2999617 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tomy4509@ Re[1]:-甘えん坊さんへ 甘えん坊さんへ 諸説はいろいろあります…
甘えん坊@ Re:「イエス様はなぜ無原罪で?」--甘えん坊さんの質問に答えて(01/26) 朝5時までかかりながら返答してくださり、…

バックナンバー

カテゴリ

2019.12.08
XML
カテゴリ:UCI、サンク
​とうごま氏の「文顕進氏は天宙的エソウとして勝利しなければならなかった(連載「60の論題」論題35)」、H4とKのアベルカインの論拠が崩れたなかで、今度はH3とH4のカインアベル問題を取り上げていた。

「父母様が一体化していない」、また、机上の「独生女批判理論」にもストップがかかった中、60の論題の大半が崩壊している上は、とうごま氏連載のこれ以上の掲載が必要なのだろうか?
​​​●目 次

第01章 真のお父様
第02章 真のお母様
第03章 真の血統相続者
第04章 三代王権完成者
第05章 天の御言守護者
第06章 再臨主の伝統相続者
第07章 カイン・アベル一体勝利者
第08章 世界摂理推進者
第09章 実体的天一国創建
第10章 平和軍平和警察
第11章 文鮮明師の聖和
第12章 天一国国民​​
今回の第35番からも2008年4月6日、ハワイ・キングガーデンでのH3とKのカインアベルには触れていなかった。過去記事「お母様40歳におけるお父様のみ言--カインアベルの決め手は「K」?!」で書いた通り(詳細は記事にて)、カインアベルの決め手は「K」であるは、私からの個人意見である。そのKが水面下に潜ってしまっている。




「真の家庭」でカインアベルについて越えなければならないのはH4とKでもなければ、H3とH4でもない。H3とKである。お父様がそれを規定していた。

(引用)



同年12月の時もまた、お母様を中心にH3とKのカインアベルであった。

 

あるブログではノア路程のセム・ハム・ヤペテに譬えては、H3がハムだとか。
順番からいけばH3・K・H4。「K」が次子ハムであり、私の過去記事からもハムは「K」であった。
父母様が構想とした真の家庭は右図であったが、そのバランスを崩していたのは「K」その人だ。
こんにちにおいても遅くはない。H3とKが「信仰基台」「実体基台」を成して「メシヤのための基台」を造成していくべきである。H4もまた「K」を自分のところに留めようとするのではなく、本来の位置に戻るように説得すべきであろう。
さらには、真の父母様との血統を違えている原因はそれぞれの女性陣(相対者)にあることをしっかりと把握しておくべきである。女性陣も全人類が天の父母様、天地人真の父母様から生まれた娘であるという「絶対信仰」が必要である。詳細は記事「サンクの真の父はアウグスチヌス!」の後半で記した通りである。


(引用終わり)

一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.12.08 07:24:13
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.