1291987 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラスタ・パスタのレレ日記

2008年07月19日
XML
テーマ:ハワイ生活(908)
ウクレレの神様、オータさんのCDが、今年の夏も発売された。

普段はあまり、ハワイアンを演奏しなかったオータさんが、ハワイアンに取り組んだ、
『ハワイアン・スイート』『ハワイアン・タイム~ウクレレ・ソロ』
に続く、ハワイアン3部作、といってもいいのだけれども、
今回は、少し趣が違う。

というのは、今回は、「ハパ・ハオレ・ソング」という。いわば、伝統的なハワイアンではなく、米本土の白人向けに英語の歌詞で書かれたハワイアンソングスを取り上げていること。もちろんウクレレとギターのデュオなので、歌詞は関係なくなるのだが、
伝統的ハワイアンとは一味違う、アメリカ本土の観光客がハワイを「楽園」としてイメージしていた頃の作品。もちろん、だからといって、伝統的ハワイアン・ソングスに比べて劣っている、ということではなく、日本のぼくたちの大先輩たちもあこがれた名曲たち。


しかし、このCDの、もっとすぐれた特徴は、幼いころからの朋友、ナンドー・スワンさんとのウクレレ&ギター・デュオというところ。

このふたりは、昨年アントニオ・カルロス・ジョビンに捧いだ
「ウクレレ・ボッサ・ノーヴァ」
ウクレレ・ボッサ・ノーヴァ
を発表しており、このCDは、近年のオータさんのCDの中でも、大傑作だった。

そして、その後の、ナンドー・スワンさんとの日本ツアーも、これまた近年のオータさんのライヴの中でも、最も充実していた、と思う。

当然、このふたりのCDとライヴはハワイでも大評判、大好評であったらしく、
ふたりで今度は、ハワイアン音楽を録音して欲しい、という声があちこちから上がったらしい。

その期待の声にこたえたこのCD, しかし「ハパ・ハオレ・ソング」の曲を、当時のヒット曲風、またはハワイアン風に演奏することがまったくなく、どちらかというと、ゆるやかなオータさん流のジャズ・スウィングと、ボッサ・ノーヴァの曲調で演奏しているところが、やっぱりオータさんらしな、と思う。結局、何を弾いても、オータ・ミュージックにしてしまうそのマジック。

Hawaiian Mood中
《送料無料》オータサン/ハワイアン・ムード(CD)
オータサン/ハワイアン・ムード
【送料無料選択可!】ハワイアン・ムード / オータサン (ハーブ・オオタ)
ビクターエンタテインメント オータサン/ハワイアン・ムード
【CD】ハワイアン・ムード/オータサン
【ポイント3倍★22日am9:59迄】ハワイアン・ムード/オータサン[CD]
《送料無料》オータサン/ハワイアン・ムード(CD)


収録曲は

01 I'll Weave A Lei Of Stars For You
02 No Hu Hu
03 There's No Place Like Hawaii
04 Waikoloa (オリジナル)
05 Days Of My Youth
06 Analani E
07 Kawohikukapulani
08 Kama'aina Keiki (オリジナル)
09 E Maliu Mai
10 Princess Poo-poo-ly
11 For You A Lei
12 Hawaiian Lullaby
13 Stand On The Surfboad(オリジナル新曲)

1曲目の邦題「星のレイ」から、

どちらかというと、ミディアム・テンポで、まったりと心地よい曲が続く。
まったりと気持ちよいからといって、けっして簡単な演奏ではないのだが、
そうしたオータさんのテクニックは、ひけらかすことなく、音楽の流れを大切にした演奏。

ナンドーさんのギターも、ピックなしの、ウェス・モンゴメリー風の演奏。
昨年、来日した時に、握手したナンドーさんは、その年齢にもかかわらず、
筋骨たくましく、手のひらで力強く握り返してくれたのが印象的だった。

幼馴染のふたりが、ウクレレとギターで、気心知れた仲ならではの、胸襟をひらいて、ゆったりと語り合うさま。。
いつまでも聴いていたい心地よさ。
聴けば聴くほど、かめばかむほどに、その音楽のよさが染み出てくるような演奏である。

オータさんの息子であるジュニアとダニエル・ホーのデュオCDで、先日紹介した
「2 to THREE feet」がハワイのさわやかな風を連想させたのとは、対照的に、
なんか、けだるい夏の昼下がりを思わす楽曲たちと演奏。

そんな、「ハパ・ハオレ・ソング」10曲の中に、オータさんのオリジナル曲が3曲。

「ハパ・ハオレ・ソング」の名曲たちと、オータさんのオリジナル曲が、なんの違和感もなく続いていく。オータさんとナンドーさんの、ウクレレとギターの掛け合い、応酬はずっと聴き所ではあるが、それは決して戦いというものではなく、お互いがお互いを引き立て、寄り添い、補い合い、溶け合うような演奏。

ジャズっぽいフレーズが随所に出てきながら、それでいてハワイという土地と気候など風土のもつ心地よさが自然に表現された本作。やっぱり、ベテランでなくては、出せない味わいと深み。

ところが、ラストの『Stand On The Surfboad』だけは、新曲のオリジナルで、
ボサノヴァ調の曲調、なぜか、日本人好みの哀愁というか切なさが表現されている。

息子のジュニアの最新デュオ作が、夕暮れを思い起こさせる曲のあとの最後の曲が、ユーモラスで明るかったのとは、正反対に、

まったりとした昼下がりの曲想から、最後の曲だけは、哀愁とたそがれと、
なんか「いつか夏が終わる時が来る」といったような感情を湧き起こさせる。

とにかく、梅雨があけた日本、またひとつオススメのウクレレCDの登場です。






最終更新日  2008年07月24日 19時02分55秒
コメント(4) | コメントを書く
[ウクレレ・ハワイ音楽・沖縄] カテゴリの最新記事


PR

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

フリーページ

コメント新着

 背番号のないエース0829@ Re:小室 「安室奈美恵 Never End」に、上記の内容…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) wanneer moet ik cialis innemencialis wo…
 http://viagraky.com/@ Re:映画『崖の上のポニョ』♪(07/20) riesgos del viagra en adolescentes &lt…
 madoka@ Re[2]:ハワイの歌姫テレサ・ブライト沖縄音楽を歌う(07/04) >「それで、ビギンも何かもらえるのかな…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

Toyah & Robert Frip… New! ken_wettonさん

父ちゃんの開拓物語 開拓父ちゃんさん
「歌う」のが、好き 佑【Yuu】さん
日々なるサウンドト… BASSMAN SYBさん
夢のかけら☆ヾ カリンさん9357さん

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.