1304695 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラスタ・パスタのレレ日記

2005年03月01日
XML
先日の日記で、ウクレレ電化作戦の話を書きましたが、
ことはそう簡単にはいきませんでした。


ぼくが持っているコンサート・サイズのロングネックのウクレレ(15フレットジョイントで、かなりめずらしい)

は、もともと、ピッチもよく、シャープな音がしていたのですが、
一昨年の夏、逗子マリーナで開催されたウクレレ・ピクニックにウクレレ・バンドで参加するため、急遽、電化しました。

アコースティック・ギターなどではよく使われている、
フィッシュマンのウクレレ用ピックアップ・マイクで、

サドルの下(弦をブリッジにくくりつけている下のところ)に入れ込むタイプです。

これに、ボリューム・コントロールをつけて、逗子マリーナの野外ライブは無事、演奏できました。


ところが、使っているうちに、アンプを通した時など、音がシャリシャリ・キンキンするし、すごくよかったはずの弦のピッチやサステインもちょっと悪くなったようにずっと感じていました。

ウクレレはギターと違って、弦が短いので、正確なピッチにするのがむつかしく、
また、ボディも小さいのでサステインが短いのが特徴です。

それで、ころころした音がして可愛い、というのもありますが、
やっぱり電化したからには、サステインは長いほうがいいし、ピッチが正確であるに越したことはありません。

余談ながら、エフェクターなどはギターで使うことを想定して作られていますので、ウクレレでエフェクターを使った場合、思ったような効果が出ない場合も多いです。

ですから、ウクレレの音を電化で作るというのは、実はものすごくたいへんなことで、プロでも、それを完全に研究しきった人がいない、というのが実情です。

そこで、悩んでいた時に、某ウクレレ・メーカーさんで、「ウクレレ電化祭り」があるので、喜び勇んで行って来ました。

そのことは前の日記に書きましたが(トラックバック参照)

今ある、サドル下のフィッシュマンのピックアップ・マイクを生かして、さらに、ボディの裏側にあたらしい貼り付けタイプのピックアップ・マイクを取り付け、ふたつのマイクが拾う音のバランスを調整するバランサーをつければいい、ということがわかって、さっそく加工をお願いしたのです。

新しいマイクとバランサーと工事費が、特別セール価格だったので、お願いすることにした、というのもありました。

ところが、某メーカーさんから連絡が来て、ぼくが前にサドルしたにつけてもらった(別の楽器屋さんで)ピクアップ・マイクは、サドルに張り付いていて、出力が弱く、あたらしいピックアップ・マイクを付け替えないとダメだ、

ということで、なんと新品マイクを2つつけたのと同じ値段、最初のお徳価格の倍の値段を言ってきたのです。

おいおい、この前、現在ついているピックアップ・マイクで、真空管のアンプにつないで、みんなの前で演奏したら、ちゃんといい音が出ていたじゃないか。

後から、参加した人に聞いても、

「パスタさんのウクレレの音が一番、バーンと前に音が出てきていて大きな音がしていた」と証言してくれます。

だから、前のサドル下のマイクの音量が小さいという理由はおかしいぞ、と思い問い合わせしました。

ツイン・ピックアップ・マイクにするのに、お徳価格の倍の値段がしちゃうのなら、現状をいじらないで、そのお金で、なかなか評判がいいギターのテレキャスターのカタチをしたウクレレ(ピックアップ・マイク付き)を買ったほうがいいくらいだ、と思っていたら、

なんと、ひとに確認をしないうちに、

「もう、バランサーの穴を開けてしまったんです」という返事。

思わず、絶句してしまいました。
なんで、値段が倍になるのに、加工していいかどうかの返事を聞かないで、ウクレレに穴をあけるんだ、このやろう、と私にしてはめずらしく頭にきたのですが、

「とにかく音を聴きに来てください」

というので、会社を早めに出て、今日、私のいとしいウクレレが、かってに手術を途中までされちゃった状態を見に(聴きに)行きました。


ところが、担当の方はすごく丁寧で人当たりの言い方なのですが、気をまわしたのか、私のもともとのフィッシュマンのピックアップ・マイクを生かすカタチで、予算内で加工してくれていました。

じゃあ、音量うんぬんはどうしたのかというと、私のウクレレのサドルの材質がやわらかくて、弦の振動を拾いにくいので、「硬い材質に変えて調整しました。」

とのこと。今回は、ツインにするのをやめて、シングル・ピックアップで、しばらく様子を見ようと思っていたのですが、最初のセール価格の予算内で、うまく調整してくれていたのです。

ウクレレのボディには、音量を調整するボリューム・コントロール(これはもともとついていた)と、サドル下のマイクと、ボディの裏のマイクのバランスをコントロールするバランサーというつまみが新たについています。

サドル下 vs ボディ裏 のマイクの比率を

1対0にすると、弦の音だけひろって、音はクリアーですが、音量が小さい(ボディの共鳴をひろわないから)

逆に

0対1 にすると、ボディの振動を全部拾っちゃうので、音は大きくなりますが、指でボディを触る音までひろってしまいます。

これで、両者のバランスをとるのですが、

サドル下 対 ボディ裏 をだいたい
8 対 2 ぐらいにすると、すごくいい音がします。

素晴しいじゃないか、と思っていたら思わぬ落とし穴が待っていました。

サドルを硬い材質に変えて調整しているため、ピッチがかわってしまったのです。

それでも、2弦、3弦、4弦はすごくピッチがいいのですが、
一番高音を出して、メロディを弾いたりする1弦のピッチがくるってしまいました。

ぼくの、このウクレレは、1弦のピッチのよさと、サステインの長さが売り物で、そこが結構なお値段だったウクレレくんに出会って、ほい、と買ってしまった理由のひとつだったので、すごいがっかりです。

で、これを直すには、フレットを調整しないといけない、ということなのです。

ウクレレは、十分乾かした木を使っているとはいえ、時間がかかるので、実は完全に乾燥しきらないうちにウクレレを製作してしまうのが常で、(機械をつかって乾燥をはやめているメーカーもあります)

年数をへてくると、だんだん楽器が乾燥してきて、その結果、ネックやボディなどが、すこしうねったように微妙に曲がってくることが多いのです。

さっきの話と一緒で、ギターほどネックやボディが大きいわけではありませんので、この乾燥によるゆがみは、音に影響します。とくにピッチの正確さに影響します。

ですから、ウクレレは、買ってから、ずっとそのままにしておくのではなくて、いつも弾いてあげることで、だんだん音の鳴り方がよくなってくる一方、何年かに1度は、リペアをして、調整してあげる、ということが行われています。

しかし、これをちゃんとやっていると、いいウクレレほど、年月がたつに連れて、いい音が鳴るようになるのです。

いわば、ウクレレは生きているのです。

で、このフレットの調整にまた、お金がかかる、というのです。

しかし、ここまできいて、1弦のピッチが悪いというよるは、はっきり言って7フレットの前後で音がビビルのは許せません。

とくに、ソロ楽器として使う場合は、非常に多く弾く場所なので、なおさらです。

それで、あらたに「びびり」を直す、フレットの調整のお見積もりをお願いしました。

また、とんでもない予算をいってきませんように。
はやく、かわいいウクレレくんが手元に戻ってきて、
いつものように、いい音で、抜けがよく、サステインがきいた、ピーンという音が出る、もとの姿に戻りますように。

こればっかりは、リペアの方の腕を信じるしかありませんね。

ああ、やっぱり、ウクレレの電化作戦、一筋縄ではいかないようです☆






最終更新日  2006年01月18日 19時07分54秒
コメント(20) | コメントを書く
[ウクレレ・ハワイ音楽・沖縄] カテゴリの最新記事


PR

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

フリーページ

コメント新着

 背番号のないエース0829@ Re:小室 「安室奈美恵 Never End」に、上記の内容…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) wanneer moet ik cialis innemencialis wo…
 http://viagraky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) riesgos del viagra en adolescentes &lt…
 madoka@ Re[2]:ハワイの歌姫テレサ・ブライト沖縄音楽を歌う(07/04) >「それで、ビギンも何かもらえるのかな…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

Vera / Bring the Bo… New! ken_wettonさん

父ちゃんの開拓物語 開拓父ちゃんさん
「歌う」のが、好き 佑【Yuu】さん
日々なるサウンドト… BASSMAN SYBさん
夢のかけら☆ヾ カリンさん9357さん

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.