている年配のサークルの発表会と、
Mさん人脈の多彩なゲスト・プレイヤーの演奏で、クリスマス を楽しもうというものでした。

今回もほんとうにいろとりどりのウクレレ・パーフォーマンスが楽しめて面白かったです。


ゲストたちは(私もそのひとりだったですが)たとえば、

グループAは、ウクレレ(男女)ベースの3人組ですが、演奏した曲目は

クリスマス・ソングの、
Winter Wonderや
クリスマス・ソングス
(ハーモニカ)のトゥーツ・シールマンの曲
枯葉をスウィング・ジャズ風に


となかなか、面白い選曲でした。


毎回参加の lele de Bossa の男女デユオ
(女性のボーカル&ウクレレ と ジャズ風にウクレレを演奏する男性)

スウィングするハワイアン
オリジナルのボサノヴァ曲(日本語)
ジャズ風の「上を向いて歩こう」


でした。
ちなみに、前回、lele de BossaのCDは出ていないのか、という質問をいただいたのですが、来年の5月くらいまでに、(多分 手売りの)CDを作成する予定だそうです。

また、その時期に神戸に演奏に行くそうですので、
大阪、神戸近辺の方たちは楽しみにしていてくださいね。

彼らは、プロではありませんが、女性は、ジャズ・ボーカル、男性はジャズ・ギターの経験があり、そのふたりが、ウクレレでボサノヴァを中心にした歌と演奏を聴かせてくれる、東京ではひそかに人気のデュオです。



前回はお客さんで来ていたYさんは、彼女(奥さん?)に
ウクレレの伴奏(コード・ストローク)してもらい、

本人は、カスタム・メイドのすごいウクレレでHerb Ohta Jr. の曲を3曲ほど披露してくれました。


彼のウクレレは、G-String というハワイでも有数のウクレレ工房のカスタム・メイドで、ピックアップ・マイク(アクティブ)を内蔵した、えらくかっこいよくて、Herb Ohta Jr.が以前、G-Stringとエンドースメント契約をしていた時に使っていたのと同じようなモデルでした。

今は、Herb Ohta Jr.は、コアロハとエンドースメント契約をしているので、まったく違ったウクレレを使っていますが。

楽器もさることながら、Herb Ohta Jr,の一聴するとシンプルですが、自分で演奏しようと思うと実は難しい曲を、ほんとうに上手に演奏していれ見事でした。


主役の年配の方たちの演奏ですが、2グループあり、

1グループは、

パーリーシェルや
ホワイト・クリスマス
を演奏してくれました。

フルートを吹く男性がいて、なかなか雰囲気を盛り上げてくれました。
おかしかったのは、
見上げてごらん を演奏する時に、グループの半分が、

見上げてごらんを演奏し、残りの半分が、上を向いて を演奏していて


あれ、見事なアレンジだなぁ 、と思っていたら、たんなる曲順の間違えで、
途中で演奏が破綻して、もう一回やりなおしとなりました。

一番前の席で見ていたぼくは、おかしくて笑い転げそうでしたが、
年配の方々が、何ヶ月も一生懸命練習してきて、今日の本番をむかえているわけで、そんな笑ったりするのは、とっても失礼だし気の毒なので、

にこにこと笑っていました。

本人達は、いたって真剣、あがりまくっていたのでしょう。

年配のもうひとつのグループは、

カイマナヒーラなどのハワイアンを数曲歌って演奏し、
4名の女性がフラ を踊りました。

みんな、トイレで綺麗な衣装に着替えて、髪にお花を、首にレイをつけて、
一生懸命踊っていました。
みなさん、それなりの年齢なので、4曲も続けて踊るとへとへとのようでしたが、

ぼくは、こうやって年配の方が、普段一生懸命練習し、年に何回か発表するのを楽しんでいること、とっても素敵なことだなァと、やっぱりにこにこと笑って楽しんでいました。


さて、ぼくのゲスト演奏ですが、

1.ウクレレクリスマス/IWAO
2.ボラーレ/ジプシーキングス
3.サイレントナイト
4.イマジン/ジョン・レノン


を演奏しました。

2曲ほど、新曲(はじめて演奏)でした。


「ウクレレクリスマス」 は、この前、クリスマスCDとしてご紹介したばっかりのものですが、まだ本当に十分演奏がこなせないのに、無理やり演奏しました。

やっぱり、クリスマスだし、歌詞の内容がとっても暖かくて楽しいので、未完成バージョンで演奏しました。

この曲、実はシンコペーションの連続で、弾き語りは結構むつかしい曲なんです。
特に、ウクレレ・ソロの部分は難しいのですが、勝手に自分なりにやさしく変えて演奏しました。

「ボラーレ」 は、まわりからの期待もあって、演奏しました。



♪ボーラーレ・ウォウォゥ、カンターレ、ウォオォウォ♪


のサビにところを、お客さんみんなに一緒に歌ってもらいました。


「サイレントナイト」 、この曲も、ライブ初披露の曲でしたが、
イントロを綺麗にして、メロディをトレモロで弾きました。

弾きこなすには、まだまだ修行が厳しいのですが、
トレモロのメロディにあわせて、お客さんが静かに、


♪サイレントナイト、ホーリーナイト♪

と歌い始めたのには感激しました。ぼくのへたっぴな演奏でも、一生懸命聴いてくれて、一緒に楽しんでくれるなんて感謝感激です。

「Imagine」
は、やっぱり最後はこの曲で、と思っていたのでやりました。
エンディングで、ちょっと「ジングルベル」 のメロディを入れるいたずらをして、終わりました。

ゲスト以外のお客さんは、みんな年配の方たちなのですが、みんなほんとうに楽しそうに聴いてくれてとっても嬉しかったです。


最後に、このイベントをいつもしきっているMさんと、
年配方の演奏をウッドベースの伴奏でささえてくれたanother Mさんと、
大きな声で歌うKさんが、

MMKとして10月に結成した新ユニットで2曲ほど演奏してくれました。
(ユニット名 募集中だそうです)

J-Popのワイヨリカ と、

アメリカのカントリー女性3人組の
Dixie Chicks
の「I believe」という曲を、

ウクレレ&ギターで演奏してくれました。

Mさんは、ウクレレとギターで、ウクレレ・ソロ
Another Mさんは、ギターと12弦ギター
Kさんは、ウクレレとボーカルでした。

2曲とも女性の曲ですが、Kさん(男性)が、低いキーで歌い、なかなか雰囲気が出ていました。

こうして4時間のイベントが終わり、特に年配の方々がウクレレや歌、フラを自分達が披露し、楽しんでいる姿を思いかえしながら、

なんか、あったかい気持ちになって家路につきました。







最終更新日  2004年12月19日 09時47分13秒
コメント(8) | コメントを書く
[ウクレレ・ハワイ音楽・沖縄] カテゴリの最新記事


PR

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

フリーページ

コメント新着

 背番号のないエース0829@ Re:小室 「安室奈美恵 Never End」に、上記の内容…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) wanneer moet ik cialis innemencialis wo…
 http://viagraky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) riesgos del viagra en adolescentes &lt…
 madoka@ Re[2]:ハワイの歌姫テレサ・ブライト沖縄音楽を歌う(07/04) >「それで、ビギンも何かもらえるのかな…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

Ringo Starr celebra… New! ken_wettonさん

父ちゃんの開拓物語 開拓父ちゃんさん
「歌う」のが、好き 佑【Yuu】さん
日々なるサウンドト… BASSMAN SYBさん
夢のかけら☆ヾ カリンさん9357さん

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.