132297 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

特許事務所からの転職!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


patent_job_seeker

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

2012.04.06
XML
カテゴリ:転職に関して
patent_job_seekerの知り合いには、大企業から特許事務所に転職してうまくいっている人もそれなりにいる。
羨ましい話だが、一般的な日系の大手メーカーでは貰えないぐらいの年収を貰っている人もいる。

受験予備校の広告には「弁理士になれば年収1000万円、2000万円も可能!」という景気のいい宣言文句が並ぶ。
確かに、年収1000万円の人は少なからずいるし、2000万円超えている人もいる。
しかし、誰もが、ではない。
業界のことを知らない新規受験生は、誰もが年収1000万円や2000万円ではないとは思いつつも、自分は年収1000万円以上の側になれることを疑っていない。

ここで、大企業から特許事務所に転職してうまくいっている人の特徴を抽出すると、

1.特許事務所の仕事が向いていた
これが一番大きいのではないか。
その仕事が好きで、しかも才能があれば幸せなことだろう。

2.いい事務所に入った
ただし、いわゆるブラック事務所にいる人でも長く勤めている人もいるように、「いい事務所」の定義は難しい。
経営者に、まともな仕事を十分に取ってくる能力があってなおかつ、従業員から不当な搾取をしていない事務所は「いい事務所」の部類に入るのではないか。

3.前職は知財部ではない
大企業から特許事務所に移ってうまくいっている人は、前職が研究・開発である。
では、前職が知財部の人はどうなのか?
一般的に「知財部」というところはダメ人間率が高い。
研究・開発が向いていなかった人、精神的・肉体的に不調を来たして異動してきた人、上司と喧嘩して飛ばされてきた人、研究・開発を引退して定年までのんびり過ごす人、など。
知財ブーム(笑)の後の若手は優秀であるケースも少なくなく、彼らは特許事務所に移ってもうまくやれるのではないか。
ただし、知財ブームが去った今、特段の事情もないのに知財部から特許事務所に移る物好きはいない。

4.特許事務所は大企業の下請けであるということを受け入れている
これに反発する人はジレンマに陥る。
うまくいっている人は、下請けであるということを受け入れて逆らわない。
「それがどうした?」ぐらいの感覚なのである。

5.特許事務所に転職したのが概ね30歳ぐらいまでである
若いうちに特許業界に入った人の方がうまくいっている。
若い人の方が、仕事の飲み込みの早さや適応能力の高さがあるのかもしれない。
最近、弁理士試験の合格者の就職難が言われているがそれはまた別の機会に。

6.当然ながら理系である
弁理士業界では理系と文系では身分の差、年収の差がある。
特許をやるほうが仕事の単価は高いので理系の人の方が年収面では圧倒的に有利である。
受験予備校のズルいところは、理系と文系では差があることを伏せて、「弁理士」という括りで語り、文系を唆しているのだがこれも別の機会に。






Last updated  2012.04.08 00:17:02
2012.03.25
カテゴリ:転職に関して
面接で注意したほうがよい話題について。

1.件数自慢
特許事務所の人は「件数自慢」が好きだ。
なぜならば、特許事務所では「件数」=「売り上げ」=「年収」だからだ。
しかし、これは企業知財部への面接ではアピールにならない。
明細書作成は「一人でやる仕事」と見られている。
企業において、「一人でやる仕事」に対する評価は低い。
さらには、処理能力の速さしか売りがないのではという見方をされてしまう。
また、特許事務所の仕事自体を「下請けのやる仕事」と見ている。
面接で下請けのやる仕事の数をアピールしても相手のリアクションは薄い。

2.出願を増やしたい
特許事務所の人にとって「知財」=「特許出願」である。
代理人手数料ビジネスから脱却できないからである。
しかし、今のこのご時勢、企業は出願件数を減らしたい。
そこで、面接で「出願を増やしたいです!」などと言うと即アウトとなる。
出願件数を増やすという意味でなくとも、「出願に力を入れたいです」というのも止めた方がよい。
なぜならば、特許事務所の人間が「出願に力を入れる」という言葉を使うときは、「出願件数を増やす」と意味であるととられるからだ。

3.弁理士資格のアピール
特許事務所においては、弁理士と無資格者には身分の差がある。
しかし、弁理士資格を持っていることは企業の面接において有利になるとは限らない。
統計上、最近の弁理士試験の合格者の半数は「会社員」である。
大企業の知財部であっても、弁理士登録の費用どころか会費も負担しないところが増えている。
企業知財部には、弁理士登録していないだけで試験には合格している人が多数いる。
そこで、弁理士資格を持っていることをアピールしても無駄である。
それどころか、「弁理士登録をしている」=「会費が発生」=「コストがかかる」=「不採用」である。
また、面接官が弁理士試験に合格していない人だった場合は弁理士資格を持っていることを下手にアピールすると反感を買うこともある。

4.権利化業務に拘る
特許事務所の仕事は権利化業務しかないが、知財部の仕事は権利化業務だけではない。
それなのに、権利化業務ばかりに拘るのは視野が狭い人間だと思われる。
さらには、これだから特許事務所の人間は・・・という目で見られる。
発明者と特許事務所の間の伝書鳩と言われていた頃が懐かしい。

5.特定の分野の仕事に拘る
特許業界に限らず、自分のバックグラウンド(多くの場合は学生時代の専攻)に拘り続ける人が少なくない。
特許事務所と違って、大企業では異動がある。
権利化業務からライセンス業務や調査業務に異動になることもある。
希望する仕事から外れたとき、拘りの大きいと辞めるのではないかと疑われる。
なお、自分のバックグラウンドに拘り続け、特定の分野だけをやりたがるのは特許事務所すらお断りされるだろう。






Last updated  2012.03.25 21:42:43
2012.03.11
それは2009年の前半だったと思うが、今となっては記憶が定かではない。
ある日、勤務先特許事務所のクライアントの知財部員が3人連れ立って職場にやってきた。
媚びへつらう所長以下。
ふんぞり返る知財部員。
それもそのはず、事務所の売り上げに占めるそのクライアントの割合は4割。
クライアントに生存権を奪われた特許事務所はクライアントの言いなりである。

彼らがわざわざ何をしに来たのかというと、所員を一堂に集めての「特許事務所様へのお願い」と称した「新料金体系の説明会」だった。
つまり、「値下げします」ということを言いにきたのである。
「単価の切り下げ」、「中間処理発生時の応答案件の厳選(応答しないで放置する)」、といった値下げ話に所員たちはうつむき、泣きそうな顔をしていた。
それとは対象的にクライアント側は終始ヘラヘラして、その様子を楽しんでいるようだった。
そのコントラストがあまりに滑稽だったので見ていて噴出しそうだった。
patent_job_seekerは特許事務所に何の未練もなかったので、どこか他人事(転職先が決まるまでは全く他人事ではないはずなのだが)だった。
知財部員は、ここに来るまでにすでに他の特許事務所も回ってきて、どこでも同じような反応だったのだろう。

特許事務所様への一方的なお願いをした後、彼らはさっさと帰っていった。
すると、今回の話の内容をすでに知っていたはずの所長がニヤニヤしながら、「みんな暗い顔しているね~。大変なことになったねぇ~。」と言い出した。
完全に他人事のような口ぶりについにトチ狂ったかと思った。
勤務先の特許事務所は銀行への多額の有利子負債が存在し、赤字を解消するべく100万円単位で所員の年収の切り下げを行っていた。
その割りには、「顧問」と称して、新規案件年間20件ぐらいのためにどこかの知財部のOBを何人も受け入れていた。
さらには、所員に「企業の知り合いを自分に紹介しろ」と喚いていた。
何のリターンもないのに自分のコネを差し出すわけがないだろう。
強いて言うなら、「事務所に在籍させていただけること(笑)」がリターンということか。
なぜ所長が強気なのかというと、特許事務所の生存権を握っているクライアントが強気であるのと同様に、所員の生存権を握っているのは自分だと思っているからだ。
勤め先だった特許事務所にいた弁理士のうち、リーマンショック後に辞めたの弁理士は意外にも2割から3割に留まっている。
残った所員は、今もクライアントにコケにされて、所長にもコケにされているのだろう。






Last updated  2012.03.11 15:41:14
2012.02.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
特許事務所から「大企業の知財部」に転職活動をしてみてのおおまかな感想。
それ以外のケースの場合は考慮していない。
2008年後半から2009年までの経験に基づくので、2012年の現在はどうなのかは不明である。
転職サイトの求人情報を見て雇用情勢を感じることはできるが、やはり自分が転職活動の当事者にならないと分からないことは多いだろう。

1.求人数
転職エージェントの話だと、全業種を平均して、転職活動をしている人が転職先を見つけるまでに平均30社応募しているそうだ。
書類選考に通過する確率が1割~2割、面接を通過する確率が2割~3割だそうだ。
そして、知財部を含む管理部門系はもともとの求人が少ない。
実際、求人票に採用人数「1人」となっている場合がほとんどである。
エージェントの元に来る「非公開求人」の場合でも、他のエージェントにも求人を出しているので、全体で30倍から50倍ぐらいの競争率になるそうだ。
「非公開求人」でそのくらいなので、インターネットに社名とともに公開されているような大企業の求人については推し量ることができよう。
なお、知財部員が100人を超えるような企業の場合は、「権利化系」と「ライセンス系」とに系統が分かれている。
特許事務所からライセンス系に行くことはより難しいので期待してはならない。
某機械メーカーは「ライセンスの経験を5年以上」と明確にしていた。

2.業界
そのときの景気によって求人数が多い分野(業界)とそうでない業界がある。
リーマンショック前までは電気系が人手不足だったが、リーマンショック後は電気系の求人は非常に少なかった。
patent_job_seekerは電気系だったので求人数の少なさを実感した。
業界に対するこだわりよりも企業名や企業規模に対するこだわりのほうが大きかったので、異業種であっても応募していた。
業界にこだわる人で、その業界の求人が少ない場合は長期戦を覚悟する必要がある。

3.年齢
転職活動一般的な話として若い方が有利であるが、募集しているポジション次第である。
エージェントの話だと、「知財は年齢が高くても比較的採用される職種」だそうだ。
確かに、マネージャークラスの求人もチラホラ見かけていた。
特許事務所にいると、企業側が期待するようなマネージメントの経験は身に付かないので、事実上スタッフクラスの枠でしか採用される見込みはない。
よって、35歳が一つの区切りではないか?

4.実務経験
某自動車メーカーのように、「特許事務所の経験は不可」と求人票に明記しているケースもある。
明記していなくても特許事務所の経験のみの人は書類で落としているケースは少なくない。
エージェントの話だと、「企業は特許事務所を見下している。『特許事務所の人は止めて下さい』と言ってくることもある。」そうだ。
残念ながらそのようなスタンスの企業に採用される可能性は非常に低い。
特許事務所の経験でも可能な企業もあるので根気よく探すべきだ。

5.実務経験の年数
特許事務所の経験が長くても評価は変わらない。
5年を超えたら飽和すると思っておいたほうがよい。
一般に転職回数が多いと転職は不利になり、一箇所で長く勤めていることは高評価になるが、特許事務所の場合は長く勤めていることが必ずしも高評価にならない。
しかし、特許事務所を転々とすることはマイナスである。
特許事務所の仕事とは、「一人でやる仕事」という見方をされているので、特許事務所が長いとコミュ力を疑われる。
企業が評価するのは、「他の人と協力して仕事をした」という経験である。
明細書作成の経験しかない場合は仕事の広がりがないため苦戦する。
もし、訴訟や審判(拒絶査定不服審判以外)の経験があるのならば、書類にその旨を書いてアピールするべきだ。






Last updated  2012.02.27 21:51:12
2012.02.11
カテゴリ:転職に関して
特許事務所のホームページを見ると「お客様との信頼が~」、「品質を重視した~」などと、中身のない記載が目立つ。

弁理士会のホームページに掲載されている求人情報は要注意だ。
掲載がタダなので、採用する気もないのに延々と求人情報を掲載している事務所が多いようだ。
単なる宣伝目的である。
実際、毎回掲載されている事務所は同じ顔ぶれである。

弁理士会のホームページに載っている求人情報を見て特許事務所に応募した知人は、書類を送っても全く連絡がなくそのまま放置というケースがほとんどだったそうだ。
連絡が来たとしても、応募から数ヵ月後だったり。
さらに、面接に行っても、その後全く連絡なしというケースも多かったそうだ。
新卒採用では不採用の場合は連絡なしのケースが多い大企業でも、転職エージェントがいい加減なケースの除けば、中途採用で放置は少ない。

特許事務所のようなチンケな小さい組織で選考に時間がかかるわけがない。
採用決定に役員決済が必要な大企業と違って、所長の一存で採用が決まるのに、なぜそんなに時間がかかるのか?
そして、選考の結果を連絡しないのは失礼だとは思わないのだろうか?
それに、応募者が将来的に特許事務所をいじめる側クライアントの知財部に行くことがあると予想できないだろうか?
もしそうなったら、事務所いじめの格好のターゲットになる良好な関係が築けなくなると想像できないのだろうか?

そういう「だらしなさ」が特許事務所がダメな理由ではないかと思う。
だらしない特許事務所が「信頼(笑)」や「品質(笑)」を語ること自体がアホなのである。

なお、上記知人は、結局特許事務所に転職することは諦め、独立の道を選んだ。
だが、ことある毎に「○○特許事務所は連絡もよこさず失礼だった」、「△△特許事務所からは放置された」と話している。
特許業界というのは狭い業界である。
特に特許事務所の悪口は盛り上がる話題である。
悪い噂が広まりやすいということをなぜ想像できないのだろうか?
クライアント側の耳に入ることも予想できないのだろうか?






Last updated  2012.02.12 01:35:30
2012.02.05
カテゴリ:転職に関して
patent_job_seekerが新卒の就職活動をしていたころは、就職氷河期だった。
その頃から、書類選考は「大学名」と「専攻名」で決まるという認識であった。
書類選考で落ち続けるのはFランだけだと思っていたし、実際自分の周りで書類選考で苦戦する学生は皆無であった。
ところが、特許事務所から大企業の知財部へ応募すると書類すら通らない。
書類で落ちるのが当たり前。
Fランになった気分であった。

patent_job_seekerは、旧帝大理系修士卒、TOEIC920点、弁理士資格、前職は大企業の研究開発職、であった。
しかし、書類すら通らなかった。
自分の市場価値がどれだけ暴落したか思い知らされた。
ただし、「大企業の」知財部に拘らなければ結果は違ったかもしれない。
転職活動で重視したのは「大企業に戻る」ということだったので曲げるわけにはいかなかった。

特許事務所に転職しなければよかったと後悔するばかりだった。
同じような条件で、特許事務所から大企業の知財部へ転職を考えている人は、転職活動は甘くないと認識してほしい。
当然ながらこれより劣る条件の人はもっと苦戦する。

書類の作成については、転職エージェントの添削を受けたが、大幅な修正が必要なことを言われたことはなかった。
むしろ、どの転職エージェントでも「よく書けていると思います」と言われることが多かった。
それより気になったのは、どの転職エージェントも、履歴書と職務経歴書を見て一様に渋い表情をしていたことだ。
渋い表情の原因が「現職が特許事務所」であった。
「○○会社から特許事務所に移るのは大変な決心だったと思います」と心から同情するような口調で言われたときは、どう返してよいか分からなかった。






Last updated  2012.02.13 02:44:47
2012.01.31
不景気になると、「大企業にばかり目を向けてはいけない。優良な中小企業だってある。中小・ベンチャーにも目を向けるべき。」という意見がもっともらしく叫ばれるのは先に述べた。
こういう意見を述べる人は、自分の子供にも同じこと言うのか疑問である。
自分自身は行きたくないと思っているのに、他人に中小企業を勧めることが美化されていると思う。

現在の勤務先に採用されたので辞退したのだが、今回の転職活動で従業員200人ほどの会社の内定を頂いた。
仮にA社とする。
A社は、現在の勤め先に比べると「小さい会社」ではある。
しかし、その業界ではシェアナンバーワンである。
ところが、一般には社名は知られていない。
A社に入社した場合、社名を言っても通じないので、いちいち説明しなければならない。
「そんな会社知らない」という顔をする相手に、「その分野でトップシェアなんだ」と顔を真っ赤にして説明する自分の姿が思い浮かんだ。
それと同時に思い浮かんだのは、「ブランド力のある会社に移りたい」という本音だ。
不景気時に中小やベンチャーに行くことを美化する人間が鼻息荒く反論してくるような動機であるが、そんなのは人の勝手だ。
誤って特許事務所に転職してしまう前は、誰でも知っている大企業に勤めていた

大企業のブランド力はよく分かっている。
大企業に戻りたい。
よって、A社に転職するには、今までの自分の価値観を覆すような「何か」が見つからなければ、入社してもふとした拍子に「やっぱり大企業に行きたい」という本音が頭をもたげるのは目に見えていた。
その本音は、いつしか転職したくなる理由へ繋がっていく。
A社から内定を貰ったこと自体は嬉しかった。
しかし、自分の価値観を覆すような「何か」は見つからなかった。

A社は年収こそは低くはなかったが、それはボーナスが多いからであった。
基本給を低く抑えてボーナスで調整するのは中小企業によくあることらしい。
A社の面接で社長が出てきた。
これも中小企業によくあることらしい。
大企業の場合は、最終面接で人事部長や役員が出ることはあっても社長が出てくることはない。
採用は採用担当に任せるものだ。
このように、中小企業ならではのことに複数出くわすと、A社がしょぼく見えて仕方なかった。

また転職活動を繰り返すようにはなりたくなかった。
申し訳ない気持ちはもちろんあったが、A社の内定は辞退した。
なお、A社は大手転職エージェント経由での応募であった。
しかし、転職エージェントの担当者もムリにA社への入社を勧めることはしなかった。
その点はありがたかったと思う。






Last updated  2012.01.31 23:16:53
2012.01.25
知財業界の人たちの飲み会や懇親会に行くと、必ずといっていいほど、景気の話になる。
景気がいいという話は少なく、次は職場や仕事への不満の話になる。
すると、現在転職活動をしているという人も出てくる。
本当は転職活動をしていても人に言わない人も多いだろうから実際はもっといるだろう。

特許事務所勤務の弁理士Aさんは、「今転職活動をやっている。今応募している○○会社に採用されれば年収1000万円!△△会社だったら年収800万円!」と嬉しそうに話していた。
それは、当たってもいない宝くじの使い道を嬉しそうに話す様に酷似していた。
それから3年が経過したが、Aさんはそのときの特許事務所に今もお勤めのようだ。
今も転職活動をしているのだろうか。

特許事務所勤務の弁理士Bさんは、「特許事務所は企業の下請け。弁理士試験に受かったら企業に転職する!」と話していた。
Bさんは実は、受験生の頃にも転職活動をしていたが不採用。
そこで、弁理士試験合格を手土産に転職活動を再開したがやはり不採用。
Bさんはかれこれ3年は転職活動をしていたようだが転職を諦めて、今の特許事務所にいることにしたようだ。
本心では辞めたいのだろう。

特許事務所勤務のCさんは、「弁理士試験に受かったら企業に行く!」と張り切っていた。
なお、企業に行けるどうかはその企業が決めることである。
自分の経験とAさんやBさんの話から、Cさんが苦戦するのは想像に容易い。






Last updated  2012.01.26 00:30:13
2012.01.24
書類選考でことごとく落ち続けるたびに、特許事務所に転職した自分の愚かさを呪いながら、たまに出る求人を見ては応募を繰り返していた。
すると、大手部品メーカーの書類選考に通った。
勤務地が微妙だったのだが、そんなことは言ってられない。
早く特許事務所から脱出したい。

面接に行くと、「なぜ特許事務所を辞めて企業に行きたいのか?」という動機を聞かれる。
当然の質問である。
そこで、
「かくかくしかじか」
と答えると、先方は、
「つまり、特許事務所が嫌なんでしょ?」
と返してきた。
確かにその通りである。
それ以外にない。
しかし、面接で「特許事務所が嫌だからです!」とは言えない。
そこで、本音を隠すような、もっともらしい回答をせざるを得ない。
そんな回答が白々しかったのかと思い内心焦った。
ところが、先方は、
「そりゃそうだよね。俺だって行きたくないもん(笑)。うちの知財部は誰も特許事務所に行きたがらないよ(大笑)。」
と言って、笑いだした。
「特許事務所が嫌だから」というのは動機として十分だったようだ。
その面接は通過した。

しかし、次の最終面接で残念なことにご縁がなかった。






Last updated  2012.01.24 23:12:36
2012.01.23
経験上、会社も紹介会社も小さいところはロクなところがないのだが、よかった紹介会社が一つだけあったのを思い出した。
神田のSという紹介会社だ。
これまで関わった小さい紹介会社のほぼ全てが連絡を一度とってそれっきりだったが、ここはそんなことはなかった。
特許事務所を勧めてくることもなかったし、ブラック企業を勧めてくることもなかったし、小さい会社を勧めてくることもなかった。
結局採用には至らなかったが、案件のレベルも高かった。
大手企業とのパイプがあるようだった。
小さい紹介会社にもちゃんとしているところはあるということが分かったのが最大の収穫かもしれない。

それを思うと、有楽町のGIという紹介会社は本当にダメダメだったな。






Last updated  2012.01.24 00:19:39
このブログでよく読まれている記事

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.