033508 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ニック商店

PR

Freepage List

Rakuten Profile

設定されていません

Recent Posts

Category

Headline News

Rakuten Ranking

Favorite Blog

まだ登録されていません

全144件 (144件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

2012.08.31
XML
カテゴリ:潜在意識の大活用
<
やはり、ベタ-なのは、
・・・するだけというのが、
一番カンタンだと思うね・・・
あまり複雑だと、
モチィベ-ションが
下がってしまうからね・・・








Last updated  2012.08.31 06:47:53
2012.08.30
カテゴリ:カテゴリ未分類



聞くだけで、お金持ちになれるって、

そんなバカなって、

つい、思ってしまいがちですが、

そこには、奥深い

仕掛けがあるようです・・・









Last updated  2012.08.30 08:15:26
2012.08.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
中国の歴史映画はすぐれている。

なんと言っても、日本と比較すると、スケ-ルが違う。


それほど中国は、広大な大陸なのである。



また、言葉も4種類ぐらいあると聞く。

つまり、北京語、南京語、等々













Last updated  2012.08.12 04:38:23
2012.06.30
カテゴリ:イメ-ジ力の驚異
欲にもいろいろある。

皆さんにも私にも、誰にでもある。

ダガしかし、たくさんの【欲】もいっぺんには食えない。

仰山ある肉料理、魚料理、野菜料理等、

順々に消化していく必要がある。


これが『優先順位』の設定である。


例えば、住宅・不動産のセ-ルスの場合、

必ず、短期客と中期客、そして、長期客とがいる。


この場合、営業マンは、短期客を中心に

営業活動の方針を立てる。


私の長い営業の経験上、長期客は、結構、難しい。

どういう客が「長期客」かというと、

かなり、情報に関して、詳しすぎる客や

買い替え客等をいう。


情報の詳しい長期客は、新人の営業マンでは、

全く歯が立たない。

どちらが営業マンか分からないほど、

物件の情報や商品の情報は詳しい。

恐らく、何らかの事情で、購入が保留になっている状態だと思われる・・・


こういう長期客はすんなりと後回しにするべきである。

そう、1年に1回も訪問するか、電話しときゃ良い。

問題は短期客へのアプロ-チである。


商談の展開や相手の泣き所、ありとあらゆる情報を

成約のために収集する必要がある。


そして、綿密に戦略と時間計画・訪問計画等を練る。

勿論、代案も100から200は用意しておく。

これは、相手を説得するするための準備だから、

必ず行なう。



こういう具合に『優先順位』の設定が終わったら、

次は、具体的な願望実現への準備に取り掛かる。

これは、欲しいモノを確定させるわけである。

例えば、電気自動車であれば、

三菱のか、それとも日産のかといった具合に、

ビジュアル的に、イメ-ジできるモノがベタ-である。


今日はここまで!!



<参考資料>

【送料無料】目標管理のための面談の進め方(3)

マネジメントに役立つ目標管理制度についての解説ビデオ【送料無料】アテイン 必ず役立つマネジ...

【送料無料!】ビジネスマナー研修に最適!国内メーカーDVD講座【ポイント5倍!】「成果目標管...

【送料無料】 コミュニケーション重視の目標管理・人事考課シート集 / 日本経団連出版 【単行本】

【送料無料!】ビジネスマナー研修に最適!国内メーカーDVD講座【ポイント5倍!】目標管理のた...






Last updated  2012.06.30 13:32:57
2012.06.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
やる気とか根気が持続するには、

根底に「欲」が必要になる。

いわば、「欲」とは、車で例えれば、

「ガソリン」みたいなモノだ。


欲と云えば、

世間では、「我欲」を連想するらしく、

あまり、良い印象ではないが、

欲にも小さな我欲と大きな大欲とがあり、

人類のために、

何かをしたい、何かをするは、

大きな善の欲ともいえる。


例えば、メルマガを発行するのも、

読者の利益を考えてのことであり、

こうして、ブログを

投稿するのも、

アクセス者のためである。

勿論、拙者の方も、

ヒフティ・ヒフティで、

モチベ-トされている。


このモチベ-ションを

理解するには、

ポ-ル・Jマイヤ-の

SMIが一番分かりやすい。









Last updated  2012.06.29 01:00:02
2012.06.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
潜在意識を正しく使いこなすには、

脳である顕在意識のコントロ−ルが必要になる。


これは、人生6分野と云われるように、

そのヒトの年代、環境、状況等によって、

「優先順位」が変わってくる。


ちなみに、6分野とは、

「職業・経済面」、「家庭・家族面」、「社会・文化面」、

「身体・健康面」、「精神・倫理面」、「教育・教養面」

をいう。


つまり、職業・経済面からいえば、

仕事を通じて得た収入によって、

家計をやりくりする。


といった内容のように、

この6分野は互いに関数のように

深くかかわっている。


であるから、最もいま一番重要な分野を

良くするために、

顕在意識を訓練する必要があると思う。

具体的な例は、

改めて記述していく・・・







Last updated  2012.06.19 23:07:09
2012.06.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
よく感謝の意を表わすときに「すいません」というヒトがいる。

これは、はっきり言って大間違いである。


それに、なんでも「すいません」で片付けるヒトが多い。

この「すいません」という言葉は「マイナス用語」である。


感謝であれば、『ありがとう』で、

謝罪であれば、『申し訳ない』が、

正解である。


これは、何を言わんとしているかというと、

日常的にマイナス用語ばかり

使っていると、

本当に「潜在意識」が真に受けて、

結果的に「マイナス」のことばかり

起こってしまうからである。


日頃から、自分の発する言葉やイメ-ジを

再点検する必要がある。


例えば、高価な「電気自動車なんて、自分には買えない」

と否定的な感情が持ち上がったら、すぐさま

肯定的な言動を使わなければ

結果がしれている。

詳細は、「ジョセフ・マ-フィ」の

書籍に書かれてあるから、

「常に」読んでおくことを

オススメする。






Last updated  2012.06.18 19:11:52
2012.06.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
よく書店で、多く見受けられるのが潜在意識活用法とか、

願望入力法とかの類の本である。

別にこれらの書籍を批判するつもりはないが、

あまりに顕在意識のことは忘れられている。


これは、ジョセフ・マ-フィ-博士も云っている通り、

肝心なのは潜在意識よりも顕在意識のほうである。


どう重要なのかといえば、

マ-フィ-博士いわく、

顕在意識は、船でいえば、『船長』に

例えられ、潜在意識は、

その他諸々の『乗組員』に

例えられるからである。


であるから、「船長」が「いけ~っ」と、

号令すれば、

「乗組員たち」は命令に

従わなければならない。


このように、潜在意識の「舵取り」は、

本来、「顕在意識」なのだが、

90%以上が、どちらかというと、

ネガテェブ思考が多いという。


下記の書籍は、「心構え」の変革が

「人生を好転させる」礎づくりなのだから、

参考に読まれることをおすすめする。























【送料無料】プラス思考のはじめ方

【送料無料】プラス思考のはじめ方
価格:1,260円(税込、送料別)










Last updated  2012.06.15 23:14:31
2012.06.12
結構、間違えるのが、「目的」と「目標」の定義である。

あるときは、混同してしまう。


たとえば、生活の安定のために「宅建」の資格を取るとしよう。

どちらが、目的で、どちらが目標か?


おのずから、目的は「生活の安定」になる。

では、「宅建」の受験は?


これは、「目標」になる。


もう1つ、例を出す。

月収30万円を稼ぐために、インタ-ネットビジネスの関連の本を読む。


これで、分かる通り、「月収30万円以上稼ぐため」が明確な目的になり、

そのために、する方法・手段が目標となる。








さらに、もう1課題。

なんでも、モノごとを達成するための極意は?

これは、目標に向かって、ゴ-ルするための秘訣である。


答えは、「腹を決める」ことである。

要は「決意すること」にある。


願望だらけで、だらだらしていては、

いつのまにか、モチベ-ションが

かすんでしまう・・・


腹を決めたら、いつまでに・・・という

デッドライン(期限)が重要になる。


例えば、今月いっぱいという期限ならば、

1日1日の行為は、

寝ても醒めても、『常に』

目標のことばかり、考えるようになる。










Last updated  2012.06.12 22:17:53
2012.06.10
私は、いま1日平均5冊の本を読んでいる。

これは、速読ではなく、「フォトリ-ディング」の手法である。


具体的には、


ステップ1 準備

1.本を目の前に置く。
2.目を閉じて、リラックスする。
3.目的の明確化
 (1)本を読むことで、何をしたいか。
 (2)本は、どれくらい重要か。
 (3)どれくらい詳しい情報が必要か。
 (4)読書の目的
 「これから、(20)分間、私は(月収300万円以上)
  稼ぐために、この本を読む。」
4.ミカン集中法
5.心地よいスピ-ドで読みはじめる。

ステップ2 プレビュ-

......
......
......


といった内容であるが、詳細を書くと、

著作権に触れるので、

自分で勉強したいヒトは、

下記より、本を購入されて、学習されると良い。


ちなみに、世の専門家と云われる人々は

最低、その分野の書籍を

200~300冊は読みこなして

おられるようである。









Last updated  2012.06.11 02:01:07

全144件 (144件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.