4990029 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

Free Space

にほんブログ村ランキング参加中
↓ 応援クリックお願いします ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Comments

キムヨンギ@ Re:文鮮明先生御言選集 19940411 - 「真の父母の日と天地人愛完成の日」(06/01) 私の記事全て捏造ではないのか? 己れの都…
tomy4509@ Re[1]:子羊さんへ--現・サンクチュアリ文亨進教主の(10/19) 子羊さんへ 先ずは、 > しかし、聖和…
777@ Re:爆弾「聖和の辞」は無事に炸裂した(拡散された)でしょうか?(10/22) 亨進様は聖和前後、まだ追放される前、必…
tomy4509@ Re:覚醒を、お願いします。m(__)m(02/06) 甘えん坊くんさんへ 全く根拠がありませ…

Calendar

Freepage List

2017.07.30
XML
韓国・毎日宗教新聞(2017-07-29)コラムの記事(google翻訳)を紹介する。

最近、キム・ジンミョン氏の小説「予言」が韓国で話題となっており、それをあつかったものである。




キム・ジンミョン「予言」に再照明される文鮮明総裁の冷戦終結歴史的真実


KAL襲撃扱った長編「予言」発行小説家キム・ジンミョン... 文総裁の「共産主義70年の」予言的中

「ムクゲの花が咲きました」、「高句麗」、「サード」などでよく知られているミリオンセラー小説家キム・ジンミョン(60)の最新作「予言(PREDICTION)」が話題だ。この本が話題を呼んでいるのは、1983年9月1日の航空(KAL)旅客機007がソ連の戦闘機のミサイル攻撃を受け、296人の乗客全員が死亡した事件を素材にしているという点である。ところが、主人公であるジミンが刑務所でドア先生に会ってから、話の流れが変わることになる。


この小説の後半では、主人公 文が登場するが、これは誰が見ても統一教会(世界平和統一家庭連合)の創設者の文鮮明(文鮮明)総裁を描写していることが明らかである。小説の中で、文は、ソ連解体7年前にそれを事前に予測し、そのまま実現した。統一教会レジスタンスを養成して後援して勝共(勝共)のための過去(至難)闘争を支援して行なう。

この本を読んで感想をブログに掲載した独自の文が視線をドラッグすることで見る。

何よりも、まだいくつかの論争の中の統一教文鮮明師の20世紀の冷戦終結に関するファクト(fact)が含まれているなんて、全くソルギトハン感情的に読んで見るようになった。

小説「予言」は血気幼いジミンが子供の頃、米国養子縁組に別れた妹が搭乗したKAL 007旅客機がソ連の戦闘機に襲撃されて死亡しながら始まる。

ソ連戦闘機のパイロットの復讐を米国で準備したジミンは思いがけずスパイに集まっ米国連邦ダンベリー刑務所に収監され、ちょうど1984年前に収監されている統一教文鮮明師と会って縁を結ぶことになる。続いて彼の世界勝共、冷戦終結の過程であった1985年、共産主義の終焉(終焉)宣言、1986年中南米カウ社(CAUSA)の動き、1987年にベルリンの壁の解体デモと共産圏宣教」蝶作戦」、1990年にゴルバチョフソ連大統領の出会いとソビエト連邦解体、そして最後に、1991年、金日成北朝鮮主席との出会いに同行しながら、ついにジミンは敵を許し、この民族の統一という新たな希望を持つようになる。




「真実は沈没していない」という命題のもとファクションに歴史的事実暴い      

しばしば小説はフィクションというフィクションとが、キム・ジンミョンの「予言」はフィクション(小説)の事実(ファクト)を加えたファクション(faction)で呼ばれる歴史的事実を暴いた。そのようなプロセスの中で、今まで私たちの既成社会で頑張って埋葬しまったかの歴史的な出来事が大きくあらわれた。それはこれまで、キリスト教的偏見により、そして1980年代、私たちの社会に攪拌打っいわゆる運動圏熱風によって埋もれてしまっても、歪みれた統一教会の文鮮明師の冷戦終結の動きである。いくらその真実をカバーするためにも、上書きされないことが歴史の宿命かより。すでに宗教的偏見から自由人であれば、文鮮明師が20世紀冷戦終結のために何をしたか、彼は身震い打っ行跡を知らないはずがないだろうどうしても尊敬の本音を私映らないことがないというのが歴史ある良心であり、宿命である。

最近「ソユル号」の痛みの中で作られた「真実は沈没していない」という命題が多分文鮮明師も決してそのことを確信もここにある。

しかし、普段尊敬するキム・ジンミョン作家が今回の作品「予言」を介して再び私たちの社会の純真な宗教的偏見のまな板の上に上がって、彼の名声と名誉が毀損されるか極めて慎重だ。事実、これまで統一教文牧師の真実を認めながらも、社会的偏見に自分自身を隠すた知識人たちが、そのどのようマンアトドンガ。そして、これまで宗教的偏見に無条件統一教会文牧師に石を投げた数多くの既成既得権層にも文鮮明師の明らかになるその間の真実は、一方で、不快な真実で近づくことなので心配にもなる。これらの不毛(?)した私たちの社会環境の中で、今回の「予言」は「果たして作家キム・ジンミョン」である、という賛辞をするしかないという気がする。キム・ジンミョン作家の「予言」の序文で、彼は「実在していたこれらの(統一教会文鮮明牧師など)の行為を無視するのは、「共産主義崩壊」の真実を上書きしまう不作為の作為になってしまうと思った」という言葉のように、彼良心に満ちた筆致を作品「予言」に加減なしに明らかに出た。 



彼は私たちの社会ではまだ宗教的教義が違う理由だけで「カルトと異端」として非難されている、その偏見を離れて、歴史的の良心に従ったものである。キム作家の真の勇気に大きな拍手を送りたい。そして喜んで私は彼の良心と一緒にしたいという話も伝えたい。

時代は本当に多くも変わった。20世紀冷戦も行った。今残るのは、北朝鮮だけだ。しかし、北朝鮮は共産主義国家ではない。通常の共産主義国家であった場合、過去1989年のベルリンの壁の崩壊に続く東欧の民主化、ソビエト連邦解体の一環として韓国と北朝鮮も当時統一がなされたものである。しかし、残念ながら、北朝鮮は宗教国家だから、今日も彼らは「宗教的首領」を決死擁護するための核兵器開発に執着している。

かつて統一教会文鮮明師は、「共産主義は、70年を行けないよ」は、いわゆる「共産主義70年ハンギェロン」を数回ボール・私的な席で表明している。そして、その方法論的に「真の愛統一論」を提示した。ところが、彼は言葉だけにとどまらなかった。自分の言葉を証明するかのように、彼は情熱に満ちた世界的な動きに70年ぶりに共産主義を崩すための世界が認めてくれない激しい道を歩いてきた。

時には「カルト異端の教主」として石投げを叩かれ、時には「救国の愛国者」として世の注目を受けながら、彼は享年93年の疲れ人生を勝利に導いた。なぜなら、ついに彼の言葉のように、1922年に発足した小連邦(ソ連)が1991年、正確に70年ぶりに解体された歴史を、最終的に作成したからだ。彼はまさに「歴史の神(神)」を証明したものである。これが本当であり、ファクトがなければ何だろうか。この否定することはできないという事実を見たとき、さすが彼疑似宗教の教主か世の中に質問をしてみことになる。正気の人間なら誰もが認める歴史的真実ではないだろうか。

文鮮明師は、共産主義の終焉を絹神の歴史のみ見ておらず、人間と神の合同作品で見た。例えば、ジンインサデチョンミョン(盡人事待天命)であった。人間の精神を尽くし、空の意を待つという意味である。もし人類の歴史の神の摂理のみ動く場合。人間は神のロボットになる運命論に包まことができる。だから文鮮明師がその人間の責任の道理を果たす93年の生涯を、なぜ戦争に走ってきたのかを理解できるだろう。



次に、南北統一の時期2025年はどのような意味なのか?答えはすでに、上記の文の中に込められているので、よく解釈もよいでしょう。

最後にキム・ジンミョン作家は、1983年にソ連の戦闘機に襲撃された大韓航空搭乗客269人に深い条(弔意)を示した。私はここで、過去8、90年代、共産圏の崩壊のための宣教方針である「蝶作戦」で犠牲になった統一教会圏地下宣教師たちも胸の深い敬意と敬意をしたい。これらの麦的な犠牲がなかったら、決して歴史を転換させた共産圏の崩壊もなかったことを思いながら、私は深くその方に感謝の気持ちだけだ。是非これからエボルレで目を覚ます蝶となり、私たちの時代の最後の南北統一のために棚を飛んでいただき分断祖国青年の一人としてお願いし。ファクション「予言」はついに「真実は沈没せずに、夢と希望を作る」は、歴史的事実を私たちに見せてくれた。

文鮮明総裁「ソ連7年內敗亡「予言現実に... 2025年ごろ統一扉消灯し推測

小説家キム・ジンミョンが新しい長編「予言」を発行した。1983年搭乗客269人全員が死亡したKAL 007機襲撃事件を題材に大国の間で綱渡りする韓半島の運命を再び眺望する小説である。当時のソ連は、自国の領空に入ってきた民間航空機をミサイルで撃墜して世界の人々の怒りを買っが、結局崩壊の道に入ってから端緒になった評価だ。なぜどのようにアラスカを経由してソウルに来た民間航空機が長いソ連領空を飛行するのにも、米国はじっとたのか、ソ連が誘導着陸メッセージを送ったが、その内容を削除したまま発表した米国の意図は何だったかは、この過程で共産主義の終焉を予言した宗教指導者の発言は、どのような意味を持つのか、作家は特有の可読性の高い筆致で目まぐるしく続いていく。キム・ジンミョンは朴政権末期核兵器開発関連素材を取り上げ、600万部を超える超ミリオンセラーを記録した「ムクゲの花が咲きました」を、1993年に初めて出版した以来、今までに20パスポートに至る長編を出版した。チュルガンジャクに話題を起こし通算販売部数は1500万部を上回る。彼はインタビューを通じて韓半島の現状と進むべき方向について、落ち着いた口調で吐露した。


-34年も過去KAL 007機襲撃事件を今改めて取り上げている理由は?

「韓国人は恨みをあまりにも早く忘れるようだ。日本にそのように惨めにされて連行され、性奴隷をしたにもかかわらず、日本がしようというよう合意した。歴史的に見ると、日本に侵略された回数だけ700回がわたり、韓国が日本を侵略した回数はゼロである。北朝鮮の核は90%程度完成されたし10%だけが残った。北朝鮮はどんな妥協もなく完成まで行く。米国も今最終的であるため、そのまま置くことができないだろう。韓半島にとても大きな軍事的危機が迫ったと報告している。このような時、私たちは、今までのように水にアルコール弾よう弱いに行く途中には、最終的に旧韓末のように悲惨にされてしまう。その点でKAL機事件を思い出してみようということだ。」

-小説ではKAL 007機ソ連領空飛行した謎を明らかに解明する。米国がスパイ飛行を誘導したという陰謀論も否定し、ソ連が誘導着陸メッセージを送信したことも確認する。戦闘機のパイロットの会話内容を盗聴した日本がこれをどのように活用したのかも示す。何を言ってたいと思った。

「この小説を通し「歴史の痛みを覚えていることと、複数が重要で、その過程で結実を得ることができる」は、視覚を提示したかった。もう一つは、KAL機の問題をめぐり、大国間に起こる歪み、特に日本、米国、ソ連の3大強国によって実体が歪む過程を通じて、私たちの社会の自覚を促したいと思った。米国がKAL機撃墜したソ連戦闘機のパイロットオシフォービーチと軍指令室との間の対話した詩を除いて発表することにより、どのように実像を歪曲したのかだようみようというものである。今は彼と似たような状況である。何米国の話すると確認できず、ついていけしかない現実である。日本のであれ米国でも、中国でも同じだ。私たちの社会が先見の明を持って強大国が言うと金科玉条(金科玉條)であると信じによってはならない。」

-この小説は、KAL機襲撃事件と家庭連合創始者文鮮明総裁がソ連大統領ゴルバチョフと生前の金日成主席に会う話がもう一つの軸だ。いくつかの背景のか。

「1983年KAL機襲撃された時、当時、韓国は、全斗煥前(前)大統領がほうきて奉仕するニュースが最初蛇口に出るほど情けない社会だったが、このような状況で文総裁をはじめとする統一教会(家庭連合)の人が共産主義に対抗南米やヨーロッパのようなところすばらしい規模で闘争しており、文総裁は「ソ連が7年以内に滅びる」という内容を碩学などの学術集会で発表した。このようなものは無視することができなかった。私はインテリジェンスのことだと思うので、宗教を嫌う。KAL機撃墜の対価として、ソ連が滅びということ書いて見たかったこれ書く過程で、文総裁と関連実在していた事実の中で最小の客観的事実だけ採用したものである。これらの行為を無視するのは、「共産主義崩壊」の真実を上書きしまう不作為の作為になってしまうと思った。」

-小説の最後の部分には、文総裁の発言形式で韓半島が2025年に統一される予測する。いくつかの根拠なのか。

「それは作家の見解である。1984年文総裁は、米国デンバーリー刑務所にいるときに、7年後に共産主義が滅亡するとしたのは、結果的に正確な予測だった。文総裁が北朝鮮を訪問した時、「私全権を与える3年以内に、南北統一をさせる」とした。金日成が、その直後に死亡した。金日成が生きていたら、何か多く変わったことがあります。

第判断で今、核問題を含めて、すべてのことを見たとき、2025年はなければならない統一の扉が爆発すると推定したものである。20余年前「ムクゲの花が咲きました」を書きながらから北朝鮮の深さ調査し、核問題をはじめ、米・中・日・露韓国の関係などを丁寧にのぞきながら、南北システムが今のように行くのは2025年くらいが終わりという考えをするようになった。」 


<続きを原文で読む>







世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓にほんブログ村ランキング参加中。 応援クリックお願いします。 ↓↓






Last updated  2017.10.15 09:48:19
コメント(0) | コメントを書く
[平和の母・平和を愛する世界人として] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.