4999602 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

Free Space

にほんブログ村ランキング参加中
↓ 応援クリックお願いします ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

Comments

はんこれ@ Re:文鮮明先生御言選集 19830828 - 「オーシャン・チャーチ」(11/09) New! み旨と海には、掲載されていないみ言をこ…
キムヨンギ@ Re:文鮮明先生御言選集 19940411 - 「真の父母の日と天地人愛完成の日」(06/01) 私の記事全て捏造ではないのか? 己れの都…
tomy4509@ Re[1]:子羊さんへ--現・サンクチュアリ文亨進教主の(10/19) 子羊さんへ 先ずは、 > しかし、聖和…
777@ Re:爆弾「聖和の辞」は無事に炸裂した(拡散された)でしょうか?(10/22) 亨進様は聖和前後、まだ追放される前、必…

Calendar

Freepage List

2019.06.03
XML

20190427家庭連合②(TBS放映)


 
韓国・京仁総合日報(2019.06.03)

http://www.jonghapnews.com/news/articleView.html?idxno=284192

再び浮上する韓日海底トンネルの建設...現状は?



-民間団体家庭連合が先頭に日韓交流と経済、文化共生に貢献
-盧泰愚-金大中大統領も必要言及... 日本の首相も賛成
-歴史的教訓に照らして、経済的実益几帳面見て...


1986年の最初の発表以来、しばらく不振だった韓日海底トンネルの建設の推進が再び本格的な動きを見せている。

昨年徴用被害者の賠償に関する韓国の裁判所の判決後、韓日関係が歴代最悪に突き進む中でしばらく停滞してきた韓日海底トンネルの建設が民間中心再び推進されている。

特に積極的な推進をしている日本の民間団体とは異なり、韓国側の一部では、「大陸進出を夢見る日本が再び韓国を足場に、中国とユリョプに進出の根幹に韓日海底トンネルを建設しようとするものではないか」という否定的な見方があるうち、日本の民間団体と学界、政界の一部では、肯定的な世論が起きていることもある。

実際、5月21日、日本衆議院第2議員会館1階会議室で開催された韓日海底トンネル推進委員。有識者、韓国のジャーナリスト懇談会で西川吉光、日本東洋大学教授は航空郵送の限界と飛行場の拡張などが難しく、気候変動に左右される配送、高速船ビートルの限界、定時大量郵送が可能な鉄道、日韓交流の拡大と共有分野の拡大などを理由に、増え続ける観光需要に最適に対応するため、韓日海底トンネルの建設が急がれると主張した。

西川新光教授は「特に韓日間不幸な過去の歴史を克服し、和解をするためにも、日韓海底トンネルの建設は必ず必要だ」と一声た。

続いて竹内優遭遇国際ハイウェイ財団技術委員長は「これまで1千5百億ウォン以上の予算を投入して海底トンネル区間の地質調査などは完了した状態であり、実地構想実現の技術アプローチをした」と明らかにし、海底トンネルの技術的な問題が相当部分進捗したことを表明したが、

また、国際的な投資の鬼才であるジム・ロジャーズが韓日海底トンネルに大きな関心を持って投資意向を映ったことが知られ、韓日海底タウン建設の認識が近づいて来るの暗示してつなぐ、

当初韓日海底トンネルは韓国の釜山 巨済島で対馬を経て日本の九州佐賀県唐津市を結ぶa案、巨済島でデミも解像度を経て唐津市に行くb案。そして釜山で唐津市で直線接続するc案を挙げれば長さ209-230kmに達する。



開通推進には、日本側が先に出た。

1982年に日本で国際ハイウェイ建設事業団が発足した後、北海道の教授を中心に「日韓トンネル研究会」が設立され、本格的な調査が始まった。

続いて、韓国でも同年、日韓トンネル研究会を設立し、1988年に巨済島一帯の5つの地域での掘削調査を行ったことがある。

一方、韓日両国間の公式の推進経緯を見ると、1990年に盧泰愚大統領が日本の国会で海底トンネルを提案し、当時は後に日本の首相もこれに賛成の意見を述べた。

以後9年後、金大中大統領がトンネル事業を取り上げており、盧武鉉大統領も小泉首相との会談で、日韓海底トンネルの必要性に言及した。

これにより、日韓トンネル研究会と釜山発展研究院が共同で韓日トンネル路線を踏査して推進加速度を付けるも。

さらに最近では、世界の平和統一家庭連合が2016年に日本佐賀県唐津市韓日トンネル現場で気孔30周年記念行事を大々的に持って韓日両国の関心を増幅させてつなぐ、

世界の平和統一家庭連合は、日韓海底トンネルの建設を契機で韓日間の長い過去の歴史を清算し、経済、文化交流などを通じて、日韓間の密接な交流と共生の道を図ろうとする

最も重要な海底トンネルの建設に伴う日韓両国の経済的効果と関連して、日本側の推進団は、物流の利益が、韓国は54兆ウォン、日本は88兆ウォンの波及効果を得建設には、韓国は13兆ウォン、日本は18兆ウォンの利益を見ることを説明する。

特に韓国は観光産業の発展、物流コスト削減、トンネル工事技術力の確保などの付帯利益を追求することができ、日本は大陸進出の確保、南北のと中国、ヨーロッパとの交易を図る利益を達成すると予想している、

一方、推定総工事費が100兆ウォンを超えており、日韓トンネルの経済的効果があまり大きくないという主張も少なくないよう出ている。




韓日トンネルが開通すれば、両国を行き来する時、人数が年間約100万人と予想されるが、現在のところ航空や船舶を利用することがはるかに有利だが、あえて海底トンネルを使用するべきで疑問も出ている。

また、100年前、日本が明を征伐キーのために韓国を大陸進出の足場としてみなした記憶を思い出しながら、「もう一度日本が大陸進出の利用ツールとして韓日海底トンネルが利用するではないか」という懸念の声も出ている。

これに対して徳野英治国際ハイウェイ財団会長は「産業観光のトンネルが軍隊の進出になるのは不可能であり、日韓両国は、トンネルを介して、世界の繁栄と平和を実現するという大きな意味を持っている」とし「日本のこの人材と資金面でより積極的に支援してトンネル開通をリードしなければならない」と力説したが、

韓日関係が過去の歴史問題に極めて梗塞されたに際し、日本と韓国の両方で、再浮上している韓日海底トンネルの建設チュジンロン、

韓国と日本が持つ特殊な関係に照らしてどのような経済的利益があり、どのような文化的交流が期待されるか、長い目で遠くを見て歴史的教訓を振り返って、一つ一つ入念に取りまとめなければならない重要な時点だ。









一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







Last updated  2019.06.03 21:13:49
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.