000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

大人の楽天生活 スローライフを楽しむ情報Blog楽天生活です

H好きのバイト

H好きのバイト

今日はH大好きといっても、
ちょいHにしておこうかな。
スキー場のバイトパート2なのだが、

皆さん、普通だったら、スキーのインストラクターとか、ペンションとかのバイトの方が良いと思うだろ。
これが大きな間違い。インストラクターの先生はたいてい、スキー場のバイトだ。だから、スキー場のバイトはインストラクターの先生にもモテル。(下手な奴はダメよ)
夜、居酒屋なんかで会えば、バッチリ。だって、先生って学生とか、まだあまり上手くない人がなるんだよ。毎日李リフトで顔見知りだし、スキー上手いの知ってるから話も弾む。
Hするところ?(昨日H大好きをupしたら異常にアクセス増えてしかもゲストばかり)まあ、自分のクルマですよ。ワゴンのなかを改造
してある奴。スキー場の端の方でゆさゆさしてるクルマ発見したら、それだよ。まっ外から見えないけど。

そして、リフトのバイトのいいところは、触り放題だということ。
特に、下の方の初心者用リフト、修学旅行なんかくると、次から次へところぶので、それを起こすとき、オッパイをギュッと
やりすぎて怒られた奴もいるからほどほどに、可愛い子だけをやる。

あと、可愛い子を発見すると、休憩をもらい、即ナンパ。これは、純然たるお客もいるし、近くで働いてるバイトちゃんもいる。
ペンションなんかの子はチケット自腹だから、融通してやり、仲良くなる。あまりダブらないようにバイト終了で帰る間際がいい。

あと、極めつけは、カップルで来て、男が下手な奴。
ペアリフトで女の子が落ちたらねらい目。
まず、一緒にサポートして乗ってやる。
(これだけで、自分のダサ男ちゃんと違う事をアピール)
ペアリフトはたいてい長いのでこの間に商談。
下に、必死でやっと滑ってる彼氏を見てもシカトしてたらOKだ。「あんなの放っておいていいです」
これで決まり。
冗談のような話だけど、以外に多い、ホントの話です。

男性諸君はスキーやスノボ、上手くなってから彼女と行こうね。

バイト君にとられちゃうよ。




Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.