4175366 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

X

Free Space

にほんブログ村ランキング参加中
↓ 応援クリックお願いします ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Comments

tomy4509@ Re[1]:春日浩一さんへ 訪問ならびにコメントありがとうございま…
tomy4509@ Re[1]:聖フランシスコさんへ 前トランプ大統領とスペイン前副大統領が…
聖フランシスコ@ Re:【オンライン生中継のご案内】5回神統一世界安着のための希望前進大会(02/25)  第5回神統一世界安着のための希望前進大…

Calendar

Headline News

2013.06.02
XML

入力:2013.06.02 10:54 |修正:2013.06.02 11:18

[週間朝鮮] '宗教の火薬庫 "エルサレムが"イベント "をする理由は...

 ……

過去10年間、このイベントを主催してきたヤンチャンシク中東平和会議(MEPI)議長(世界平和統一家庭連合韓国総会長)は5月17日エルサレムの"ただエルサレムホテル"で行われたイベントの歓迎の辞で、 "2003年のイラク戦争勃発後、文鮮明総裁が私を呼んで"イラク戦争は間違って拡散されると宗教戦争に拡散され、これはすなわち、3次世界大戦に行くことになり、人類は取り返しのつかない破壊の道に行きやすい。2001年9月11日の背後にも、最終的には猛烈な宗教対立がその背景にある。すべての紛争の本部はエルサレムである。米国の主な終端指導者を率いてエルサレムに行って、中東の平和のための会議を主導せよ"という命令を下したのがイベントのきっかけになった"と紹介した。

UPF会長であるアメリカ人のトーマス·ウォルシュ博士は週間朝鮮に"文総裁は、アブラハムの息子イスマイルからイスラム教が、アブラハムの他の息子であるイサクからユダヤ教とキリスト教が出てきたという点で、3つの宗教を兄弟だと思った"とし、" 3つの宗教が和合しなければ世界に平和が来ないと思って中東和平会議を開始になった"と話した。UPF側は2003年5月、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の指導者を一ヶ所に集め、ユダヤ教とキリスト教の間の和解を前面に出した6つの項目の"エルサレム宣言"をし、その後10年間、平和行進や様々な宗教関係者が参加したセミナー等のイベントをエルサレムから持ってきた。今回の10周年記念行事にも、イスラエルのラビのバーデア、米国のステアリング大司教、イスラムのイマームであるデビッド·アサドなど様々な宗教指導者たちが参加した。

UPF側は、過去10年間行事を繰り広げるたびに、イスラエルとパレスチナの有力者たちに会って、双方の和解を手配してきたが、現実には容易ではないようである。平和行進を終えた後、UPF関係者の黄金ドーム寺院のに続いて行ったのは、現在のパレスチナ自治政府庁舎が位置しているヨルダン川西岸のラマラ。こちらのベストイースタンホテルで開かれた"平和のための道(Ways toward Peace)"というセミナーで、パレスチナ人はイスラエルの敵がい心をよどみなく表わした。パレスチナの国会議員であるムスタファ·アルバグティは、誤った情報でパレスチナの外の世界から誤解を受けていると、イスラエルのパレスチナ弾圧の歴史を長時間ブリーフィングした。彼が見せてくれた映像には、イスラエル軍のゴム銃に目を迎え、植物人間になったパレスチナの少女と、イスラエル軍のパレスチナのデモ隊への暴力行使の場面などが含まれていた。彼は"イスラエルが分離壁(Apartheid Wall)とイスラエルの入植者の無法移住によってパレスチナ人を追いやっている"とし、 "イスラエルのGDP(国内総生産)がパレスチナのGDPの20倍にもなるがもかかわらず、イスラエルは自治区に供給する電気と水道代を自国民に比べて2倍以上の価格を受けて販売している"と批判した。

  	パレスチナ自治区のラマラとイスラエルを隔てるコンクリートの壁。/週間朝鮮
パレスチナ自治区のラマラとイスラエルを隔てるコンクリートの壁。/週間朝鮮

彼の言葉通り、イスラエルとパレスチナの紛争の中心には、分離壁があります。イスラエルは自爆防止などのセキュリティの壁(Security Wall)という名分のもと、2002年からパレスチナ自治区を巨大なコンクリートの壁に囲んでいる。高さ8〜10mに及ぶ具体的な障壁は、現在の総延長は850kmに達する。自治区もラマラに入って直接目撃したコンクリートの壁は、威圧的だった。延々と続くコンクリートの壁がパレスチナ自治区をイスラエルと完全に引き離していた。壁を越えてパレスチナ自治区に入ると急に時間が後退したように"貧しく不毛な土地"という雰囲気が確実に感じられた。パレスチナ人は、この壁を越えて、イスラエルの地に入るためにはイスラエルの兵士の検問や許可を受けなければならない。パレスチナ住民は、 "イスラエルの町を分けて、病院や学校を自由に行けない"との障壁をユダヤ人が第2次大戦当時体験したゲットーの復活と批判している。ゲットーの悲劇を経験したユダヤ人がパレスチナ住民に別のゲートを強要しているということだ。

パレスチナ人は75%に達する自治区の青年失業率もこの壁のせいにしている。イスラエルはパレスチナの労働力の供給が円滑でなくて、フィリピンなど東南アジアの労働力が流入して"壁をホムルラ"は、国際世論が高まっているにもかかわらず、壁を続けて建設していきます。ラマラで開かれたセミナーで、 "分離壁反対運動"というテーマで講演をした"パレスチナ定着運動"の議長であるカマルジ ​​ュメ知っている"イスラエルが作成した2020年にイスラエルのマスタープランによると、イスラエルは、最終的にパレスチナの地でパレスチナ人をすべて追い出しエルサレムもユダヤ教化することを目標としている"と主張した。

このように葛藤が激しくぶつかり合う土地でUPFを追求してきた宗教間の和解が本当の現実的な平和をもたらすことができるか。UPFの関係者は"過去10年間MEPIが追求してきたメッセージは、現実を少しずつ変えている"と主張した。トーマス·ウォルシュUPF会長は"個人と個人の対話を通じて考えを変えようというのが我々の目標"とし、 "過去10年間MEPIに同調する世界的なネットワークが形成され宗教指導者だけでなく、様々な分野の人々が集まった。イスラエル政府の顔色を見なければならイスラエルの元議員まで参加した。これは奇跡"と述べた。今回の10周年記念行事に参加し祝辞をしたとコーエン元イスラエル国会議員はインタビューで、 "ユダヤ教基ラビとイスラム急進派イマームが競合する場合、極端な状況が起る。しかし、UPFは、ガザ地区のイマームとエルサレムのラビに会うことができる"とし、" 10年間続いてきたUPFの平和行進を数万人のイスラエル人とパレスチナ人たちが見守ってきた、それ自体が人々に影響を及ぼした"と述べた。

イスラエルとパレスチナの間でUPFの立場は、イスラエルの寛容を促す方に近い。ヤンチャンシク議長は"イスラエルと国境を接している国の人口が3700万人なのに、イスラエルが3700万人を全部的に作成する場合、どのように平和が存続することができるのか"とし、 "イスラエルが大乗的見地から徹底的に手当を施して共存する道を見つけるならない"と述べた。UPFは、国際世論が高まっている分離壁撤去、イスラエルに求めている。2004年死亡したヤセル·アラファト前パレスチナ自治政府首脳とも親交のあるヤン議長は、2006年KBSヨンテヨウン記者がガザで取材するパレスチナ武装勢力に拉致された時解放のための膜厚交渉を主導した。UPF側MEPIの提案者である文鮮明総裁が昨年他界しましたが、現在の韓鶴子総裁のリーダーシップの下、このイベントを今後も続けていく予定である。ヤンチャンシク議長は、 "他の国際的NGOとの連携がより一層必要だ"とし、 "最終的に宗教指導者が政治家に正しく行く方向を提示しなければならない。宗教、平和なしに政治平和がなされることがない"と述べた。


訪問ありがとうございます
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村・統一教会

 

 







Last updated  2013.06.02 22:34:16
コメント(0) | コメントを書く
[平和の母・平和を愛する世界人として] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.