4462286 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

X

Free Space

にほんブログ村ランキング参加中
↓ 応援クリックお願いします ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Comments

tomy4509@ Re:ブログ村規約違反(11/22) キムヨンギさんへ 大変ご迷惑をおかけし…
キムヨンギ@ ブログ村規約違反 あなたは私の日本国における本名(通名を…
tomy4509@ >ほふられた子羊さんへ 引用み言全体は「御旨と世界」に掲載され…
tomy4509@ Re[1]:独生女考(18)-- タマル以降も次子を愛された神様(01/13) 隠密部隊さんへ タマルが何故に義父・ユ…

Calendar

Headline News

2017.01.13
XML
カテゴリ:独生女考

イエス・キリストの系図




前回の「独生女考(17)-- ダビデの妻バテシバ(ソロモン王の母)について 」でバテシバによるダビデの子について私自身だけの疑問かもしれないが、一つ浮かんできた。

それは、タマルの胎中でアベル・カインが入れ替わり「長子権復帰」がされたはずだが、神様はこの時も長子を嫌われ次子ソロモンを愛された、ということだ。また、兄アドニヤが最初にダビデ王の後継者を名乗り出たが、ダビデは弟ソロモンを王とした。
文総裁のみ言からは、このタマルの胎中聖別が後のイエス様の誕生に重要な役割を果たしたということだが、このタマルの胎中での「長子権復帰」とは何ぞや? である。


さて、母マリヤは聖霊によって身ごもってイエス様を生んだ。これまでのイエス・キリストの系図に登場する女性陣(妻)のごとく、マリヤもまた、神様への忠誠と絶対信仰を貫いた一人だった。マリヤを「聖母マリヤ」として崇めている教会もあるくらいだ。

ところが、マリヤは最後までその使命を全うしなかったためにイエス様が十字架に行かれたともいわれているのが、統一原理の話である。
本来ならばマリヤはイエス様を生んでのち、ヨセフと結婚をしてイエス様一人に仕えていかなければならなかった。そして、成人したイエス様にその花嫁を準備していかなければならなかったのであった。

-----
余談になるが。

イエス様は神様の「ひとり子(独生子)」と言われているが文総裁のみ言からは、洗礼ヨハネが兄、イエス様はその弟の立場であった。ここでもユダ--タマルの系列から長子ではなく次子を神様は愛されたということだ。
三男派の話をすれば様々にアベル・カインの問題もあるが、ダビデの後継者に兄アドニヤではなく弟ソロモンを選択した例を見れば、「長男だ!」「後継者だ!」との一言が天運を去らせた要因の一つに数えられるのでは。個人的な意見として……





世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。

↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

  







Last updated  2017.10.14 17:00:05
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:独生女考(18)-- タマル以降も次子を愛された神様(01/13)   隠密部隊 さん
タマルが遊女となってユダの子を宿す。このことはただ単にタマルの子を宿したいという思いだったのでしょうか?
タマルの人物背景がないため推理のしようがないんですが
タマルの血筋も不明なので、もしご存じでしたらご教示いただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。
(2021.10.04 15:15:40)

Re[1]:独生女考(18)-- タマル以降も次子を愛された神様(01/13)   tomy4509 さん
隠密部隊さんへ

タマルが何故に義父・ユダと関係を持ったのかは聖書で確認ください。
また、「父系制社会」ですから女性の系譜までは分かりません。

聖書に記載されている女性の名はあまり多くはありませんが、何かしかの意味があって書かれているものと思われます。例えば、神様に対して「絶対信仰」とかです。

ところで、「タマルの血筋」に関して知る必要があるでしょうか?
あるとすれば、タマルよりもマリヤでしょう。 (2021.10.04 21:08:13)


© Rakuten Group, Inc.