2982751 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

バックナンバー

カテゴリ

2019.12.06
XML
カテゴリ:人権・拉致
​韓国記事から。

かつては日本の家庭連合(旧・統一教会)でも教会信者の拉致監禁、強制改宗が頻繁に行われていたのだが、最近はその事例も見られなくなった。このことを見ても、家庭連合はカルト批判からの脱却がなされてきているといえる。
「カルト」といっても、それ自体が学術的根拠一つも持たない通俗用語(俗語)であり、新興宗教を批判するために用いられてきた。特には、日本では旧・統一教会信者らの父兄に不安を煽るような「非社会団体」のイメージを植え付けようとしたものであり、拉致監禁。強制改宗が四十数年間にわたって4300名の被害者があったという。その被害も家庭連合に名称変更してからは被害者の「0更新」を続けている。ただ気になるのは、なおも根拠を持たない俗語「カルト」の偏向報道を目にすることだ。

ところが、こんにちなお韓国の「新天地イエス様教」でも、その拉致監禁被害が起きている。
以下は11月29日韓国で、欧州新宗教研究センター(CESNUR)‧国境なき人権(HRWF)主催の学術セミナーでの発表者の意見を報告したものだ。

暴力的な強制改宗停止しなければ... 新宗教差別のセミナー開催


去る11月29日、ソウル市銅雀区大方洞ソウル女性家族財団で「新宗教運動の不寛容と差別:国際問題」のテーマで学術セミナーが開かれた


各国の学者たち」強制改宗」深刻な問題... 宗教の自由を主張
「洗脳」ない... 個人の自由で宗教選択
韓国強制改宗被害事例として新天地イエス教紹介され


[アジア日報/以上の管記者]去る11月29日、ソウル市銅雀区大方洞ソウル女性家族財団で「新宗教運動の不寛容と差別:国際問題」のテーマで学術セミナーが開かれた。

今回のセミナーは、欧州の新宗教研究センター(CESNUR)との国境なき人権(HRWF)の主催で開かれた。セミナーには、マッシモイントロビニェ、アイリーンバーカー、J.ゴードンメルトン、ロジータショリて、ホーリーフォーク、ウィリーポートレなど各国の学者たちが発表者として参加した。また、強制改宗による人権侵害の被害者たちの証言が続いた。

各発表者は、△海外の学者の観点から見た人権侵害の被害者△洗脳とディプログラミング(強制改宗)の議論△米国の現代反異端運動史△ロシア正教会と国のロシア国内異端のための闘争△、中国の時にジアオ(異端)に向けた根拠のない非難-体系的な虚偽の情報、キャンペーン△日本の強制改宗の栄枯盛衰-韓国の教訓をテーマに演説した。

今回のセミナーで、韓国の強制改宗の事例で、国内の新興宗教で新天地イエス教証拠幕屋聖殿が言及された。また、米国、中国、日本など多くの国の半分異端主義と暴力などが同伴された「強制改宗」の根絶事例を交わした。洗脳の研究結果も発表された。

監禁、拉致、暴力などを伴って、信仰を放棄するように強制する、いわゆる「強制改宗」は、すでに海外では禁止されている。民主主義国家では、大韓民国が唯一発生しているという指摘が出た。発表者は、異端と非難し敵視する行為を強制改宗が正当化していると、韓国の強制改宗被害者が法の保護網の外にある現実を指摘した。

■マッシモイントロビニェ、「新天地イエス教会に向かって極端な暴力は問題あり」

マッシモイントロビニェイタリアの社会学者と新宗教研究センター代表は、新天地イエス教会の人権侵害の事例を紹介した。

彼は中華民国で新天地イエス教会の強制改宗被害事例の数が、2003年から2019年9月までに1,514件にのぼる」とし「大韓民国は「異端」の古い固定観念がまだ残っていると民主主義国家の中で唯一の強制改宗が行われている国」と指摘した。

新天地教会信徒への極端強制改宗しようと事例の一つとして、彼は、故ジャグジーである氏が死亡した事件に言及した。彼は「ジャグジーである氏が強制改宗を拒否している死亡した後、2018年1月28日、市民12万人がソウルと他の都市で旧氏の死に抗議するための集会を開いた。この集会の話が2019年に米国国務省報告書でも「宗教の自由の侵害」を含む宗教の自由に関する事例として発表された」と紹介し、「それでも旧氏の死の後、韓国では新天地イエス教会信徒を対象とする新たな強制改宗事件がまた発生した」と述べた。

彼は「反(反)異端派の強制改宗に新天地信徒2人が死亡した。誰も人の死を正当化することはできない」とし「しかし、新天地が異端であるため、措置(強制改宗)が正当であると考えている人がいる。このような認識が変わらなければならない」と指摘した。

それとともに「米国国務省を含む国際的な団体がこのような強制改宗問題を扱っており、これに対する国際的デモが増加傾向にある。この問題が解決されない場合、大韓民国の人権実態を懸念する国際的な声はずっと高くなることで、韓国当局もこれを無視することは難しくなるだろう」と観測した。

しかし、新天地イエス教会の改宗教育などの迫害は、図を過度の部分が多いと指摘した。彼は「極端な反対勢力も問題だ」と指摘し、「宗教の自由のために反対したり、対応はできているが、新天地イエス教会と言語的、身体的に暴力を受けるのは、極端なことだ」と述べた。続いて「迫害があるにも新天地イエス教会は成長している。国際団体も新天地イエス教会について関心を持って見ている」と伝えた。

■「人は洗脳ダンハヌンガ?アイリーンバーカー「本人が宗教選択。自由おり、 "

アイリーンバーカー英国ロンドン経済大学宗教社会学名誉教授は、洗脳の研究結果を問題提起した。彼は最初の洗脳について約1950年代、ジョージ・オーウェルの小説「1984」に影響を受けたジャーナリスト、エドワードハンターが洗脳という言葉を使いながら、知られるようになったと伝えた。

彼は「洗脳」が比喩表現だと説明した。実在の人物の思想を完全に変えることはないが、洗脳という言葉がでると信仰が変わるまで監禁して拉致する強制改宗が正当化されたと主張した。

彼は統一教会の間、人々の事例を研究して結果を発表した。研究結果によると、人々は統一教会関連のセミナーに出席する場合に自発的に参加し、その中で教義を聞いて、自分比較信じていたことがわかったと説明した。実際統一教会関連のセミナーに参加した人々のうち、約90%が統一教信徒がされなかったものと伝えられた。また、意志が弱いか、他人の影響を受ける人々が、統一教会を選択しなかったと説明した。

彼は"洗脳はもう使わない言葉だろう」とし「洗脳という言葉は、宗教的にのみ利用されている。洗脳と規定するのは、責任を回避しようとするものである。長期的には適切ではない」と伝えて問題提起をし終えた。

■まだ進行している地球村「反異端主義の歴史」

続いて行われた問題提起は、いくつかの国の反異端主義と人権侵害の事例が記載された。まず、J.ゴードンメルトン米国ベイラー大学教授は、「現代アメリカの反異端運動史」について問題提起した。彼は約1960年代から新しい宗教指導者たちが米国に入ってきて、新興宗教が生まれ始めたと述べた。これにより、「神の子どもたちの解放」など、様々な反異端団体がセンギョナミョ異端に対する懸念が大きくなり始め、人々が集団自殺した「ジョーンズタウン」事件以来、強制改宗が本格化したと伝えた。

しかし、洗脳の定義が間違っていると主張する学者たちが強制改宗についての懸念を示した。この結果、法廷で「異端認識ネットワーク」が敗訴することになり、現在、米国では強制改宗が廃止された状態だ。

しかし、いくつかの国では、まだ宗教への弾圧が続いている。ロジータショリてリトアニアの国際難民信仰自由観測所の会長と前リトアニア外交官は「ロシア正教会と国のロシア国内異端のための闘争」について問題提起した。彼は「ロシアは他宗教の両方異端で規定」と説明した。彼は「ロシアは、ロシア正教会だけ認めていると、宗教はあるが、宗教の自由はない」と伝えた。

ホーリーフォーク米国ウェスタンワシントン大学宗教学教授は、中国がかけられる宗教迫害の具体的な事例を紹介した。彼は「中国はすべての反社会的なことについての宗教の問題で片付けている」と伝えた。また、「複数の事件について、宗教的問題に言及したが、これに対して、メディア操作と恵み疑惑が提起されている」と中国の研究者たちも、政府の公式の報告を活用することができないと指摘した。

彼は、中国内で異端視されている全能プロテスタント、法輪功が△供物事件△ホームレス中毒事件△2012年終末と学校凶器事件など巻き込まれていると伝えた。この事例は、隠蔽と操作疑惑が持続的に提起されている事件である。彼は「中国が反異端の活動を利用して、西洋の有名メディアの異端の様々な角度を活用して、宗教的反感を育てている」と説明した。

彼は「マッシモイントロ空は、中国に対して「真の時にジアオ(異端)は中国共産党」と言及した」とし「宗教があったなかった人権への関心を持たなければならない」と問題提起を終えた。

最後に、ウィリーポートレベルギーの国境なき人権代表は「日本の強制改宗の栄枯盛衰-韓国の教訓」について問題提起した。彼は日本に強制改宗が盛んに行われたが、今ではなくなったと強制改宗が行われた方法が、韓国との類似性が多いと述べた。

日本では、小山後藤という統一教会信徒が12年5ヶ月の間に拉致、監禁されていることが起こった。彼は釈放された後、法的に訴訟を提起し、裁判所は、強制改宗に関連されたものに有罪を判決した。国連人権委員会はまた、強制改宗が人権侵害に該当すると述べており、以降、日本では強制改宗が衰退したと伝えた。

彼は強制改宗問題を解決する方法については、 "韓国強制改宗牧者たちは後半のみの役割が、違法なものなので、それら起訴することができる」と主張した。また、「日本のように多次元的な戦略を駆使すると強制改宗はないことができる」と伝えて「強制改宗また、宗教差別の一環」と締めくくった。

最後に、すべての発表者は、「宗教の自由は尊重されなければならない」と口をそろえた。また、「誰も人の死を正当化することはできない」とし「異端的がり前に、組織のか見るのが重要であり、強制改宗による人権侵害がどの程度深刻か、すべての人が知るべきである」と主張した。

また、彼らは「韓国のインターネットは、半異端の偏向意見が多くの情報が正しく伝達されず、偏見を作っている」と指摘した。また、「人々は(異端に)洗脳当該行かなかったの強制改宗は効果がない。

この日二人の強制改宗被害者は、自分が経験した人権侵害を証言した。二人とも新天地イエス教会の信徒である。

最初の事例発表をしたユン某氏(30)は、半強制的に改宗を要求受け、個人や家庭に大きな被害があったと主張した。

ユン氏は新天地教会に登録した後、は、彼の両親は、尹氏の宗教を改宗させるために改宗牧師を訪ねた。種目買うお金を与えてプラカードを買って新天地イエス教会の前でデモするようにした。彼は「ピケットは1個20万ウォン、マイクは10万ウォンでとんでもない価格だった」と証言した。

彼の両親はデモをし険しい言葉と行動をするのを見てショックを受けた。彼の両親はこう変わった理由について「改宗牧師が息子を生かすことができる方法だとデモをしなければならないと両親に話し、両親は一つしかない最愛の息子を生かすためにそのように変わった」と説明した。

結局、彼は両親のために異端相談所で改宗相談を聞いた。しかし、すでに新天地イエス教会の根拠の信頼を持っていた彼は改宗教育を聞くことを中止するという意思を明らかにした。この時、彼の母親は、平手打ちをし頬を殴るなどの暴力を振るった。

彼はこれらすべてのことの責任が改宗牧師にあると主張した。特に、現在、彼の母親は、デモしたことを後悔していると伝えられた。彼の母親が「デモをすると、あなた新天地イエス教会から出てくることができると考えていた」とし「しかし、ますます大変だけだった。デモは子供との関係をより良くなく作成されたようデモしたことを後悔する」と述べた証言した。彼は被害を受けたか、約2年が経って、両親のリンゴを聞くことができた。

別の被害者であるイムさん(55、女)は、自分だけでなく、子供も強制改宗被害者と涙を見せた。彼は10年前に夫と婚家の家族によって1年間監禁され強制改宗を受けた。これにより、彼は現在、夫と離婚した状態であり、子供たちが当時の受けた傷のために対人忌避、うつ病、無気力などを経験して生きていると伝えた。

しかし彼は「改宗牧師が家族の名前で後ろから強制改宗を操縦したので告訴することもない」と伝えて切なさを催した。彼は強制改宗が被害者だけでなく、被害者の家族まで大きな負の影響を与えると強制改宗を率いる牧師の処罰を強く要求した。



一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.12.06 00:22:18
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.