1304552 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラスタ・パスタのレレ日記

2005年01月20日
XML
昨年末のウクレレ・ライブの僕のソロ演奏を友人がビデオ撮影して、DVD-Rにして送ってくれた。

ソロで弾き語りした、イーグルスの「デスペラード」
だけが入っていると思っていたら、

メニューに
「Desperado」と「History」とふたつチャプターがあって、

「History」をクリックしてみると、ぼくの今までのソロ演奏の映像が入っていた。


2001年 Summer

1.Where is my love tonight? (ハワイアン)
2.ジェラス・ガイ(ジョン・レノン)
3.チキチータ(ABBA)
4.Lately (スティービー・ワンダー)




2001年 Winter

1. New York State of Mind (ビリー・ジョエル)
2.Night & Day (コール・ポーター)




2002年 Winter


1. Something (ジョージ・ハリスン)
2.When My guitar Gently Weeps (ジョージ・ハリスン)


8曲、23分ぐらいのぼくのソロ演奏が入っていた。

2003年は、ウクレレ、ベース、ドラムスを中心にしたバンド活動 をやっていたし、

2004年は、ウクレレ弾き語りと、ウクレレ・アンサンブルをやっていたので、
純粋なウクレレ・ソロのぼくの歴史が刻まれていた(大げさか)


2001年のSummerの演奏は、4曲とも、今の自分には
聴くに堪えない
ほどヒドイ演奏だ。でも、あの時はじめてウクレレという楽器を手にして、はじめて人前で演奏した時の映像だから、とっても貴重だ。

ウクレレを2本持ち替えて、音色やシャープさの違いを出していたつもりだが、あんまり違って聴こえない。そもそも、ゆびがもたもたしていて、みていてはらはらするというか、ほんとに聴くに堪えない。

でも、これが原点なんだよなあ。


2001年のWinterは、

ウクレレをラインでつないでいて、とてもいい音がしている。
でも、演奏はちょっと今ひとつ。
でも、半年後にこれなら、案外上達したのかもしれない。


2002年のWinterは、

演奏はまあまあだが、ラインでとった音が、シャキシャキしていて、あんまりウクレレらしくない。ちょっともたいないなぁ。


今、ここに列挙した曲で、今でもすぐに弾けるのは、

Lately (スティービー・ワンダー)
Night & Day (コール・ポーター)
Something (ジョージ・ハリスン)
When My guitar Gently Weeps (ジョージ・ハリスン)


ぐらいで、あとは全然忘れちゃっている。


ビリー・ジョエルの「New York State of Mind」
は、いい曲だし、もう一回、最初から練習しようかなァ。

この曲は、2001年の9.11のテロに対して、
僕の大好きなNew Yorkのスピリットがまだ生きていることを願って演奏した曲だ。チァリティ・ライブでも弾いた。

でも、最近はなぜか弾かずにいた。もう一回、弾いてみようと思う。
それにしても、全体的に、へたくそだなぁ。

これに比べれば、歌がある「デスペラード」の弾き語りのほうが、なんとかましに聴こえる。

でも、歌う時、声を発声しっぱなしで、声が消えてゆくまでちゃんと後始末をしていない ところが、自分の欠点としてよくわかる映像だ。
観るのはつらいが、勉強になる。

今までの、ソロ演奏の映像を撮影して、今まで保管していてくれて、今回編集してDVD-Rにしてくれた友人に
感謝 だ。
彼もウクレレ弾きで、1回、One Night Onlyのウクレレ・レゲエ・バンドで共演してくれた友人だ。あの時の練習はきつかったね。

またいつか、一緒にやりたいね。


これとは別に、横浜の赤レンガ倉庫のライブで、一緒にアンサンブルを弾いた仲間が、ビデオを送ってくれた。ダンナと僕たち7人で演奏しているところを、奥さんが撮影してくれたものだ。

はっきりいって、このときの自分の演奏は、前半はめためただったのだが、全員が一緒に弾いているので、案外見た目にはわからない。
後半の演奏は、なぜか調子よくできたのだが、後半の速弾きのところは、自分達でも驚くほど速く弾いているのが分かった。

後半部分で、2回ほど、お客さんたちが、「お~~ぉ」といって驚いている歓声が入っていた。

全員の演奏は、途中でばらばらに崩れそうになりながら、ちゃんと元に戻って、みんなのリズムがあっているところは、ミラクルだ。
みんなで、呼吸をあわせていつも練習していたのと、ステージ上でのアイコンタクトのたまものだ。

リーダーがカウントを出しているんだけれど、それでちゃんとみんなが元に戻ってぴたっと決まっている。


僕の演奏はけっして満足できるものではないことは、自分でもよくわかっているが、お客さんの目線になってみてみると、全体としては、案外楽しめる演奏になっていたかもしれない。

自分達の演奏が終わって、みんなで、スタンディング・バーで、
ハワイのビール を飲みながら歓談しているところがなんとも微笑ましかった。

また、みんなで一緒に演奏しようね☆







最終更新日  2005年01月21日 16時32分53秒
コメント(8) | コメントを書く
[ウクレレ・ハワイ音楽・沖縄] カテゴリの最新記事


PR

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

フリーページ

コメント新着

 背番号のないエース0829@ Re:小室 「安室奈美恵 Never End」に、上記の内容…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) wanneer moet ik cialis innemencialis wo…
 http://viagraky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) riesgos del viagra en adolescentes &lt…
 madoka@ Re[2]:ハワイの歌姫テレサ・ブライト沖縄音楽を歌う(07/04) >「それで、ビギンも何かもらえるのかな…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

Vera / Bring the Bo… New! ken_wettonさん

父ちゃんの開拓物語 開拓父ちゃんさん
「歌う」のが、好き 佑【Yuu】さん
日々なるサウンドト… BASSMAN SYBさん
夢のかけら☆ヾ カリンさん9357さん

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.