1317859 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラスタ・パスタのレレ日記

2008年04月22日
XML

その1から

1960年代から、ソウル系、R&B系のセッションに引っ張りだこで、
アレサ・フランクリンダニー・ハザウェイクインシー・ジョーンズなど、その道の偉大なシンガーのレコードでギターを弾いている。

スタッフやガッド・ギャングで、そうしたソウル、R&B系をベースに独自のフュージョン・ミュージックを作って来たといえる。
今は無き、スタッフ時代の朋友、エリック・ゲイルは、どちらかというともう少しジャジーなギターを弾く。このふたりのいたスタッフというユニットはあらためて偉大だったと思う。

さて、「Tee」でも、ロニー・キューバーのバリトン・サックスが大活躍で、これで、コーネル・デュプリーのバンドのサウンドがソウルフルなベースの上にに、さらにファンキーな要素を付け加えている。

バリトン・サックスの咆哮するようなソロは、ほんとうに聴いているだけでぞくぞくする、破壊力がある。

3曲目は、意外な選曲だった。コーネルがMC。

「次の曲は、ジョーザヴィヌル(ウェザーリポートのリーダーで、最近亡くなった)が、キャノンボール・アダレイ(ジャズ・サックスの巨人)のために書いた曲、
<マーシー、マーシー、マーシー>

思わず、コーネルと一緒に、曲名を口に出して言ってしまったくらい、嬉しい選曲だ。

演奏は、非常に粘り強いグルーブで、
ロニー・キューバ(bs)、ピアノ、ギターのソロを存分にフィーチャーしているのだが、

そのそれぞれの職人芸のようなプレイと全体の心地よくかつファンキーなグルーブはもうたまらない。

4曲目は、ロニー・キューバがMCをした。
「スティーブ・ガッド(ds)の曲で、<My Little Brother>」

コーネルもロニーもスティーブ・ガッドのバンド「ガッド・ギャング」で演奏していたので、それにちなんだ選曲かもしれない。

この曲では、コーネルは脇役に回って、普通のギター・カッティングをしている。

主役はロニー(bs)だが、音がバカスカ動き回るバディ・ウィリアムスのドラム・ソロも見事だった。


5曲目は、MCがふたたびコーネル。

「次の曲は、Over Thirty(30歳以上の人)ならおなじみの曲だろう」と言って、曲名を教えてくれない。

しかし、聴き覚えのあるメロデディ。
歌詞が頭に浮かんできそう。「Honey」かな。。

いや違いました。60年代のヒット曲「Sunny」でした。

こうした歌モノは、やはり抜群にコーネルが上手い。
まさに、コーネルのギターが歌っている。コーネル・デュプリーの歌心というか、メロウな一面を聴かせてくれた。
ソロも、コーネル⇒ロニー⇒ピアノ⇒コーネル
と次々に展開していく。

6曲目は、「古い曲をやります」といって、いきなり始まった。
ロニーの渋く低い音域のソロに、コーネルのギターが裏に入る。
曲名は
「Honky Tonk」だった。

コーネル・デュプリーは、MCであまり多くはしゃべらないが、少ない言葉の中でも、ゆったりとした動作とともに、非常にユーモアがある。

7曲目は、

「We gonna play something.」と言ったので、

てっきり「(次に)僕たちは「ある曲」を演奏します」と言ったのだと思った。
観客の多くもそう受け止めたようで、笑い声があがる。

ところが、演奏がはじまると、それは正真正銘の
「Something」

ジョージ・ハリスンがビートルズの時に書いた曲だった。

ロマンティックなギターのメロディ、
ロニーのファンキーなバリトン・サックス。

コーネル・デュプリーとSoul Survivorsのサウンドは、

ソウルフルでファンキーなばかりではなく、ソフト&メロウでもあったのだ。
まさに、Pop、ソウル、R&B、Blues、ファンクの全てが混ざり合った音楽。
まさに、言葉の正確な意味においての「フュージョン」ミュージックだ。

その3に続く







最終更新日  2008年05月12日 13時47分42秒
コメント(2) | コメントを書く
[フュージョン、AOR、ワールドMusic] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:コーネル・デュプリー・ライブ2!(04/22)   東屋小雪 さん
いろんなタイプの音楽が混ざり合ったような・・・それって、万人のツボをおさえられるってことですよね?

たいてい、同じ系統に走り易いとおもうんですよ・・・こういうのって。
でも、いろんな音楽の系統を織り交ぜていくなんて・・・素晴らしすぎる!!!

ロック系 バラード系 ラテン系の混在、、、なら サザンかな?と勝手に思っている私。
私がサザンを飽きずに聴いているのは、マンネリにならずにタイムリーにMyツボにジャストミートするからなんだなぁ~と思うんだ。。。

幅広く音楽を表現できるって ステキ!!! (2008年04月25日 19時56分04秒)

 Re[1]:コーネル・デュプリー・ライブ2!(04/22)   パスタおやま さん
小雪さん、こんにちわ。

>いろんなタイプの音楽が混ざり合ったような・・・それって、万人のツボをおさえられるってことですよね?

混ざり具合にもよるんですが、それが絶妙のブレンドです。

>たいてい、同じ系統に走り易いとおもうんですよ・・・こういうのって。

そうですね。その道、一筋、悪く言えばワンパターンのひとは多いですよね。

>でも、いろんな音楽の系統を織り交ぜていくなんて・・・素晴らしすぎる!!!

ほんとに素晴らしいです。

>ロック系 バラード系 ラテン系の混在、、、なら サザンかな?と勝手に思っている私。
>私がサザンを飽きずに聴いているのは、マンネリにならずにタイムリーにMyツボにジャストミートするからなんだなぁ~と思うんだ。。。

サザンもいいですよね。サザンもやっぱり、根底に、自分たちが子どもだった頃、学生だった頃の洋楽の影響がありますよね。

そこに、あたらしい「和」であったり「エロ」であったり、「波」であったり、オリジナリティを付加しているような感じですね。

>幅広く音楽を表現できるって ステキ!!!

素晴らしい、ぼくもこういう音楽が大好きです。

(2008年04月30日 17時36分53秒)

PR

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月

フリーページ

コメント新着

 背番号のないエース0829@ Re:小室 「安室奈美恵 Never End」に、上記の内容…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) wanneer moet ik cialis innemencialis wo…
 http://viagraky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) riesgos del viagra en adolescentes &lt…
 madoka@ Re[2]:ハワイの歌姫テレサ・ブライト沖縄音楽を歌う(07/04) >「それで、ビギンも何かもらえるのかな…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

Woman (Live - Retur… New! ken_wettonさん

父ちゃんの開拓物語 開拓父ちゃんさん
「歌う」のが、好き 佑【Yuu】さん
日々なるサウンドト… BASSMAN SYBさん
夢のかけら☆ヾ カリンさん9357さん

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.