エニプロドリーム

箱庭諸島基本攻略

箱庭諸島基本攻略


箱庭をかれこれ3年半以上はやってきましたが、その経験上のことを書かせていただきます。おもにどの箱庭でも使える基本的な事を書いていきます。あくまで箱庭は自分の好きなように開発できるのが最大の魅力だと思いますので、ここに書かれていることは参考までとして独自の開発理論で楽しみましょう。

まずは農場を整える
 職場といっても箱庭の種類によって違いますが共通としては、やはり農場です。これをいかに多く、良い位置に配置できるかどうかに島の未来はかかっていると言っても過言ではありません。農場は台風ですぐ飛ばされます。究想の箱庭やRAはめったに発生しませんが、箱庭諸島2などでは頻繁に発生してきます。そこで農場をすべて森林で囲むと農場は、いくら台風が来ても飛ばされません。
 しかし、農場の周りを森林で全て囲むと土地の場所をかなり使ってしまいます。それを2個、3個つくっていると、とんでもないほど土地を農場だけに使ってしまうのです。分かりにくいですが農場で囲んだ森林をまた農場で囲む森林とダブルで利用するとOKです。そのため序盤に農場を固めておく場所を確定しておくことが島の発展を大きく左右すると思います。島の真ん中につくると怪獣が出現してつぶされるとかなりショックなので、できるだけ市街地から離れてつくることをオススメします。


職場を増やす→人口を増やす→職場を増やす
 農場がある程度整ってきたら次はお金が入ってくる職場です。基本的にどの箱庭でもある工場と採掘場を説明していきます。
 まず、工場は島をつくりはじめた序盤に活躍します。工場は火災が起きるので森林と隣接した場所に設置しましょう。序盤は資金がほとんど無いので島の人口に合わせて増設させていきましょう。
 そして、職場に余裕が出てきたら人口を聖地して増やしていきましょう。そうして少しずつ資金にも余裕が出てきたら採掘場にも乗りだしましょう。採掘場は一見、工場より高くて、一回の増設数が少ないなど思われがちですが採掘場は最大規模が多く、何と言っても災害に強いのが魅力です。島が発展してきて人口が増えて怪獣が出ても、ミサイルを当てようが平気です。採掘場は上位の島には必須の職場です。でも隕石系は×です。


怪獣対策
 埋め立てで土地を増やして人口を増やす=怪獣が発生しやすくなる。対策はいくつでもありますがいくつか紹介していきます。
①とにかくミサイル基地を増やす
②怪獣が出現しない人口を維持する
③市街地と職場をできるだけ離す
④市街地の島と職場などの島というふうに島を2つに海をはさんで隔離させる。
⑤その他、その箱庭特有の設置物を利用する。例としてRAの潜水艦など。
 特に④は怪獣はほとんど安心です。しかし、かなり時間がいります。個人的に戦争系の箱庭ではない限り、怪獣対策で防衛基地をつくるのはやめたほうがいいと思います。なんせ怪獣が防衛基地を踏むと怪獣は一撃だが、周囲まで破壊されてしまいます。


掘削の有効利用
 掘削は山を消すという効果もあります。噴火で邪魔になった山を荒れ地にします。 つまり山を海にしたいなら山→荒れ地→浅瀬→海 となるように3回掘削すればOKです。
 あと、もうひとつの掘削の有効利用は何と言っても油田です。海に掘削すれば油田が見つかることがあります。回数指定ありで、掘削数量5で1000億かけると5%の確率で油田が発見されます。掘削指定数99なら99%とほぼ見つかりますが19800億は箱庭諸島2の最大資金9999億を超えてしまいます。だからといって掘削数量を49など中途半端な数にしてしまって失敗するとと大損です。だから油田掘削は箱庭RAや究想の箱庭など最大資金が多いところではオススメです。しかし油田がすぐ枯れたりして、なかなか安定しません。
 箱庭2などでの油田は確率は半々なので、よっぽどのことがないかぎりオススメはできません。でも成功すると海底基地つくり放題


同盟は得か?
 同盟は戦争系の箱庭には必須です。逆に平和系は自分なりに行ったほうがいいと思います。自分なりにコツコツ開発していくのが平和系だと思いますので。でも怪獣がでた時、援護してもらえる場合はいいです。あとは平和系の場合は援助ぐらいだと思います。
 


あとは自分なりの独自開発理論で自分の思い通りの島をつくっていきましょう!!!

追伸 目を通していただきましてありがとうございました。_ーmmー_



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.