1294597 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラスタ・パスタのレレ日記

2007年06月13日
XML
チュラマナの2枚目のCDが出た。

「内面の美しさ」を沖縄の言葉では「チュラ」といい、
「すべてのモノに宿る魂(パワー)」をハワイ語で「マナ」という。

沖縄とハワイが溶け合って、「チュラマナ」という女性ボーカル・デユオが結成されて2年目。

フラを踊り、ハワイの文化を愛する上原マキさん、
沖縄のある種、カリスマ的女性歌手、宮良牧子さん、

日本におけるハワイ音楽の第一人者、山内雄喜(スラックキー・ギター、リゾネーター・ギター、ウクレレ他)さんと、
元TINGARAのゲレン大嶋(三線)さんをバックに

第一作目以上に「ハワイ」と「沖縄」音楽の融合をおしすすめた結果、「チュラマナ」はあらたな「楽園」音楽を生み出した、と思う。

チュラマナCD
チュラマナ/楽園の虹
《送料無料》チュラマナ/楽園の虹(CD)
【送料無料選択可!】楽園の虹 / チュラマナ
楽園の虹


収録曲は

01.ヒイラヴェ Hi‘ilawe ~ 赤田首里殿内
02.アロハ・オエ Aloha Oe
03.美らマナ
04.花 ~すべての人の心に花を
05.Mana
06.海の女王 Rainha do mar
07.プア・マエオレ Pua Mae‘ole
08.安里屋ユンタ
09.心に虹を
10.天架きる橋
11.パウオア・リコ・カ・レフアPauoa Liko Ka Lehua
12.夕焼けの庭


最初の曲、
『ヒイラヴェ Hi‘ilawe ~ 赤田首里殿内』

では、端的に「ハワイ」 X 「沖縄」の掛け算がされている。

まず、ハワイのスラックキー・ギタリストの伝説、ギャピー・パヒヌイの演奏でも有名な『ヒイラヴェ』が、

山内さんのスラックキー・ギターで始まり、ゲレン大嶋の三線と、
フラでよく使うひょうたん型のIPU(イプ)のようなパーカッションの音が入り、上にふわ~~とエコーのように広がる上原マキのボーカルが入る、

それが、途中で、宮良牧子の歌う、沖縄民謡『赤田首里殿内』になり、
上原の歌う『ヒイラヴェ』と宮良の歌う『赤田首里殿内』が交互に何回か、何の違和感もなく歌われ、島太鼓の音をきっかけに、二人がそれぞれの曲を同時に歌って曲が終わる。

この不思議な融合感覚。


2曲以降は、
前作同様、「沖縄の歌だから石垣出身の宮良が歌う」、という単純な構造ではなく、ハワイを愛し素晴しいフラを踊る上原が、(ステージでは踊りながら)沖縄の歌を歌い、あるいは、沖縄出身の宮良がハワイ音楽を歌い、バックでは、三線がトツトツとサステインのない沖縄音階の単音メロディをつまびく。そこに山内雄喜さんが、びよ~んとゆるんだスラックキーギターを弾く。この不思議な感じ。

この魅力は本作品でも健在だ。例えば、
2曲目の『アロハ・オエ』では、

リリオカラニの有名なこの曲を、
まず宮良が、こぶしのきいたハワイ語で歌い、次にスラッキー・ギターが入り
ベースと三線、それから山内が指の腹でウクレレを弾いているようか軽さで、ジャワイアン(ハワイアン+ジャマイカ=ハワイのレゲエ)のリズムを作り出すと、もうこれは

極上の楽園ミュージックとなる。



4曲目の『花 ~すべての人の心に花を』は、

喜納昌吉の名作だが、今度は逆に、
上原がこの沖縄の名曲を、ふわ~~っとしたさわやかな声で歌う。そこに山内のリゾネーター・ギターがびよ~~ん、とした立ち昇るサウンドでバックをつける。
このへんは、山内雄喜と上原マキが創り上げてきた「ハワイアーナ」の世界に近い。

♪泣きなさい、笑いなさい。。。♪

という最初のかたまりまで、上原が歌いきる。

山内のスラックキー&リゾネーター・ギターのバックはそのままに、今度は宮良牧子がボーカルをとる。

三線のとつとつ、とした音とともに、サウンド全体がゆっくりした上昇気流に乗っかっていくような感じで進む。


ここで、上原マキのハワイ語のチャントが入り、
宮良牧子がボーカル
上原マキのボーカル
と続き、
宮良牧子のボーカルがメインで、
上原(&たぶん宮良自身の)コーラスが重なっていく。

『花 ~すべての人の心に花を』をベースにしながら、従来の沖縄の「花 ~すべての人の心に花を」とは、まったく別の肌触りの楽園音楽がここにある。


今回のCDでは、沖縄、ハワイだけではなく、ブラジルの音楽が取り上げられている。

5曲目の『Mana』
6曲目の『海の女王 Rainha do mar』
がそうだ。

『マナ』では、

山内雄喜のスラックキー&リゾネーター・ギターが創り上げる
幽玄ともいうような、リゾート・サウンドに、
上原が歌う。

ところが、この曲、クレジットには
「ブラジル北東部の伝承曲だが、何語で歌われているかがよく分からないので訳詩が出来ません」とある。

そこに、上原マキのハワイ語のチャントが続く。

ブラジルの音楽だが言語が分からない、けれども、ハワイ語のチャントと違和感なく融合し、最高の癒し、ヒーリング・ミュージックになっている。

まさに、第3の楽園音楽。

6曲目の『海の女王 Rainha do mar』では、

今度は宮良が、三線とスラックキー・ギターをバックにブラジル音楽を、こぶしのきいたポルトガル語で歌っている。


7曲目の『プア・マエオレ Pua Mae‘ole』

の、宮良が歌うハワイ語、
ベース、ストリングス、パーカッションが作り出す壮大な音空間。
ゆったりとした休日の午後、楽園の午後
このまま、ず~~っと眠っていてもいいんじゃないか、と思わせるようなサウンド。

宮良牧子のボーカルの聴かせどころでもあるし、
最高の楽園音楽でもある。

しかし、今回のCDを、さらに特別にしているのが、
上原、宮良、それぞれが作詞・作曲した

9曲目の『心に虹を』
12曲目の『夕焼けの庭』

にあるのではないかと思っている。
この2曲は、ぼくは対になっているのではないかと思うが、

『心に虹を』は、
上原マキが作詞作曲し、詩をハワイ語に訳して歌っている。

宮良がここでは三線ソロをとるちょとした可愛らしい小作品だが、(ビートルズで言えば、「I Will」のような)

上原がハワイ語で歌う歌詞は、
「自分の人生、これでよかったのかなぁ、と思い悩んだ時は、
原点に戻ってみよう。そこでは、まっすぐに頑張ってる昔の自分に出会うはずだから」

というような内容。

そして最後のフレーズだけが日本語の歌詞で
♪心に虹を♪

と歌われて、終わる。これは、あくまでも私の推測でしかないが、この歌詞の内容は、上原マキ自身が経験してきた悩みや迷いと、それにどう自分で答えを出してきたのか、という実人生がつまっているのではないかと思っている。

それを、非常に軽やかにさりげなく歌ったこの歌は、だからこそ、とても心に突き刺さる。


12曲目の『夕焼けの庭』は、
宮良牧子の作詞・作曲だが、まず上原が歌う。

♪夕焼けの庭に咲く、夏の日、
忘れて欲しくないと、思うのに♪


宮良にボーカルが代わって歌われる。

ピアノとスラッキー・ギター、三線の牧歌的な伴奏のあと
再び、上原マキのボーカル。
まるで、オーボエのような宮良牧子のバックボーカル。

♪埋もれかけた記憶の中、一人帰る、
忘れてしまうだろう、遠い夏の日。
何でもない一日♪


いい意味で、NHKみんなのうた、で取り上げられてもいいよな、
童謡のような優しい歌。

ひとは、子供のころ、どれだけ、家族や友だちとの
「忘れてしまうだろう、遠い夏の日、何でもない一日」
を積み重ねてきたのか。

それによって、その後の人生で、どれだけ心の平和や愛を育てていけるのか

ぼくは、そういう風に思うし、深読みかもしれないけれども、そういうメッセージが歌いこめられているように思う。

だから、この「チュラマナ」の第2作『虹の楽園』は、

「沖縄」x 「ハワイ」=「あらたな楽園音楽」

という図式を越えて、もっと大きなものをさりげなくつめこんだ、
とっても心に優しい「音楽」であると思う。

ハワイ音楽、沖縄音楽、楽園、癒しを求める人はもちろんのこと、
「こころの乾き」を感じている人に、ぜひ聴いてもらいたいと思う。
こんなに素直に童心に戻って、感動できる音楽は、そうめったにないと思う。

オススメです。










最終更新日  2007年08月14日 11時18分59秒
コメント(4) | コメントを書く
[ウクレレ・ハワイ音楽・沖縄] カテゴリの最新記事


PR

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

フリーページ

コメント新着

 背番号のないエース0829@ Re:小室 「安室奈美恵 Never End」に、上記の内容…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) wanneer moet ik cialis innemencialis wo…
 http://viagraky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) riesgos del viagra en adolescentes &lt…
 madoka@ Re[2]:ハワイの歌姫テレサ・ブライト沖縄音楽を歌う(07/04) >「それで、ビギンも何かもらえるのかな…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

David Gilmour with … New! ken_wettonさん

父ちゃんの開拓物語 開拓父ちゃんさん
「歌う」のが、好き 佑【Yuu】さん
日々なるサウンドト… BASSMAN SYBさん
夢のかけら☆ヾ カリンさん9357さん

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.