1307485 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラスタ・パスタのレレ日記

2004年12月30日
XML
ちょっと休憩の後、デュオの部がスタート。

トップバッターは、やっぱり顔見知りの男女ユニット。
なかなかいい演奏でとてもよかった。
コンテスト入賞者の有力候補だ。

ぼくは、応募した時、コンテストになるとは知らなかったし、もともと参加するのに意味があると思っていたので、特に意識はしなかったが、
仲間が演奏している時は、このユニット入賞するかも、などとおもいながら聴いていた。

グループの部まで、時間がないので、ロビーにでて、階段でアンサンブルの仲間と練習するが、なかなかぐっと気合が入らない。

デュオの部で、気になるユニットがあったので、席に戻ってステージを見る。
先日の、横浜の住宅地のJazz Barにも参加していたN夫妻 (やっぱり夫婦でした)

Herb Ohra Jr.
ばりの演奏で、このユニットも入賞可能性が高いなと思った。

そのほか、小学生の女の子ふたり
のデュオなども出てきた。

自分達の練習で、あんまりみられなかったデュオの部が終わり、休憩タイム。
ロビーにみんなが出てきて、知っている顔のひとたちとしばし交流。

そうしているうちに、グループ部門の演奏が始まった。

サンタナ の「俺のサンバを聴いてくれ」だ。アルバムでは、ブラックマジック・ウーマン
に続いて演奏されている曲だ。

グループ構成は、パーカッション2人、サックス女性ひとり。
ディストーションをかけたウクレレとコーラスをかけたウクレレ、2名。
このイベントは、ウクレレをメインの楽器として表現すること、が条件になっているが、ちょっと、条件ぎりぎりのグループではないかな、と思った。

ウクレレは、ちょっとギターのかわりにカッティングしている、という感じ。
でも、サンタナのこの曲は好きなのでNever Mind.

他のグループの演奏を見る余裕もなく、かといって、自分達のグループの練習を必死にやろうという集中力もなく、とうとう控え室にいく時間になった。

そして、なんかそうしたぽやぽやとした雰囲気の中で、僕達のグループがステージにのぼった。

7名、座る順番どおり、ステージの上手(ステージ向かって左)へむかって、ぞろぞろと出て行く。

真ん中に、リーダーのMさん(さっきのMさん:曲のカウントを出し、全体のリズムをキープする役目)、とバンマスのNさん(途中で、ウクレレ・ソロを弾いて、次の曲への展開のテンポを決める)が真ん中に座り、
全員が、弓なりに弧を描いて 、お互いの顔が見えるようにして椅子に座った。

リーダーのカウントがはじまる。

演奏曲は、ハワイアン、とくにウクレレの曲として有名な

ヒロ・マーチ~ソロ~コハラ・マーチ~Yes, Sir, That My Baby


の3曲をつなげたもの。
曲のテンポがだんだん速くなっていき、

最後のYes, Sir, That My Babyでは、超高速弾きで全員がユニゾン で走る。

隣の人の音も聴こえた・モニターから帰ってくる全体の音も聴こえた。
でも、自分のウクレレの音がよく聴こえない。

よくステージでは、緊張していると、本当は聴こえているのに、モニターの音が聴こえなく感じる、というのはよくあることだ。
だが、私の場合は違う。自分のウクレレがみんなについていっていないのだ。

やっぱり、練習不足はかくせないものだ。
なぜか最後の超高速弾きで全員ユニゾンのパート は、ぼくの好きなところで、そこだけ、かろうじてみんながぴったりあって終わった。

歓声と拍手。

でも、自分達は、普段、もっといい演奏が出来ることをみんな知っているので、今ひとつ、みんなさえない感じ。僕がみんなの足をひぱったか。

というより、みんな一箇所、二箇所、ミスった場所があったのかもしれない。
客席で聞いていた知り合いは、すごくよかった、と言ってくれた。

でも、ほんとうはそうでもなかっの僕達は知っている。しかも、そのなかで、多分、ぼくが最低の演奏をしたと、自分では思っている。

やっとすべて終わって、ゆっくりとロビーで、ハワイのビール。コナ・ビール をごくごくと飲み干す。

すべて終わった解放感から元気にしゃべっていたら、アンサンブルの仲間が、
「パステルさん、絶好調ですね。ぼくなんか、おわったらもう、ぐったり、へとへとですよ」と言った。

ぼくは別に絶好調なわけではない。終わったものは忘れて、後は大いに楽しもうと思っていただけだ。

しかし、1曲ずつとはいえ、イベントにダブルエントリーするのは、やっぱり倍以上のエネルギーが必要だと思った。

最初は軽く考えていたけれども、集中力を2回、高めなければいけない、というのはちょっと難しいことだと思った。何曲か続けて弾くのであれば、一回集中してそのままおわりまでいっちゃえばいいが、

質の違う演奏条件のもと、2回集中するのはやっぱりきびしかったなぁ。

でも、そんなこと忘れて、あとは、セミプロ、プロの演奏だ。

セミプロの部門(コンテスト対象外)では、

たましろマーケット
メーキング・ブックス
ゴールデン・シード
ハイネ


の4組が出た。みんな、横浜のライブレストランなどで、精力的にライブをやっている。

上の二つは、男性のグループ、下の二つは女性のユニット。

ゴールデン・シードをやっている女性たちも顔見知りだ。今回、そこえ、新人の女性ふたりがジョイントして、素晴しいボーカルを披露してくれた。

ハイネは、もっと身近な仲間の女性二人がやっている、パニオロ(ハワイのカウボーイ)スタイルの歌と演奏。客席は大いに盛り上がり、いつのまにか、セミプロのとりをつとめるまでに成長している。

う~ん、たいしたものだ。


プロの部門

そして、次に現れたのは、FM横浜の収録をおえてかけつけた、ラウラ

背が高くて、声が高いボーカル&ギターと
背が低くて、声が低いボーカル&ウクレレのふたり組み。

かれらも、最初、湘南で大人気のアマチュア・グループだったのが、いまやプロになっている。

そして、真打登場。


アロハシスターズ だ。
アロハシスターズは今年結成されてCDを出したばっかりの女性グループ。
4人のボーカル&ひとりのフラ&ボーカル。

リーダーの石川優美 さんは、もともとゴスペルをやっていたが、ハワイアンに転向、山内雄喜さんのパイナップル・シュガー・ハワイアン・バンドに参加の後、アロハシスターズを結成。

ボイストレーナーもやってらっしゃる。前から、ちょっと顔見知りなのだが、いつも、まわりにすごく気を配っている素敵な女性。
歌声のほうはダイナミックで迫力アリ。

フラ&歌の上原マキ さんも、ちまたではちょっと有名な人。
音大を出ているが、子供のフラのビデオを見て開眼。
フラをやりはじめて、ハワイの大きなフラ・コンテストで何回も優勝、団体優勝している。

彼女のカラダを大きく使ったダイナミックなフラと笑顔は、ほんとにオーラが出ているかのよう。

他のメンバー3人は、知らなかったのだが、今回、はじめてアロハシスターズの歌を真近で堪能させてもらった。
ハワイアンだけではなく、マオリ族の歌、ゴスペル風ハワイアンなど、聴きどころたっくり。
演奏時間もたっぷり1時間ぐらいあった。

バックをつとめるのは、アロハシスターズのプロデューサーもつとめた田村弦さん(スティール・ギター)、山内雄喜さん(スラック・キーギター)キヨシ小林さん(ウクレレ)

それに、はじめてみるベースとドラムスからなるバンド。

山内雄喜さんのユニットで、ドラムスが入るのは初めて見たが、これがなかなかいい。ベースも、レゲエのように腰のあるリズムをからだに染み入るように弾いてくれて、とても気持ちが良かった。

こうして、アマチュア(ソロ、デュオ、グループ)
セミプロ
プロの演奏がすべて終わり、コンテストの入賞者発表。

ぼくは、ソロ部門、デュオ部門というように入賞者を決めるのかと思ったが、違っていた。

まず、ウクレレ賞。8万円相当のウクレレがプレゼントされる。
なんと、あの「電飾ウクレレ」さんだった。こどものようにビックリしたような顔をしてステージに駆け上がって受賞した。おめでとう。

ベストパーフォーマンス賞。
「はじめ人間ギャートルズ」かなにかをやったソロのひと。
本人も、ほかのウクレレ・コンテストでは、1次審査で落っこちた、と言っており、今回受賞するとは思っても見なかった様子。

そのほか、商品は、ハワイのホテル宿泊件2名3日分、とか
FM横浜のジングル(番組の変わり目や時報の変わりにはいる、サウンド)を作る権利をもらったひともいる。

それは、なんとあの小学生の女の子2人のデュオであった!

演奏力で受賞したのは、やっぱりあのHerb Ohta Jr.ぶりの演奏を披露したN夫妻。よかったですね。

こうして、イベントのすべてが終わり、ロビーはごったがえしていた。
ぼくは、イベント中、ず~っと気になっていた、トロピカルなお正月用のしめ飾り、しめ飾りに、トロピカルな草花のドライと、真っ赤な色が鮮やかな生花をあしらったものを購入して帰った。

10時に集合して、よる8時30分に終わったイベントだったが、今年最後のウクレレ・イベント、とても楽しかったし、いろんな仲間に会えてよかった。

これからは、だんだん忙しくなってくるが、来年も、いくつかのイベントには、やっぱり参加したいなァ。

主催者、演奏者、観客、スタッフ、ブース展示のみなさまたち、本当にお疲れ様でした。






最終更新日  2004年12月30日 18時24分33秒
コメント(12) | コメントを書く
[ウクレレ・ハワイ音楽・沖縄] カテゴリの最新記事


PR

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

フリーページ

コメント新着

 背番号のないエース0829@ Re:小室 「安室奈美恵 Never End」に、上記の内容…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) wanneer moet ik cialis innemencialis wo…
 http://viagraky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) riesgos del viagra en adolescentes &lt…
 madoka@ Re[2]:ハワイの歌姫テレサ・ブライト沖縄音楽を歌う(07/04) >「それで、ビギンも何かもらえるのかな…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

Steve Winwood - "Gi… New! ken_wettonさん

父ちゃんの開拓物語 開拓父ちゃんさん
「歌う」のが、好き 佑【Yuu】さん
日々なるサウンドト… BASSMAN SYBさん
夢のかけら☆ヾ カリンさん9357さん

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.